2017年 08月 17日
月山(志津からの周回ルート) ~ 2017年8月15日
f0170180_22453387.jpg

今年は8月になってから青空を見たのが珍しいほど天気が悪い。日本海側なら少しはマシなようなので月山に行くことにした。3人で向かうのだが自分と他2人(白峰会のK藤さん・T矢さん)は別々に歩く予定でいた。自分は姥沢から登山道で山頂へ登り、大雪城の残雪の様子も確認してみる計画としていたが、他の2人はリフト利用でまったりと月山のようだった。ところが、志津温泉を過ぎると右に「六十里越」ののぼり旗が目に入り、面白そうなのでここから3人で歩いてみようかとなった。距離と標高差は増えるが、どのみち標高を上げるとガスの中なので、山頂にこだわる必要もないだろうと考えた。


山域山名   月山(1,984m)
山行期間   2017年8月15日(火)
山行形態   ハイキング
天候     曇り
参加者    3人(L:K藤・T矢・トラ山)
行程     志津8:58~姥沢小屋跡10:23~牛首下分岐11:11-11:30~牛首11:49~頂上小屋12:20-12:52~牛首13:20-13:32~
       金姥13:45~装束場14:22~ネイチャーセンター15:38~志津15:54
行動時間   6時間56分
移動距離   16.9km
累積標高差  未計測



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-08-17 21:30 | | Comments(0)
2017年 08月 14日
蔵王・熊野岳 ~ 2017年8月14日
f0170180_21485592.jpg


中3の息子は部活動が実質終了してしまったので体を持て余している。山を歩いてくるかと声をかけたら2年ぶりに付き合ってくれることになった。サッカーで忙しくしていた頃には考えられなかったことだ。体力的にはとうの昔に追い越されており、息子から相手にされなくなって久しい。それだけに我が耳を疑ったと言えばオーバーかもしれないが、そのくらい珍しいことだ。このところずっと天気が良くないが、今日も時折雨が降る空模様。しかし、ライブカメラで見ると蔵王のお釜周辺は青空も見えている。コースを大黒天から刈田岳を経由して馬の背から熊野岳のピストンにして登ってみることにした。

観光客に混じって大黒天から登る。自分の息は荒くなってくるが息子は鼻歌気分だ。刈田岳の大勢の観光客を横目に馬の背へと降りていく。流れるガスにお釜は見え隠れしている。刈田リフトの分岐を過ぎると、ガスがちということもあり観光客はほとんどいなくなる。熊野岳避難小屋を経由して熊野岳山頂へ。熊野岳は蔵王連峰の最高峰だが、息子はなんだこんなものかという表情。聞いてみるともっと岩場の厳しい登りがあると思っていたようだ。復路の途中で結構雨が降ってきた。寒くはないので息子共々濡れるに任せる。刈田岳を過ぎると雨もおさまったが、首にかけていたタオルを絞ると随分水が出た。大黒天に駆け下って息子とのハイキングは終わった。今度また付き合ってくれるのはいつのことだろうか。


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m) 熊野岳(1,841m)
山行期間   2017年8月14日(月)
山行形態   ハイキング
天候     曇り時々雨
参加者    2人(L:トラ山・息子)
行程     大黒天14:11~刈田岳14:40~熊野岳避難小屋15:06~熊野岳15:12-15:16~刈田岳15:40~大黒天16:04
行動時間   1時間53分
移動距離   7.7km
累積標高差  未計測



その他の画像はこちら

# by torasan-819 | 2017-08-14 23:40 | | Comments(3)
2017年 08月 10日
飯豊・滝川赤石沢 ~ 2017年8月5日・6日
f0170180_19132950.jpg


東北地方は8月2日にやっと梅雨明け宣言が出たのだが、宮城県はまるで梅雨が続いているかのような天気が続いている。5日6日は蔵王の小屋ノ沢を遡行しようかと考えていたのだが、宮城県側にある小屋ノ沢は雨模様で気温も低めの予報。無理に行っても楽しくはないので、急きょ転進先を探すことにした。悩んだ結果選んだのは飯豊の赤石沢。飯豊の沢は険谷ばかりというイメージだが、赤石沢は主稜線から外れた地蔵岳に突き上げる沢で、グレードが2級と飯豊としては易しい沢なのだ。しかも、N井田さんは釣りで途中まで入ったことがあるという。まったり遡行して沢泊まりを楽しめる雰囲気になってきた。ただし、赤石沢にはちょっと問題がある。遡行を終えて稜線から遡行開始点に戻るには、踏み跡も定かではない尾根を鍋越山経由で3時間以上ヤブ漕ぎし、地蔵岳から5~6時間かけての下山となるらしいのだ。夏場に尾根のヤブ漕ぎを長時間するのは非常に厳しい。ちょっと手間はかかるが、地蔵岳から登山道で下山できる大日杉小屋に車を1台デポし、もう1台でスタート地点に向かうことにした。また、雪渓が残っていることが予想されたので、遡行困難なほどであれば枝沢からエスケープすることも一応想定した。なお、H田は飯豊も沢泊まりも初めてとのことで、是非楽しい沢登りにしてあげたいと思った。


山域山名   飯豊連峰 地蔵岳 滝川赤石沢
山行期間   2017年8月5日(土)・6日(日)
山行形態   沢登り
天候     5日 晴れのち曇り 6日 晴れ
参加者    3人(L:トラ山・N井田・H田)
行程     5日 大日杉小屋8:10=林道終点9:25-9:50~入渓10:00~魚止滝13:04~権現沢イボノ沢二俣14:51~テン場15:30
       6日 テン場5:50~1,200ⅿ二俣8:25~1,280ⅿ二俣8:50~山頂10:06-10:20~大日杉小屋12:10
行動時間   5日 5時間40分 6日 6時間20分
移動距離   5日 6.3km 6日 4.8km
標高     最低点440m 最高点1,539m
装備     タープ泊装備(ロープ30m)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-08-10 12:26 | 沢登り | Comments(2)
2017年 07月 31日
北岳バットレス ~ 2017年7月14日-17日(その2)
f0170180_07435126.jpg


山域山名   南アルプス 北岳バットレス
山行期間   2017年7月14日(金)~17日(月)
山行形態   アルパインクライミング
天候     15日 晴れ 16日 晴れ時々曇り 17日 晴れのち曇り
参加者    3人(L:K樹・T中・トラ山)
行程     14日 道の駅国見19:30=道の駅しらね0:30=芦安温泉第5駐車場1:45
       15日 第5駐車場4:50=広河原6:20~白根御池小屋8:22-9:55~大樺沢二俣10:15~Dガリー大滝下11:55-13:00~
          白根御池小屋14:30
       16日 白根御池小屋2:04~Dガリー大滝下3:45~第5尾根支稜取り付き4:30-4:40~第4尾根主稜取り付き6:40~
          三角垂壁8:40~マッチ箱9:30~枯れ木テラス11:30~城塞チムニー11:55~北岳山頂13:15-13:35~肩の小屋14:04~
          白根御池小屋15:33
       17日 白根御池小屋6:33~広河原7:56=第5駐車場9:07
行動時間   15日 8時間10分 16日 13時間29分 17日 1時間23分
移動距離   未計測
標高     最低点1,525m 最高点3,193m
装備     ロープ50m×2



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-07-31 11:14 | | Comments(4)
2017年 07月 28日
北岳バットレス ~ 2017年7月14日-17日(その1)
f0170180_10284581.jpg


この頃、仕事のせいか加齢のせいか何なのかモチベーションが今ひとつで、山行計画を立てるのが億劫になっている。7月の3連休もぐずぐずしているうちに5日前の月曜日になってしまった。遠出せずに福島県で1泊の沢登りでもするかと思ったがパートナーは必要。久しぶりにK樹さんにお誘いメールしてみた。返信が「北岳バットレスに行くつもりだが今のところ単独。興味ない?」とのこと。北岳バットレスといえば、私でも知っているほど名の知れたクラシックルートだ。しかし、自分は普段沢登りばかりでクライミングはほとんどやっていない。沢登りでは滝も登るし岩も登るが、それはクライミングとはいえない。とはいえ、以前から北岳バットレスはいつか登ってみたい(まだ北岳どころか南アルプス自体行ったことが無いが)という思いはあった。しかし、思いだけでは登れないし、58歳という自分の年齢を考えるとあまり猶予はない。準備不足は明らかだが、この機会を逃すとなかなか次の機会はやってきそうにない。思い切ってトライすることにした。K樹さんとなら大丈夫だろうという読みもあった。出発は金曜日の夕方なので、バタバタと準備して会に計画書を提出した。期待半分不安半分と言いたいが、ルートの事前学習がほとんどできなかったこともあり不安100%だ。K樹さん頼みで2人パーティーの覚悟を決めていたところ、14日朝になってT中さんも参加することになったとのメールが入った。T中さんは自分と同年代だが、北岳バットレスをなんと40年前の青年時代に登ったのだという。しかも、現在群馬在住で現地情報にも明るく、これで少しは心強くなった気がする。さあ行こうシニア3人組での北岳バットレス!


山域山名   南アルプス 北岳バットレス
山行期間   2017年7月14日(金)~17日(月)
山行形態   アルパインクライミング
天候     15日 晴れ 16日 晴れ時々曇り 17日 曇り
参加者    3人(L:K樹・T中・トラ山)
行程     14日 道の駅国見19:30=道の駅しらね0:30=芦安温泉第5駐車場1:45
       15日 第5駐車場4:50=広河原6:20~白根御池小屋8:22-9:55~大樺沢二俣10:15~Dガリー大滝下11:55-13:00~
          白根御池小屋14:30
行動時間   15日 8時間10分
移動距離   未計測
標高     最低点1,525m 最高点3,193m
装備     ロープ50m×2



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-07-28 21:47 | | Comments(4)
2017年 07月 23日
南屛風岳・コガ沢滝沢 ~ 2017年7月22日
f0170180_09374236.jpg


南屏風岳東面を集水域とするコガ沢は、これまで何度か遡行している。コガ沢には何本か枝沢が入るが、その一つである滝沢は未遡行なので機会があればと思っていた。22日は予定がキャンセルで空いてしまったので、滝沢をに行ってみることにした。パートナーは急な誘いにも乗ってくれることの多いF井さん。沢登りの経験はまだ少ないF井さんだが、ちょうど良いトレーニングにもなるだろう。


山域山名   蔵王 南屏風岳 コガ沢・滝沢
山行期間   2017年7月22日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れのち曇り
参加者    2人(L:トラ山・F井)
行程     白石スキー場7:40~入渓8:43~権現沢出合9:45~10mナメ滝10:28~滝沢出合12:30~20m涸れ滝14:06~
       稜線登山道15:13-15:30~不忘山15:57~白石スキー場17:55
行動時間   10時間15分
移動距離   9.5km(参考値)
標高     最低点840m 最高点1,770m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-07-23 12:26 | 沢登り | Comments(0)
2017年 07月 22日
北岳バットレス
f0170180_21135784.jpg



7月14日から17日で北岳バットレスに行ってきた。北岳バットレスと言えば、自分でも聞いたことがあるほど有名なクラシックルートだ。普段は沢登りでのクライミングもどきしかやっていない自分だが、いつかは登ってみたいと思っていた。それが突然のチャンスがあり、第4尾根主稜を登ることになってしまった。結果的には登れたのだが、クライミング的には登ったとは言わないらしい。沢登りではロープつかんだりランニングビレイつかんだり膝をついたり何でもありだが、クライミングでは人工物を掴まずに登らないとダメらしい。そんなもんかいと思うがそんなもんだろう。レポートは時間がかかりそうなので、とりあえず画像を何枚か載せて時間稼ぎです。



その他の画像はこちら

# by torasan-819 | 2017-07-22 01:01 | | Comments(4)
2017年 07月 20日
沢登り講習会(安達太良山・杉田川) ~ 2017年7月9日
f0170180_20325537.jpg



福島登高会では、これから沢登りを始めたい方を対象に沢登り講習会を開催している。沢登りは普通の登山と違い、やりたいと思ってもハードルが高い。装備や技術、安全確保の問題がある。昔より格段に情報が入手しやすくなった現代だが、それでも実際にやってみなければわからないことは多い。沢登りに興味がある人が少しでも始めやすいように、沢登りのすそ野を少しでも広げるために、継続して講習会を行っているというわけだ。かくいう自分も8年前の講習会で沢登りを初体験し、現在に至るというわけだ。今年の沢登り講習会は杉田川で行うことになった。杉田川は遡行しやすい沢で滝も適度にある。高さのある滝ではロープを出して安全確保をすれば、初心者でも遡行できる沢だ。今回の参加者は講習生4名、福島登高会10名、会員外参加者4名の計18人となった。6人ずつの3班として各班にリーダーとサブリーダーを置いた。講習生4名のうち3名は沢登りの経験があるが、1名はまったくの初めてだ。ロープは30mを4本準備し、1班がロープをフィックスして後続の班もそのロープを使うことにした。


山域山名   安達太良山 阿武隈川支流杉田川
山行期間   2017年7月9日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    18人(講習会参加者4人・サポート4人・福島登高会10人)
行程     駐車場7:24~遠藤ヶ滝7:46~入渓7:52~二条8m滝10:03~二俣10:57~2段8m滝11:07-12:05~
       遡行終了点(1,180m)12:26-12:55~仙女平13:14~駐車場14:30
行動時間   7時間6分
移動距離   8.0km
標高     最低点676m 最高点1,220m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m×4)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-07-20 07:15 | 沢登り | Comments(0)
2017年 07月 13日
安達太良山・塩沢登山口 ~ 2017年7月7日
f0170180_23154563.jpg


安達太良山とそれに連なる山々では、山スキーに沢登りにとずいぶん遊ばせてもらっている。一般的には100名山としての安達太良山が良く知られており、山頂は登山者で賑やかなことも多い。しかし、ちょっと趣向を変えると静かな山歩きができるのも安達太良山の魅力である。今回は塩沢登山口から登ることにした。平地では気温が30数度との予報なので、日陰となるルートから登りたいと考えたからだ。


山域山名   安達太良山 (1,700m) 鉄山 (1,709m)
山行期間   2017年7月7日(金)
山行形態   一般登山
天候     晴れ時々曇り
参加者    2人(L:トラ山・F井)
行程     塩沢登山口12:55~八幡滝13:55~くろがね小屋15:00~峰ノ辻15:36~安達太良山15:58~1646m地点分岐16:25~
       鉄山避難小屋16:47~笹平分岐17:00~僧悟台17:50~塩沢登山口18:43
行動時間   5時間48分
移動距離   13.7km (参考値)
累積標高差  ±1,120m (図上計測)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-07-13 07:38 | | Comments(0)
2017年 07月 08日
朝日連峰ワンデイ縦走 ~ 2017年7月2日
f0170180_07520306.jpg


 地元東北の山で飯豊連峰と朝日連峰のワンデイ縦走を以前より考えていたが、縦走後の戻り足が結構厄介なこともあり、なかなか実行できないでいた。昨年は山友のM崎さんに飯豊連峰のワンデイ縦走を声掛けしたところ一緒にやることになったが、結局日程が合わず断念してしまった。しかし、M崎さんは8.11山の日に単独で飯豊連峰ワンデイ縦走を成し遂げてしまった。戻り足にはタクシーと電車を利用し翌日には北アルプスへ向かったという、とんでもないスーパー健脚な人なのである。今年は朝日連峰のワンデイ縦走を誘ったところすぐに乗ってくれた。彼も朝日を考えていたらしい。梅雨なので天気が心配だが、当面お互いの日程が合う7月2日を実行日とした。ところが予報はころころと変わり、前日になると前線が北上して悪い方に変わってきたではないか。しかし、それほどの降雨は無いようなので決行することにした。朝日連峰の縦走というと朝日鉱泉と泡滝ダム間とする場合が多い。自分としては祝瓶山も入れて縦走したいところだが、距離と標高差が大きくなりワンデイ縦走ではかなりハードルが高くなる。トレイルランニングスタイルでなら縦走できるだろうが、歩きの登山スタイルではかなり厳しい。そんなわけで朝日鉱泉からとしたが、中ツル尾根ではなく御影森山を経由して平岩山そして大朝日岳と縦走することにした。車については前日にM崎さんと合流して車を交換し、それぞれが登山口へと向かうことにした。自分は朝日鉱泉から、M崎さんは泡滝ダムから登って途中でキーを交換し、下山後はそのまま各自帰宅する。相手の車に残した若干の荷物は後日交換することになる。縦走中は要所要所で現在地をメールし、お互いの進行状況を把握することにした。


山域山名   朝日連峰 上倉山(1,144m) 御影森山(1,534m) 大沢峰(1,484m) 平岩山(1,609m) 大朝日岳(1,870m) 中岳(1,812)
       西朝日岳(1,814m) 竜門山(1,688m) 寒江山(1,695m) 北寒江山(1,658m) 三方境(1,591m) 中先峰(1,523m)
       以東岳(1,772) オツボ峰(1,582) 三角峰(1,520m)
山行期間   2017年7月2日(日)
山行形態   縦走登山(交差縦走)
天候     曇り(稜線はガス)
参加者    2人(トラ山・M崎)
行程     スタート&ゴール トラ山:朝日鉱泉~泡滝ダム M崎:泡滝ダム~朝日鉱泉
       【トラ山行程】 朝日鉱泉2:58~上倉山4:28~御影森山5:45~平岩山6:56~大朝日岳7:45~西朝日岳8:55~
       竜門山9:30-9:46~寒江山10:40~北寒江山10:58~三方境11:04~狐穴小屋11:22-11:37~中先峰12:05~
       以東岳13:06~オツボ峰13:44~大鳥小屋15:07~泡滝ダム17:21
       【M崎行程】ブログ参照
行動時間   14時間23分
移動距離   34.7km (参考値)
累積標高差  +2,680m -2,760ⅿ(図上計測)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-07-08 12:07 | | Comments(6)