「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 20日
飯豊連峰 頼母木川 上ノ小俣沢 ~ 2016年8月14日~16日
f0170180_20445437.jpg

今夏の山行日程は8月14日から3日間を取ることができたが、行き先もパートナーも決まっていなかった。いっそ単独で縦走でもと思ったが、やはり沢登りをやりたい。山スキーでは何度かお世話になり、沢登りもやることを知っていた山形のS田さんに声をかけると大丈夫とのこと。さてどこの沢と考えたときに、この頃ご無沙汰している沢の師匠であるHSさんにアドバイスを求めたところ、飯豊連峰の頼母木川上ノ小俣沢がいいのではないかとのこと。調べてみると、我々2人合わせて115歳のおっさんコンビにとって、頑張れば何とか遡行可能な沢のように思えた。この沢は1泊2日で遡行するパーティーもあるが、我々のレベルを考えればやはり2泊3日としたい。しかし、天気は台風の影響で2日目午後から下り坂の様子で、夜にはまとまった降雨がありそうだ。というわけで、2日目は頑張って稜線まで抜け、頼母木小屋に泊まることとした。その他にも雪渓やアブの心配があり、思惑どおりに行くかどうか、期待と不安が半々で向かうこととなった。


  山域山名   飯豊連峰 頼母木川 上ノ小俣沢
  山行期間   2016年8月14日(日)~16日(火)
  山行形態   沢登り
  天候     14日 曇り時々晴れ 15日 曇り一時雨 16日 曇りのち晴れ
  参加者    2人(L:トラ山・S田)
  行程     14日 奥胎内ヒュッテ6:10=登山口6:24~堰堤6:45~小俣沢出合9:30~逆くの字滝11:15~
            下ノ小俣沢出合14:13~テン場16:07
        15日 テン場7:46~上ノ小俣沢25m滝8:50~高巻き終了11:25~15m滝12:58~1,370m二俣13:49~
            1,440m二俣14:23~登山道16:36~頼母木山避難小屋16:53
        16日 頼母木山避難小屋7:57~大石山8:26~登山口11:06~奥胎内ヒュッテ11:52
  行動時間   14日 9時間43分 15日 9時間7分 16日 3時間55分
  移動距離   14日 4.2km 15日 3.2km 16日 8.6km
  標高     最低点350m 最高点1,740m
  装備     泊まり沢装備(ロープ50m×2)




続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-08-20 21:10 | 沢登り | Trackback | Comments(8)
2016年 08月 11日
2016夏合宿・船形連峰 大倉川笹木沢 ~ 2016年8月6日・7日
f0170180_15334058.jpg

今年の沢登り夏合宿は7月30日・31日(参加者7人)だったが、都合で参加できない自分は夏合宿その2を企画した。行く沢は5年前に1度遡行したことのある船形連峰の笹木沢とした。メンバーはキャンセルもあり5人となったが、程よい人数と言える。笹木沢は船形連峰の中にあって、明るく美しい沢として知られている。ガイド本に載っていることもあり、関東方面からの遡行パーティーも多い。入渓ルートとしては、山形県側から登山道を利用して初日に大倉川本流あるいは金吹沢を下降し、笹木沢に入って幕営とするパーティーが多い。2日目に笹木沢を遡行して詰め上がり、山形県側に戻るという周回ルートである。しかし、宮城県側からも大倉川、定義林道、森林軌道跡などの入渓ルートが考えられ、実際に様々な形でアプローチされている。今回の合宿では定義林道を利用して入渓し、金吹沢を下降して戻るルートとしてみた。


  山域山名   船形連峰 大倉川流域 笹木沢・金吹沢・下沼沢
  山行期間   2016年8月6日(土)・7日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      6日 晴れ 7日 晴れ
  参加者    5人(L:トラ山・深D・U井・池D・木M)
  行程      6日 定義山駐車場7:20=矢尽橋先8:00-8:30~下降点9:12~笹木沢出合9:42-10:00~鎧滝12:50~テン場(890m)14:36
          7日 テン場6:50~奥の二俣7:52~金吹沢源頭8:18~大倉川10:20~赤倉沢出合11:03-11:30~下沼沢12:02~
               林道12:46~矢尽橋先13:45=駐車場14:40
  行動時間   6日 6時間6分 7日 6時間55分
  移動距離   6日 6.8km 7日 9.0km 計15.8km (GPS計測)
  標高      始終点680m 最低点600m 最高点1,120m
  装備      泊まり沢装備(ロープ30m×1)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-08-11 18:00 | 沢登り | Trackback | Comments(6)
2016年 08月 02日
船形連峰 大倉川 横川本流 矢櫃沢 ~ 2016年7月31日
f0170180_23183315.jpg

船形連峰の大倉川の支流である横川は、上流部で矢櫃沢(やびつさわ)と名を変え、後白髪山と三峰山の間に深く谷を刻んでいる。登山大系によれば通過困難なゴルジュ帯が魅力であり、完全遡行が果たされたのはそれほど昔のことではないという。船形連峰の沢の中では難しい沢とされ、近年の遡行記録は数えるほどしかない。以前からいつかはと思っていた沢だが、今回メンバーがそろい遡行することにした。


  山域山名   船形連峰 大倉川流域・矢櫃沢
  山行期間   2016年7月31日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      晴れのち曇り
  参加者    4人(L:◯樹・千◯・安◯・トラ山)
  行程      定義山駐車場6:30=横川登山口7:30-7:49~入渓8:25~矢櫃の滝8:58~釜伏の滝9:22-10:36~大滝下の6m滝11:41~
          横川大滝12:15-13:42~登山道14:50~後白髪山頂15:14-15:28~横川登山口15:59=駐車場17:05
  行動時間   8時間10分
  移動距離   10.4km (GPS計測)
  標高      最低点760m 最高点1,422m
  装備      日帰り沢装備(ロープ50m×1・30m×1)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-08-02 07:14 | 沢登り | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 30日
船形連峰 大倉川 矢尽沢左俣 ~ 2016年7月24日
f0170180_13312022.jpg

矢尽沢は船形連峰の後白髪山(うしろしらひげやま)の南西面を流れ、大倉川に合わせる沢である。登山大系では遡行時間6~7時間とされ、左俣は直登可能な滝が連続して充実した沢登りが楽しめるとある。東北地方はまだ梅雨明けしておらず、はっきりした天気ではないが向かうことにした。


  山域山名   船形連峰 大倉川流域・矢尽沢左俣
  山行期間   2016年7月24日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り
  参加者    3人(L:トラ山・千◯・羽◯)
  行程      定義山駐車場8:30=4k地点(車デポ)=矢尽橋9:08-9:15~二俣より入渓9:16~10m滝11:06~二俣(1180m)12:17~
          後白髪山頂13:14-13:45~4k地点15:02=駐車場16:00
  行動時間   5時間47分
  移動距離   8.9km (GPS計測)
  標高      始終点675m 最高点1,422m
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-07-30 19:05 | 沢登り | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 29日
二口山塊 仙人沢左俣 ~ 2016年7月23日
f0170180_1042654.jpg

7月23日は藤◯さんの沢登りトレーニングとして仙人沢に行くことにした。仙人沢は二口山塊にあり、右俣は神室岳(仙台神室)、左俣は山形神室岳へと駆け上がる。右俣には仙人大滝(高さ30m)があり、一般登山者でも少し沢歩きをすれば見ることができる。今回は30mの無名滝がある左俣(ハダカノ沢)を遡行する計画とした。藤◯さんは山スキー仲間だが、一昨年あたりから沢登りに誘っていた。装備を揃えたというので早速計画してみたというわけだ。藤◯さんは沢歩き程度の経験はあるが、ハーネスを付けるような沢登りは今回が初めてとなる。


  山域山名   二口山塊 北川流域・仙人沢左俣
  山行期間   2016年7月23日(土)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り時々晴れ
  参加者    2人(L:トラ山・藤◯)
  行程      登山口8:09~二俣8:31~30m滝8:50~二俣(940m)10:50~二俣(1,010m)11:24~山形神室岳12:34-13:08~
          ダンコ平分岐13:28~登山口14:45
  行動時間   6時間36分
  移動距離   6.0km (GPS計測)
  標高      始終点750m 最高点1,344m
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-07-29 00:33 | 沢登り | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 25日
二口山塊 京淵沢 ~ 2016年7月18日
f0170180_065142.jpg


二口山塊の沢登り第2弾は京淵沢を選んだ。この沢も気にはなっていたが、これまで機会が無く今回が初めての遡行となる。メンバーはいつもの2人に加え、初顔合わせとなる千◯さんの4人となった。


  山域山名   二口山塊 名取川支流大行沢・京淵沢
  山行期間   2016年7月18日(月)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り時々晴れ
  参加者    4人(L:トラ山・◯樹・八◯・千◯)
  行程      登山口8:04~大行沢入渓8:37~梯子滝9:20~登山道9:36~入渓9:40~大東滝10:55~高巻き開始11:12
          京淵沢復帰11:48~20m滝12:11~登山道13:38~大東岳山頂13:50-14:15~登山口15:46
  行動時間   7時間42分
  移動距離   10.7km (GPS計測)
  標高      始終点365m 最高点1,365m
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)※大東滝を登る場合は50m以上が必要



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-07-25 19:24 | 沢登り | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 12日
二口山塊 大行沢・カケス沢 ~ 2016年7月10日
f0170180_2132117.jpg

宮城県の二口山塊にある大行沢は「天国のナメ」で知られたメジャーな沢だ。気持ちの良いブナ林が両岸にあり、ナメをひたひたと歩いていると確かに美しいと思うが、天国と言うほどのものかどうかは人それぞれの感じ方だろう。癒やしのデート沢とも言われる大行沢だが、自分は過去2回の遡行は男とばかりである。今回も男3人で遡行することになったのは、自分の男運がありすぎるからなのかもしれない。ところで、自分以外の2人はなんと大行沢が初めてである。2人ともこれまで機会が無かったということだが、1回は遡行しておいた方が良いだろうという、なにやら宿題をやっつける感じの今回となった。さて、癒やしのイメージの大行沢だが、二口沢との出合から遡行すると印象はかなり違うものとなる。ゴルジュに巨岩に滝と、なかなか遡行しがいがあり楽しめる沢登りとなるのだ。今回はさらにカケス沢右俣のオプションも付け、大サービスの計画とした。


  山域山名   二口山塊 名取川支流大行沢・カケス沢
  山行期間   2016年7月10日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り時々晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・八◯)
  行程      二口渓谷駐車場8:05~入渓8:06~ゴルジュ8:10~4m滝8:45~ 6m滝9:38~2段10m滝11:09~
          カケス沢出合12:10-12:34~北石橋14:04~カケス沢出合14:32~樋ノ沢避難小屋14:56-15:10~駐車場16:24
  行動時間   8時間19分
  移動距離   12.0km (GPS計測)
  標高      始終点360m 最高点835m
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-07-12 06:36 | 沢登り | Trackback | Comments(8)
2016年 07月 05日
沢登り講習会(吾妻山・姥滝沢) ~ 2016年7月3日
f0170180_22112369.jpg


福島登高会では、沢登りの普及とその楽しさを体験してもらう目的で、初心者を対象に毎年沢登り教室を行ってきた。それも今年で41回目になるというから、本当に長い間続けていることになる。今年は沢登り講習会とちょっと呼び方を変えての開催となった。自分が沢登りを初めて体験したのも、2009年の沢登り教室だった。その時に沢登りの面白さに魅了され現在に至るというわけだ。


  山域山名   吾妻・姥滝沢 (阿武隈川水系須川支流)
  山行期間   2016年7月3日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り時々雨
  参加者    23人(講習会参加者7人・サポート5人・福島登高会11人)
  行程      微温湯温泉8:58~入渓9:20~姥滝10:05~5m滝(F5)11:45~休憩~三俣13:35~
          登山道13:56-14:16~微温湯温泉15:22
  行動時間   6時間24分
  移動距離   6.9km (GPS計測)
  標高      始終点906m 最高点1,413m
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-07-05 07:07 | 沢登り | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 02日
ミズ(ウワバミソウ) ~ 2016年7月1日
f0170180_16264884.jpg


この時期になると採れる山菜も限られてくる。しかし、ミズは春から秋まで(5月~10月)採れる息の長い山菜である。その名の通り茎の水分が多く、クセが無くさっぱりした味わいだ。シャキシャキとした歯触りで何にでも合わせられる。秋には茎にムカゴ(ミズコブ)が出来るが、コリコリと歯触りが良く美味しい。

今日は朝のうちにと、恩師のKさんを誘ってとある山中へと入った。車を停めて10分ほど歩くとミズが密生している場所に着いた。ミズ畑と呼びたくなるほどの大群生地だ。ミズは沢沿いや日当たりが悪く湿ったところを好んで生えている。1時間ほど採って今日の分は終了。帰宅してからの下ごしらえに少々時間が掛かるが、それも山菜採りの楽しみのひとつである。

その他の画像

# by torasan-819 | 2016-07-02 17:11 | 山菜・木の実 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 28日
東北ブロック沢救助搬出訓練 ~ 2016年6月26日
f0170180_1335126.jpg

労山の東北ブロック協議会(宮城・福島・山形)による「沢救助搬出訓練」が6月25日・26日の2日間で行われた。場所は仙台市太白区の二口峡谷で、25日は二口キャンプ場近くの山林内、26日は名取川の姉滝上流辺り。自分は26日のみの参加だったが、25日は二口キャンプ場近くで丸1日ひたすらロープワークの訓練だったとのこと。26日は実際に沢の中での搬出訓練となる。しかし、朝のうちは雨だったこともあり、しばらくはコテージ内での講習。沢に入って訓練開始となったのは10時30分だった。

想定は沢登りで怪我をした要救助者を林道まで搬出すること。参加者の中から要救助者役として1名選出し、実際にストレッチャーに梱包して搬出する。工作班、装備担当、ロープ担当などに分けて作業を行うが、自分は工作班となった。沢を横断してチロリアンブリッジを張り対岸に渡し、折り返しのチロリアンブリッジを張ってまた対岸に渡す。言葉にすると短いが、勝手が分からずに時間ばかりやたらにかかる。昨日参加していないこともあるが、分かっているつもりでも普段からやっていないことは本番でも出来ない。至極当たり前のことである。搬出訓練に入ると特に休憩や昼食時間というものは無い。実際の救助でも休憩時間などは無いので、訓練でも同じように切れ目なく搬出作業を続ける。

折り返しのチロリアンブリッジで要救助者を対岸へ渡した時点で、開始から3時間以上が経過していた。その後は斜面上部に支点を2つ取り、振り子トラバースで搬送する。ストレッチャーを平行に保つためのビレイは、1/3システムで保持荷重を軽減する。ここでもまた指示をすぐ理解できずに戸惑いモタモタしてしまう。情けないが自分の勉強不足を否が応でも実感させられる。最後に急斜面を林道まで30mほど引き上げていったん終了。やっと昼食にありつけたのは午後4時過ぎ。講評があって感想を述べて解散かと思いきや、追加講習が始まるほどの参加者及び講師の熱意には脱帽だ。いずれにしても年1回ではなく、何度か反復練習して身につける必要性を痛感した。

その他の画像

# by torasan-819 | 2016-06-28 19:54 | 沢登り | Trackback | Comments(4)