2009年 10月 11日
沢登り・権現沢 ~ 2009年10月10日
10月10日に宮城県山岳連盟60周年南蔵王集中登山という行事があった。
7コースの登山者が不忘山で集合するというものだ。
うち2コースは沢登りで、コガ沢コースと権現沢コース。
オイラは権現沢コースに参加させてもらった。

聖山平コースには登山家の田部井淳子さんがゲストとして招かれていたので人気だったらしい。
でもこの時期沢シーズンは終わりに近いせいか、権現沢コース10名募集で参加は計4人。
まあ人数が少なければサクサク登れるからいいかもしれない。

6:45頃白石スキー場から出発。
天気が良いのが嬉しい。
f0170180_755033.jpg




権現沢は南蔵王の不忘山に源を発する沢で、途中1230mあたりでコガ沢に合流し下ってゆく。
スキー場から登り始め、水引コースへ入るとしばらくは登山道を辿ることになる。
登山道はコガ沢右岸を沢より数十メートル高いところを進んでいく。
その登山道がいったん沢まで下りる箇所があり、そこよりコガ沢に入渓した。
f0170180_23463429.jpg



いたって普通の印象の沢だが、黄色が主体の紅葉を楽しみながら登っていく。
f0170180_23512758.jpg

f0170180_23531464.jpg



夏であれば積極的に濡れながら登りたい滝も、この時期ではそうもいかない。
でも行動していると寒いとは感じない。
所々ある滝も直登可能だ。
f0170180_23591518.jpg

f0170180_015270.jpg



ナメ床もあり釜もありでそれなりに楽しめる。
f0170180_0163636.jpg

f0170180_0305080.jpg

f0170180_0324085.jpg



やがてコガ沢と権現沢の合流点に着いた。
右からコガ沢が左から権現沢が滝となって落ち合流している。
この双方の滝のすぐ上は、登山道「水引入道コース」が横切る渡渉点になっている。
f0170180_0433673.jpg



権現沢に入ると沢幅はぐっと狭くなる。
急なナメも問題なく歩いていける。
f0170180_046973.jpg

f0170180_0463219.jpg



権現沢で一番大きな滝(10m)。
この滝は左岸より巻いて越えたが巻道の登り始めがちょっといやらしい。
f0170180_0493082.jpg



沢は次第に細くなり、やがて稜線が見えてくる。
f0170180_123442.jpg
f0170180_124984.jpg



詰めは30分ほどのヤブこぎになった。
濃いヤブに少々苦労したが、方向を上手くとればヤブこぎも短くて済むだろう。
f0170180_1105428.jpg
f0170180_111488.jpg


11:25に南蔵王縦走路に飛び出た。
不忘山と南屏風岳のちょうど中間くらいだ。
f0170180_1135615.jpg

f0170180_114623.jpg



不忘山目指して登山者がぞくぞくと集結する。
f0170180_1184226.jpg

f0170180_1185686.jpg



オイラ達は11:55頃不忘山頂に到着。
山頂は大勢の参加者でにぎわっていた。
f0170180_1235341.jpg



山頂でしばし休憩を取り田部井さんと集合写真を撮ったりしたあと下山した。
ぬかるんだ道は非常に滑りやすく気が抜けなかった。
何度も足を滑らせながらも、14:17にスキー場の駐車場に到着。

権現沢は小振りな沢だが滝もナメもあり、それなりに楽しめる沢だ。
しかし途中でのエスケープルートが無く、行動時間も比較的長いのでその点は注意が必要だろう。
この沢を登るなら、ヤブこぎ覚悟で不忘山の稜線に出るのがいい。

コースタイム
白石スキー場6:45~コガ沢入渓7:31~権現沢合流点9:02~10m滝9:37~登山道11:25~不忘山頂11:55~白石スキー場14:17

by torasan-819 | 2009-10-11 07:55 | 沢登り | Comments(4)
Commented by miyagi1305 at 2009-10-13 16:21
沢水の冷たさはまだ大丈夫なんでしょうか。
寒さに強くないと沢はだめですね。
12日に硯石から不忘山に登りましたが、山頂付近もちょっとぬかるんで
いました。
もう霜がついたり融けたりの季節なんでしょうね。
山頂付近は風がかなり冷たく、長いができませんでした。
田部井さんとの登山参加者を募集していたのは知っていましたが
10日でしたか。
ちょっと拝見したかったような、静かな不忘山でよかったような。。。
Commented by torasan-819 at 2009-10-13 20:32
miyagi1305さん
こんにちは~久しぶりです。
天気が荒れない限りまだ寒くはないですよ。
歩いていると汗をかくくらいです。
オイラともう一人がドボンして濡れましたが寒いとは思わなかったです。
今年はオイラの沢元年なので、11月中旬あたりまでは沢をやろうかなと思っています。
11月中旬といえば雪が降りそうですが(笑)
なんと不忘山に12日に登りましたか。
オイラの友人(60歳くらいのひょろっとしたオッサン)も単独で登っていたのでもしかして会いませんでしたか?
田部井さんはちょっと見は普通のおばさんです。
でも内なるパワーは凄いんでしょうね。
オイラは結局どの人が田部井さん状態でした。
賑やかな不忘山でしたが、やはりオイラは静かな不忘山が好きです。
Commented by yossy1904 at 2009-10-14 22:32
2年前、たぶんまったく同じコースを遡行しました。
最後、ザレ場を登って1732mの小ピークに出ませんでしたか?
このコース、稜線に出たときはとても気持ちいいのですが、不忘からの
下りが疲れます(;´ρ`)
Commented by torasan-819 at 2009-10-15 00:01
yossy1904さん
そのまま沢を詰めれば1732mの小ピークだったと思うんですが、手前から左のヤブに入ってトラバースしたので小ピークよりは不忘山寄りに出ました。
でもヤブこぎが長くなりかえって時間がかかったかもしれません。
不忘山から白石スキー場までの下りは道が悪いですからね。
ぬかるんだりすると最悪です。


<< 懐かしの紅玉      オヤジでもできる?ボルダリング >>