2010年 01月 12日
お正月バージョン?
f0170180_6401496.jpg

これはなんでしょう?
お正月の飾り…ではありません(笑)
11日に安達太良で6人パーティーで山スキーをしていたのだが、同行の1人がポールのリングをどこかで落としてしまったらしい。
これから沢を滑降するのに…
ちょっと待てとリーダーのIさんがサクサクッと応急処置をしたのがこれ。
雪の下からハイマツの枝を掘り出しガムテープで十字にポールに取り付けて一丁上がり。
その後快調に沢の滑降をして5キロ以上滑り、スキー場に到着してもこのとおりまだまだ使えそう。
十分役に立ったようだ。
オイラはさすが経験の長いIさんと感心することしきり。
山ではこういうことができるかできないかが命運を分けてしまうこともある。
オイラもまだまだ経験を積まないとな~

by torasan-819 | 2010-01-12 06:59 | 山スキー | Comments(2)
Commented by miyagi1305 at 2010-01-12 10:32
へえ~。アイデアですね。
写真だけみたら、なんのために?と思いましたが、ちゃんとポールとして
使えるなんてびっくり。すごいです。
私は登山用のポールを冬用のリングに変える時になぜかさかさまに
付けてしまい、「いづい!」と笑われてしまいました。
Commented by torasan-819 at 2010-01-13 03:29
miyagi1305さん
無事帰るためにはこんな工夫もあるんですね。
ポールを刺したときにある程度抵抗があれば十分使えるようです。
この時はポールにガムテープをぐるぐると巻いていたのを使ったのですが、そうやってテープを持っているのも経験ですよね。
空き缶をつぶして付ける方法もあるようですよ。


<< スノーシューで登る後烏帽子岳 ...      今年の初スキー~1月3日 >>