2010年 01月 24日
初めての冬山訓練合宿(第3日) ~ 2010年1月11日
f0170180_1793936.jpg
朝目が覚めてぬくぬくとした暖かさが心地いいことに気づく。
シュラフ2枚重ねは正解だったようだ。
いやまてよ、昨日合流したSさん(女性)が隣に密着して寝ているからかもしれないな(笑)
テントの内張には結露した水分がキラキラと霜になって付いている。
昨夜は結構風が吹きテントも少しあおられたが、その時にこの霜が顔にサラサラと降ってくるのだ。

目が覚めてからしばらくじっとしていたが5:30を過ぎても誰も起きてこないのでモゾモゾと起きることにした。
皆も起き出して、外を見たYさんが晴れていて篭山がハッキリ見えるという。
低気圧が抜けていったのだろうか、今日の天気は期待が持てそうだ。
朝食を済ませテントの外に出ると箕輪山が青空をバックにくっきりと見えた。






肉離れを起こしたS(男性)さんと医師のMさんは下山するので、6名でテントを出発する。
今日も安達太良山頂を目指し昨日と同じルートを辿る。
前方には箕輪山、鉄山、矢筈森、篭山がくっきりと見え最高の眺めだ。
f0170180_1719014.jpg



峰ノ辻の手前でテン場に残っているMさんから無線が入る。
9日に急用で集合場所から引き返したYさんと、今回は参加できなかったKさんと奥様が登ってきたという。
彼らには山頂目指して登ってもらうようにし、我々は先へと進むことにした。

やがて昨日やっとの思いで滑った振子沢が近づいてきた。
斜面は滑らかに雪に覆われていて、今日はまだ誰も滑っていないようだ。
f0170180_17251891.jpg



矢筈森の南側を回り込んで歩く。
風のためだろうか雪があまり付いてなく、岩があちこちで露出している。
f0170180_1727245.jpg



稜線の鞍部に到達すると視界が一気に広がる。
各々しばし眺めを堪能した。
f0170180_2211421.jpg



パノラマ画像
f0170180_21191182.jpg



牛ノ背を安達太良山頂へと進む。
昨日とはうって変わって乳首がクリアーに見える。
f0170180_2217889.jpg



山頂から眺める磐梯山。
f0170180_222106.jpg



ひとりひょうきんなオッサンがいる(笑)
f0170180_23353281.jpg



牛ノ背を矢筈森へと。
f0170180_22234442.jpg



矢筈森下部へのトラバース。
f0170180_22244778.jpg

f0170180_22251658.jpg



振子沢の源頭で昨日同様コンプレッションテストをし安全を確かめる。
振子沢の滑降は爽快だった。
オイラも下手なりに気持ちよく滑り降りることができた。
画像を取り忘れ下ってからのものしかないが、斜面にシュプールが見える。
f0170180_2381659.jpg



テン場までの下りは昨日同様少々手こずったが、それもまた楽しい。
テントの撤収をし、テン場を均すといよいよ下山だ。
各々ずっしりと重いザックを背負い下る。
オイラは重いザックで無事下れるか不安だったが何とかなるものだ。
あだたら高原スキー場に13:40無事到着。

今回の3日間の冬山訓練合宿は何もかも初めてだったが、オイラにとって有意義でとても充実したものとなった。
もちろんこれからも繰り返し訓練をしないと身にはつかないだろうが、「冬山」が今までよりさらに身近になったような気がする。
参加させていただき、サポートしていただいた福島登高会の皆さんありがとうございました。


コースタイム
テン場8:05~安達太良山頂10:20-10:40~振子沢源頭11:15~テン場12:10-13:00~スキー場13:40

by torasan-819 | 2010-01-24 23:38 | 山スキー | Comments(2)
Commented by lc4adv at 2010-01-25 20:19
この時期の安達太良でこの晴天は幸運でしたね。
冬はあまり良い思い出がありません。
記事を読んで、高校の山岳部時代を思い出しました。
Commented by torasan-819 at 2010-01-25 22:49
lc4advさん
そうらしいですね。
吾妻山が晴れてても安達太良山は雪雲の中ということが多いと聞きました。
ましてや1月は晴れることは少ないとも。
3日いましたが1日でも晴れてラッキーでした。
オイラにとっては今が「山岳部時代」のような感じです。
近いうち山に付き合ってくださいね。


<< 刈田岳 ~ 2010年1月24日      初めての冬山訓練合宿(第2日)... >>