2010年 03月 30日
吾妻山(雪洞合宿) ~ 2010年3月20日・21日(その1)
f0170180_862168.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年3月20日(土)・21日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      20日晴れ・21日曇り
参加者    7名(L:和○さん・河○さん・鈴○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・トラ山)
行程      20日 駐車場9:10~登山口9:31~磐梯吾妻スカイライン10:50~水飲場10:59~
             山鳥山12:24~井戸溝12:52~山荘分岐13:34~雪洞地点13:55
         21日 雪洞地点8:56~五色沼(大岩)9:50~慶応山荘10:39~山荘分岐10:52~
             元吾妻スキー場トップ11:20~休憩11:42-12:01~駐車場12:21
行動時間   20日4時間45分・21日3時間25分(休憩等含む)
移動距離   20日6.2km・21日8.2km 計14.4km
累積標高差 +1,233m -1,214m
============================================================

3月20日からの3連休は雪洞訓練が福島登高会の山行として計画されていた。
2泊3日の山行で20日に横穴式、21日に竪穴式の雪洞を予定している。
まだ雪洞経験が無い自分はなんとしても参加したかった。
仕事やら何やらやりくりして参加することに。
家族よスマン(笑)

当初の案では天元台から東大巓、家形山から高山を経て土湯までの縦走となっていた。
しかし天気予報で21日は大荒れの天気になるといっている。
そのため荒天時のエスケープを考え、高湯~五色沼~高山~土湯のいわゆる高山下りルートに変更となった。
山行自体を中止にはせず、荒天時は荒天時なりの対処を考えるのも登山ということなのだ。
いざとなれば20日も21日も山小屋に避難できるルートになっている。





朝起きるのが遅くなってしまい、集合時間に20分ほど遅刻してしまった。
こんな事は初めてだが残業続きを言い訳には出来ない。
遅れる旨を連絡し集合場所に急ぐ。

集合場所では既に他の6人はほぼ準備完了していた。
自分の分の共同装備を受け取り急いでザックに詰め込む。
共同装備は分担して担ぐが、コッヘルのセットとラジオ、食料の一部が自分の分担だ。
今回テントは必要ないが、それでも久しぶりに担ぐ3日分の装備はズッシリと重い。
冬山装備ではシャベルとゾンデも加わるからなおさらだ。

7人分のスキーと装備を和○さんと自分の車に詰め込み、高湯温泉に向け出発する。
駐車場所の高湯観光協会駐車場までは約18キロほど。
このところの暖かさで雪がかなり融けてしまい、駐車場までは乾燥路面だった。
駐車場には側溝工事の車や現場ハウスがあり手狭になっていたが、何とか止めることができた。

駐車場の西端でスキーにシールを付け歩き始める。
9:10だから予定より40分遅れてのスタートだ。
ところがすぐ雪が切れてしまい、登山口まで3度もスキーを脱着する羽目になってしまう。
登山口であらためてスキーを履き登り始める。
驚くほど雪解けが進んでいて、登山道もところどころ土が見えていた。
今年の雪がいかに少ないかということだろう。
ゆっくり登っていくと、後からスノーシューの3人パーティーが追い越していった。

登山口(軽トラのところ)周辺も雪解けが進んでいた
f0170180_884022.jpg


快晴の空が気持ちいい
f0170180_8102835.jpg


空は快晴で、明日大荒れになるというのが信じられないほどだ。
暑いのでウエアを脱いで調整することに。
杉○さんと自分は薄いTシャツ1枚になるがそれでも暑いくらいだ。
途中で冬季閉鎖中の磐梯吾妻スカイラインを横切るのだが、路面にはまったく雪が無かった。
スキーを脱着しなければならずわずらわしい。

スカイラインを横断する
f0170180_8112243.jpg


水飲場の沢を渡る
f0170180_8121661.jpg


水飲場で小休憩する。
標高は1,150mほどだが、雪解けが進み既に沢がすっかり見えている。
賽の河原を過ぎるとほとんど勾配がなく平坦になる。
このあたりはヤエハクサンシャクナゲの自生地でもある。
平坦なところはあまり好きではない。
自分は登りが好きだ、それもキツイ登りが。

山鳥山からは正面に家形山が望める
f0170180_815610.jpg


井戸溝の沢を渡る
f0170180_8133526.jpg


井戸溝に来たがここの沢も大きく口を開けている。
パイプで造られた橋の上も、スキーで渡れるほどの雪は無い。
橋の脇で渡れそうなので階段下降しまた上る。
慶応吾妻山荘の分岐には13:34に着いた。
予定よりわずか4分遅れで、ゆっくり登ってきた割にはいつの間にか遅れを挽回したらしい。

目的地まではあと少し
f0170180_8171423.jpg


硯石あたりから勾配がきつくなってくる。
ここには家形ヒュッテへの分岐がある。
もう少し先へ進んだ急斜面で和○さんが辺りを見回し始めた。
和○さんがプローブを雪面に刺して深さを確かめると4m近くあるようだとのこと。
積雪深は十分のようで、ここに雪洞を掘ることになる。
GPSによると標高は1,637mだった。

積雪深を確かめる
f0170180_8161832.jpg


各自ザックを降ろし、シャベルを取り出す。
雪洞が初めてのメンバーも多く、和○さんの指示に従い掘り始める。
時刻は午後2時になっていた。
これから暗くなるまでに7人が入れる雪洞が掘れるのだろうか?
シャベルを手に持ったがやや不安ではある。

その2に続く=
 

by torasan-819 | 2010-03-30 07:02 | 山スキー | Comments(4)
Commented by マロ7 at 2010-03-30 19:14 x
おっ、わくわくの雪洞シリーズに突入です。
宴のほうも半端ではなかったでしょうね。
そうすると、半そでから一転して超防寒着に変わるのかな。
Commented by はなゴン at 2010-03-30 22:01 x
山スキーに雪洞ですか。どちらも経験なく羨ましいです~
7人分の雪洞だと、相当大きかったんでしょうね。
Commented by torasan-819 at 2010-03-30 23:25
マロ7さん
「その2」でわかりますが結構大変だったんですよ。
でも楽しかったです。
雪洞は一度は経験してみるべきです。
Commented by torasan-819 at 2010-03-30 23:27
はなゴンさん
「その2」でわかります(笑)
臨機応変の対応が大事なんだと学びました。


<< 吾妻山(雪洞合宿) ~ 201...      湯殿山 ~ 2010年3月27日 >>