2010年 04月 25日
姥ヶ岳から湯殿山(中退) ~ 2010年4月24日
f0170180_14141863.jpg

============================================================
山名      姥ヶ岳(1,669.7m)
山行期間   2010年4月24日(土)
山行形態   山スキー
山域      月山
地形図    月山・立谷沢
天候      曇り
参加者    4名(L:和○さん・柳○さん・加○さん・トラ山)
行程      白石6:20=姥沢9:05=リフト終点10:02-10:13~姥ヶ岳10:41-11:39~装束場12:15
         ~ネイチャーセンター12:45=姥沢13:11~石跳川13:42~ネイチャーセンター13:54
行動時間   3時間41分 (合計)
移動距離   10.5km (合計)
累積標高差 +302m -1,343m (合計)
============================================================
4月24日の月山方面の天気予報はあまりパッとしたものではなく、25日に向かって良くなるようだった。しかし24日から25日にかけて仕事なので、同じく25日が仕事の和○さんの月山パーティーに加えてもらった。月山スキー場のリフトを利用して上がり、姥ヶ岳~湯殿山~石跳川~ネイチャーセンターという登りをかなりズルできる計画だ。相方の加○さんを午前6時20分に拾い一路月山へと向かう。高速を走っていると山形との県境付近は路面こそ白くないものの、あたりは積雪で白く雪化粧だ。笹谷トンネルを抜けた山形側はどうなのかと思ったが、降らなかったようで一安心。和○さんとはネイチャーセンターで合流の予定だったが、7:55に志津温泉を過ぎた所で車列が続いていてストップ。除雪作業待ちでゲート閉鎖のようだ。和○さんに電話するとなんとすぐ後ろに和○さんが到着。打ち合わせなどしつつ待つが、結局通行可能となったのは8:45頃だった。




ゲートから1キロほど行くとネイチャーセンターで、和○さんの車をセンター手前の道路脇にデポしこちらの車に4人が乗り姥沢の駐車場へと向かう。志津温泉では時おり晴れ間も見えていたが、上るに従い月山にかかった雲の中に入っていくようだ。駐車場(1,000円)に入ったころは雪がけっこう降っていて、路面も白くなり始めていた。月山に来るならまだまだタイヤは替えられないようだ。

ストロボ発光したら雪が写った
f0170180_1443792.jpg


青空も見えていたのだが
f0170180_15414220.jpg


スキーを担いでリフトに向かうが軟らかい新雪で歩きにくい。リフト下駅で登山届を記入し片道券(560円)を購入しリフトに乗る。乗ること約10分でリフト上駅だがガスがかかっている。見上げても姥ヶ岳の山頂はさらに濃いガスの中だ。とりあえず登ろうとシールをつけて歩き出すが、周囲は徐々にホワイトアウト状態。目を凝らしても雪と空の境界がわからず、トップの和○さんの後をひたすら付いて行く。

歩き始めるが…
f0170180_14482682.jpg


だんだんガスが濃くなる
f0170180_1450832.jpg


雪は新雪で気温も低いので、少し締まったパウダーという感じだろうか。この時期としては思いがけず良い条件の雪だ。稜線に出ると風があるがそれほど強くはない。山頂らしき場所に着いたが、視界の無いこの状態では湯殿山とのコルまで滑り降りることもできない。ガスが少し晴れれば行動可能なので、しばらく立って待つことにした。着いたときは我々だけだったが、こんな状態でも何パーティーかが登ってくる。もう5月も近いというのにこの風雪は、標高1700mに満たない姥ヶ岳だがまるで冬のようだ。

姥ヶ岳山頂か?
f0170180_1451398.jpg


近くにいた男女2人パーティーがシャベルで雪を掘りツェルトをかぶった。我々も体温低下を防ぐのにツェルトをかぶることにした。薄い布1枚だがそれでも風に直接当たらないので別世界のように暖かい。さらに7人パーティーもかぶるようだ。しかし約1時間ほど山頂にいたのだがガスは晴れてこないので予定を変更することになった。湯殿山はカットしここから石跳川に降りることになったのだ。残念だがいつまでも待っているわけにもいかず仕方がない。3月27日も湯殿山の山頂を踏めなかったが今回もとはなんとも運がない。

GPSでもルートを確認する
f0170180_14551685.jpg


ホワイトアウトの状況は変わらないので、ゆっくりゆっくりルートと雪面の状況を確認しながら下る。斜滑降と横滑りを駆使?しながら下るしかない。何しろ斜面の角度もわからなければ、先が続いているのか崖になって切れ落ちているのかもわからないのだ。ヘタすれば急斜面からの滑落もあり得る。しかも凸凹のない新雪は雪面と白い空との区別がまったくつかない。視界が白一色でなにも対象物がないと、人間の平衡感覚はいとも簡単におかしくなる。自分が止まっているのか動いているのかもわからなくなり、目まいがしたりフラフラと酔ったようになる。いわゆる「ガス酔い」で、もうこうなると滑るどころの話ではなくなる。この時期としては思いがけず良い状態の新雪を滑ることができるチャンスだっただけに残念だ。まぁそれも山なのだが。

見えないというのは怖いものだ
f0170180_14573686.jpg


先行者のトレース発見
f0170180_14592373.jpg


和○さんは慎重にルートを確認しながら我々を導いてくれる。そうこうしているうちに先行者のトレースを発見。1本でもトレースが見えると滑ることができるようになる。標高を下げていくと徐々にガスも薄くなってきたようだ。雪面と空の境界が薄く見えてくるようになればしめたもの。自分なりのシュプールを描いて滑ることができる。加○さんはテレマークターンを決め、柳○さんも本来の滑りになっていく。装束場という湯殿山とのコルになるあたりに下りるとガスもほぼ晴れてきた。右手の斜面を登れば湯殿山へとなるが今日は中途退却という形にし、このまま石跳川の源頭から谷を滑り込んでいく。

少し見えてきた
f0170180_1504954.jpg


石跳川に滑り込んでいく
f0170180_15162299.jpg


標高を下げると雪は少し重くなったが新雪を滑るのは気持ちがいい。今までの我慢を晴らすかのように各々好きなように滑っていく。途中で先行パーティーが休んでいたが、ビッグフットの堀さんのパーティーだった。トレースのお礼を言って先に進む。後は傾斜のゆるい石跳川沿いを滑り、12:45に今年のオープン準備が始まったばかりのネイチャーセンターに到着。結局ここまで行動食もほとんど食べずにきてしまった。

和○さん
f0170180_15235690.jpg


柳○さん
f0170180_1525337.jpg


石跳川沿いを滑る
f0170180_15271250.jpg


和○さんから提案があり、姥沢に車で3人を上げるから石跳川に滑り降りネイチャーセンターでまた拾ってやるとのこと。図々しい自分はすぐにその提案にありがとうございます(笑)と乗らせていただき姥沢まで送ってらった。そこから歩いて少し登り滑り始めたが、初めてのことゆえちょっと無駄な登りやトラバースもしてしまった。同行のお二人さんご容赦を。でもブナの林のツリーランは気持ちが良かった。

朝日連峰を望む
f0170180_15304655.jpg


加○さん
f0170180_15292923.jpg


ネイチャーセンターで和○さんと再び合流し姥沢の駐車場まで上がる。なんとこの時間になってやっと湯殿山の山頂が見え、姥ヶ岳もほとんど見えてきたではないか。う~ん悔しいがしょうがないまた来るか。タイミングの問題だが、山スキーで快晴という日にあたったのが本当に数少ない。運が悪いのかなこりゃ。ともかくもリベンジを期しながら、これから仕事の自分はすぐ帰ることにし自宅へと車を走らせた。今シーズン中にもう1度月山に来たいものだがどうなる事やら。

※翌日の25日(日)に同じく姥ヶ岳~湯殿山に行った人達は、快晴で360度の大パノラマのなか新雪を楽しんできたという。やっぱりという感じだ。この頃曇りの日に山に行くことが多いような気がする。スカッと晴れた日に滑りたいものだ。

GPS記録
f0170180_1431668.jpg


by torasan-819 | 2010-04-25 21:42 | 山スキー | Comments(4)
Commented by utinopetika2 at 2010-04-26 22:23
ちょっと天気には恵まれないようですね。
5枚目は心細く感じます。
登った距離よりも、はるかに長い滑走。
これも素晴らしい仲間がいらっしゃるからでしょうね。
Commented by yossy1904 at 2010-04-26 22:58
湯殿山に登れず残念でしたね。
雪が良さそうなので、石跳川沿いもスキーが走ったのではないでようか。
去年のGWは、黄砂が浮いて推進滑降でした。
Commented by torasan-819 at 2010-04-27 06:47
utinopetika2さん
どうも今年は曇り男のようです(笑)
自分が行った翌日が晴れになるパターンが多いです。
歩くと長い距離も滑ればあっという間なので、今回はちょっと物足りないくらいでした。
今度は快晴狙いで行きたいのですがどうなりますか。
Commented by torasan-819 at 2010-04-27 07:08
yossy1904さん
翌日に行った知り合いは大快晴の中、湯殿山や品倉尾根に登ったようです。
ちょっと悔しいです(笑)
石跳川では少し推進滑降もありましたが快適に滑ることが出来ましたよ。


<< 朝日鉱泉から竜門小屋まで(その...      稲倉岳 ~ 2010年4月20日 >>