2010年 06月 09日
不忘山(トレーニング山行) ~ 2010年6月6日
f0170180_2228321.jpg

                         ↑ 不忘山から南屏風岳~屏風岳の眺め
============================================================
山域山名   蔵王連峰・不忘山(1,705.3m)
山行期間   2010年6月6日(日)
山行形態   トレーニング
地形図    不忘山
天候      晴れ
参加者    単独
行程      硯石14:24~不忘山15:55-16:14~硯石17:30
行動時間   3時間6分
移動距離   約8.1km
累積標高差 約+980m -980m
============================================================
不忘山は地元の山だけにもっとも登る回数の多い山だ。冬はスノーシューに山スキー、春から夏は様々な花を楽しみに、秋は紅葉と四季を通じて親しんでいる。我が家からはさえぎるもの無く不忘山が見えるので、毎日必ず不忘山を眺めている。登山口までは25分とかからないので、時間が無いときにトレーニングしたいときにも不忘山となる。登山口は白石スキー場からと硯石からの2コースがあり、距離はどちらもほぼ同じ4kmだが標高差は硯石の方が150mほど多い。私は冬以外は硯石から登るのが好きでほとんどここからだ。何度も登っているので自分なりのコースタイムというものがあり、その時の体調と体力の目安にもなるコースなのだ。
毎年6月上旬は防災訓練があり今年は6日だった。昼で終わるのだがせっかくの良い天気がもったいないと思い、午後から不忘山にトレーニングに登ることにした。ブログで振り返ってみると昨年の6月7日にも同じことをしていたのだ。私の行動パターンは変わっていないということか(笑)




硯石登山口
f0170180_2142028.jpg


硯石登山口に着くと、なにやら車がいっぱい駐車していた。おや?山菜採りの車が多いのかと思ったが、人も大勢いることに気付く。格好を見ると登山者だ。いつもより手前の道路脇にマイカーを止めて登山者の1人に聞くと、今日はゴミ拾いをするクリーン登山だったのだという。お疲れ様ですと返事をし、人が多いのが苦手な私はそそくさと先を急いだ。後でもしやと思いネットで探したら、やはり仙台の朋友会さんで25人も参加していたようだ。登り初めて少しすると下ってきた男性とスライドしたのだが、今から登るの?とビックリしたように声をかけられた。

緑濃い登山道
f0170180_216231.jpg


硯石コースは森林限界を超えるまでは緑のトンネルの中を歩くので眺めは得られない。でも木々に囲まれて歩くのは気持ちが良い。空気がカラッとしているせいかいつもより汗もかかない。足に昨日の後烏帽子岳の疲れが残っているのか、今ひとつペースが上がらないような感じがする。6月不忘山は花の時期を迎えるのだが、今年は少し遅いようだ。昨年は咲いていたサラサドウダンも今年はまだつぼみの状態。逆にシロヤシオツツジやムラサキヤシオツツジは見頃だ。画像は下山時にゆっくり撮るとしよう。

山頂へと続く山肌の緑はまだ濃くない
f0170180_21112260.jpg


硯石コースは途中ほとんど下りなしに一気に約1,000mの標高差を登り上げる。それに要する距離は4kmなので、平均でも25%になる登りが山頂まで続く山だ。なかなかきついコースでガレ場も少しあるが、トレーニングにはいいコースだと思っている。森林限界を過ぎて周囲が開けると視界が広がり山頂も見えてくる。山肌はまだ茶色が多く本格的に緑に覆われるのにはもう少しかかるだろう。不忘の碑を過ぎれば山頂まで細尾根をひと登りだ。右手には昨日登った後烏帽子岳も見えている。ちょうど昨日と逆から南蔵王の稜線を眺めていることになる。

山頂のミネザクラと後烏帽子岳
f0170180_21193632.jpg


不忘山山頂
f0170180_2121519.jpg


山頂には15:55に到着した。さすがにこの時間になると誰もいない。標高1,705mの山頂からは大パノラマなのだが、今日は朝日連峰など遠くの山は霞んでいて見えない。不忘山は山頂周辺に花が多い山で、いつもより遅めとはいえハクサンイチゲやミヤマキンバイ、ユキワリコザクラが咲いていた。ミネザクラはまさに満開。ところで花の名前は慎重に調べているのだが、もしかして間違ってブログに載せたものもあるかもしれない。ブログを閲覧している方で気が付いた方がいれば是非ご指摘いただきたい。ネットで画像検索しても同じ名前で明らかに違う種類の花がヒットしたりするのだから、いちがいに人様のサイトやブログを鵜呑みにするわけにはいかない。難しいものである。

下界をバックのハクサンイチゲ
f0170180_2129188.jpg


ひとしきり山頂周辺で花を撮ってから下山開始。花を撮りながらなのでちょくちょく立ち止まるが、勾配の緩いところでは走ったりもしてみる。足を痛めない程度にだが。登山口には17:30に到着。いつものことだが登りと下りのタイム差は15分しかない。勾配がある程度以上あるとかえって早く下れなくなる。そういえば登りは体力、下りは技術と何かの本に書いてあった。まだまだ陽が高いので山菜採りの誘惑が頭をよぎったが、今日は素直に帰ろうと登山口を後にした。

不忘山はよく花の山だという。他の山をそれほど知っているわけではないが、たしかに種類が多いと思う。ハクサンイチゲは宮城県では蔵王にしかないというが、蔵王の中でも不忘山に多いのではないだろうか。昨年命名されたばかりだが、フボウトウヒレンという不忘の名が冠された植物もあるくらいだ。これから不忘山は花盛りとなる。山の花が好きな方にはたまらない季節だ。

ミネザクラ
f0170180_21323390.jpg


ハクサンイチゲ
f0170180_21335579.jpg


ユキワリコザクラ
f0170180_2135284.jpg


シラネアオイ
f0170180_2136697.jpg


ミヤマキンバイ
f0170180_21374022.jpg


コイワカガミ
f0170180_21401022.jpg


オオカメノキ
f0170180_21404976.jpg


ムラサキヤシオツツジ
f0170180_21435926.jpg


シロヤシオツツジ
f0170180_2144383.jpg


ミツバオウレン
f0170180_2156849.jpg


コメバツガザクラ
f0170180_224478.jpg


by torasan-819 | 2010-06-09 06:54 | | Comments(8)
Commented by maro4070 at 2010-06-11 06:49
おはようです。
誰でも、この時間帯に登ってくればビックリしますよ。
それにしても1時間半で登りきるのだから早いですね。
「南蔵王花街道」満艦飾になってきましたねぇ~。
B-29の破片は見つけたすか。
Commented by おおさとくん at 2010-06-11 09:29 x
花花花最高にきれいですね。自分は特に「ユキワリコザクラ」の写真がお気に入りです。右側に登山道がぼんやりと写って、そしてひっそりと可憐だけど力強いユキワリコザクラがなんとも素敵です。この構図、奥行きがあって山の雰囲気をとても感じられました。それにしてもトラ山さんの健脚は見事だと思います。自分は明日、白石スキー場から不忘山~刈田まで行く予定です。4×4の交差縦走です。天気も良さそうなので、花花花、満喫してきます。
Commented by 加ト幹事長 at 2010-06-11 11:02 x
こんな調子じゃ誰もトラさんとご一緒するのを敬遠しますよ(爆)
明日一人寂しく行ってきます。ここ一ヶ月だるくてダメですね~、先週なんか抜かれる一方で三回目の鳥海で一番辛かったです。とりあえず疲れを取るため?昼寝でもしてきます。。
Commented by torasan-819 at 2010-06-11 20:31
maro4070さん
ですかね~もっと遅い時間だとオイラでもオヤッと思うでしょうけど。
ソロだと話をするわけでもないのでどうしても足早になってしまいます。
例の場所に錆びた鉄の残骸みたいなものがありますがB29のかどうかは不明です。
Commented by torasan-819 at 2010-06-11 20:35
おおさとくん
明日不忘山から南蔵王縦走路を歩くんですね。
交差縦走ということは中間で車のキー交換でしょうか。
そういう山行をしたことがないのでやってみたいですね~
明日は天気も良いみたいですし、どうぞ存分に蔵王の花を楽しんできてくださいね。
Commented by torasan-819 at 2010-06-11 20:38
加ト幹事長さん
おやおや~だるくてダメだなんて幹事長とも思えないお言葉ではないですか。
オイラは今年の沢初めで、まったりした沢に行ってきまーす。
おおさとくんに会いましたらよろしくお伝えください。
といっても顔がわかりませんね(笑)
Commented at 2010-06-12 00:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by torasan-819 at 2010-06-12 22:52
##さん
なるほどそういうことですか。
参考になります。

今日であれば良かったのですがね。
山はなかなか思ったようにはいきません。
来週の天気やいかに…


<< 湯川(沢登りトレーニング) ~...      後烏帽子岳 ~ 2010年6月5日 >>