2010年 08月 21日
三階の滝
f0170180_21151551.jpg

友達を訪ねて蔵王に行ったら不在であった。
すぐ帰るのも何なので三階の滝を見て涼んでくることにした。
三階の滝は後烏帽子岳東面を流れる石子沢から澄川へ落下する滝だ。
3段になっている様から三階の滝と名付けられたらしい。
高さ181m、幅7mとされていて、なかなか見応えのある滝だ。
普通は対岸の滝見台から遠く眺めるのだが、林道と遊歩道で澄川まで降りて見ることができる。
そこからさらに滝の落ち口までも行けるが、気軽に行ける場所ではない。
はるか頭上から飛沫となって落ちてくる水は風を呼び近くにいるだけで涼しい。
ちょっと贅沢な納涼のしかただね。
f0170180_21153345.jpg


by torasan-819 | 2010-08-21 21:16 | 自然 | Comments(6)
Commented by leviathan05 at 2010-08-22 00:02
落差181mですか!? 1枚目の写真、迫力がありますね。 水しぶきがかかりそうです。 (≧∇≦)b
ちょっとどころか、豪快で贅沢な納涼のしかただと思います。 
Commented by torasan-819 at 2010-08-23 06:12
leviathan05さん
この滝は3段になってまして全部合わせて181mなんです。
滝の直下まで行くには少し沢登り的なことをしないと行けません。
夏はやっぱり滝ですね!
Commented by maro4070 at 2010-08-23 19:06
ここは何処から行くのだろうか。
滝見台から眺めるのだが、わkらないなぁ。
高さ的にはすごい滝なんですね。
Commented by torasan-819 at 2010-08-23 21:47
maro4070さん
小鳥ハウスか蔵王少年自然の家からは遊歩道を辿ります。
エコーラインからなら滝見台のしばらく手前の左コーナーに入口があり車止めまでは車で進入してから歩きます。
間近で見る三階の滝は迫力がありますよ。
Commented by yossy1904 at 2010-08-24 21:17
石子沢を遡行したとき、わざわざ三階の滝の落ち口から下を覗きに行った人がいました。
度胸あるって言うか、とてもまねできません。
20mの滝から落ちても、180mの滝から落ちても結果は同じなんですがねー。
Commented by torasan-819 at 2010-08-25 00:04
yossy1904さん
落ち口から下を覗くときは命綱をして欲しいですね。
見ている方が心臓に悪いです。
秋に三階の滝の上部を遡行してみようかなと思っています。


<< 世代を越え旅する蝶      逆さケヤキ >>