2011年 01月 15日
冬山合宿(裏磐梯) ~ 2011年1月8日・9日・10日
f0170180_958844.jpg


会恒例の冬山合宿。今年は1月8日から10日に裏磐梯で行われた。

1月8日(土) この日の参加者は8名。裏磐梯スキー場のリフトを2本(700円)乗り継いでゲレンデトップへ。昨年イエローフォールを見に来て以来だから1年ぶり。テン場は銅沼(あかぬま)の手前あたりなので近い。場所を決めたら踏み固め作業を行う。肩を組み横一列で何度も何度も歩いて雪を踏み固めるのだが結構キツイ。しかしこれをしっかりやらないと快適なテント泊とはならない。仕上げにスキー板で平らに均す。テント(エスパース)を2張り設置するが、張り綱のペグやテント周囲の雪押さえなどやってみないとわからないことが多い。少し離れたところにトイレを作って完了した時は午後1時をだいぶ過ぎていた。





午後の予定はイエローフォールへの往復。銅沼の縦断では、沼の中央部が完全凍結しているかわからないので岸に近いところを歩く。前方には磐梯山の火口壁がダイナミックな景観を作っている。テン場からは1.5キロほどしかなく登りもさほどではないので45分ほどで到着。昨年来たときは大勢の人が来ていて驚いたが、今年は先客が2名だけ。イエローフォールは近年あまり大きくならないようだが今年もそのようだ。復路は西斜面に登って少しだけ滑りを楽しんでテン場に戻った。今日の夕食はアルファ米で作る炊き込みご飯。バーナーを焚いたテントの中は暖かく、焼酎を飲みながら話しをしていると眠くなってくる。テントは5人と3人に分かれて午後8時過ぎに就寝。スリーシーズン用シュラフの私は耐寒訓練のようなもの(笑) ダウンを着込んでシュラフに潜り込む。テン場で標高1,100mほどだが夜間は-10度以下だろう。

                         ゲレンデトップで磐梯山(右)と櫛ヶ峰(左)をバックに
f0170180_919261.jpg


                         テン場まではほぼ平坦地
f0170180_920712.jpg


                         全員でテン場の踏み固め
f0170180_921324.jpg


                         テン場全景
f0170180_922276.jpg


                         磐梯山山頂はガスで見えなかった
f0170180_9294275.jpg


                         イエローフォール
f0170180_9332489.jpg


1月9日(日) 目が覚めたが外はまだ真っ暗。少し寒さを感じるが我慢出来ないほどではない。雪が降っているようでカサカサとテントに降る音がする。トイレに起きた隣のテントの誰かがこちらのテントの雪も落としてくれて助かった。外に出てみると30センチほどの積雪があったようで、テント周囲の雪かきをする。朝食はラーメンおじや。今日は裏磐梯スキー場に降り、駐車場でスケッドストレッチャー取り扱いの訓練をする。スケッドストレッチャーとは救助用器具で、プラスチック板で負傷者を包み込むように保護し、雪上搬送、ヘリコプターによる吊り上げ運搬にも対応する担架だが実際に見るのは初めて。このほど会で購入したのだが、10万円以上するらしい。冬季の救助においては要救助者の保温が重要であるため、同行者が持っている確率の高いであろう銀マットやツェルトを使ってストレッチャーに収容する。要救助者役としてストレッチャーに40分以上収容されていた牧○さんによると、寒いとは感じなかったという。交代で梱包された大○さんも同様の感想。平地なら4人で持ち上げ運搬するか雪上を滑らせることも可能だが、斜面や不整地の場合はどうなるだろうか。次回はより実戦的に、山中での訓練も行ってみたいと思った。ストレッチャー訓練終了後、2日間だけ参加の和○さんと坂○さんが帰っていった。午後からはスキー場のゲレンデでスキー訓練。スキーの上手い杉○さんから山スキーで応用できる「横滑り」を教わる。上手くできないのを体が固いせいと言い訳をする(笑) 午後4時頃テン場に戻ると、今日から合流の鈴○さんが待っていた。夕食はカレーライス。今日もまた焼酎やらもらった日本酒でほろ酔い加減。午後8時半頃就寝。


                         スケッドストレッチャー
f0170180_9404294.jpg


                         銀マットとツェルトを敷く
f0170180_941034.jpg


                         完成形(モデルは牧○さん)
f0170180_9411469.jpg


                         スキー練習
f0170180_9454518.jpg


1月10日(月) 今朝は20センチ以上の降雪があったようだ。今日もラーメンおじやの朝食。今日は中ノ湯跡まで往復する予定だったが、天候が少し荒れ始めてきたことなどで、予定を変更し早めに下山することになった。テントを撤収してザックをパッキングし、テン場をざっと均してトイレをつぶすと完了。近くで緊急ビバークの雪洞を掘る練習をする。実際に経験したことはないが、いざというときのために練習しておきたいことのひとつだ。始めに掘ったものは大きすぎた。次に掘ったものは小さめにしたが具合良さそううだ。ただし実際に一晩過ごしてみなければ本当のところはわからない。一度経験してみる必要があるだろう。昼前に駐車場に降りて車を雪の中から掘り出す。雪が降り続いているせいか駐車場の車は少ない。3日間の合宿を終えて着いた福島市内は雪も無く晴れていた。

                         2人用のたて穴雪洞(作成途中)
f0170180_9502965.jpg


                         1人用(この上にツェルトを被せる)
f0170180_9514698.jpg


                         下山開始
f0170180_956381.jpg


by torasan-819 | 2011-01-15 05:19 | 山スキー | Comments(12)
Commented by pot at 2011-01-15 16:46 x
救助道具を購入するなんてしっかりしてる!
ビバーグ用?の穴は初めて見ました。これで生還できますね。
Commented by utinopetika2 at 2011-01-15 20:32
会の山行はしっかりしていますね。
僕もビバーク用の穴ははじめてみました。
ストレッチャーのお世話にはなりたくないですね。
Commented by torasan-819 at 2011-01-16 00:08
potさん
もっと練習しなければと思いました。
道具があっても使いこなせないのでは意味がないですからね。
Commented by torasan-819 at 2011-01-16 00:10
utinopetika2さん
確かにお世話にはなりたくないです。
ところでこれまで何度か担架のお世話になったことのある私です(笑)
Commented by lc4adv at 2011-01-16 16:47
みなさん、結構な装備を背負ってますね。
1月の雪でもシールが効くんでしょうか?進歩してんのかな?
山はずっとソロでやってますが、そろそろ山岳会でも入ろうかな、と思ってます。
大朝日小屋で一緒になった西川山岳会か、小国山岳会辺りが濃い活動やってて面白そうです。
問題は体力の方が。。。
Commented by yossy1904 at 2011-01-16 21:18
~合宿とか、~訓練とか、山岳会に入った頃はよく参加してましたが、最近はさっぱり。
今日も会の山スキー教室でしたが、別な場所で粉雪を滑ってました。
もういちど初心に帰って、とは思うのですが・・。
ところで写真の縦穴雪洞、夜間の積雪がない前提ですよね?
Commented by torasan-819 at 2011-01-16 22:20
lc4advさん
昔のシールを知らないのですが、今使っているシールは問題はないですね。
さすがにフカフカの深雪は効きにくいですが。
西川山岳会さんとは昨年行く先々で会いました。
湯殿山でも月山でも朝日連峰でも。
小国山岳会の会報「ザックにつめた夢」持っていますよ。
長井山岳会や最上山岳会も存在感がありますね。
体力は山行を重ねていればおのずとついてくるかと。
良い環境の土地に住んでいる今がチャンスですよね。
Commented by torasan-819 at 2011-01-16 22:27
yossy1904さん
もう初心者レベルではないから参加意欲も湧かないのでは?
yossy1904さんはもう後継者育成側に立つ時期なのではないでしょうか。
私の場合は初心者なので積極的に参加してます。
というかうちの会は人数も少ないので、合宿など会の行事は最大限参加せよと言われてるんですよ。
ところで縦穴式雪洞ですがご指摘のとおり手を抜いています(笑)
頭上が解放されたままではなく、スキー板とツェルトで屋根をかけることになります。
説明不足でした。
Commented by noncat at 2011-01-17 20:07
いや~東北の山岳会はさすが、やってることが違うわ!
写真を見てとても勉強になりました。
実践してなんぼでしょうが、一度は体験する必要がありますね。

今年になって、寒さにめっぽう弱くなって└(T_T;)┘
雪山へ行く気力をつけるのが大変です。
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 02:15
noncatさん
冬山に行ってる以上いつ実践の機会が来るかわかりませんから。
寒さに弱くなったと言えば私もそうなんですよ。
やっぱり冬はこたつでミカンですね(笑)
Commented by Toby at 2011-01-20 21:15 x
すげぇ(!_!)
まだまだ冬山の端っこで遊んでいるぼくとしては勉強になります。雪洞のお世話にはなりたくないけど、練習しておかなきゃいけないですよね…
Commented by torasan-819 at 2011-01-21 08:15
Tobyさん
私も勉強中のみです(^。^)
山スキーの世界に入ると行動領域が広がりますんでビバーク練習はしておいた方が良いと思いますよ。
今年もあちこちで山スキーで遭難ビバークがあるようですし。


<< 猫カフェ      安達太良山での山スキー ~ 2... >>