2011年 01月 18日
蔵王・不忘山 ~ 2011年1月16日
f0170180_249487.jpg
======================================================================
山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m)
山行期間   2011年1月16日(日)
山行形態   山スキー
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    3人(L:加○さん、高○さん、トラ山)+管○さん
行程      スキー場駐車場8:50=ゲレンデトップ9:30-9:39~C1,500m地点11:00-11:25~硯石12:42
行動時間   3時間3分
移動距離   約5.7km
累積標高差  +約380m -約810m
======================================================================
週末の天候は荒れるとの予報だったが、加○さんから近場の不忘山へとお誘いがあったので行くことにした。高○さんの車を硯石の県道脇にデポしてから白石スキー場へ向かう。登山届を出し白石スキー場のリフト2本を乗り継ぐと標高1,130mほどのゲレンデトップだ。準備をしていると加○さんと高○さんの知り合いの管○さんが声をかけてきた。昨日山スキーに来て携帯電話を落としてしまったので探しに来たのだという。docomoに聞いたら不忘山中にあるという回答だったらしい。管○さんは単身先行したのだが、途中で追いつき結局最後まで一緒に行動することとなった。上の方はガスがかかり見えないが、覚悟したわりに風がほとんど無いのは嬉しい誤算だった。フカフカの新雪のラッセルは加○さんが頑張ってくれるので、しばらく楽な2番手で登っていく。管○さんのGPSの記録で、昨日携帯を落としたであろうC1,500m辺りのポイントに着いた。おそらく昼食休憩時に落としたのだという。別な携帯で電話すると加○さんが着信音がかすかに聞こえるという。半径3mくらいで探しているとついに見つかった。あまり雪に埋もれていなかったとはいえ、この冬山の中でピンポイントで場所を特定し見つけられるとは恐るべしGPSである。ちょっとショックだったのは加○さんに聞こえた着信音が私には聞こえなかったこと。ん~耳も悪いのか(笑)



                         上の方はガスの中
f0170180_4364894.jpg


                         携帯はこの辺りらしい
f0170180_4415963.jpg


                         携帯が見つかり喜びの管○さんと高○さん(後ろ)
f0170180_441627.jpg


携帯が見つかって気をよくした管○さんは、昨日も硯石まで滑っているのだが今日も一緒に滑ることとなった。東斜面を滑り降りC1,300m辺りで右へトラバースし小沢に入る。ここにはブカブカのパウダーが溜まっていて、気温の低い今日は極上のパウダーを楽しめる。ふわふわとした浮游感が何ともいえない。愉快痛快である。この小沢は下りすぎると登り返すことになるので、頃合いを見て右へトラバースしなければならない。決まったルートなど無いので、何度もここを滑っている人でも状況によって毎回ルートが違っていたりする。しばらくトラバースしながら下っていくとケッチャグラ沢に出た。ここからは南へと進行方向を変え、ほぼ夏道沿いに下っていき途中の植林地で昼食休憩とした。パンを持ってくるのを忘れた私は、加○さんにもらったお握りと自分の非常食で腹を満たす。途中で夏道をショートカットするようにして今朝デポした高○車へ到着。4人で乗り込み車を白石スキー場へ回す。携帯発見お祝いでスキー場名物の豚汁を管○さんにごちそうになり、今日の山スキーの終了となった。今回は雪にも恵まれ面白い山スキーができた。山頂まで登らなければ今日のように半日で十分回れるコースになる。デポ車が必要になるが楽しいコースなので、普通のルートに飽き足らない方はどうぞお試しあれ。ただしルートファインディングに気をつけないと、デポ車に戻るのが大変なことになるので注意。昨年の記録はこちら

                         滑降開始
f0170180_444025.jpg


                         小沢に入る
f0170180_445265.jpg


                         高○さんが滑り降りてくる
f0170180_4463324.jpg


                         私です
f0170180_4521914.jpg


                         しばらくトラバースが続く
f0170180_4484980.jpg


                         テレマーカーの加○さん
f0170180_4493491.jpg


                         ルート図(再現)
f0170180_350844.jpg


by torasan-819 | 2011-01-18 02:34 | 山スキー | Comments(16)
Commented by maro4070 at 2011-01-18 06:59
凄いですね。偶然ではない、携帯電話の奪還計画が緻密でしたね。我も面白山でGPS紛失して登山口と長命水の間を何回も行ったり来たりで結局見つからず…。翌日は、指名手配ビラを作成して要所に張り付け、やがて長命水のところで記憶がよみがえり倒木のところでかがんだなと…。よく見たら紐が見えました。
踏まれて雪の中に沈んでいたのですが…まずは良かったですねぇ~。ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
Commented by 加ト幹事長 at 2011-01-18 08:58 x
トラさん、トレーニングにもならなくてスミマセンでした。でもゲレンデ練習よりはマシ?GPSですが、電池容量が足らなくてケータイ発見現場までしかトラックがとれていませんでした。もう1台は電池自体が入っていませんでした(爆)とりあえず今夜送りますので。。
Commented by utinopetika2 at 2011-01-18 09:26
う~ん、実に素晴らしい!
GPS携帯恐るべしですね。
自宅から蔵王が近くて羨ましいです。
Commented by 煙突おじさん at 2011-01-18 11:04 x
安達太良山で検索して訪問しました。
1月16日は先週のリベンジで箕輪山に山スキーに
行きましたが吹雪でゲレンデスキーに終わりました
次の日に、ニュースで同じ16日に箕輪山に山スキーに行った人が
遭難したそうです。
18日に捜索を再開したそうです。今度の日曜日には
安達太良の振り子沢に山スキーに行く予定です
お気に入りに入れましたので、記事を待っています。
Commented by NON at 2011-01-18 16:40 x
雪山で落とした携帯が見つけたとは、驚きです。
GPS携帯って山へ行く人間にとって、これからは必須ですね
私も考えようかしら!

それにしても、バックカントリースキー楽しそう^^
Commented by odamaki at 2011-01-18 20:45 x
前日Kさんと同行しましたがケイタイは絶望的だと思っていましたが、
GPSとトラさん御一行のお陰ですね。
よかったよかった!
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 22:19
maro4070さん
こういうことって自分のことのように嬉しいですね。
マロさんの場合も見つかって良かった良かった。
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 22:22
加ト幹事長さん
お世話様でした~
午後2時過ぎからは荒れてきたのでちょうど良かったのではないでしょうか。
こちらのGPSもケータイ発見現場までしかトラックがとれていませんでした。
なぜ?
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 22:25
utinopetika2さん
蔵王はご近所さんです。特に不忘山などの南蔵王は。
このロケーションをもっと活用せねばo(^-^)o
Commented by yossy1904 at 2011-01-18 22:36
ふむふむ、硯石に車をデポしてケッチャグラ沢を下るわけですな。
写真を見ると良さそうな林間コースです。
やはりジモティの情報は貴重ですね。
車2台必要なのが難点かな。
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 23:40
煙突おじさん
初コメントありがとうございます。
実は煙突おじさんのブログは既に以前から「お気に入り」に入れています(^。^)
山スキーでネットサーフィンしていて見つけました。
これからもよろしくお願いします。
ところで箕輪山の遭難者ですが18日に無事救出されたようですね。
良かった良かった。
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 23:44
NONさん
凄いですよね今どきの携帯は。
上手く活用すればとても便利ですよね。
2月に山スキーにいらっしゃるとか。
何日かな?
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 23:47
odamakiさん
ご無沙汰です。
実は私は見つけられるのか半信半疑でしたが割合早く見つけられて驚きました。
そのうち山スキー1本ご一緒させてください。
Commented by torasan-819 at 2011-01-18 23:58
yossy1904さん
正確にはケッチャグラ沢までは降りないで左岸を降ります。
ほぼ夏道をトレースするようになります。
私のGPSの調子が悪くてトラックログがとれなかったのでルート図は無しです。
また行くつもりなのでその時はルート図作ってみようと思います。
Commented by Toby at 2011-01-20 21:26 x
気持ちよさそう\(≧∇≦)/
不忘山いいですね。近いからそのうち行ってみようと思っていたんですよ。
硯石から登って滑るのでも楽しめそうだし、いいルート教えていただきました<(_ _)>
Commented by torasan-819 at 2011-01-21 08:13
Tobyさん
不忘山もいろいろコースがとれる山ですよ。
もし滑られるときはルートファインディングに注意してくださいね。


<< 幻の大滝に挑む 黒部      猫カフェ >>