2011年 02月 20日
蔵王・刈田岳 ~ 2011年2月16日
f0170180_19272232.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2011年2月16日(水)
山行形態   山スキー
地形図    不忘山
天候      晴れ
参加者    単独
行程      スキー場6:09~ゲレンデトップ7:10~刈田岳8:37-9:14~清渓小屋10:20~観光道路11:18~スキー場11:29
行動時間   5時間20分
移動距離   約9.7km (図上計測)
累積標高差  約+670m 約-670m (図上計測)
======================================================================
このところ温暖化の影響か以前ほどの樹氷は見られなくなっていた。しかし、今シーズンの樹氷は立派に育っているらしい。見どころが過ぎないうちに見たいと思っていたところ、予報で明日は快晴との情報。なんとか仕事の都合をつけ刈田岳へと登ることにした。しかし休めたのは午前中だけで午後からは仕事。そんなわけで刈田岳のピストン山行とした。さて樹氷といえば蔵王や吾妻、八幡平などで見られる。というか日本でも他では見られないし、世界的にもそれらの地域だけという珍しい現象なのだという。樹氷が出来るには数々の条件があり、どれひとつ欠けても樹氷にはならない。そんな貴重な自然の造形美を見に行くことにした。




                         明るくなり始めた頃スタート
f0170180_19292524.jpg


                         朝焼けに染まる後烏帽子岳と屏風の壁
f0170180_19315787.jpg


自宅を午前5時過ぎに出発し澄川スキー場(すみかわスノーパーク)を目指す。午前6時前についたので辺りはまだ暗い。準備をしているうちにうっすらと明るくなってきた。スキー場もそろそろ今日の準備作業を始めているようだ。リフトにも乗らないのにゲレンデを登るのは気が引けたのでエコーラインの南側を登ることにした。疲れが残っているのか右足が張っている感じがする。しかしたいした問題ではない。最初は少しラッセルになったが、ほどなく風で締まった雪面になり歩きやすくなった。ゲレンデを左手に見ながら登り、ゲレンデトップと同じくらいの標高に着いたのがスタートから約1時間後。この程度ならリフトを3本乗り継ぐ必要もない。もっともまだまだリフトが動く時間ではないが。

                         中央コースを示す古いプレート
f0170180_19335330.jpg


                         避難小屋が見えてきた
f0170180_20222870.jpg


                         左から右にかけて樹氷らしくなっていくのがわかる
f0170180_19413385.jpg


後見ゲレンデのトップと同じくらいの標高までは1時間ちょっと。中央コースに乗っかると、前日まで踏まれた雪面はさらに歩きやすくなった。空には雲ひとつ無い。しかも風がほとんど無いのは珍しい。この状態が続いてくれればいいのだが。登っていると右手からスノーシューの足跡が合わさる。私よりもっとエコーライン沿いを登ってきたのだろうか。しばらく追いかけると、その足跡の主にc1500m辺りで追いついた。スキーはザックに付けて写真を撮っている。千葉から来て今朝登り始めたという。こちらは時間もないのでお先にと山頂へと急ぐ。東からの尾根を刈田岳に真っ直ぐ登るのは最短ルートだが、風が当たりクラストした雪面になっている。ところどころジグを切りながら直登したが、スキーアイゼンを付ければなお登りやすいだろう。

                         蔵王といえば「お釜」
f0170180_19461635.jpg


                         近くに見える朝日連峰
f0170180_19473437.jpg


                         吾妻連峰と安達太良連峰
f0170180_1949449.jpg


                         ひときわ白い飯豊連峰
f0170180_19505553.jpg


                         飯豊連峰(ズームしてコントラスト補正)
f0170180_1952187.jpg


刈田岳には8:37に到着。歩き始めてほぼ2時間半で到着。写真を撮ったりしたので少し時間がかかった。今日の刈田岳には一番乗りのようだ。360度のパノラマを独り占めする。ぐるっと見渡せば安達太良、吾妻、飯豊、朝日という東北の名だたる連峰が一望出来る。特に飯豊連峰の白き峰々は、神々しいばかりの白い輝きを見せていた。この眺めを見ただけでも満足というものだ。蔵王のシンボル「お釜」も今は氷結した白き湖面を見せている。千葉の方とは違う男性が1名上がってきた。いかにもスキーガンガンやってますという印象で、馬の背へと歩いていった。熊野岳へ向かうのか、それとも丸山沢辺りを滑ろうというのか。自分も歩きたくなるがまた後日だ。このために持ってきた一眼レフカメラでひとしきり写真を撮る。写真のことは詳しくないが、やはり画像の質は同じ画素数であっても一眼レフはコンパクトデジカメとは一線を画す。問題は私に写真のセンスと技術が無いことか(笑)

                         刈田岳から前山にかけての鞍部
f0170180_19544080.jpg


                         まさにスノーモンスター
f0170180_195847100.jpg


                         ノントレースのオープンバーン
f0170180_203746.jpg


食事もしたので山頂には40分近くも居てしまった。それでもまだ9時過ぎなので、樹氷を撮りながらパラダイスコースを下りようと考えた(これが失敗だったのは後でわかることになる)。山頂から東に落ちている井戸沢の斜面はまだノントレースで魅力的に見えたが、今日は単独だし写真優先なのでまたの機会としよう。山頂から南にハイラインを横切りながら下りていくと、前山にかけての鞍部が樹氷の見事なエリアになる。ここを風が吹き抜けるときに樹氷が発達するのだろう。山形蔵王に勝るとも劣らない樹氷群が見て取れる。前山方向に向かえば樹氷群のただ中を歩くことになるので、時間と足に相談して行けるのなら入ってみるのもいい。しかし初心者にはちょっと難しいし、天候が悪ければベテランも困難な山域だと心得るべきだろう。また、自分の足で行けない場合は、お手軽に雪上車で樹氷見物が出来るツアーが澄川スキー場から出ている。お金はかかるが利用する価値はあるだろう。私がいるときも客で一杯の雪上車が4~5台も上がってきていた。私はあちこち撮影したり雪上車に手を振ったりと結構時間を使ってしまった。

                         青と白のコントラストが美しい
f0170180_205540.jpg


                         1階が埋まった清渓小屋
f0170180_2064983.jpg


                         ところどころにパラダイスコースのプレートがある
f0170180_2074817.jpg


さてパラダイスコースを下ろうとしたが、井戸沢に寄りすぎてしまっていたので戻りながら清渓小屋方向に向かう。パラダイスコースは緩斜面というか、中にいるとほとんど平坦にさえ思える。しかも今日の雪は柔らかくて重く、底がないように深いのでスキーが全然走らない。トレースがほとんど見あたらず、うねりのある歩きにくい雪面を1人黙々と下りラッセルを続けることになってしまった。結局観光道路に出るまで滑ることができたのは、一部の急斜面だけだった。昨年もパラダイスコースでは苦労しているのに、また同じことをやってしまった自分が情けない。素直に中央コースを下れば楽に滑ることができただろうに。後悔先に立たずだ。とにかく午後からの仕事に間に合わせなければ。シールを付けて  沢の斜面を登り観光道路に出るとホッとする間もなく急いで下る。駐車場に戻ったのは11:29。急いでいてもこういうときこそ安全運転。途中の直売所で豆腐まで買って帰る余裕有り。自宅に戻ってシャワーに昼飯。13:00にはデスクで仕事を始めることができた。やったセーフ。

                         ルート図(概念) 赤:登り 青:下り
f0170180_201484.jpg


by torasan-819 | 2011-02-20 14:50 | 山スキー | Comments(8)
Commented by yossy1904 at 2011-02-21 23:45
この山は青空が似合いますねー。
昨日の刈田岳も山頂に雲がかかるだけで良い天気。
せめて樹氷の見えるところまで登りたかったのですが、家内を連れていたので途中で引き返しました。
Commented by Toby at 2011-02-21 23:54 x
やっぱりすげぇ(≧▽≦)
この前のトラ山さんのレポを読んで、ぼくも先日真似させていただきました。でもここまでは晴れてくれませんでした(T_T)
近所の名山に午前中だけでも遊びに行くというのはホントによいですね。大変いいアイデアをいただきました。
Commented by torasan-819 at 2011-02-22 01:42
yossy1904さん
奥様を山仲間にするには今回のように無理せず楽しいと思える山行にするのが一番ではないでしょうか。
我が女房も引っ張り出そうかな?
いやその前に少しダイエットして貰わねば(笑)
Commented by torasan-819 at 2011-02-22 01:45
Tobyさん
20日に登ったようですね。
こちらは仕事で指くわえて山を見てましたよ。
午前中のスピード山行は山に行くための苦肉の策です。
ホントはもっとまったりしたいのですが…
Commented by NON at 2011-02-23 12:58 x
朝焼けに染まった、ピンク色の雪景色
真っ青な空に映える樹氷、なんて素晴らしい景色でしょう!
できれば、生で見てみたいです。
Commented by torasan-819 at 2011-02-23 21:17
NONさん
そうなんですピンク色の雪山に感動しました。
夏山もいいのですが、やはり雪山の青と白の世界は何ともいえない美しさというか神々しさがあります。
この世界を知ってしまうと抜けられなくなってしまいます。
NONさんとこの山岳会では冬山はどうなんですか?
Commented by utinopetika2 at 2011-02-26 09:00
モルゲンロートの屏風、それにスノーモンスターと青空のコントラストが見事です。
仕事前の山行、凄いです。
充実した一日だったわけですね。
Commented by torasan-819 at 2011-02-26 23:53
utinopetika2さん
ずいぶんとご多忙だったようですが落ち着きましたか?
この日はここ一発のスピード山行でした。
午後からの仕事がちょっと辛かったですが(^^ゞ


<< スノーウォッチングイベントのお知らせ      蔵王の樹氷 >>