2011年 06月 25日
蔵王連峰 中丸山から熊野岳と五色岳 ~ 2011年6月20日
f0170180_14321653.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 中丸山(1,562m) 熊野岳(1,840.5m) 五色岳(1,672m)
山行期間   2011年6月20日(月)
山行形態   一般登山
地形図    蔵王山
天候      晴れ
参加者    単独
行程      蔵王ライザスキー場11:58~仙人橋12:09~中丸山13:00~熊野岳13:58-14:09~ロバの耳分岐14:17~
         ロバの耳岩14:43-14:53~お釜分岐15:13~五色岳15:37~馬の背16:09~御田の神16:25-16:39~
         蔵王ライザスキー場17:08
行動時間   5時間10分
移動距離   約12.5km (カシミール計測)
累積標高差 約+1,250m -1,250m (カシミール計測)
======================================================================
自分は南蔵王を眺める場所に住んでいて、山登りを始める以前も以後も含めてずいぶんと蔵王には行っているのだが、それでも蔵王の一部分を知っているに過ぎない。自分も3年前まで蔵王といえば、エコーラインを車で上って見るお釜とスキー場が「蔵王」だった。しかしそれは蔵王のほんの一部分に過ぎないことを山登りを始めてから知った。蔵王には未踏のコースも多いし沢も豊富だ。今年はもう少し蔵王を知ってみたいと思っていた。梅雨前の20日に時間が取れたので、中央蔵王を歩いてみることにした。





                    ゲレンデから見る中丸山
f0170180_20395077.jpg


                    仙人沢橋
f0170180_20421524.jpg


                    滝見場からの仙人沢(奥につばめ滝)
f0170180_20452787.jpg


予定では10時過ぎには登り始めるつもりだったが、アクシデントやらなにやらあって結局12時近くになってしまった。時間が厳しくなれば予定の一部をカットすれば大丈夫だろう。平日ということもあって閑散とした蔵王ライザスキー場に車を止めさせてもらい登り始める。明日には東北も梅雨入りするらしいが、今日はカラッと晴れている。ゲレンデを横切り林の中の登山道に入る。少し登ると道は仙人沢に下る。大きな吊り橋があり仙人橋だ。渡りながら下の沢を見ると尻がむずむずする。対岸に渡り、2年前にここで痛ましい事故が起きたことを思い出す。すぐ急登が始まり、気温がかなり上がっていることもあり汗が流れる。しばらくは若いブナ林の中を登っていく。

                    山頂手前で木道になる
f0170180_20513663.jpg


                    中丸山山頂は標識がなければ気付かず通り過ぎてしまいそうだ
f0170180_20531471.jpg


                    地蔵山、熊野岳、刈田岳、杉ヶ峰、南屏風岳が一望に(クリック拡大)
f0170180_21104077.jpg


                    仙人沢左又沢(砂防ダムが見える)
f0170180_2124103.jpg


                    熊野岳のワシ岩
f0170180_21285539.jpg


やがて周囲が灌木になり頭上が開けてくると、登山道が木道になり中丸山のピークが見えてくる。その先には熊野岳から刈田岳など中央蔵王の稜線が見え、いつもの宮城県側からアプローチする蔵王とは違う眺めに、別な山に来たような新鮮な感じを受ける。登山道脇には南蔵王ほどではないが、イワカガミやツマトリソウ、ハクサンチドリなどが咲いている。シャクナゲはまだつぼみ。雪渓の周りにショウジョウバカマがまだ咲いていた。日に焼かれて暑いので、雪渓の雪を手に取り頭に乗せてみる。やがて地面が砂れき質になると熊野岳まではもう一息だ。辺りはイワカガミやミネズオウが多く、コマクサもあちこちに。

                    熊野岳山頂
f0170180_21335428.jpg
               

                    残っているコース標識
f0170180_21382950.jpg


熊野岳には2時間ほどで到着。スタートの遅れを少し挽回出来たようだ。一息ついていると、平日でも数人の登山者がやってくる。昼はとうに過ぎているが、昼食はロバの耳と決めて東に向かう。熊野岳からの平坦な地形を、穏やかな風を受け歩いているとピクニック気分になる。熊野岳避難小屋の脇を過ぎると分岐の道標がある。左は名号峰へ、真っ直ぐはロバの耳となるが、ロバの耳コースは「通行禁止」との看板がある。以前はよく歩かれていたらしいこのコースだが、しばらく前に通行禁止となったらしい。ここから先は自己責任(登山という行為自体がすべて自己責任とは思うが)と心得て進む。いつもとは違う角度から見るお釜や五色岳が新鮮に感じる。思いのほか踏み跡があり、ここを歩いている人がいることをうかがわせる。

                    ロバの耳への尾根筋
f0170180_2140540.jpg
                    
                    丸山沢(5月上旬あたりまでは滑られる)
f0170180_2141147.jpg


                    ロバの耳と手前の小ピーク
f0170180_21424452.jpg


ロバの耳へと延びる尾根の急斜面を下るといったん鞍部になり、左には雪渓の残る丸山沢だ。砂れき状の土地にはつぼみを持ったコマクサが多く、踏まないよう注意しながら歩く。溶岩の小ピークを登り返した先がロバの耳だ。その先は切れ落ちているので、ロバの耳岩に登るには右下に見える尾根から登ってくるようだ。昼食を食べながらしばし眺めを楽しむ。下の方には先日入った野湯の上部になる岩が見えている。通行禁止がもったいない迫力ある景観だが、それもご時世でいたしかたないのか。2万5千分1地形図には表されているこのコースだが、国土地理院では今後2万5千分1地形図の更新は行わないという。代わりに電子データとして電子国土基本図に置き換えられネットで見ることが出来るが、そこではロバの耳コースは既に削除されている。今後は知る人ぞ知るコースとなり、やがてはそこにコースがあったということさえ忘れ去られてしまうのだろう。

                    外輪のピークが五色岳
f0170180_23501940.jpg


                    お釜へ下るガレ場
f0170180_2215539.jpg


                    まだつぼみのコマクサ
f0170180_22164681.jpg


                    お釜と刈田岳(クリック拡大)
f0170180_22433930.jpg


                    ロバの耳岩の向こうに雁戸山
f0170180_22452612.jpg

  
ロバの耳岩から引き返してまた急斜面を登り返し、左に折れてお釜へと急斜面を下ることになる。踏み跡が不明瞭なので注意したい。自分は右に寄りすぎてしまいガレ場のトラバースをするハメになってしまった。振子沢の源頭になる鞍部に下り、お釜の外輪を登り返すと五色岳。外輪のお釜側は浸食が激しいので注意が必要だ。自分にとってはお釜を挟んで向こうに見える馬の背や刈田岳が目新しい。外輪を回り込み濁川の源頭部に下りる。踏み跡を追って細い流れの濁川を渡ると、馬の背への急な登りになる。擬木とロープの柵を越えればそこは観光客のかっ歩するエリアとなる。午後も4時だというのに観光客が賑やかだ。

                    チングルマ
f0170180_22475884.jpg


                    真新しい案内板
f0170180_22493028.jpg


馬の背を横断し、廃線リフトの下を歩いて御田の神へ。今年設置されたらしい木道を歩く。湿原保護の意味からも木道の設置は好ましいことだ。チングルマが満開で、東北地方固有種のヒナザクラやワタスゲも。この御田の神湿原は刈田駐車場からも近いので、手軽に湿原を散策出来る。夕方からの用事が気になってきたので帰りを急ぐ。登山道はほどなく蔵王ライザスキー場のゲレンデの中に入っていく。ゲレンデ途中にある、お清水の森には三十三観音の石仏群があるらしいが、それはまた次の機会にして駆け下り、人影のないレストハウスに到着。結局予定どおり歩いてしまった。欲張った内容のせいか、距離と標高差の割には少々疲れた。

                    ルート図(再現)
f0170180_22532648.jpg


by torasan-819 | 2011-06-25 14:44 | | Comments(6)
Commented by Toby at 2011-06-26 07:52 x
あぁ、またうまいこと平日に出かけてる!
いいなぁ(^_^)しかも晴天だし、仙人沢の緑はきれいだし、五色岳にも行っちゃうなんて。くぅ〜\(≧▽≦)/
削除されたコースというのがまたそそられますね。五色岳なんて冬の間しか立てないところなんだと思っていました。
あ〜、傘マークとれないかなぁ。
Commented by torasan-819 at 2011-06-26 18:41
Tobyさん
天気のいい日曜日は24時間職場にいましたので、月曜日は休みにさせてもらったのです。
Tobyさんこそ19日はハクサンイチゲに会いに飯豊の朳差岳に登ってるし。
飯豊にはかなわないけど蔵王も奥が深いのでまだまだ歩いてないところがあります。
さて今度はどこを歩こうかな(^^)V
Commented by utinopetika2 at 2011-06-26 22:54
こうしてみますと新鮮ですね。
ロバの耳コースはもう削除されているのですか・・・。
カモシカ温泉から上は藪が酷いと聞いていました。
Commented by torasan-819 at 2011-06-27 20:56
utinopetika2さん
どうです今度ロバの耳岩まで登ってみませんか?
虫のでなくなる秋がいいですね。
もちろん自己責任ですが(^^ゞ
Commented by マロ7 at 2011-06-27 21:52 x
ロバの耳岩とコガ沢は私のお気に入りのコースです。
ラーメンと同じでまた食べたい、また登りたいはこのコースに言えることですね。
まさに、蔵王が凝縮されていると思います。
Commented by torasan-819 at 2011-06-27 22:27
マロ7さん
かもしか温泉の建物があった当時を知るマロ7さんが羨ましいです。
私は地元なのにその機会もなく、建物は雪崩で無くなってしまいました。
踏み跡が不明瞭になってきたロバの耳コースが、まだ辿れるうちに登ってみたいと思います。


<< 花の酒~ニセアカシア酒      御田の神湿原 >>