2011年 07月 30日
安達太良山 仏沢 ~ 2011年7月24日
f0170180_1562939.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山・高森川・仏沢
山行期間   2011年7月24日(日)
山行形態   沢登り
地形図    安達太良山、中ノ沢
天候      曇り時々晴れ
参加者    4名(L:和○さん・河○さん・八○さん・トラ山)
行程      駐車場9:05~仏沢左俣9:12~引き返し点9:25~右俣入渓9:35~12m滝9:48~取水堰10:10~5m斜瀑10:44~
         ナメ滝からトイ状滝まで11:19-12:05~休憩~登山道14:15-14:35~箕輪山15:00~駐車場16:32
行動時間   7時間27分
移動距離   9.3km
累積標高差 ±885m
======================================================================
仕事で予定が立たなかったこの週末だが、なんとか日曜日は休めるようになったので、和○さんの沢登りに便乗させてもらった。仏沢はまだ登ったことが無く、そのうちと思いながら何となく延び延びになっていたので、ちょうどいい機会となった。仏沢は高森川の支流で、箕輪山と鉄山の鞍部を源頭とする比較的短い沢だ。国道115号の岩弓橋から高森川に降り、すぐ仏沢を登ることが出来るのだが、下部は滝もなく単調な沢なので、今日は箕輪スキー場のホテル脇から沢に降りるようだ。曇ってはいるが空は明るく、予報でも雨の心配は無さそうだ。福島市の四季の里で集合し、乗り合わせて現地へ向かった。



                      沢へと下る
f0170180_1585233.jpg


                      水量の少ない右俣へと入る
f0170180_1595159.jpg


                      階段状の12m滝
f0170180_151131.jpg


箕輪スキー場のホテル駐車場に止めさせてもらう。ちなみにホテルは震災と原発のことがあり、次のスキーシーズンまで休業中だ。ホテルへの車道脇から沢への小道を下る。すぐ沢に着くがこれは仏沢の左俣で、少し下ったところから右俣に入るとのこと。沢を下るがどうも見落としたらしく、200mほど下ったが右俣が見つけられず戻ることに。なんと二俣になっている地点は、先ほど沢に入ったところからいくらも下らないところだった。和○さん、河○さんとも仏沢は初めてではないのだが、たまにはこんなこともある。2:1くらいで左俣より右俣のほうが水量が少ない。本流は右俣なのだが、上の方でホテルに水を引いているのでこうなっているのだという。右俣は何の変哲もない小さな沢で、単調な沢歩きが続くが前方に滝が見えてきた。階段状になった斜瀑で、高さは手前の2mの落差も含めて12mくらいだろうか。難しいところはないので、各自思い思いのラインで直登する。

                      ホテルへの取水堰
f0170180_1512636.jpg


                      何箇所か小滝がある
f0170180_15132744.jpg


                      5m斜瀑
f0170180_1515767.jpg


その後はまた淡々とした沢歩きが続くと、右岸にホテルへの取水堰があった。ホテルで使う水をここからパイプで引いているらしい。その後は2~3mの小滝を何箇所か越えると5mの斜瀑。ここは左を直登できるが、自分はあえて水流寄りを直登する。沢にはゴロゴロとした大岩が多く苔むしている。やがてナメ滝が見えてきた。

                      8mナメ滝
f0170180_15173153.jpg


                      好きなラインで登る
f0170180_15181466.jpg


                      右から小沢を合わせて左へ曲がる
f0170180_15194959.jpg


                      沢はいったん狭まる
f0170180_1520478.jpg


                      傾斜のあるナメが続く
f0170180_1524356.jpg


                      キンコウカ
f0170180_15262086.jpg
                                           
目の前のナメ滝は10mほどだが、その後もナメは続いて左に曲がっているようだ。ここまでは比較的変化の少ない沢だったが、いよいよ仏沢を楽しめるところに来たようだ。取り付きの8mナメ滝はフリクションも効くので、各自好きなように登っていく。50mほどナメを登ると、左岸から2つの小沢を合わせ沢は左へ曲がる。ここの曲がりにあるナメ滝を単独の6m滝としてもいいが、見るとその先もまだまだ続いているのでその考えはやめる。曲がるといったん沢はトイ状に狭まるが、また広がりスラブのナメ滝となる。フリクションはあるので、滑りやすいところを注意すれば直登していける。左岸から支沢を合わせるところで、今年初めて花を見るキンコウカが咲いていた。

                      トイ状の先に大岩が
f0170180_1530216.jpg


                      左から越える
f0170180_15303758.jpg


                      トイ状の8m滝
f0170180_1532351.jpg


                      休憩はノンアルコールビール
f0170180_15341046.jpg


スラブに続くトイ状の先で、チョックストーン状に大岩が詰まっている。ここは左から乗り越える。その後も続くナメ滝を登るとまた大岩の詰まった滝で、ここも左から乗り越える。すぐ8mトイ状滝があり、ここを越えると仏沢の核心部も終わりとなる。前半は単調だった仏沢だが、このナメ区間はなかなか楽しめた。GPSによるとこの区間の水平距離は約300m(主たるナメ区間はその前半200m弱くらいか)、標高差は100m以上あったようだ。平坦になった沢で休憩とする。

                      枝をかいくぐる
f0170180_15355268.jpg


                      ヤブだがこれでもまだ沢の中
f0170180_15365814.jpg


                      ヤエハクサンシャクナゲ(吾妻山のものは国指定天然記念物)
f0170180_15452756.jpg


                      箕輪山をバックに
f0170180_15465199.jpg


平坦になり沢はヤブっぽくなってきた。頭の上に枝がかぶさるようになり、やがて腰をかがめたり膝をつかないと歩けなくなる。しばらく我慢して歩いていくと、徐々に笹が増えてきて頭が上に出るようになる。右には鉄山、左には箕輪山の尾根が見えてくると源頭も近いはずだが、ヤブ漕ぎで歩みが遅いためかなかなか近づかない。1560mを越えたあたりで、右へ曲がり鉄山避難小屋へと突き上げる沢と別れ、鉄山と箕輪山のコル(鞍部)を目指しヤブに突入するが、残雪期なら沢に残る雪渓を追い、鉄山避難小屋に向かう方法もあるようだ。笹とシャクナゲとハイマツを250mほど漕ぐと、僧吾台からの登山道を合わせる三叉路のすぐ近くに飛び出した。

                      箕輪山中腹から鉄山方向
f0170180_15531760.jpg


                      山頂で空間線量測定
f0170180_1622714.jpg


                      測定値0.12μSv/h
f0170180_163589.jpg


                      眼下にスキー場のゲレンデを見ながら下山
f0170180_1641945.jpg


                      ヨツバヒヨドリ
f0170180_1675075.jpg


しばしの休憩後、箕輪山の山頂(1,728m)までひと登り。途中で単独行者とすれ違うが、この日会ったのはこの1人だけ。途中でも何箇所か計測してきたのだが、山頂で和○さんの放射線測定器で空間線量を計ったら、0.12μSv/h (毎時マイクロシーベルト)程度。この数値を正しいとすれば、ここは問題のないレベルと言えるだろう(ただし局地的に数値の高い場所が存在する可能性もある)。山頂からの下山は時折陽も差し、暑くてダラダラ歩く。1時間半もかかってようやく駐車場に到着、今日の沢登りを終了した。

仏沢の美味しいところだけ楽しむのなら、左俣にあるホテルの取水施設からパイプ沿いに歩いて取水堰から沢に入り、ナメ区間を楽しんでまた沢を下降するのが最短行程となろう。そうすれば5時間程度の行動時間になるのではないだろうか。ただし下降には安全のためロープが必要となろう。仏沢は沢登りとしては比較的地味な沢になる。しかし、積雪期に山スキーでこの山域に入る我々にとって、実際に歩いて地形を自分の足で確認してみるということは重要なことである。

                      ルート図(河○さん提供GPSデータより) ※クリック拡大
f0170180_14522919.jpg


                      遡行図は未作成(後日掲載予定)

by torasan-819 | 2011-07-30 09:52 | 沢登り | Comments(6)
Commented by utinopetika2 at 2011-07-31 23:21
僕でも何とか登れそうな・・・そんな沢のように見えます。
一年前にお世話になった方もお元気そうに見えます。
一見登りやすそうな沢でも、やはり最後はヤブコギなんですね。
Commented by torasan-819 at 2011-08-01 18:40
utinopetika2さん
ここは大丈夫です登れますよ。
八○さんは相変わらずのひょうきん者です(^_^;)
ここには載せていない画像には彼の素顔が写っています(笑)
吾妻や安達太良の沢はいずれも最後はヤブ漕ぎです。
なので普通は最後まで詰めずにエスケープします。
和○さんもここを稜線まで詰めたのは30年ぶりくらいとか言ってました。
Commented by Toby at 2011-08-01 22:05 x
緑がまぶしいですねぇ。すっかり沢づいてまあ涼しげ。
気持ちいいんでしょうね。
それにしても山上で放射線測定とはなかなかに複雑です。
安達太良山系の放射線はニュースにもなりましたもんね。
Commented by torasan-819 at 2011-08-02 20:51
Tobyさん
沢登りは楽しいですよ~
本格的にでなくとも、渓流沿いを歩くだけでも気持ちが良いです。
そんな沢歩きをリバートレッキングとか言っているみたいですね。
ハニーさんといかがですか?
Commented by NON at 2011-08-02 22:59 x
トラさん今晩は
どうも、人の沢登りは面白そうに見えてしまう私です。
暑い夏は沢だ~と喜んでいたら、涼しくなって、今年の天気って??
それでも、まだまだ沢登りは続きますね、お互い
Commented by torasan-819 at 2011-08-03 16:29
NONさん
今年は梅雨が明けたと思ったら豪雨でおかしな天気です。
あの只見のあたりもかなりの被害が出たようです。
やっと明日あたりから暑くなってくるようなので、やっぱり沢ですね(^^)V


<< 楽しんでこい!      南会津 叶津川餅井戸沢 ~ 2... >>