2012年 01月 29日
あえなく敗退の天元台若女下り ~ 2012年1月28日
f0170180_1725010.jpg

今シーズンはまだ日本海側に足を踏み入れていない。今週末も日本海側は雪の予報だったが、まだ滑ったことのない天元台から若女平下りのルート状況を見に、和○さんと2人で行ってみることにした。ロープウェイとリフト3本を乗り継いで、標高1820mの天元台高原スキー場トップへ。雪はサラサラと降り続いているが、風はそれほど強くない。ホワイトアウトではないが、視界はあまり良くない。斜面にトレースは皆無で、今日は誰も上に向かっていないようだ。シールを付けて登り出すが、降り積もった雪は柔らかく、スキーでも膝上まで沈んでしまう。雪と格闘するがなかなか登れない。ストックを突くとずぶずぶと1本分潜ってしまい支えにならない。同行の和○さんは先に行ってしまった。そのうち左のシールが剥がれてしまうトラブル発生。そういえば一昨年シール剥がれのトラブルがあったのも、この天元台から歩いているときだった。-15度以下と思われる気温も影響しているだろう。スキーを外すとたちまち胸まで沈んでしまうのに驚く。とりあえずシールをジャケットの懐に入れて暖める。戻った和○さんと相談する。今日の雪では登りだけでなく下りもラッセルになるだろうから2人では困難ということ、シールの不安があること、だいぶ時間も押していること、視界もあまり良くないことから、潔く撤退することになった。いくらも歩いていないのは残念だったが、山を相手にしていればこんな日もある。ハンドテストをしてみると一気に降り積もった雪がほとんど抵抗無く滑る。うかつに斜面にスキーで切り込んでいけば雪崩れる可能性も高い。しばらくラッセル訓練をした後、パウダースノーのゲレンデを滑り降りる。トップから下のロープウェイ駅までは6キロあるというが、滑ればさほどの時間もかからない。雪が落ち着いたらまた来てみよう。




                      ロープウェイ天元台高原駅(1,350m)を降りたところ
f0170180_17575241.jpg


                      しらかばゲレンデ
f0170180_1831296.jpg


                      登高開始
f0170180_1834939.jpg


                      ツボ足では胸から首のラッセルになる
f0170180_1854151.jpg


                      レストハウスの気温は-14度
f0170180_1892650.jpg


by torasan-819 | 2012-01-29 17:47 | 山スキー | Comments(16)
Commented by 煙突おじさん at 2012-01-28 19:26 x
若女平コースは、山スキーガイドブックには初級コースと書いてありましたが、トンデモありません。
3月頃の晴れた日で、西吾妻小屋が目視出来るときは
そうかもしれませんが、吹雪いた時は超上級コースになります。
尾根を一本間違えれば遭難の恐れがあります。
尾根を間違えなくても途中の痩せ尾根は上級クラスです。
その状況で撤退がベストの選択ですね。
私も、明日は鉄山迷い沢コースに行こうと計画していましたが、
この、降雪量では下りラッセルになるので中止します。

Commented by lc4adv at 2012-01-28 19:35
ここは最近ホームコースになってます。
この時期は私の巨大スノーシューでも腰近くまで埋まります。
でも、チャレンジするトラさんも凄いですね。
Commented by ナナステ at 2012-01-28 20:37 x
今日、白石スキー場から滑降する二ッ森山コース、行きましたがゲレンデでも圧雪車の入らないところは、
40cmのパウダーでしたので、想像はしてましたが、下りラッセルは想像以上でゲレンデに逃げました、
この様な時は、ゲレンデで深雪オスピステスキーも楽しく、足腰痛くなるまで滑りました、

Commented by utinopetika2 at 2012-01-28 22:02
w(゚o゚)wすご~い。
スキーでこれだけのラッセルですと、スノーシューだとかなり厳しいのでしょう。
雪で泳ぐような感覚なのでしょうか?
雪質は最高に良いのでしょうが、下りもラッセルになると辛いですね。
Commented by yuji at 2012-01-29 10:32 x
新雪深いですね。
泳ぐし、喘ぐし、どうしようもないです。
この様子では、蔵王も積雪が増えましたね。
Commented by torasan-819 at 2012-01-29 16:53
煙突おじさんさん
深雪バケットのストックがスッと抵抗もなく持つ手まで沈んでしまうほどの深雪には歯が立ちませんでした。
おっしゃるとおり天候次第で難度は変わりますね。
ガイドブックのグレードは条件の良いときのものとして見ないと痛い目に遭いそうです。
Commented by torasan-819 at 2012-01-29 16:55
lc4advさん
ちょっと甘く見てました(^◇^;)
何とかなるかななんてね。
でもなんともなりませんでした。
あんな深雪にハマったら、なかなか這い上がれずまさに雪地獄です。
Commented by torasan-819 at 2012-01-29 16:58
ナマステさん
今日不忘山グループと合流しました。
深雪で登りラッセル、下り一部ラッセルでした。
スキーが全然走らねー(x_x)
Commented by torasan-819 at 2012-01-29 17:00
utinopetika2さん
ものごとには「ほどほど」ということがあるのだなと、この歳になって再認識です(笑)
首までのラッセルも遊ぶには面白いかもしれませんが、急斜面では頑張っても頑張ってもなかなか上に上がれません。
ラッセルにもコツというものがあるので、またどこかでやってみたいですね。
Commented by torasan-819 at 2012-01-29 17:13
yujiさん
ここまで深いと笑うしかなかったです。
ラッセル訓練にはなりましたが(笑)
蔵王も積雪量が増えました。
雪が落ち着いたら狙い目ですよ。
Commented by なお@東北のハワイ at 2012-01-29 19:39 x
西吾妻もなかなかなかな感じですね。
尾根沿いのルーファイ含めると若女平は難しいと思います。沢なら難易度下がると思います。最後体力勝負ですけど...
天元台のチケットはあと1回。天元台サポート倶楽部を更新せねば...
Commented by torasan-819 at 2012-01-29 21:09
なおさん
若女平はまたチャレンジしますが条件の良いとき限定かな(笑)
天元台サポート倶楽部は知りませんでした。
2回行けば元が取れそうですね。
しかも2年間有効なんですよね。
Commented by HITOIKI at 2012-01-30 11:23 x
はじめまして、HITOIKIといいます。
毎週どこかの山に登っている中年男性です。
いつも楽しく読ませて頂いています。
私のヤフーブログとHITOIKIにリンク貼らせて頂きました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
Commented by torasan-819 at 2012-01-30 22:02
HITOIKIさん
初めましてこちらこそよろしくお願いします。
ワタクシの拙いブログをリンクしていただき光栄です。
ワタクシの方でもリンクさせていただきます。
少し前にHITOIKIさんのブログの方を拝見させていただきました。
左足の具合はいかがでしょうか?
この年齢になるとあちこち不具合が出てきますね。
それらと上手く付き合うのも人生の妙かもしれません。
Commented by Toby at 2012-01-31 13:38 x
いやぁこっちはまたすんごいですね。首ラッセルは強烈ですね。
ぼくなんて胸までの吹きだまりごときで溺れちゃいましたから。首までいったら生きて帰って来られなさそうですよ。
この豪雪であちこちとんでもないことになってるみたいですけど、西吾妻はアタックしたいなぁ。グランデコから上がってもすごいんでしょうかね?
Commented by torasan-819 at 2012-02-01 21:35
グランデコからの西吾妻も天候次第でしょう。
雪はたんまりでしょうけど、下りの二十日平を楽しめるかはその時の状況次第。
山は行ってなんぼの世界なので、行くしかないでしょう(^。=)
来週からは天気も落ち着くようなので狙い目です。


<< ラッセルの不忘山(中退) ~ ...      山岳映画「ヒマラヤ運命の山」 >>