2012年 03月 28日
地蔵山?地蔵岳?
                      現在の地形図(電子国土基本図)
f0170180_737568.jpg


山登りに地形図は必携だが、国土地理院で発行していた2万5千分1地図については、平成20年10月以降更新が行われていない。と聞くと平成20年まではどの地形図も更新されていたのかというとそうではなく、地形図の更新というのは、ほとんど変化のない区域の更新はたまにしかやらないので、20年間更新されていないという区域もある。国土地理院では以前から電子国土基本図という、従来のペーパーでの地形図に替え、地図情報のデータ化を進めていた。現在はすっかり切り替わっていて、ネットで地形図の閲覧の出来る国土地理院のサイト「ウォッちず」で表示されるのは、電子国土基本図となっている。しかし、旧来の2万5千分1地図もまだ閲覧可能であり、両方を見比べることが出来る。先日蔵王の辺りを見ていて気が付いた。「地蔵山」が「地蔵岳」に変わっていることに。この地蔵山だが、以前から何となく地蔵岳だと思っていた。しかしある時、地形図を見て地蔵山と表記してあるのに気づき、覚えなおしたばかりだったのだ。と思ったらまた「地蔵岳」になっているではないか。そんなに簡単に山名を変えていいの?という感じではある。ネットで検索すると地蔵山と地蔵岳の両方が検索されるので、人々の間では両方の呼び方が使われていたようだ。でも地形図の山名を変えるということはあまり聞かない。地元かどこかから要望でもあったのだろうか。身近な山だけに非常に気になる。ところで地形図には結構間違いがある。地形図とはいえ人が作っているのだから、たまには間違いもあるのは理解出来る。ただし、登山道が大きく間違っていたりすると、結構焦ることになる。間違いに気付いたら、国土地理院に知らせて直してもらうのがいいだろう。 ちなみに地蔵岳への変更については、国土地理院に問い合わせ中だ。

                      以前の地形図
f0170180_7363176.jpg


by torasan-819 | 2012-03-28 07:37 | その他 | Comments(2)
Commented by tom at 2012-03-30 21:57 x
旧ウォッちずだと送電線が載っていて藪山では巡視道を使えたりするので良いんですが電子国土は送電線が載ってないのが痛いです。
Commented by torasan-819 at 2012-03-31 07:08
tomさん
送電線の情報を電力会社は積極的に提供しないようで、電子国土地図には記載されていませんね。
だから送電線が描かれている2万5千分1地図を今でもよく見るわけです。
電力会社は送電線の位置が分かると安全上問題があるとでもいうのでしょうか?
山を見れば送電線は目立つし隠しようがないんですけどね。


<< 山登りアーカイブス 2006年...      冬の名残の安達太良山 迷沢 ~... >>