2012年 04月 19日
南屏風の東壁を滑降 蔵王南屏風岳 ~ 2012年4月18日
f0170180_6582384.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m) 南屏風岳(1,810m)
山行期間   2012年4月18日(水)
山行形態   山スキー
天候      曇り
参加者    単独
行程      白石スキー場6:50~ゲレンデトップ7:25~不忘山トラバース8:46-9:00~南屏風岳9:53-10:05~滑降開始10:25~
         南屏風の壁下部10:36~権現沢出合10:43~白石スキー場11:27
行動時間   4時間37分
移動距離   10.4km(GPS計測)
累積標高差 ±1,130m(GPS計測)
======================================================================
蔵王において印象的な景観といえばいろいろあるが、多くの人が「お釜」をあげるだろう。そのことに異論はないが、自分は「屏風」をあげたいと思う。お釜のある中央蔵王から南端に不忘山のある南蔵王にかけて続く稜線は比較的穏やかで、上下の変化が少なくピラミダルな迫力には乏しい。しかし、東側から眺める屏風は印象的に映る。屏風は水引入道で南と北に分け、それぞれ南屏風と北屏風と呼ばれるが、屏風という名のとおり衝立のようなどっしりとした姿で迫力がある。特に冬季は真っ白な姿がより迫力を増し、不忘山や水引入道、馬ノ神岳、後烏帽子岳などに登って間近に眺めると、なんとも素晴らしい景観なのである。

山を始めてから屏風を近くで眺め、さらに山スキーを始めてからは屏風を滑る人がいることを知った。自分も屏風を滑ることが出来たらと思ったが、齢50を過ぎて始めた山スキーゆえ、屏風の滑降は無理なことのように思われた。それでも思いはやみがたく、より難度が高いと思われる北屏風ではなく、南屏風ならなんとか自分でも滑ることが出来そうだと考えた。昨年は不忘山の北斜面から権現沢への滑降を行った。しかし南屏風となると、不忘山から稜線をさらに歩かなければならないし、雪庇により滑り出しはより急斜面となる。昨年からいろいろ考えていたが、今年は雪の降り方も異常で、滑るタイミングを捕まえることが出来ずに、早4月も中旬となってしまった。もう今シーズンは無理だ、いやまだ何とかなる。考えても結論は出ない。しかし、時期的に限界が近いのは明らかだ。そんな葛藤があり、実際に不忘山に登り、屏風を近くからこの目で見て判断しようと思った。先日の土日と2日連続で、仕事の間隙を突いての速攻山行を行ったのは、登高時間を計り雪の状況を自分で感じて判断したかったからだ。その結果は、何とかやれそうだということ。心配したアイスバーンもそれほどではなく、気温にもよるが日中はザラメになるだろうと思われた。雪崩れも心配だが、この時期はもはや全層雪崩だから、実際に斜面に行ってみて判断するしかないと思った。

南屏風の壁を降りれば後はコガ沢を下ることになるのだが、4月も中旬となると沢床の口の開き状況が懸念される。一昨年は2月でさえかなり口を開けていたのだ。今年の豊富な積雪量でどの程度埋まっているのか不明だ。穴にうっかり落ちればタダではすまない、穴の迂回処理に思わぬ時間がかかることもあるだろう。このところの気温と雪解けを考えると、週末の21・22日まで待ったのでは厳しいだろうと思えた。となれば今週は午後から出勤の18日午前中が、自分にとって今シーズン最後のワンチャンスだ。不安材料はあるが、思い切ってやるしかない。18日を決行日と決めた。しかしその前日、平地では局所的にひょうと雨が短時間だが激しく降った。斜面にはどんな影響を与えただろうか…





                         Aコースゲレンデを登る
f0170180_4353892.jpg


                         ゲレンデトップ
f0170180_436513.jpg

                         
朝起きて窓から南蔵王を眺めると、雲がかなり下がっていてスキー場でさえ見えない。一瞬モチベーションが下がるが、ある人にいわれた「山は行ってみなければ分からない」との言葉を思い出す。向かった白石スキー場はもちろん誰もいない。今日はAコースのゲレンデから登る。昨日の雨で雪解けが進み、だいぶ地面が見えているが、まだ何とか雪をつないで登っていける。雪の状況は日曜日とあまり変わらずだが、雨で表面が融けたせいか汚れが目立つ。白く霞むガスの中を登っていくが、土曜日よりは明るい感じがする。日曜日気になった尾根のツボ足トレースも、だいぶ融けて形が崩れていた。

                         不忘山頂の直下をトラバース
f0170180_4395092.jpg


                         南屏風岳の手前で青空が見えた
f0170180_4515256.jpg


                         南屏風岳山頂
f0170180_4524419.jpg


視界が無いことを除けば、特に問題もなく土日にスキーをデポした地点に到達。南屏風はおろか不忘山の山頂さえ見えず、この状態で滑ることが出来るのか不安はあるが進むことにする。今日は山頂を踏まずにスキーのまま、山頂直下の北斜面をトラバースすることにした。ザラメとはいえその層は薄い。エッジを外せば滑落かと思うと緊張するが、無事山頂のすぐ西側にある小さなコルに到達。スキーをザックに装着し、南屏風への稜線をツボ足でたどる。腐れ雪の踏み抜きとドロドロの土に難儀しながらナイフリッジを歩いていく。南屏風手前の登りで西側に青空が見えたが、山頂に着いた頃はまたガスの中となった。

                         平坦な山頂(右側が壁)
f0170180_456372.jpg


                         見下ろした斜面にはクラックが ※そのままの画像は真っ白なので強度の補正をかけている
f0170180_503340.jpg


                         雪庇の張り出しは問題ない
f0170180_54480.jpg


                         ガスが切れてコガ沢が見えた
f0170180_575517.jpg


                         一瞬青空が見えた大斜面(対象物がないのでスケール感がない)
f0170180_5112674.jpg


南屏風山頂から滑ることが難しい場合は、稜線を北へ進み水引入道への分岐手前で斜面をトラバースし、コガ沢右俣を滑る予定としている。今日は気温も上がりすぎず雪も安定しているようなので、南屏風山頂から滑降しよう。しかし、山頂からそろそろと雪庇に近づき覗きこむと、下のほうで斜面が横にパックリと口を開けているのが見えた。ここの斜面はダメだ。様子を見ながら北へ数百メ-トル進むと、何とか下りることが出来そうな所を見つけた。ガスは薄くなったが相変わらずで、斜面下方は見えず状況が分からない。そうこうしているとガスが少し晴れ、南屏風の壁とコガ沢が見通せるようになり、ダイナミックな景観が広がった。左右に見える南屏風の壁はいっきにコガ沢へと400mを下りる大斜面で、ここを滑るのかと思うと身震いするようだ。雪庇は張り出してはいないが直下は落ちるような急斜面で、その後は斜面なりに35度くらいになる。ザラメなので深雪パウダーのようなブレーキ効果はまったく無い。意を決して斜面に入る。

                         急斜面のトラバース
f0170180_515387.jpg


                         下から見上げた大斜面(これもスケール感がない画像)
f0170180_5214898.jpg


                         さらに下って見上げた
f0170180_524583.jpg


雪庇直下をトラバースしながら10mほど下り、斜面を観察し下降ラインを探る。見ているとまたガスがかかって視界を奪われてしまった。しまったグズグズせずにさっき滑るべきだった。とにかくこのままでは飛び込めないので、しばらく待つことにする。しかし状況は変わらない。時間も気になってきたので、ガスが少し薄くなったのを機に斜面に飛び込む。不格好ながら数ターンしてみると何とかなりそうだ。山中に自分の雄叫びがこだまする。雪面に筋のある斜面を避けながら滑り降りていく。一部に雪崩のデブリもあったが、全体的には斜面はきれいで安定している。高度を下げるにつれガスが薄くなってくる。壁の下部まで降りて見上げると、ぼんやりと稜線が見える。その稜線に向かってコガ沢の本流は何本かに分かれるが、その内の1本を滑り降りたことがわかる。

                         コガ沢が下りのルートとなる
f0170180_5263696.jpg


                         折れた枝の量が凄い
f0170180_530533.jpg


                         うっかりすれば滝にドボンだ
f0170180_5314035.jpg


                         爆弾低気圧の被害
f0170180_5331412.jpg


                         ここももう少しで渡れなくなりそうだ
f0170180_534834.jpg


壁の下部からはコガ沢を辿り滑っていく。すると沢床に夥しい量の木の枝が落ちている。今月4日の爆弾低気圧で折れた枝が、斜面から落ちて沢に溜まったのだ。この枝にはずっと邪魔され続け、左右の斜面に逃げたり諦めて踏んで進んだりと、余計な汗をかくことになった。沢もあちこちで口を開けているので気を抜けない。落ちて下流の雪の下に流されれば、ほとんど助かるすべはない。穴の脇の斜面を慎重にトラバースする。この沢の状況を見ても、週末まで待たず今日決行してよかったと思える。両岸の斜面もあちこちで雪割れしていて、落ちてこないかと気にしながら下っていく。沢があまりに口を開けているので、たまらず1150m辺りで右岸の斜面に逃げた。すると斜面にスキーのトレースがある。こんな所を滑る人は限られる。おそらく、日曜日に北屏風を滑ったYさんと水引入道を滑ったHさんのものだろう(情報はここここ)。その後はそのトレースと重なったり離れたりしながら再びコガ沢に降り滑っていく。

                         ゲレンデはまだまだ滑れそう
f0170180_5363573.jpg


                         さすがに下の方はこんな状態
f0170180_5382748.jpg


950m辺りで沢から離れ、右岸の斜面をトラバースする。シールを付けずに階段登高などで30mほど高度を稼ぎ、尾根を回り込むとスキー場のゲレンデに出た。ゲレンデを飛ばして今朝のスタート地点近くまで戻ると11:27だった。山行計画では11:30着としていたが、午後からの仕事にも余裕で間に合う。南屏風の方向を見やれば相変わらずガスで見えない。しかし、脳裏にはクッキリとその姿がイメージされ、何ともいえない充実感に満たされる。

                         滑降ライン(Google Earthで作成)
f0170180_653193.jpg

f0170180_628313.jpg


今回はギリギリのタイミングだったが、なんとかノントラブルでやり終えたことに感謝する。どこか少しでも条件が悪かったり、アクシデントがあれば退却・失敗に終わっただろう。そういうリスクのある山行だった。しかし、満を持してとまでは行かないが、自分なりに段階踏んで臨んだ山行だったとはいえる。午後から仕事を控えての山行は褒められるものではないが、それゆえの緊張感も嫌いではない。とはいえ人に勧められるものではないが。来シーズン以降また滑る機会があるとすれば、やはり晴れた日にパウダーを滑りたい。その時は雪崩の判断が最重要となるだろう。

                         ルート図 ( 登り:赤 下り:水色 )
f0170180_85874.jpg


by torasan-819 | 2012-04-19 20:39 | 山スキー | Comments(8)
Commented by ranger3yuji at 2012-04-20 22:39
すばらしいです。
屏風を滑る、すごいな。
Commented by ナマステ at 2012-04-20 23:06 x
熱き思いと、不安、それを達成した、喜びのドキュメントがストレートに伝わって来ました
又そこまでに至るプロセスにも、拍手です、
Commented by torasan-819 at 2012-04-21 06:24
ranger3yujiさん
眺めがあればなお素晴らしかったんですけどね。
それは次回のお楽しみです。
Commented by torasan-819 at 2012-04-21 06:28
ナマステさん
有り難うございます。
滑ったという記録だけではなく、そこに至るまで過程を書くとよりイメージしていただけるかなと思ってます。
今日はこれからまた蔵王に向かいます。
Commented by 加ト幹事長 at 2012-04-21 07:32 x
すごい!
気をつけてとか、ほどほどにが無力な熱きチャレンジ。
トラさん、いったいどこへ向かっているのだ!?
Commented by utinopetika2 at 2012-04-21 18:06
滑ってみたかったなぁ~(大嘘)。
でも屏風から覗きこんでみたいです。
達成感あったでしょう、凄いっす!
Commented by torasan-819 at 2012-04-21 21:13
加ト幹事長さん
自分でもわかりません(笑)
やってみたいからやってみた…ただそれだけですかね(^^ゞ
ところで鳥海に行きませんか?
Commented by torasan-819 at 2012-04-21 21:20
utinopetika2さん
スノーシューで行けますよ(^o^)
覗くときは滑落しないように気をつけて~なんてね。
屏風を始め蔵王には多彩な魅力がありますね。
今再認識しているところです。


<< 蔵王丸山沢バックボウルからの峩...      2日連続の不忘山 ~ 2012... >>