2012年 05月 15日
山登りアーカイブス 2008年2月2日~蔵王 後烏帽子岳
f0170180_21323156.jpg

後烏帽子岳に登ったのはスノーシューで歩くのが3回目くらいの頃。
山登りを始めたものの、まだ低山しか登ってなかった自分。
まして冬山なんて登ったことがなかった。
スノーシューでもっと高い山に登りたくなったが、もちろん自分1人では行けないし山をやる仲間もいなかった。
だからバイク仲間を誘い、ガイドツアーで後烏帽子に登ることにした。
この時の体験が、以後のスノーシュー登山へつながっていくこととなる。
4年前のことだがずいぶん前のような気がする。

============================================================
今日はスノーシューで後烏帽子岳に登ってきた。
標高は1681m。
ゴンドラとリフトを乗り継いで1300m以上まで上がれるので、そこからの登りは300数十メートルとなる。
初心者1人+素人3人の4人なので自分達だけではムリ。
なのでガイドツアーに参加した。
といってもツアー参加者は、全員バイクつながりの我々4人だけ(笑)
今日は天気も良くて風も無く最高のスノーシュー日和となった。
汗をかきながら雪を踏みしめ急な斜面を登る。
スノーシューを履いていなければズボズボどの位潜るかわからない。
でも歩けるのはスノーシューやワカンを履いていなければ味わえない世界。
斜面を登りきって山頂に立った気分は最高だ。
でもさすが稜線の風は強い。
しばらく風景を楽しむと下り、途中で昼食タイムを取る。
その後はスキー場まで標高差900m以上を下りきった。
顔は余裕のふりをしていたが体力は残量あとわずか(笑)
自分の足で歩いて充実感たっぷりのスノーシューでした。
今度は○○岳に行きたいものだが…

by torasan-819 | 2012-05-15 21:32 | 山登りアーカイブス | Comments(2)
Commented by utinopetika2 at 2012-05-15 23:22
トラさんの進歩は著しいですね。
こちらは30年近く山で楽しませてもらっていますが、進歩はありません。
Commented by torasan-819 at 2012-05-16 06:42
utinopetika2さん
この時にハマったんですね冬山に。
このあとしばらくは初めて登る山がスノーシューでの冬季登山でした。
年齢的にもはや余裕がないので、ステップアップを急いだのです(笑)
utinopetika2さんは30年近くも山で楽しんでいるのだから羨ましいですよ。
自分は頑張っても30年山で楽しむのは難しいです(^^)V


<< 山登りアーカイブス 2008年...      雪形~水引入道 >>