2012年 07月 02日
小渓に遊ぶ 蔵王小阿寺沢 ~ 2012年6月30日
f0170180_5453891.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
山行期間   2012年6月30日(日)
山行形態   沢登り
天候      曇り時々晴れ
参加者    3名(L:トラ山・八○さん・Tさん)
行程      登山口10:24~入渓10:37~F1(10m)10:53~F2(6m)11:18~F3((2段15m)11:28~F4(6m)12:20-13:05~
         休憩~F5(5m)13:33~F6(6m)13:38~枝沢13:45~涸れ滝(10m)14:00~岩場下部(20m)14:20-15:06~
         岩場上部(20m)15:09~ヤブ漕ぎ15:36~登山道15:59~休憩~ゲレンデトップ16:17~登山口17:28
行動時間   7時間4分
移動距離   7.7km(GPS計測)
累積標高差 ±840m(GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================
小阿寺沢はマイナーな沢である。どこにでもあるような沢で、普段は登山者が渡渉するのと釣り人が入るくらいで、いたって静かな沢だ。小阿寺沢を沢登りの対象としてみても、美渓というわけでもないし、見事な滝があるわけでもない。しかし、直登可能な滝、ロープ練習になる滝、シャワーを浴びる滝ありとバラエティに富んでいる。さらに枝沢を詰めれば、大岩帯や高巻きに岩場まであるという、なかなかに内容の濃い沢なのである。また、アプローチも楽で駐車場所にも困らないという、沢シーズン始めのトレーニングとして見れば、うってつけの沢だと思う。それがゆえ、地元山岳会などを中心に地道に登られ続けているのだ。自分は3年前に初めて登って以来毎年訪れ、今年で4回目(2009年2010年2011年)となる。しかし、枝沢まで詰めたのは単独で登った初回だけだ。今回は3人パーティーであり、今登るとあの頃の印象とどう違うのか興味津々だ。
※画像はTさん提供のものも使わせてもらった。同じ場所でも、やはり自分とは違う視点での画像となっている。




                         F1
f0170180_4433130.jpg


                         同じくF1
f0170180_44443100.jpg


                         ナメが続く
f0170180_4464652.jpg


えぼしスキー場の手前1km弱のカーブに、小阿寺沢コースの登山口がある。道の両側に結構広い駐車スペースがある。小阿寺沢コースは前烏帽子岳を経由して後烏帽子岳へと至る登山道だ。登山口より歩き始め、小沢をひとつ越えると小阿寺沢。早速入渓する。しばし沢歩きをするとF1斜瀑で、高さは10mほど。この滝は斜度が緩く、好きなラインで登ることが出来る。とはいえ少し滑りやすい岩もあるので、2人は岩が乾燥している右壁から、自分は水流右を登る。岩は中途半端に水がかかるところより、水流の中の方が滑らない。F1の上は長いナメとなりF2まで続く。

                         倒木利用でF2を越える
f0170180_449284.jpg


                         F3
f0170180_453435.jpg


                         ランニングビレイ中
f0170180_450441.jpg


F2(6m)は倒木が掛かっている滝だが、以前とは倒木の状況が変わっている。Tさんは右の草付きを、八○さんは倒木を渡り、自分は左から倒木を潜ってと三者三様に登る。F3(2段15m)は斜瀑で直登可能だが、練習の意味でロープを出すことにした。自分がトップで登り、ランニングビレイを2箇所取る。久しぶりのロープ操作なのでぎこちない。F3を少し時間をかけて登ると、またナメと小滝をしばらく歩く。

                         F4
f0170180_4565949.jpg


                         この水流を横切る
f0170180_525464.jpg


                         水流突破中のTさん
f0170180_4593292.jpg
 

釜のあるF4(6m)の左壁には、昨年あったトラロープがまだそのまま下がっていた。釣り師が付けたものだろうが、もちろん利用する気はないので無視する。この滝は右壁から2/3まで登り、バンドを左に水流を横切りトラバースする。自分がトップで登り、バンドでハーケンを打ってランニングビレイ。気合いを入れて水流を突破し左へ移ると、スタンスが乏しい落ち口を力任せに体を上げる。すぐ側の木にランニングビレイを取ると落ち口を横断し支点を取った。Tさんにはプルージックで、八○さんはエイト環グリップビレーで登ってもらう。この辺りのやり方はいろいろあると思う。同じ滝でも条件やメンバーで変わるだろう。臨機応変に対応できるようになりたいものだ。滝のシャワーでは雨具を着ても、水の冷たさと水流の強さに息を呑むような感じがする。そこで動きを止めずに一気に突破することを心がけたい。陽が当たるところで冷えた体を温めながら昼食休憩とする。

                         F5
f0170180_553174.jpg


                         F6
f0170180_57488.jpg


                         スキー場へのパイプ
f0170180_594725.jpg


                         枝沢の大岩
f0170180_5112684.jpg


F5(5m)はハングしている滝で左から巻く。以前より少し崩れたような感じがするが、特に問題なく乗っ越せる。すぐF6(6m)が現れるが好きなラインで登れるので、暑いときはシャワークライムもいいだろう。突然黒いパイプが現れると、間もなく右に枝沢が見える。この黒パイプはスキー場の給水用のものだ。枝沢は水量が少なく、場合によっては水流が無いときもあるので見落とさないよう注意が必要だ。枝沢に入ると大岩の涸れ沢となる。少し登ったところで右手にスキー場への道があり、ここで遡行を終了すれば半日コースとなる。しかし、赤テープがあるとはいえ、ポイントがわかりにくいので注意が必要だ。大岩を右に左に乗り越えながらぐんぐんと高度を上げていく。

                         涸れ滝
f0170180_5142299.jpg


                         岩場
f0170180_5171663.jpg


                         岩場の登攀
f0170180_516164.jpg


                         上部の岩場
f0170180_520422.jpg


                         高度感がある
f0170180_5223573.jpg


15分ほど登ると正面に衝立のような涸れ滝が現れる。右から巻けないか八○さんが偵察するがどうも悪そうだ。前回と同じく左から巻くと、涸れ滝の上の岩場に出る。涸れ滝と言えなくもないが、この場では岩場と表現する。スラブ状の岩の先に岩壁があり、ロープを出して八○さんがトップで登る。最上部は少々強引に体を引き上げることになるのだが、体の小さいTさんがどうしても登れず、自分がクライムダウンしてサポートする。下をのぞくとなかなかの高度感。今回はやらなかったが、おそらく左から巻き続けても登ることが出来るだろう。さらに上にも岩場があり岩壁になっているが、階段状なのでロープを出さず登った。しかし、高度感はかなりあり不安に思うようなら、躊躇せず始めからロープを出した方がいいだろう。結局、涸れ滝から岩場を含め、標高差で80m以上登ったようだ。

                         ヤブ漕ぎ
f0170180_5263688.jpg


                         ゲレンデを下る
f0170180_5272768.jpg


岩場を越えればもうロープを出すようなところはない。枝沢を詰めていき、頃合いを見て右手のヤブに突入する。20分ほどヤブ漕ぎをすると登山道に飛び出した。しかし、後でGPSのトラックを見ると無駄に歩いたようで、上手くやれば半分ほどのヤブ漕ぎでゲレンデに出ることができたようだ。休憩してからゲレンデをテクテクと歩いて登山口に到着、今日の沢登りを無事終了した。

あらためて小阿寺沢は、いろいろな要素の詰まった面白い沢だと感じた。枝沢に入ってすぐスキー場への道を下るのであれば、足並みのそろったパーティーなら半日でも可能だ。枝沢を登り岩場もやるのであれば1日になるが、こんなところがあるのかと意外性のあるこの岩場は経験してみても面白いだろう。今回は7時間以上かかったが、度々ロープを出したのでこんなものだろう。是非他の方にも登ってもらい、感想を聞きたいものだ。

                         ルート図 ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_536866.jpg


                         遡行図
                         (未作成)

by torasan-819 | 2012-07-02 21:38 | 沢登り | Comments(10)
Commented by lc4adv at 2012-07-04 20:30
今日福島のビッグフットでスリング買い足しました。安いの置いてますね。
Commented by NON at 2012-07-04 22:36 x
沢だ 沢だ いいですね^^
ごっついシャワークライミング、岩、滝 行きたい~登りたい~
未だ沢に入ってません、今月中旬沢旅が初沢です。

Commented by torasan-819 at 2012-07-05 06:43
lc4advさん
ビッグフットもしばらく行ってないなあ~
日曜日は雨止んでくれませんかね。
Commented by torasan-819 at 2012-07-05 06:45
NONさん
珍しいですねNONさんにしては、まだ沢行ってないなんて。
中旬にはどこの沢に入るのかな?
Commented by NON at 2012-07-05 22:00 x
奥志賀の魚野川へ沢旅です。
真ん中の一日は、釣りなどしてのんびりするそうです。
名前の通り、お魚がいっぱいいるそうですよ、また岩魚三昧の食事かも~^^
Commented by torasan-819 at 2012-07-06 07:25
NONさん
魚野川で検索すると釣り関係がぞろぞろ出てきますね。
まさに岩魚三昧になりそうですよ。
NONさんも釣るんでしょ?
ワタクシも今年は釣ってみたいと思ってます。
Commented by Toby at 2012-07-06 10:58 x
いやぁ、涼しげ(^o^)
気持ちよさそうだなぁ。
残念ながらわがやではハニー隊長が水嫌いなので縁がなさそうですが、シャワーバリバリ浴びられたら灼熱の稜線なんてやってられないっていうトラさんの気持ちがちょっと分かりますね。
Commented by torasan-819 at 2012-07-06 12:36
Tobyさん
あらそんな過激な発言しましたっけσ(^◇^;)
ちなみに夏山の稜線も好きですよ…沢登りの次に(笑)
ハニーさんも沢登りでなくリバートレッキングならいかがでしょう?
涼しい渓流沿いに歩くのも気持ちがいいですよ。
Commented by ハニー at 2012-07-07 01:52 x
カタカナ語って何だか怪しげ(¬_¬)
リバートレッキング=川沿いを歩く=顔には一滴の水もかからない、ってことで間違いないですか???
Commented by torasan-819 at 2012-07-07 16:23
ハニーさん
> 何だか怪しげ
いっイヤ…そんなことは決して(°°;)
一滴もというわけには…たまには数滴とか……まれにザブンとか(@_@;)


<< 山登りアーカイブス 2008年...      【お知らせ】 沢登り教室 >>