2012年 11月 28日
今季初の雪山歩きは蔵王の名号峰から ~ 2012年11月25日
f0170180_12313577.jpg

白石市には白峰会という山岳会がある。自分も地元だけに会員さんには顔なじみの方も多く、度々山行を伴にさせてもらっている。その白峰会の会山行が25日にあるというので、特に山行計画を立てていなかった自分はパーティーに入れていただくことにした。行動予定は峩々温泉から登山道を名号峰に登り、様子を見て可能であれば熊野岳方面に足を延ばし、カモシカ温泉跡へ下りて濁川沿いを峩々温泉に戻るという、左回りの周回ルートだ。蔵王も既に上の方は白くなっているが、登ってみなければ雪の状況はわからない。積雪が多ければラッセルになるだろう。
======================================================================
 山域山名   蔵王連峰 名号峰(1,490.9m)
 山行期間   2012年11月25日(日)
 山行形態   積雪期一般登山
 天候      晴れ
 参加者    11名(白峰会10名+トラ山)
 行程      峩々温泉7:17~猫鼻8:12~名号峰10:04-10:16~追分10:55~昼食休憩11:04-11:45~
          カモシカ温泉跡12:44~左エ門小屋13:01~濁川出合13:30~峩々温泉14:25
 行動時間   7時間8分
 移動距離   11.4km (GPS計測:自動記録)
 累積標高差 ±984m (GPS計測:自動記録)
 装備      日帰り冬装備
======================================================================




                         登山口をスタートする
f0170180_5443927.jpg


                         徐々に雪が増えてくる
f0170180_5362847.jpg


                         猫鼻の分岐に到着
f0170180_538246.jpg


まだ薄暗い午前6時に集合し、乗り合わせて峩々温泉へと向かう。エコーラインから峩々温泉までの道は、ごく薄っすらと雪があるが陽が昇ればすぐ消える程度で問題ない。濁川に向かって下り、橋を渡ると峩々温泉のすぐ先が登山口だ。道の脇に何台か駐車可能なスペースがあり、その先で通行止めとなっている。昨年秋の土砂崩れにより、未だに道(県道蔵王青根線)は復旧していないのだ。標高780mほどの登山口からはすぐ急登になり、峩々温泉の後を回り込むように登っていく。登り始めは無かった雪だが、標高を上げるにつれ徐々に増えてくる。落ち葉や笹の葉にうっすらと被るようになり、やがて登山道も雪に覆われ真っ白になってくる。雪をゆっくりと踏みしめるように歩くと、小一時間で猫鼻の分岐に到着したので小休憩。猫鼻とは珍しい名称だが、分岐の形がY字の猫の鼻周りに似ているからという説がある。さて本日のパーティーは自分を含めて11人。30代前半の入会間もない新人さんから、80歳も近い白峰会の太斎会長までと幅広い。実は会長は自分の親父と同級生なのだが、今も現役でこうして山登りを続けていることは、素晴らしいことではないだろうか。

                         標高1240mの積雪は数センチ程度
f0170180_545734.jpg


                         霧氷の森が美しい
f0170180_6585016.jpg


                         名号峰山頂に到着
f0170180_733831.jpg


                         白峰会の皆さん
f0170180_7104730.jpg


猫鼻からは尾根の緩斜面が続く。周囲の森にはブナやミズナラの大木が見られるようになる。時折雲間から日が差すと、雪が白く輝きまぶしいくらいだ。標高を上げるとダケカンバの木が増えてくる。勾配が増した後また緩斜面となり、植生は灌木と笹が増え見通せるようになってくる。名号峰のピークが近づくと、周囲の木々は枝に霧氷が付き、白く美しい森となっている。北蔵王縦走路の分岐を右に折れると、ほどなく名号峰のピークだ。ピークとはいっても平坦で山名板がなければ、それとはわからず通り過ぎてしまうかもしれない。ここは風の通り道で、以前登ったときはあまりの強風に立っていることができず、這って歩いたことが思い出される。しかし今日はほとんど風が無く、無風といってもいい天候なのだ。この時期の蔵王にあって、こんなにも穏やかな日は本当に珍しい。冷たい風に吹かれることなく、ゆっくりと集合写真を撮ることができる。徐々に雲が切れて陽が差すことが多くなってきたが、まだ熊野岳などの県境尾根は雲に覆われている。時間的なこともあり、熊野岳は目指さずに下山することになった。

                         追分を左に下る
f0170180_7125231.jpg


                         休憩時には陽が当たり暖かくなった
f0170180_7161064.jpg


                         南にロバの耳、かろうじて五色岳が見えるが屏風岳は雲が被る
f0170180_7555039.jpg


                         カモシカ温泉跡
f0170180_7565139.jpg


                         ロバの耳岩
f0170180_75830100.jpg


名号峰の山頂より引き返し、さらに追分の十字路まで南進する。追分より東に折れると短い区間だが道に灌木の枝が被り、這って進まなければならない所もある。そこを抜けて見晴らしの良いところで昼食休憩となる。標高は1500mほどだが、風もなく陽があたるとぽかぽかと暖かい。手袋を脱いで素手でおにぎりをパクついていても、まったく冷たいと感じない。なんと良い日に登ったのだろうと幸せな気持ちになってくる。いつの間にか雲は流れ空は抜けるような青さになり、雪と岩のモノトーンとの対比は目にしみるような美しさだ。田○さんの手作りビーフジャーキーなど、白峰会の皆さんから様々な食べ物が回ってきて、すっかりご馳走になってしまった。ゆっくりとした昼食休憩を終え下山を再開すると、下るにつれて雪が緩み少なくなってくる。カモシカ温泉跡まで下ると、ロバの耳は三角形のピラミダルな姿で、一瞬ここが蔵王ということを忘れてしまいそうだ。

                         東北大左エ門小屋
f0170180_81429.jpg


                         小屋の外壁には熊の爪痕
f0170180_815032.jpg


                         丸山沢の渡渉
f0170180_1226152.jpg


                         濁川への出合から見上げる稜線
f0170180_86224.jpg


                         濁川沿いを峩々温泉へと歩く
f0170180_873027.jpg


カモシカ温泉跡の分岐で左に折れて進むと、やがて東北大左エ門小屋だ。外壁の板があちこち割れているのでよく見ると爪痕がある。熊の仕業だ。小屋のすぐ脇の木には熊棚もある。小屋に居るときに外壁をガリガリやられたらと考えると、ゾッとする思いだ。小屋からは左エ門沢を渡り、丸山沢沿いの踏み跡をたどり、3回丸山沢の渡渉を繰り返すと濁川に合わせる。あとは濁川沿いのだらだらとした道を、ゆっくりと峩々温泉まで下る。14:25に峩々温泉に到着し、現地解散となった。

さすがにまだ積雪量は少なかったが、雪山シーズン始めの山行としては天候にも恵まれ、白峰会の皆さんのお陰で久しぶりの蔵王を楽しむことができた。それにしても、今日1日一緒に雪山を歩き、さほど遅れも取らない会長の脚力体力には、畏敬の念さえ覚えてしまう。ずっと見ていても、足下が危ういことがなかったのには驚くほか無い。岳人としてかくありたいとは思うが、こればかりは人それぞれでどうなるものでもあるまい。

                         GPSトラック
f0170180_1219581.jpg


by torasan-819 | 2012-11-28 06:23 | | Comments(12)
Commented by utinopetika2 at 2012-11-29 21:25
一枚目の写真はいい感じですね。
まるで山に誘われているようで、行ってみたくなります。
お馴染みのコースも景色は一変、ロバの耳もマッターホルンのようです。
80歳の岳人・・・憧れますね。
Commented by torasan-819 at 2012-11-29 23:42
utinopetika2さん
一緒に80歳の岳人を目指しませんか?
そうなるかどうかは別にして目指すのだけは自由ですから(笑)
やはりなんといっても継続こそ力なりだと思います。
ということでダイエット頑張ってますか?
Commented by Mt.Racco at 2012-11-30 15:11 x
こんにちは。
ようやく水→雪の季節ですね・・・・。私は一足先に既に雪上人間になりましたが。

それはともかく、天気が良ければ雪上ハイクは本当に気持ちがよいですね。
近くに蔵王のような山があるのなら私も週末毎に登ってみたいです。
Commented by maro4070 at 2012-11-30 19:09
山リタイアは65と決めていましたが、今は70に変更、80となると神業ですなぁ~。
当分里山へ…固まってから雪山へ入ろうかな。(^o^)
Commented by lc4adv at 2012-11-30 21:59
1枚目の樹氷(霧氷)のような木々、何ともいい感じですね。

Commented by ranger3yuji at 2012-11-30 23:02
名号峰、白黒ですね。登山者が映えます。
山に行ったとき、そのときしか見ることのできない景色を楽しむことがいいですね。
Commented by torasan-819 at 2012-12-01 10:02
Mt.Raccoさん
ようやくというか瞬く間にというか白銀の季節がやってきました。
今日は我が家の周りも白くなっています。
その気なら毎日でもいけますよ蔵王に…冗談デス。
Commented by torasan-819 at 2012-12-01 10:07
maro4070さん
三浦敬三さんは99歳でモンブランを滑降しました。
三浦雄一郎さんは80歳で来春エベレストにチャレンジします。
65や70はまだまだ若いということです。
お互いできる限り継続しましょう!
Commented by torasan-819 at 2012-12-01 10:10
lc4advさん
霧氷が美しいですね。
特に陽が当たると輝きを増して眩しいくらいです。
天気の良い日は雪山に行きましょう!
Commented by torasan-819 at 2012-12-01 10:11
ranger3yujiさん
人が入っていなければまるで白黒写真のようです。
このモノトーンの世界がなんとも良いんですよね。
今シーズンは雁戸山にもいきたいと思ってます。
Commented by Toby at 2012-12-05 12:28 x
シーズンインですねぇ\(^o^)/
いやぁいいですね。ときおりベランダから見える蔵王からお誘いは受けているんですけど、なかなかうまくいきません。今週こそは…
Commented by torasan-819 at 2012-12-05 12:34
Tobyさん
早く山に復帰してください~
もうあちこちから初滑りの声が聞こえてきてますからね。
かくいうワタクシは年内に1~2回滑れるかなという感じです。
レポート待ってますよ!


<< 久しぶりの第九      ヒマラヤでないことは確か >>