2013年 01月 14日
吾妻山での冬山訓練合宿 ~ 2013年1月12日・13日(その1)
f0170180_2223644.jpg

福島登高会では毎年1月に、冬季のテント設営と生活訓練を主目的とした訓練合宿を実施している。基本的にハードな山行は行っていない会だが、山スキーをやるうえで冬山訓練は欠かせない。今年も12日~14日で2泊3日の計画であったが、会員数が元々少ないうえに、社会人山岳会にありがちな各人の都合でさらに参加者が減ると、たちまち見直しを余儀なくされた。自分も昨年は都合により参加できなかった。それでも何とか12日13日の2日間での実施となった。参加者は5名で、その中では自分が一番経験が少ない。計画自体は昨年とほぼ同じで、12日は高湯温泉~山鳥山~テン場、13日はテン場~五色沼~一切経山~五色沼~慶応吾妻山荘である。昨年は一切経山へ向かったものの中退しているので、今年は再チャレンジというわけだ。
===========================================================================
 山域山名   吾妻連峰 一切経山(1,948.8m)
 山行期間   2013年1月12日(土)・13日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      12日晴れ・13日晴れ(稜線は雲)
 参加者    5名(L:河○さん・大○さん・杉○さん・牧○さん・トラ山)
 行程      12日 観光協会駐車場8:43~除雪終了点9:04~磐梯吾妻スカイライン横断10:26~山鳥山12:37~
          テン場(湯ノ平付近)12:58
 行動時間   12日 4時間15分
 移動距離   12日 4.1km (GPS:記録間隔10m)
 累積標高差 12日 +654m -23m (GPS:記録間隔10m)
 装備      山スキー・冬季テント泊装備
===========================================================================



                         除雪終了点から夏道の登山口へ
f0170180_21585477.jpg


                         快晴の下で疎林を登る
f0170180_2204946.jpg


                         杉○さんは半袖Tシャツ1枚
f0170180_222713.jpg


集合場所は高湯温泉の観光協会駐車場。食事の下ごしらえなど、準備に手間取りあまり睡眠時間の取れなかった自分は、5分ほど遅刻して到着した。既に他の皆さんは準備中なので、自分も急ぎ準備する。山スキーは装備が多いうえ、テントなど共同装備を分担してザックに詰め込んでいるので、自分のザック重量は20キロにもなっている。今回食事担当を志願した自分は、1泊なので食事を楽しみたい(実は酒も)と少々量を多めに準備したのも影響している。駐車場の西側から登り始める。白樺荘の前を通り磐梯吾妻スカイラインに出る。除雪終了点には既に車が1台あった。夏道に取り付くが、前日までのトレースが残っている上に、今朝の先行者が踏んでいるので楽ちんである。とはいえザックはずっしりと重く、快晴で風のない状況では汗が噴き出てくるので、ジャケットも中間着も脱いで体温調節。先月29日に来た時からは、30~40センチほど積雪が増えている印象。気温が低くサラサラした軽い雪が気持ちいい。

                         水飲み場の小沢を渡る
f0170180_223119.jpg


                         バテないようゆっくり登る
f0170180_2251180.jpg


                         テン場に到着
f0170180_226112.jpg


久しぶりの山行のうえ、昨年腰を痛めている大○さんはマイペースで1人遅れて登ってくる。要所要所で休憩がてら大○さんを待つが、意外と時間が開かないのはゆっくりとはいえ休まないで登ってくるからだ。水飲み場の小沢も埋まってないので、渡るのに注意したが河○さんが失敗し雪まみれになったのはご愛敬。じっくりゆっくり登っていくと、なおさら距離が長く感じられる。賽ノ河原を通り過ぎ山鳥山まで来たが、ここまで来ればテン場はもう少しだ。ここから見える今日の家形山は、雲をバックにしているがハッキリ見えている。山鳥山からはほぼ平坦になり、20分ほど歩くとテン場に到着。この辺りは湯ノ平ということを、自分は後で知った。

                         整地作業
f0170180_2284571.jpg


                         最後の仕上げ
f0170180_222989.jpg


                         テント設営完了
f0170180_2210629.jpg


テン場に到着して行動食を食べると、さっそく整地作業だ。ふかふかの雪を繰り返し踏んで固めていく。乾いた雪は固まりにくく、何度も何度も踏んで少しずつ固めていく。これをしっかりやらないと、居心地のいいテントにはならないから手抜きは出来ない。1時間以上かけて整地作業終了。今回は5人なので、エスパースのジャンボ(6~7人用)テントを一張りだ。このテントには内張も付けるので断熱性が良く、ストーブを焚くと暖かく過ごせる。テントの周囲には雪のブロックを積んで設営完了。一晩だけとはいえ、楽しい我が家の完成だ。

                         雪から水を作る
f0170180_22121228.jpg


                         夕食は煮込みラーメン
f0170180_2216433.jpg


                         夜半に雪が降り始めてきた
f0170180_22175637.jpg


もう15:30過ぎなので、テントに入って落ち着くことにした。さっそく水を作る。周囲のきれいな雪を集め、鍋で暖めて水にする。今回PRIMUSのマルチフューエルストーブには、ガソリンを使用しているので火力は十分だ。しかし弱火が苦手なのが弱点といえば弱点。さて自分の担当の夕食だが、煮込みラーメンにした。出来るまでのつなぎに、スライス玉ねぎ+かつお節にピーマン+塩昆布の2種類のつまみを作り、各自の酒で乾杯だ。煮込みラーメンのひと鍋目は豚肉で、ふた鍋目は鶏団子で作ったが、こんなに食べるのかというほどの量もほぼ完食。酒も進み会話が弾み、晩酌とはいえないほどの量を飲んでしまった。特に河○さんには酒の肴になってもらった。感謝である。4時間に及ぶ宴会も終わりを告げ、午後9時過ぎに就寝。風もなく静寂な山の中で眠りにつく。

その2に続く

                        GPSトラック
f0170180_21534562.jpg


by torasan-819 | 2013-01-14 16:35 | 山スキー | Comments(6)
Commented by mt.racco at 2013-01-15 08:42 x
こんなに大人数のパーティーだったのですね。
日曜日に横を通過したときは、青白のスキー1本しか置いてなかったのでソロか2名程度かと思いました。
お陰様で大根森までしっかりトレースがあり、膝に優しい山行が楽しめました!
多謝!
Commented by torasan-819 at 2013-01-15 19:25
Mt.Raccoさん
まあ5人ですから大人数でもないですよ。
以前は7~8人のテント2張りでやっていました。
日曜日にあったスキーはテントキーパーの大○さんのものです。
その事情は「その2」で明かされます(笑)
ところで膝が快方に向かっているようで良かったですね。
ラッセル要員が必要な時は声をかけてくださいませ(^^)V
Commented at 2013-01-15 21:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-01-18 06:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NON at 2013-01-18 12:04 x
20k背負って雪斜面を登るって、スゴクないでしか!さすがです。
沢渡で雪上テント泊しましたが、テントの中はほんと暖かいですね特に上が
煮込みラーメン美味しそう(^_^) ニコッ
Commented by torasan-819 at 2013-01-18 22:22
NONさん
テント泊だと重くなってしまいますね。
そのザックで安全に滑るのもスキー登山の技術なんですね。
今度は雪洞です。


<< 吾妻山での冬山訓練合宿 ~ 2...      スキー板の捜索で蔵王刈田岳へ ... >>