2013年 01月 29日
深雪の吾妻山若女下り ~ 2013年1月27日
f0170180_2334439.jpg

自分が山スキーに行くフィールドは、もちろん近場の山が多いわけで、その中でも吾妻山は蔵王と並んで訪れる回数が多いといえる。吾妻山とはいっても、吾妻山という山があるわけではなく、東吾妻山、中吾妻山、西吾妻山などを総称して吾妻山と言い、吾妻連峰と呼称している。吾妻山は温泉が豊富で、また古くから山スキーのツアーコースが数多く存在し、いわゆるそれらのクラシックルートは日帰りから山中泊を要するものまでと様々ある。クラシックルートに少なからず興味がある自分は、いつかすべてを歩いてみたいと思っているのだが、今回の若女(わかめ)下りコースはまだ滑ったことがない。このコースは天元台スキー場を利用することにより、登りにあまり労力をかけずに標高差1000m以上の下降ができる。条件が良ければすこぶる快適な滑降が楽しめるようだ。このコースを昨年1月に初めて滑ろうとしたのだが、あまりの深雪とシールトラブルにより、いくらも歩かないうちに敗退したという経験がある。そこでリトライすべく27日に若女下りを計画したのだが、日本海側は25日から大雪となり26日も降雪が続いていた。米沢市街地では50センチの積雪があったという情報もあり、天元台でもかなりの深雪が予想される。当然悩んで計画変更も考えたが、27日は天候が回復傾向であり、あえてこんな状況の時の吾妻山を確認したいということもあり、中途退却を覚悟で天元台に向かってみることにした。
===========================================================================
 山域山名   吾妻山 若女平
 山行期間   2013年1月27日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    4名(L:トラ山・河○さん・橘○さん夫妻)
 行程      天元台湯元駅8:35-9:00=リフト終点9:36-9:48~コル10:30~天狗岩11:24~休憩11:38-11:52~
          ビンディング修理13:07-13:22~若女平14:38-14:48~細尾根15:51~小坂16:20~西吾妻スカイバレー16:54
 行動時間   7時間6分
 移動距離   7.8km (GPS計測:記録間隔10m)
 累積標高差 +296m -1,262m (GPS計測:記録間隔10m)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================




                         天元台湯元駅
f0170180_2151490.jpg


                         天元台スキー場しらかばゲレンデ
f0170180_21535845.jpg
                     
                         中大巓を巻き登る
f0170180_21591284.jpg


4人乗り合わせて天元台へ。ロープウェイ駅下の駐車場に車を止める。8時40分発のロープウェイは間もなく出るとのことで間に合わず、次の便にして窓口に登山届けを提出する。天元台では13日から14日にかけ、スノーシューの2人の遭難騒ぎがあったばかりだ。無事救出されたものの、天元台周辺では毎年のように遭難が発生している。ロープウェイを降り、リフトを乗り継いでいると寒くなってくる。つがもりゲレンデのリフトは、ちょうど動き始めたばかりでグッドタイミング。3本のリフトを乗り継いだゲレンデトップは、標高1820mになっている。機械の力で900mも標高を上げてもらえるのだからありがたいのだが、その代わり2100円の料金がかかる。準備をして南方向の斜面へ踏み込み、中大巓を回り込むように登り始める。スキーでも脛まで潜るラッセルが続くが、雪が軽いので今のところそれほど苦にならない。

                         成長した樹氷
f0170180_12403.jpg


                         コルのツアー標識
f0170180_1261389.jpg


                         梵天岩・天狗岩を目指す
f0170180_236495.jpg


                         吹雪いても視界はある
f0170180_2374135.jpg


                         天狗岩にて
f0170180_132075.jpg


中大巓のピークは踏まずに、直接西吾妻山とのコルを目指す。樹林帯の中は風も穏やかで、時々日が差すなど条件は悪くない。40分ほどでコルにあるツアー標識に到着。進路を右に振り、目指すべき天狗岩・梵天岩方向を見るがガスの中でおぼろげにしか見えない。しかし風は予想よりも強くなく、視界もある程度確保できているので贅沢は言えない。近くまで来てやっと天狗岩が確認できる。もう西吾妻小屋は近いし計画書にも入れておいたのだが、今日は下りに時間がかかりそうなので、小屋には寄らず手前から右へ90度進路を変えて若女平へ下ることにした。この辺りの地形は平坦でつかみ所が無く、視界が無いときは迷いやすいので、コンパスかGPSで方向を決めるしかない。以前はツアー標識を追えばルートを外れることもなかったのだろうが、長年のうちにツアー標識の多くは無くなってしまい、今はもうあてには出来ない。小屋には寄らないので吹きさらしで休憩し、スキーのシールを外す。

                         樹間を滑る橘○さんの奥さん
f0170180_1401982.jpg


                         スキーを走らせる橘○さん
f0170180_1413499.jpg


                         パウダーを楽しむ河○さん
f0170180_1433951.jpg


                         沢筋を下る
f0170180_1474551.jpg


                         右板のビンディングを破損
f0170180_1491626.jpg


さあ滑降だと踏み出したが、樹間の雪面のうねりが激しく滑るどころではない。しばらく悪戦苦闘するが、沢筋ならもう少しましではないかと思い、下降ルートとして予定していた尾根の西側の沢(竜崎沢)にルートを変更することにした。少し下ると樹間が広がり、滑ることができるようになってきた。風もまったく無く穏やかで別世界のようだ。フカフカのパウダーを滑るのは楽しいが、あまりの深雪にメンバーも転倒続出だ。でもそれもまた楽しい。しかし勾配が緩むとすぐ下りラッセルとなってしまい、滑るよりラッセルの時間が増えてくる。下っていると右足がビンディングから外れやすくなってきた。ブーツの底に雪が付いたのかと思ったがどうも違う。何とか誤魔化して滑っていたが、やがて限界になり休憩を兼ねて点検すると、なんとプラスチックの部品が破損していた。部品の修理は不可能だが、このままではこれ以上下ることは出来ない。ブーツに対してかなりキツ目にビンディングの前後間隔を調整してみると、無理をしなければ何とかなりそうだ。ラッセルを再開したが、とりあえず外れないので、このまま進むことにした。この雪にツボ足では腰までのラッセルとなり、今日中の下山は不可能になるので助かった。山スキーのビンディングは壊れないという、根拠のない思い込みもあったように思う。やはりパーティーにワカンは1組持参すべきだろう。

                         菱形のツアー標識
f0170180_1512635.jpg


                         膝上のラッセルが続く
f0170180_15553.jpg


                         平坦な若女平
f0170180_15668.jpg


                         四角のツアー標識
f0170180_1572291.jpg


                         崩落した雪庇
f0170180_255529.jpg


                         雪庇の発達した細尾根
f0170180_2111465.jpg


そのうち沢があちこち口を開けるようになってきた。まだ雪で埋まりきっていないのだ。やむなく右岸の斜面をトラバースするが、ここもほとんど滑ることができずに歩く。やっと若女平の上部に着いた時は、既に午後2時半を過ぎていた。若女平はほぼ平坦な緩斜面で、脛から膝までの深いラッセルが足にこたえる。ラッセルに気を取られていると、いつの間にかルートが逸れてしまい、余計にラッセルの距離が長くなってしまう。若女平の末端から急斜面を滑り降りると細尾根になる。特に右側は小和須知沢へと切れ落ちている急斜面で、雪庇も右側にかなり発達している。自分がトップで滑り始めた瞬間「ドフッ」と鈍い音がして、右のスキー板から雪庇の先端までが崖下へと落ちていくのが見えた。自分はそのまま滑り安全圏に逃げ込み、ギリギリで落ちるのは避けられた。後ろを振り返り見ると、落ちた雪庇は幅2m、長さ5mほどのように見える。スキーで表層が切られたのをきっかけにして、一気に雪庇の下まで切断したのだ。いやはや肝を冷やした。もし自分も落ちていれば、怪我をしなかったとしても、登り返すのは極めて困難な状況になっただろう。雪庇には注意していたつもりだったが、滑るラインがブッシュを避けた時に右側に寄ってしまったようだ。運良く助かったが、こんな幸運は2度目は無いかもしれない。もっと慎重に注意しなければいけない。その後も雪庇に穴が開くなどしたが、全員無事細尾根を通過した。

                         小坂の急斜面をトラバース
f0170180_2131214.jpg


                         藤右ェ門沢の橋を渡る
f0170180_2153589.jpg


                         暗くなる前に車道に到着
f0170180_2192080.jpg


細尾根が終わると植林したらしいカラマツ林となり、やがてスギ林へと変わる。ほぼ夏道を追って小坂の急斜面を右に下ると、スギ林をトラバースして藤右ェ門沢に下りる。沢に架かる橋を渡り、ここでも膝までのラッセルをする。湯ノ入沢の橋を渡ると西吾妻スカイバレーの除雪終了点に出た。到着は16:54で薄暗くなり始めていたが、何とかヘッデンを点ける前に下山できてホッとする。ラッセルし続けた太ももの筋肉が、久しぶりの酷使でプルプル痙攣していた。ロープウェイ駅に携帯で下山報告をし、車を取りに坂道を登る。帰り道すがらの白布温泉では、道路脇の雪壁に設けたろうそくの明かりが印象的だった。

今回はある程度想定していたとはいえ、やはり新雪の深雪は下りラッセルとなり、雪が軽かったとはいえかなり手こずった。アクシデントでもない限り、通常これ以上時間がかかることはないと思われる。条件の良いときなら、余裕を見ても3~4時間で今回のルートは歩けるだろう。ただしそれは山に入ってみなければ分からない。いずれにしても条件、特に雪質に所要時間は大きく左右される。ビンディングトラブルに備えたワカンは、次回より共同装備のひとつに加えよう。いろいろと反省点が多い山行となったが、これを良い意味で今後の山行に生かしていきたいと思う。

                         GPSトラック
f0170180_2251177.jpg


by torasan-819 | 2013-01-29 04:19 | 山スキー | Comments(20)
Commented by lc4adv at 2013-01-30 08:42
そろそろモンスター撮影を計画してました。参考になります。
日曜は天候的に大変だったんじゃないですか。
ビンディングの故障、ソロじゃなくて良かったですね。下手したらビバークですから。
私はスノーシューのバンドが切れたことがありまして、汎用的なバンドを数本持参してます。
Commented by 煙突おじさん at 2013-01-30 09:09 x
ガイドブックには初級コースと出ていますが
それは3月の天気が良く、西吾妻小屋が良く見えるときの場合で、1月2月の厳冬期には正に上級コースですね。
私は3月に何度か行きましたが、それでも痩せ尾根ではいつもキモを冷やしていました。
Commented by torasan-819 at 2013-01-30 12:37
lc4advさん
樹氷はそろそろ見頃ですから、あとは天候次第ですね。
この頃平日に天気が良いのが恨めしいです。
ビンディング破損は今回たまたま調整で誤魔化せたので、ソロでも何とかなったとは思います。
しかし、誤魔化せないときはかなり厳しかったでしょう。
リスクはあらゆるところに存在しますから、lc4advさんのような備えが大事ですね。
Commented by torasan-819 at 2013-01-30 12:43
煙突おじさん
今回のラッセルは結構ハードでした。
実質2名でほとんどのラッセルをしましたから。
西吾妻あたりの稜線は平坦で特に迷いやすいですよね。
ご存じのとおり過去に道迷い遭難の多いところですし。
ルートファインディング能力が問われますが、実はワタクシあまり得意ではありませんσ(^◇^;)
Commented by 加ト幹事長 at 2013-01-30 13:35 x
俺のワカン貸したのにネ、同行できなくて残念でした。
ウチの会の某くんのビンディング(ディアミール?)も崩壊したらしいので過信は禁物ですね。
意外にヤバそうな道具ほど人は慎重になり、ヘルメットとか安全の鎧を身につけると大胆になってより危険が増しますね。
お互いキヲツケマショウ。。
デ、コンシュウドウスルノ??


Commented by Mt.Racco at 2013-01-30 17:20 x
とにかく無事でなによりです。
① ビンディングの破損は私も鉄山で経験しました。私のときは、完全に板からビンディングが外れてしまい、片足での移動となりましたが、何とかビバーグなしで下山することが出来ました。
そのときの報告書をこちら(http://www.geocities.jp/mt_raccojp/20100130minowa.pdf)でpdfでアップしています。
何かの参考になれば幸です。
② ワカメ平へのルートですが、早い時期の沢ルートは危険だと思います。実は去年の1月に我々も沢ルートで下山中に幾度も岩の透き間にスキーを落として時間を費やし、日没後にどうにか下山という経験があります。レポートはこちら(http://blog.livedoor.jp/raccojp/archives/3782386.html)です。
滑りは物足りないかも知れませんが、やはり早い時期は尾根ルートが無難かも知れませんね。
③ ②のときに、同じパーティーのメンバーがヤセ尾根から落ちました。いつも「(自分も含めて?)誰か落ちないといいけど」と思っていましたが、昨年とうとう滑落者が出てしまいました。②のように日没が迫る中、薄暗いことと、焦りがあったのだと思います。
大事には至りませんでしたが、もし、下まで落ちていたらと思うとゾッとします。
Commented by torasan-819 at 2013-01-30 20:24
加ト幹事長さん
もちろんワタクシもメンバーもマイワカンはあるのですが、この日は持参しなかったというわけです。
どこかに山スキーのビンディングは壊れないという、根拠の無い確信みたいなものがあったんですね。
今後共同装備リストに加えることにしました。
今週末は土曜日が野暮用でダメなんですが、どのみち天気悪そうですよ。
日曜日は迷沢でしたっけ?
参加したいのですが、いろいろあって検討中です。
Commented by ranger3yuji at 2013-01-30 20:27
ヒヤリ、ハットで、これからに活かしましょう。勉強になりました。
情報交換することが大切ですね。
Commented by torasan-819 at 2013-01-30 20:56
Mt.Raccoさん
鉄山でのビンディング破損レポートは以前に読ませていただきました。
その頃はまだMt.Raccoさんを知らなかったので、あらこんな人いるよなんて思ってまして(^^ゞ
沢ルートの前半部はラッセル以外はまあまあでしたが、後半部は口を開け始めたので逃げました。
たしかに1月はまだ難しいですね。
昨年のレポ拝見しましたら、似たようなことやってるなあと(笑)
ただしこちらは平均年齢50代後半とハンデありです。
あの痩せ尾根は落ちるとやばいですよ。
場合によっては登り返しができずに、疲労凍死コースまっしぐらです。
これから本格的なツアーシーズンになりますが、お互い気をつけましょうね。
Commented by torasan-819 at 2013-01-30 21:00
ranger3yujiさん
お恥ずかしいですσ(^◇^;)
でもこういったことはおっしゃるとおり、情報交換が大事だと思っています。
同じことを自分も含め誰しもが繰り返さないためにも。
Commented by utinopetika2 at 2013-01-30 21:16
何処でビンディング破損したのかと思っていました。
深い雪の中、しかもソロでしたらかなり焦ります。
仲間と一緒ですと心強いですね。
それにしても、美しい光景です。
Commented by torasan-819 at 2013-01-30 21:38
utinopetika2さん
自分の道具なので自分で何とかしましたが、仲間がいれば何かと心強いです。
ソロでしたら焦りますが、その時点での最善の方法を考えて考えて、決めたら実効あるのみですね。
もうそろそろ天候も安定してくるので、吾妻連峰の樹氷見物に是非どうぞ。
Commented by yossy1904 at 2013-01-31 23:35
若女平は何度か計画しましたが、いつも中止・・。
なので、とてもあこがれます。
でも雪の状況を見極めて行くのが大事なんですね。
(慎重すぎれば、また中止になるけど・・)。
Commented by torasan-819 at 2013-02-01 01:42
yossy1904さん
そうなんですか是非チャレンジしてみてください。
条件の良い時だと早い人はコースタイムが2時間かからないというコースでもあります。
Commented by Toby at 2013-02-01 12:44 x
ご無事でなによりです。
やっぱりこういうときはパーティーでの行動は安心できますね。
ぼくも何度かここは計画したんですけど、やっぱり晴れてないと樹氷見ても楽しくないし、なかなか実現できずにいます。
今シーズンもどうにも日曜が天気悪くて、うまくいきません。もう2月ですからそろそろ休みと晴れがあってくれるんじゃないかと期待しているんですけど。
Commented by NON at 2013-02-01 14:40 x
このコース秋に歩いてます。
雪庇の発達した細尾根 怖い怖い、ビンディング破損も怖い怖い

スキーしたいなぁ~肋骨ヒビはいってなかなか治らなくて、スキーおお誘いお断りしています。2月23~24日はそちらへお伺いする予定ですので、お時間があればよろしくお願いします。
Commented by torasan-819 at 2013-02-02 03:10
Tobyさん
ビンディング破損は想定外でした(^◇^;)
この1週間は連日天気が良くて、ドピーカンの蔵王を指くわえて見てました。
そして週末は天気悪いときては、嫌になってしまいますね。
週末晴れろ~
Commented by torasan-819 at 2013-02-02 03:12
NONさん
2月23~24日でしたらもう肋骨も大丈夫でしょう。
合流したいですね~久しぶりに。
楽しみです♪o(^-^)o
Commented by ナマステ at 2013-02-02 11:11 x
過去に谷川のドカ雪で予定より4日遅れ、救助隊も出て、半端で無い騒ぎを起こしてるので、
ドカ雪は面白いのですが、恐ろしさも身に染みてるのでエスケープ出来ないコースは避けてます
ビンデング、確かコガ沢でKさんが破損したのも、あの箇所でした、ナイスリカバリーですね、参考になりました、
Commented by torasan-819 at 2013-02-03 19:38
ナマステさん
油断大敵雨あられです。
今回はたまたま運が味方しましたが、次回はどうなるかわかりません。
リスクをゼロにはできませんから、なるべく減らす工夫をするしかないですね。
ところで不忘山の雪少ないですね~


<< 子供達とのスキー      ビンディング破損事故 >>