2013年 03月 21日
蔵王の北屏風へ単独ピストンの試み ~ 2013年3月20日
f0170180_22374386.jpg

蔵王の屏風岳(1,825m)の東面は、そのそそり立つ斜面の山容から非常に目立つ存在であり、そのことが屏風岳という名称の元にもなったのだろうと思われる。屏風岳の1.6km南には南屏風岳(1,810m)があり、その東面は南屏風と通称しており、その南に対して北ということから、屏風岳の東面を北屏風とも呼んでいるのである。この北屏風は、自分が山スキーの対象として数年来考えていたのだが、なかなか機会が整わずにそのままになっていた。元々北屏風を滑降する者は多くはなかったようだが、それでも近年はバックカントリーボーダーの恰好のフィールドとして、結構な人気となっているようだ。今年こそはと考えていたが、相方が見つからずにいたところ、17日にブログ友同士がペアでここを滑ったことを知った。自分も何とかしたいと思ったが、時既に3月も下旬が近い。前もって予定の立てにくい身としては、このままでは今期も見送りとなる可能性が高くなってきた。それならばと、単独行の可能性を探ることにした。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 屏風岳(1,825m)
 山行期間   2013年3月20日(水)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      東北大学蔵王観測所7:23~林道から斜面へ8:02~秋山沢右俣9:30~休憩9:38-9:46~鞍部10:27~
          稜線10:56~屏風岳11:35~下降点11:53-12:02~秋山沢右俣12:21~休憩12:24-12:47~
          林道に合流13:54~東北大学蔵王観測所14:13
 行動時間   6時間50分
 移動距離   14.2km (計測:GPS10m毎)
 累積標高差 ±1,386m (計測:GPS10m毎)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================




一般的にはえぼしスキー場のトップから後烏帽子岳へ登り、ろうずめ平へいったん下り、再び登り返して稜線へとなる。しかし、これだと車をデポしておくか、スキー場まで歩いて帰らなければならない。ならば北屏風から東北大学蔵王観測所までの、秋山沢左岸沿いの下りルートをピストンすることにした。ラッセルがあれば単独では困難だろうが、雪が締まったこの時期なら大丈夫だろう。ところが20日の天気予報が芳しくない。曇りとのことで、北屏風もガスに覆われる可能性が高い。視界が無くとも来シーズンの参考になるので、とにかく行けるところまで行くことにした。

                         東北大学蔵王観測所
f0170180_2147972.jpg


                         雪が消えかかっている
f0170180_21484094.jpg


                         秋山沢コース入口
f0170180_2151946.jpg


                         もはや林道の上しか歩けない
f0170180_21515777.jpg


                         ブナやナラの2次林を歩く
f0170180_2154524.jpg


予報どおりの曇り空を見ながら、東北大学蔵王観測所へと牧場の中の道を登っていく。すっかり融けてしまったようで周囲にはまったく雪が無い。標高690mほどの東北大学蔵王観測所前に車を置かせてもらい、支度をしてスタートする。雪が繋がるところまで少し歩いてからスキーを履く。神嶺林道を横切り、「後烏帽子岳 秋山沢コース入口」との表示板から西へ延びる林道に入る。3年前に秋山沢コースを歩いたが、ここは静かな山歩きが出来る。さすがにこの標高での雪はかなり少なくなっていて、もはや道路以外は歩けない。しばらく林道を歩き、2つ目のヘアピンから斜面に取り付いた。そこからはブナとナラの2次林を淡々と歩く。所々でおそらく3日前のものであろう、スキーとボードのトレースがうっすらとある。うっかり考えていたルートから外れ登りすぎてしまい、地形図にある1166m標高点の北側を巻いてしまった。仕方なくほぼ等高線沿いにトラバースするが、小沢が繰り返し現れたりしてアップダウンがある。

                         秋山沢右俣左岸の小尾根を登る
f0170180_2204818.jpg


                         後烏帽子岳とのコルが見えてきた
f0170180_221471.jpg
                         
                         一瞬ガスが薄れて尾根が見えた
f0170180_2252724.jpg


                         ガスの切れ間にコルを見下ろす
f0170180_2261195.jpg


                         稜線に出た
f0170180_2274325.jpg


                         先に見えるは屏風岳の山頂か
f0170180_2291619.jpg


                         どこが山頂かハッキリしない
f0170180_2210599.jpg


秋山沢右俣に合わせると、左岸の小尾根を登っていく。ここで初めての休憩。ザックを降ろし行動食を食べると何かが違う。よく見ると、暑くなったので脱ぎザックに括り付けていたはずのジャケットが無い。しまった、途中で落としたのだ。何たるへまをやってしまったのだ。引き返すかどうか悩むが、今日は風もなく天候が悪化する様子はないのでこのまま登ることにする。ちなみに上は長袖Tシャツ2枚重ねだけだ。寒くはないし何とかなるだろう。小尾根を登っていくと後烏帽子岳とのコルの西側、屏風岳東面の北側基部に出る。ここには後烏帽子岳から南蔵王縦走路に合わせる夏道も通っている。急斜面に取り付きジグを切って登っていく。気温がプラスなので、斜面はいい具合に柔らかくなっていてエッジが利く。ガスがかかっていて時折薄れるものの、視界はあまり無い。斜面のずっと下まで見えるのも高度感があるが、見えないのも逆に気持ちが悪いものだ。慎重に登って稜線に到達。驚くことにほとんど無風の凪(なぎ)状態。風も無いしせっかく登ったので屏風岳まで稜線を歩くことにする。しかし、この稜線歩きで思いのほか時間がかかった。山頂まで1キロも無いのに、なぜか約40分もかかってしまった。

                         下降点でさっとガスが薄れた
f0170180_22121957.jpg


                         これが北屏風の壁
f0170180_7104067.jpg


                         右手に馬ノ神岳とガスのかかる水引入道
f0170180_22155953.jpg


                         左手に後烏帽子岳
f0170180_22171128.jpg


                         基部より見上げる北屏風(左ピークが屏風岳)
f0170180_22191881.jpg


山頂からとって返し、下降点を探りながら歩く。下を覗きこんでも、ミルクのようなガスに覆われ見えない。下手に落ちたらどこまでも滑落してしまいそうだ。ここからなら、横滑りでも何でも降りられるだろうという地点に着きシールを剥がす。するとガスがサッと消えたではないか。おーサプライズ!すぐ滑ろう。屏風岳の東面に斜めに滑り込み、ターンを刻んでいく。と書くと格好いいようだが、やっとのことで滑っているのが現実だ。薄い表層雪崩が起きたようで、凸凹でグズグズの雪が残っておりその下に少し固い層がある。ターンしにくい雪で2度転倒してしまう。急斜面の基部まで滑り降りて振り返ると、被さるような迫力の屏風岳東面だ。

                         沢もすっかり春の雰囲気だ
f0170180_22215628.jpg


                         東北大学蔵王観測所に到着
f0170180_22223927.jpg


                         なにやら難しい研究をしている
f0170180_2225663.jpg


                         画像ではハッキリしないが北屏風が見えている
f0170180_2231319.jpg


さらに滑り降りると、再び秋山沢右俣に合わせる。ここで昼食休憩とする。以後は落としたジャケットを拾うべく、登ってきたトレースを忠実にゆっくりと捜しながら下っていく。アップダウンはあるが、なんとかシールを貼らずに下ることが出来た。次回はもっと効率的なラインで下ろう。結局ジャケットは第2と第1ヘアピンの間に落ちていたので回収。ポケットには財布に免許証に車の鍵まであったのだから、これでひと安心ホッとする。東北大学蔵王観測所には相変わらず自分の車だけ。今日は誰も北屏風に登って来ないようだ。今日はピストンに7時間近くかかったが、山頂にこだわらず効率的なルートを選べば、今回の雪質なら5時間半程度で十分ピストン可能かと思う。北屏風の滑降という点ではベストコンディションでなく、ちょっと不完全燃焼だったが、それは来シーズンもっと早い時期にトライしてみることとしよう。
※3/17Tobyさんの記録とsharizakaさんの記録(やはり青空がいい)


                         今回の滑降ライン(視点は後烏帽子岳の山頂から)※グーグルアースで作成:クリックで拡大
f0170180_0371726.jpg


                         GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_2233751.jpg


                         次回試したいルート
f0170180_937397.jpg


by torasan-819 | 2013-03-21 06:21 | 山スキー | Comments(12)
Commented by utinopetika2 at 2013-03-23 00:02
驚愕!マジっすかぁ〜。
雪解けがすすみ、時間がないのはわかりますが、今一つの天気でソロ。
ストイックですねぇ〜。
進化し続けるトラさん、凄すぎです。
今回も正座して拝読していました。
因みに、歩いて下るのは危険なのでしょうか?
Commented by torasan-819 at 2013-03-23 00:43
utinopetika2さん
大丈夫ですよ。
石転び沢を考えればこちらの方が下りやすいと思います。
距離も無いですし。
滑降ライン画像追加しましたが、今回のラインは比較的易しいラインです。
Commented by ranger3yuji at 2013-03-23 09:21
屏風の壁を滑降することはあまり無かったのですが、滑降の記事が多くなってきましたね。
torasanに刺激を受けて、今朝、不忘山から南屏風と屏風を踏んで水引入道に降下、ブナ林をくぐって、神嶺林道に下山しようという計画で、村田ICから平沢に入ったところ、見えるはずの山が見えず、ガスって強風であることがわかって早々に撤退しました。
好天にめぐまれません。
Commented by Toby at 2013-03-23 16:42 x
ワハハ'`,、('∀`) '`,、
もう行ったんだ。さすがぁ!
しかもソロでピストンとはおそれいりました<(_ _)>
石転びよりは手軽に満足感大というのが堪りません。来シーズンはもうちょい早めの時期にご一緒しましょう!

それにしてもジャケット見つかってほんとによかったですね。車の鍵も財布も入ってるのに、そのままにして登っちゃうなんて…
Commented by 加ト幹事長 at 2013-03-23 17:21 x
恐ろしいことを・・もうご一緒できません!
その頃ちょうど私はお寺で念仏を唱えておりました(爆)
Commented by torasan-819 at 2013-03-23 19:07
ranger3yujiさん
蔵王は昼近くになってガスが切れて風も弱くなったようです。
なかなかこちらの都合には合わせてはくれません。
なのでワタクシも今回のような、ある程度強行せざるを得ません。
そのへんの見極めがまた面白いのですけどね。
Commented by torasan-819 at 2013-03-23 19:09
Tobyさん
そうなんです待ってられません(笑)
しかもソロとなればピストンでしょ(爆)
ところでそろそろ石転びも恋しくなってきませんか?
ジャケット落としたのに気付いたのはだいぶ上の方だったので、そのまま登っちゃえでした。
自分以外に下から登ってくる人間なんているはずないと思いましたので(^^ゞ
Commented by torasan-819 at 2013-03-23 19:11
加ト幹事長さん
そんなこといいながらいつも付き合ってくれる加ト幹事長さん好きですよ(^з^)-☆Chu!!
お寺で成仏を祈るのはまだ早いですよ(笑)
Commented by 煙突おじさん at 2013-03-26 18:54 x
今年も昨年同様東吾妻蒲谷地山スキーを計画しました。
参考に見てください
Commented by yossy1904 at 2013-03-26 19:31
グーグルアースの画像、迫力ありますね。
スキーの技術と度胸があれば楽しそうなコースですが、私には無理ですね~。
Commented by torasan-819 at 2013-03-26 20:46
煙突おじさん
存じておりましたよ。
新年度のスケジュールもそろそろ固まるので検討させていただきます。
今年も大勢参加されるのでしょうか。
楽しい山スキーになりますね。
Commented by torasan-819 at 2013-03-26 20:48
yossy1904さん
グーグルアースはいろいろな使い方ができて気に入ってます。
yossy1904さんならば問題無くサクッと滑ってしまいそうですが?


<< 蔵王の北屏風へ山頂直下の壁を滑...      快晴の蔵王での南屏風滑降 ~ ... >>