2013年 03月 25日
蔵王の北屏風へ山頂直下の壁を滑る ~ 2013年3月24日
f0170180_7373718.jpg

屏風岳をピークとする北屏風は、蔵王連峰の中でもその名のごとくそびえる巨大な壁のようで、見るものに圧倒的な存在感で迫ってくる。その北屏風を、20日に初めて滑った。いや滑ったとはおこがましい。とりあえず何とか無事に降りたという程度だ。滑降に限ってみれば、本来の北屏風はこんなものじゃないという思いもあり、自分としては今ひとつ不完全燃焼だった。やはり、Yosikiさんの記録にもあるように、屏風岳山頂の真東が北屏風の醍醐味なのだろうと思う。しかし、斜度は45度を超え、雪庇や雪質などの条件が整わないと滑降は困難であろう。まして自分には、歯が立たないように感じていた。ところが、Yosikiさん達白峰会のパーティーが24日に北屏風に行くという。用事がないわけではなかったが、強引に調整してこじ開け、パーティーに加えてもらうことにした。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m) 南屏風岳(1,810m) 屏風岳(1,817.1m)
 山行期間   2013年3月24日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    4名(L:Yoshikiさん・田○さん・高○さん・トラ山)
 行程      白石スキー場6:52~ゲレンデトップ7:22~不忘山9:10~アイハギの峰1700m地点9:23-9:45~
          南屏風岳10:12-10:26~屏風岳10:55-11:37~1510m地点11:55-12:02~水引平12:36~
          コガ沢出合12:58~権現沢出合13:03~白石スキー場13:45
 行動時間   6時間53分
 移動距離   13.5km (計測:GPS10m毎)
 累積標高差 ±1,333m (計測:GPS10m毎)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================



                         すっかり雪の消えたゲレンデ
f0170180_654447.jpg


                         雪を拾って登る
f0170180_655795.jpg


                         ガスが薄くなり見えた不忘山
f0170180_6552633.jpg


                         水引入道と馬ノ神岳
f0170180_6554396.jpg


5:45に集合場所へ行くと、既にYosikiさんは来ていた。こちらの車に同乗してもらい、白石スキー場へと向かう。スキー場で今日の他のメンバー、田○さんと高○さんと合流する。同じ頃2台の車がやってきたが、仙台YMCA山岳会の3人パーティーで南屏風を滑るという。たまたまだが、Yosikiさんとは旧知の間柄のようだ。スタートしてゲレンデを登るが、20日まで営業していたとはいえ雪が無いので、雪を拾い繋ぎながら登っていく。仙台YMCA山岳会もほぼ一緒だ。最初は見えていた青空も、雲が多くなり山頂はガスで見え隠れするようになった。ゲレンデより上は不忘名物ともいえるヤブに進路を邪魔され、回り込んでいるうちに予定より右へ寄ってしまったようだ。そのまま早めに右手に見える東尾根に登ることにする。

                         ガスが濃くなる
f0170180_656192.jpg


                         3人はここから北斜面をトラバース
f0170180_6562261.jpg


                         自分は不忘山頂を越えていく
f0170180_21272268.jpg


                         スキーを担いで歩く
f0170180_6574685.jpg


                         再びスキーで
f0170180_711112.jpg


                         南屏風岳に到着
f0170180_6594222.jpg


                         シールのダンゴ
f0170180_721720.jpg


まだ朝だが雪面はガリガリというほどではなく、シールを効かせて快調に登高を続ける。ガスは濃くなったり薄れたりで、期待していた快晴という具合にはならない。やがて不忘山頂のトラバース地点まで来た。16日はトラバースしたが、今日は自分だけ不忘山頂を経由して尾根を歩くことにする。他の3人がトラバースしていくのを見送りながら、スキーをザックに取り付ける。山頂までの夏道は少し雪が残っている程度で、ツボ足でもサクサク登れる。山頂からの下りは凍っているので慎重に下るが、勾配が緩めば雪の上を早足で歩ける。20分ほどでアイハギの峰の下に到着したが、トラバース組の到着はさらに7~8分後だった。雪が少なくなれば夏道を来た方が早くて安全なようだ。他の3人もスキーを担ぎ、アイハギの峰を登る。16日と比較してもずいぶん雪が少なくなっていて、かなり地面が露出している。時折青空が見えるが、すぐガスが流れてきて白く塗りつぶされてしまう。途中で再びスキーに切り替えて、さらにひと登りすれば南屏風岳だ。ガスはあるがほぼ無風状態で、気持ちが悪いほど穏やかだ。休憩していると仙台YMCA山岳会が追いついてきた。彼らはここから滑るのだろう。

                         屏風岳へ向かう
f0170180_731932.jpg


                         斜面を覗きこんでもガスで見えない
f0170180_7458100.jpg


                         屏風岳山頂
f0170180_784276.jpg


                         ガスはなかなか薄くなってくれない
f0170180_712173.jpg


稜線をほぼ夏道沿いに北へと歩く。屏風岳に着く頃には少し風が出てきたが、蔵王の稜線としてはまだそよ風の部類だ。相変わらずのガスで斜面の状態はよく見えないが、Yosikiさんによると今年は雪庇の張り出しも少なく、いつもはある段差が無いうえに、雪もザラメなので条件はすこぶる良いという。惜しむらくはガスで視界が無いことだけなので、休憩しながらガスが切れるのを待つ。しかし、待っても切れそうもないので、滑り降りることにする。いよいよ屏風岳山頂からの滑降だが、ガスで斜面の状況が今ひとつ掴めないので少々不安ではある。滑るのは斜面の尾根状の部分で、そこから外れると崖の上に出て進退窮まることもあり注意が必要だという。もちろん転倒は即滑落になるので、絶対に避けなければならない。

                         Yosikiさんがトップで斜面に
f0170180_7302747.jpg


                         続いて高○さん
f0170180_731585.jpg


                         たちまち姿が見えなくなっていく
f0170180_7322116.jpg


                         田○さんが50度近くありそうな斜面を降りてくる
f0170180_734812.jpg


                         尾根状を外さないように滑り降りる
f0170180_735389.jpg


                         高○さんも臆することなく滑ってくる
f0170180_736221.jpg


                         自分も斜面に挑む
f0170180_20113195.jpg


                         斜度が落ち着くと快適な滑降
f0170180_7385485.jpg


                         シュプールを見上げるも稜線が見えないのが残念
f0170180_7424283.jpg


Yosikiさんがスルスルと斜めに斜面に滑り込んだかと思うと、見事なジャンプターンを繰り返したちまち高度を下げていく。高○さんも続いていく。次は自分だが、正直ジャンプターンなんてほとんどやったことが無い。しかし、今この状況ではそれしかないので、意を決してジャンプターンを試みると不格好ながら何とかできた。横滑りも使いながら中腹で待つ2人に合流。続いて田○さんも降りてきた。さらに滑り降りていくと斜度が徐々に緩くなり、快適な滑降が楽しめるようになる。右の沢状地形に滑り込み、1500m近くまで標高を下げた。振り返れば近くの斜面は見えても、稜線までの大斜面は見えない。今日見ることができなかった景観を見るためにも、また滑りに来るとしよう。

                         水引平へのトラバース
f0170180_7445957.jpg


                         水引平に到着の3人
f0170180_746118.jpg


                         水引入道もガスの中
f0170180_746578.jpg


                         仙台YMCA山岳会と再び合流
f0170180_748362.jpg


                         コガ沢本流へ合わせる
f0170180_7543995.jpg


                         南屏風の斜面も見えない
f0170180_7562387.jpg


                         コガ沢を滑る
f0170180_7571952.jpg


                         沢穴も大きくなっていた
f0170180_7581284.jpg


                         ゲレンデを滑って終了
f0170180_7591716.jpg


再びシールを貼って1580mまで登り返し、水平トラバースして水引平のコルに到着。少し西へ登り返して南屏風側へ乗っ越すと黒滝沢源頭となる。そこに人影があり、近づくと仙台YMCA山岳会だった。南屏風を滑ると言っていたが、随分と水引入道の方へ寄ったものだ。仙台YMCA山岳会はYosikiさんと旧知の間柄でもあり、そこからは7人パーティーになって滑る。黒滝沢を下るとコガ沢に合わせる。1週間前からどの程度雪が融けたのか心配だったが、さほど変わらない印象で問題無く滑ることができる。沢に開いた穴は大きくはなっていたが、それも想定内で右岸をトラバースする。いつものように960m辺りで右岸を30mほどトラバースして登り返し、うるさいヤブを抜けるとゲレンデに出た。

今日は20日の心残りを解消するかのような山スキーとなった。雪庇の張り出しが大きいときはスノーバーで支点を取って下降などと、恐ろしいことをYosikiさんから聞かされていただけに、稜線からそのまま滑り込める今日の状況は幸運だったといえるのだろう。また、斜面がアイスバーンであれば、とても自分には滑り降りることはできなかっただろう。無理をすれば滑落するのは目に見えている。今日は良い感じのザラメ雪になっていたので、ジャンプターンしても斜面に止まることができる感触があり思い切れたのだ。それにしても、山頂直下50度ほどの斜度でのターンには痺れた。惜しむらくはガスで視界がなかったことだが、ずっと下まで続く斜面が見えなくてかえって良かったのかもしれない。すべてに良い条件を求めるのは贅沢というものだろう。Yosikiさんはじめメンバーに恵まれ、自分にとって実力以上の山スキーを堪能させてもらったといえるだろう。感謝である。北屏風に挑もうとする方は、なるべく条件の良い時を選んでトライしていただきたい。

                 今回の滑降ライン(視点は後烏帽子岳山頂方向)※グーグルアースで作成:クリックで拡大
f0170180_19594342.jpg


                 GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_19254250.jpg


by torasan-819 | 2013-03-25 07:44 | 山スキー | Comments(8)
Commented by ranger3yuji at 2013-03-26 21:24
やはりtorasanでしたか。スキーの跡、ブーツの跡、不忘山を越えて行った様子でもしやと思っていました。屏風からの最初の一歩は緊張だったでしょうね。
自分、水引にはアイゼンで下りる予定でした。スキー滑降は来シーズンに持ち越しです。
Commented by torasan-819 at 2013-03-27 06:07
ranger3yujiさん
いや~ニアミスでしたね。
そちらが不忘山頂の時にこちらはアイハギの峰下で休憩中ですから。
屏風の滑降は痺れました。
来シーズンは是非山スキーでお会いしたいものです。
Commented by utinopetika2 at 2013-03-27 21:53
でぇぇ〜また行ってる!
今回も強者ぞろいの滑降なんですね。
上から覗き込むだけでドキドキするのでしょう。
北屏風も南屏風も同じような斜度に見えますが、難易度は違うのでしょうか?
天気のすこぶる良い日に、水引入道付近から両方の屏風を眺め、壁を歩いてみたいものです
Commented by tom at 2013-03-27 22:56 x
屏風から水引ですか、うーんやってみたいようなしたくないような。視界良好だと50度の壁は足がすくみそうですね。
Commented by torasan-819 at 2013-03-28 05:52
utinopetika2さん
ナマステさんも言ってるように滑降ラインにもよります。
でも開拓者のYoshikiさんによると、北屏風の方が難易度が高いとのことです。
ただし雪質でかなり印象が左右されるでしょうね。
今回のような状態の良いザラメ雪は技術不足をある程度カバーしてくれます。
Commented by torasan-819 at 2013-03-28 05:54
tomさん
50度あるのは稜線直下から少しの間で、その後は斜度が緩みます。
でも吸い込まれそうな感覚になりますよきっと。
滑らなくとも是非覗きこんでみてください(笑)
Commented by ナマステ at 2013-03-29 09:51 x
タネ馬軍団、なにやらかすか判りません!!!



Commented by torasan-819 at 2013-03-30 16:23
ナマステさん
本日はお世話様でした。
高○さんは白峰会の新人さんですが、タネ馬軍団の資格十分以上ありますね。


<< 大パーティーでの蔵王丸山沢 ~...      蔵王の北屏風へ単独ピストンの試... >>