2013年 05月 19日
鳥海山 祓川からの北斜面滑降 ~ 2013年5月18日
f0170180_238116.jpg

今年のゴールデンウィークは天気が今ひとつで、鳥海山を滑る機会を逃がしていた。そんなわけで、5月18日が今シーズン初の鳥海山となった。せっかく行くからにはと、以前から気になっていた祓川からの北斜面滑降にトライしてみることにした。このルートは祓川からスタートして北斜面を滑り降り、再び祓川に戻るところがミソなのだが、一部でヤブ漕ぎがある。しかし、4月末くらいまでなら1箇所のヤブ漕ぎですむようだ。この祓川からの北斜面のことを、9日に飯豊でお会いした峡彩山岳会のワタさんに話したところ、早速12日に滑って記録をアップしている。その記録によるとヤブ漕ぎは3回とのこと。さらに雪解けは進んだのだろうが、どのくらいヤブ漕ぎがあるのかは行ってみなければわからない。懸念はあったが、雪が多いという今年の状況に賭けてみることにした。
================================================================================
 山域山名   鳥海山 七高山(2,229.2m) 新山(2,236m)
 山行期間   2013年5月18日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者    3人(L:トラ山・sharizakaさん・KIYOさん)
 行程      祓川第1駐車場7:25~七高山10:03-10:37~新山11:00-11:25~北斜面滑降~北斜面基部11:57~
          ヤブ漕ぎ地点12:23~祓川第1駐車場13:45
 行動時間   6時間20分
 移動距離   10.7km (GPS自動記録)
 累積標高差 ±1,315m (GPS自動記録)
================================================================================



                         快晴の鳥海山 
f0170180_21193795.jpg


                         今日の相方はテレマーカーのsharizakaさんとボーダーのKIYOさん
f0170180_21355711.jpg


前日は猿倉登山口の駐車場でテント泊。満天の星空だった。明けて快晴の18日、6:30過ぎに和○さんと坂○さんが祓川駐車場をスタート。2人は祓川のピストンの予定。自分も今日始めて使うスキー板の足慣らしに、途中まで同行する。まだ朝早いので登っている人はまだ少ない。200m近く標高を上げて2人を見送り、自分は駐車場へと戻る。今朝祓川に向かってきた今日のパーティーメンバー、sharizakaさんとKIYOさんと合流。早速登り始める。

                         鳥海山の裾野を登っていく
f0170180_21482520.jpg


                         風も無く半袖でも暑い
f0170180_23475648.jpg


                         舎利坂を登れば山頂
f0170180_2235251.jpg


                         山頂に到着のsharizakaさん
f0170180_2255039.jpg


                         外輪山の向こう遠くには月山と朝日連峰
f0170180_22143689.jpg


                         七高山から見る新山(右の斜面が北斜面)
f0170180_22265824.jpg


1年ぶりの鳥海山を眺めながら登高を続ける。快晴無風で、たちまち汗が流れる。七ツ釜避難小屋が右上に見えてきたところで一息入れる。見上げる山頂は近いようで遠い。舎利坂を登っている人がアリのように見える。今日はガツガツ登っている人もいないようで、皆さんマイペースで登っている。先行者を抜きながら登っていると携帯に着信。和○さんからで下で休憩しているという。いつの間にか追い越してしまったようだ。急な舎利坂を登り詰めて山頂に到着。下を見下ろすとぞくぞくと登ってくる人達。しばし休憩していると、和○さんも到着。我々は新山へと移動を開始。

                         千蛇谷へと下りる
f0170180_22301420.jpg


                         新山へ登り返す(向こうの岩稜が七高山)
f0170180_22315746.jpg


                         北斜面を見下ろす
f0170180_22364128.jpg


                         左手には稲倉岳
f0170180_22385115.jpg


外輪山からいったん千蛇谷へ下り、再び登り返す。自分はシール登高だが、sharizakaさんはツボ足。ボーダーのKIYOさんもツボ足。ちなみに今日は自分が山スキー、sharizakaさんはテレマーク、KIYOさんはボードと3者3様の混成パーティー。ほどなく山頂に到着し、北斜面の状況を調べる。ザラメ雪で問題は無さそうだが、上からは見えないクラックには注意が必要だろう。既に右から回り込んで北斜面を滑ったらしいトレースが1本あった。昼食を取り、ひと休みするといよいよ滑降だ。

                         ドロップポイントはここにした
f0170180_2240077.jpg


                         自分がトップで飛び込む
f0170180_23521391.jpg


                         KIYOさんがドロップ
f0170180_224452100.jpg


                         続いてsharizakaさん
f0170180_22475135.jpg


山頂直下からのドロップが可能か、岩の間から覗きこむと大丈夫なようだ。両側が岩壁になって、まるでスタート台のようだ。眼下には吸い込まれるような大斜面。飛び立つような気持ちで斜面にドロップ。真っ直ぐ下には岩が露出している斜面があるので、すぐ右へ逃げる。一部分だけガリガリの箇所があったが、上手く切り抜けて後続を待つ。2人も何なく合流し、さらに滑降を続けると細かいクラックの上に、新雪のグサ雪が乗ったような斜面になった。滑りにくいのでさらに右へ逃げると、そこには素晴らしいバーンが待っていた。

                         素晴らしいバーンだ
f0170180_22544414.jpg

f0170180_22554399.jpg


                         フラットな斜面がはるか下まで続く
f0170180_22573064.jpg


                         これでもかというほど続く
f0170180_22595181.jpg


                         歓声を上げながら滑る
f0170180_2323611.jpg


                         ただ滑ることにのみ集中する
f0170180_0143916.jpg


                         横一直線の虹(環水平アーク)が見えた
f0170180_2342592.jpg


                         山頂は遥か上となった
f0170180_2314348.jpg


一直線にクリーンなバーンが、急斜面の基部まで続いている。「なんだこりゃー!」と同行者が叫ぶ。こうなるとあとは斜面に飛び込むだけだ。各々歓喜の雄叫びを上げながら滑降を続ける。惜しむらくは、一気に滑降するだけの脚力が自分にないことだけ。何度か斜面を刻みながら、至福の滑降を続ける。山頂方向を振り返り見ると、なんと虹が架かっている。晴天なのに珍しいし、横一直線の虹は初めて見た(後で環水平アークという珍しい現象と分かった)。北斜面の後半は徐々にグサ雪となり、重い雪で滑りにくくちょっと苦戦。最下部はクラックが多くて滑走幅が狭まり、慎重に確認しながら770mの標高差を滑り終える。振り返り見上げる北斜面に一同大満足。これ以上ないという北斜面の滑降は、今シーズン最高の1本といえる。

                         赤川右岸をトラバース
f0170180_021151.jpg


                         初めのヤブ漕ぎポイントへ
f0170180_0244584.jpg


                         ヤブを抜け草地を歩く
f0170180_0253333.jpg


                         左手に祓川ヒュッテが見えてきた
f0170180_0323957.jpg


                         どこを越えればいいものやら
f0170180_21574825.jpg


                         やっと竜ヶ原湿原の上に出た
f0170180_041459.jpg


                         帰路途中からの鳥海山
f0170180_0455596.jpg


祓川へは赤川をトラバースして越え、緩斜面にスキーを走らせる。右の急斜面の裾をトラバースしていくと、ヤブが見えてきた。ここからが思いのほか苦戦した。この祓川と北斜面基部を繋ぐルートは、5月初旬までの記録しか見たことがなく、それより遅い中旬にトライしたのが先週のワタさん。その記録ではヤブに少々手こずったらしい。さらに6日経過した今日は5月も下旬近い。この時期は雪の薄いところのヤブがどんどん出てくる。初めのヤブ漕ぎから手こずり、他の2名は早々とザックに板を担ぐ。自分はスキーにこだわり、スキーを履いたり持ったりを繰り返す。何とか雪を拾い、繋ごうとしたが無駄であった。何度もヤブに行く手を阻まれ、右往左往する。その迷走ぶりはGPSの記録を見ても分かる。いささか恥ずかしい軌跡となってしまったが、これも自分が未熟だからだ。苦労しながら何とか夏道近くまで復帰。祓川ヒュッテまでひと滑りすると、駐車場はすぐであった。今日の核心は北斜面の滑降ではなく、このヤブ漕ぎであったと悟った次第。

さて今回のルートは、今年は雪が多いといわれる鳥海山に期待してみてのトライ。しかし、やはり甘くはなかった。鳥海山をホームグラウンドとする本荘山の会の記録でも、この時期のものは見当たらないのも肯ける。結論として、このルートはやはり5月GWあたりまでだろう。しかし、この時期の北斜面は捨てがたい。滑ってから北斜面を登り返す手もありそうだが、体力的には結構キツイものとなるだろう。ワタさんも書いていたが、雪を繋いでトラバースしながら1150m程度まで標高を下げ、シールで竜ヶ原湿原に登り返すこともできそうだ。その方がすんなり戻ることができそうでもある。機会を作って再トライし検証してみたい。ともかくも、終始笑顔を絶やさずヤブ漕ぎをこなし、到着して今回のツアーの喜びを分かち合えた、ナイスガイの同行2人には感謝したい。
※sharizakaさんの記録はここ
                         GPSトラック ( 往路:赤 復路:青 ) ※クリック拡大
f0170180_1291534.jpg


by torasan-819 | 2013-05-19 09:42 | 山スキー | Comments(8)
Commented by KIYO at 2013-05-20 22:02 x
トラさん、先日はありがとうございました!
いやぁ、最高、ただただ最高でございました!!
ドロップした瞬間、想い描いていた以上の世界が広がっていて・・・あの北斜面だけでしばらくは良い夢見れそうです(笑)
トラさん、sharizakaさんお二人のおかげで、何から何まで最高の一日となりました!
また色々とヨロシクお願いしまーす(^O^)/
頑張って僕もトラさんのエンジン積めるようにせねば(笑)
Commented by tom at 2013-05-20 22:34 x
あー私は18日の絶好の山日和の中、車で移動中に鳥海山の北斜面が光っているのを見て登るなら「今でしょ」って思ってました。トラさんいっていたのね。羨ましすぎます。
Commented by torasan-819 at 2013-05-21 00:27
KIYOさん
やばかったでしょ~北斜面(^_-)-☆
天気も味方してくれ、3人でいい夢見れましたね。
エンジンといえばKIYOさんのエンジンもなかなかどうしてトルクがあるじゃないですか。
こちらこそ次回もよろしくです。
Commented by torasan-819 at 2013-05-21 00:30
tomさん
そうなんです今でしょ!
山は逃げませんがチャンスは逃げますから。
ヨダレものでしたよ北斜面は。
ところで車で移動中に鳥海山の北斜面を見るということは、仕事でしょうか?
Commented by NON at 2013-05-22 08:29 x
GW予定してたけど、諸事情がって中止お天気悪かったから結果オーライだったけど・・・
晴天の鳥海山で春スキー来年は行きたいです。
しかし、ボード背負って登って滑って、凄い体力ですねw(@。@;)w オウ~
Commented by torasan-819 at 2013-05-22 18:37
NONさん
まだまだ鳥海山は滑ることができますよ(^_-)-☆
6月中旬までは大丈夫で、雪渓狙いなら7月だって滑れます。
でももう岩と沢登りモードに切り替えたんだもんね。
来シーズンは鳥海山で滑って宴会やって滑ってをやりましょう!
ボーダーの彼はバックカントリー始めて間もないのです。
でも我々と行くようになって、ボーダーが普通行かないところにばかり連れて行かれてます(笑)
Commented by sharizaka at 2013-05-22 21:26
ガッツリ北面お疲れ様でした!メチャクチャ良かったです。
毎年の定番になりそうです。

やっと2日間分のブログもアップしました。さあ、また週末に向けて
準備しますかね(笑)。
Commented by torasan-819 at 2013-05-22 22:30
sharizakaさん
斜面と天気とメンバーに恵まれて素晴らしい1日でした。
来シーズンはヤブ漕ぎの少ないルートを見つけたいですね。
さて週末はあの沢でしょうか?


<< レジャー用のカブ?      鳥海山北斜面 >>