2013年 06月 21日
不忘山(トレーニング山行) ~ 2013年6月21日
f0170180_2118415.jpg

今日は久しぶりの山歩き。6月1日以降だから、ほぼ3週間ぶりとなる。先週の搬出訓練は歩いたうちに入らない。このくらい歩いていないと不安になってくる。体力が低下しているのではないかと。これはもう強迫観念に近い。体力低下を避けるため、やりくりして登るし歩く。この感覚は女性にはあまり無いようだ。男性の山行記録は、コースタイムをキッチリ記録してあるものが多いが、女性の記録はコースタイムが無いか、ざっくりとした記録が多いように思える。これはやはり男女の違いというものだろう。そんなわけで、平日にもかかわらずトレーニング山行へと向かうことにした。出勤前の朝駆けである。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m)
 山行期間   2013年6月21日(金)
 山行形態   無雪期一般登山(トレーニング)
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      硯石登山口4:38~山頂6:05-6:12~硯石登山口7:03
 行動時間   2時間25分
 移動距離   約8.1km (図上計測)
 累積標高差 約±980m (図上計測)
===========================================================================
今朝は雨こそ降っていないが、梅雨の曇り空。硯石登山口よりスタート。早朝の山でTシャツ1枚は肌寒いほどだ。しばらくは勾配がそれほどきつくないので、歩きながら体を温める時間だ。やがて登山道は急になってくるが、ペースが上がりすぎないよう気をつけて登っていく。やがて森林限界を過ぎ、ザレ場を歩くようになると雲の上に抜ける。朝日の当たる不忘山の山頂が見えている。下界では分からないが、梅雨でも標高を上げると晴れていることも多い。不忘の碑まで来ればもうひと登り。稜線を歩くようになると、右前には南屏風が見えてくる。山スキーで2ヶ月前に来たときのあの雪壁は、わずかに残る雪渓にそのなごりを残すだけだ。
スタートから87分で山頂。息をさほど荒げないで登ったにしては、まあまあのタイムだ。山頂周辺にはハクサンイチゲの白い花。見頃は過ぎたようで、見るなら今週末までくらいか。下山は怪我しない程度に駆け下る。時間は気になるが、花を撮影したいので度々立ち止まる。走って登山口に到着。これから登るらしい山形ナンバーの一行がいた。自宅に戻ってシャワーと朝食の時間を取っても、仕事には十分間に合うだろう。





ミヤマキンバイ、マイヅルソウも咲いていたが画像失敗。ミネザクラ、ユキワリコザクラ、シラネアオイ、コメバツガザクラは既に終わったようだ。ムラサキヤシオツツジ、シロヤシオツツジも見かけなかった。やはり6月上旬から中旬が花の盛りのようだ。

                         硯石登山口
f0170180_20432495.jpg


                         雲の上に抜ける
f0170180_20441949.jpg


                         朝日の当たる不忘山頂
f0170180_20445341.jpg


                         不忘の碑
f0170180_20452120.jpg


                         南屏風
f0170180_20463116.jpg


                         不忘山頂
f0170180_20465819.jpg


                         ハクサンイチゲ
f0170180_20482296.jpg

f0170180_20483474.jpg


                         コイワカガミ
f0170180_20491265.jpg


                         ハクサンチドリ
f0170180_20493750.jpg


                         ヒロハヘビノボラズ
f0170180_2050568.jpg


                         タカネバラ
f0170180_20503479.jpg


                         マルバシモツケ
f0170180_217556.jpg


                         ナナカマド
f0170180_2054463.jpg


                         ヒナウスユキソウ
f0170180_20551419.jpg


                         カラマツソウ
f0170180_20571967.jpg


                         ニガイチゴ
f0170180_20583414.jpg


                         サラサドウダン
f0170180_2059044.jpg


                         タニウツギ
f0170180_20593138.jpg


                         ヤマツツジ
f0170180_21195449.jpg


by torasan-819 | 2013-06-21 18:47 | | Comments(6)
Commented by ranger3yuji at 2013-06-22 10:04
出勤前トレーニング、すごいです。山歩きから少し離れると不安な気持ちは、マラソンにしても同じ、体力心肺機能の低下が気になりますね。
硯石コースは自分も何度も通うコースです。新人を鍛える場所でもあります。チャレンジ精神、いいっすね。
Commented by NON at 2013-06-22 11:59 x
山のお花畑 天然のお花畑 ハクサンイチゲキレイだわ~
今年まだ見て無い・・・見る機会だあるだろうか!
それにしても出勤前に山歩きって・・・そんなのするのトラさんくらいね
山が近いといいですね
Commented by torasan-819 at 2013-06-22 21:48
ranger3yujiさん
現時点の自分の体力を確認することは重要ですね。
「昔は歩けたのに」などという思い込みはしたくないですし。
ここ数年は体力を維持できているようですが、確かめないと不安になるんですよね(^◇^;)
Commented by torasan-819 at 2013-06-22 21:50
NONさん
たしかに出勤前登山はあまり聞いたことがありません(笑)
都会にあるものは何もないのですが、山だけはありますので(^^ゞ
Commented by sharizaka at 2013-06-23 19:17 x
通常勤務日の朝に不忘山行っちゃうとは、さすがです!
どう逆立ちしても、私には真似できません。
でも、気持ちは解っちゃったりして・・・・・。
Commented by torasan-819 at 2013-06-23 21:05
sharizakaさん
気持ちのわかる方にはできるかと…
時間をこじ開けて山に登ろうとすると、こんな事もやってしまいます。
よゐこは真似しないようにお願いします。
ワンアクシデントで、遅刻か欠勤ですから(笑)


<< 遭難者の捜索で安達太良山の迷沢...      それは登山者自身のうちにある >>