2013年 07月 08日
山登りアーカイブス 2008年5月28日~白石スキー場からの周回ルート
f0170180_253513.jpg

白石スキー場を起点に、水引入道~南屏風岳~不忘山と左回りの周回ルートを初めて歩いた時の日記。
============================================================================
有給取って南蔵王へ。 登山口の白石スキー場までは我が家から20分とかからない。この日はスキー場から「水引入道」へ登り「南屏風」を経て「不忘山」からスキー場へ戻る周回ルート。下界は雲の中なれど標高1000m以上は雲の上だった。この登山でアクシデントが3つあった。
1.登りでバテた
自分でも意外だった。なぜかバテた。ここ半月以上運動してなかったからか?それとも睡眠不足か?
2.ルートを見失った
崖を降りて沢を渡り向かい側の小尾根に取り付くのが正解なのだが、その取り付きを見落として沢を登ってしまった。間違いに気づき戻ってルートに戻った。
3.両足が靴擦れになった
この日履いた登山靴では左のかかとが靴擦れに2度なっていたので、靴ひもの締め方にも注意して履いたのだが、今度は左ばかりか右までも靴擦れになってしまった。おかげで全然ペースがあがらなかった。やはり靴を替えるしかないのか。
いずれも事なきを得たが、安全な登山のためにはそれぞれ対策が必要だ。無い頭を捻って考えよう。ところでこの日は3人の登山者とすれ違ったが、うち1人は環境省の腕章をしていた。パトロールの人らしい。この人、見たところ70歳はゆうに超えているように見える。凄いと思う。自分もこの場所を70歳過ぎても、また歩くことができるだろうか?

by torasan-819 | 2013-07-08 02:06 | 山登りアーカイブス | Comments(2)
Commented by utinopetika2 at 2013-07-09 22:00
バテとは縁が無いように思えたトラさんも、バテた時があったのですね。
以前、白石スキー場から屏風に向かう際、屏風の稜線に出た途端、動けなくなった事があります。
30分ほどで歩けるようになり、不忘山さんからは何事もなかったように下山できました。
それ以来、体調の変化には気を使うようになりましたが、コレが難しいのですね。
Commented by torasan-819 at 2013-07-09 23:45
utinopetika2さん
なにぶんこんな距離を歩いたのは初めての経験で、ペース配分が掴めませんでした。
自分の場合はシャリバテの面もあります。
カロリー補給を上手くやれば、バテないで歩けますね。
utinopetika2さんの場合もシャリバテだったのでは?


<< 山登りアーカイブス 2008年...      23回目の青麻山 ~ 2013... >>