2013年 09月 16日
蔵王のコガ沢で雨の沢登り ~ 2013年9月15日
f0170180_11223598.jpg

9月も中旬となると、今シーズンあと何回沢登りに行けるか気になるようになる。晴天ばかり狙っていたのでは、なかなか思うように行けないので、少々の雨でも行くことにしている。とはいえ沢登りの場合、雨は要注意である。雨で増水すると難度が増し危険でもあるので、時には遡行不能で撤退ということになる。現在地が降っていなくとも、上流で降った雨で突然の増水になることもあるから恐い。先週の小阿寺沢は終日小雨だったが、いつもは涸れ滝が立派な滝となり、ちょっと時間がかかった。この3連休は土曜日が動けないので、日月で泊まりの沢を企画していたが、台風18号の接近で断念。日曜日は午後3時からの降雨予報ということで、近場の沢なら大丈夫だろうとコガ沢を遡行することにした。コガ沢は昨年雨で退却した沢で、今回はリトライという意味もある。
================================================================================
 山域山名   蔵王・白石川児捨川流域垂清川支流 コガ沢
 山行期間   2013年9月15日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      雨のち曇り
 参加者    4名(L:トラ山・和○さん・○井さん・○木さん)
 行程      スキー場7:56~入渓8:36~5mナメ滝9:40~権現沢出合10:27~10mナメ滝+10m滝10:55~8m滝11:37~
          滝沢出合11:52~黒滝沢出合11:54~登山道13:10-13:38~不忘山14:06~スキー場15:50
 行動時間   7時間54分
 移動距離   10.6km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,129m (GPS計測)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================




                         沢コース案内板
f0170180_14513383.jpg


                         入渓地点
f0170180_14521598.jpg


                         しばらくはゴーロ歩きが続く
f0170180_14534215.jpg


                         5mナメ滝
f0170180_1455015.jpg

f0170180_14554870.jpg


白石スキー場の駐車場よりスタート。今日のメンバーは先週と同じ和○さんと○井さんに加え、ゲストの○木さんの4名である。予報より早く雨がポツポツ降ってきたので、最初からカッパ着用である。ゲレンデを登り水引コースの登山口へ。動いたので暑くなり、雨も大したこと無いカッパを脱ぐ。コガ沢左岸の登山道をしばらく歩き、沢コースの案内板から下降して沢に下りる。以前はあったという沢コースも、今は踏み跡も無くなり案内板が残るのみである。入渓したところはナメだが、やがてゴーロとなり続く。昨年は紅葉を楽しめたのだが、もちろん今年はまだである。沢を小一時間歩くと、やっと滝らしい滝が現れる。5mナメ滝は右から容易だが、濡れた岩のスリップに注意したい。

                         4m滝
f0170180_14572993.jpg


                         ○木さんが登る
f0170180_155858.jpg


                         左から権現沢が滝で落ちる
f0170180_1503364.jpg


両岸が狭まりゴルジュ状になると、その向こうに滝が見える。落ち口左岸から枝沢が落ちる4m滝を、左から直登するとすぐ権現沢出合だ。権現沢は5m滝でコガ沢に合わせる。この出合のすぐ上を、水引コースの登山道が横切っている。雨が強くなってきた。再びカッパを着る。増水すれば撤退もありうる。ここでの遡行打ち切りも考えたが、いざとなれば右岸に逃げることにして続行することにした。稜線まではまだ標高で500m以上ある。左足の調子が悪い和○さんは、ここで登山道経由で戻ることとなったのが残念。

                         3m滝
f0170180_1564218.jpg


                         4m滝はショルダーで
f0170180_158449.jpg


                         10mナメ滝+10m滝の全景
f0170180_1594759.jpg


                         10m滝
f0170180_15103953.jpg


                         上部も滑りやすい
f0170180_15113134.jpg


雨足との勝負と気合いを入れて遡行する。すぐの3m滝を登り、つづく釜のへつりでは○井さんがドボン。4m滝は取り付きのスタンスが無く、ショルダーで越えると大きなナメ滝が現れる。高さは10mほどあろうか。その上にもっと斜度のある滝が見える。上の10mは岩が滑りやすく、高さもあるのでロープを出す。自分がトップで登り2人を確保。その上は斜度が寝るのだが、ナメでスリップしやすいので慎重に登る。

                         3m滝その1
f0170180_1513716.jpg


                         3m滝その2
f0170180_15134077.jpg


                         8m滝
f0170180_1514241.jpg


                         うっすらと見えた稜線
f0170180_15153186.jpg


                         右から黒滝沢が落ちる
f0170180_15161633.jpg


3m滝を2つ越えると8m滝が現れ、お助けひもでクリアーする。一時ガスが薄れると、稜線が見えた。雨も弱くなり小雨になったのでひと安心。左から支沢が合わせてきたので、これを滝沢の1本手前の枝沢と判断したが誤りだった。左岸から、黒滝沢と思われる滝が合わせてきたので間違いに気付いた。しかし今日の条件では、戻って滝が多いと思われる滝沢を登るより、このまま本流を登った方が良さそうだと思いなおし続行する。沢は何度か枝分かれするので、水量の多い方を選び登っていく。

                         落石に注意しながらルンゼを登る
f0170180_1522118.jpg


                         急峻だが難しくはない
f0170180_1523882.jpg


                         頼もしい2人
f0170180_15241261.jpg


                         ヤブこぎ
f0170180_1526875.jpg


                         エゾオヤマリンドウ
f0170180_15271051.jpg


                         稜線に到着
f0170180_15311387.jpg


斜度が増してくると、岩と土のミックスのようなルンゼの登攀となる。晴れていればほとんど流れはないのだろうが、今日はしっかりとした水流がある。やがてヤブに突入と思ったが、まだ沢形がありヤブこぎは比較的容易だ。10分ほどでルンゼに出て、最後に低いヤブを5分ほど漕ぐと稜線の登山道に到着。思いのほかヤブも薄く、あまり苦労せずに稜線に登ることが出来た。予定では南屏風岳の南に出るつもりが、逆に北側になってしまったが、まあこんなこともある。遅い昼食を取ると、靴を履き替えて下山。稜線を不忘山へと歩き、白石スキー場へと下った。下る途中で雨もあがり、青空まで見えてきたのには驚いた。何はともあれ、無事下山できたことに感謝である。

今回は台風も接近する中、天候悪化までの間隙を突いての沢登り企画。思ったより雨足が早く続行が危ぶまれたが、天候にも助けられ遡行することができた。和○さん曰く、こんな時に沢に入っているパーティーもほとんどいないだろう。そのとおり。あまり自慢できることではないし、人には絶対勧められない。それにしても、初心者ながら黙々と付いてきてくれた2人には感謝だ。ペース維持のため、時々檄も飛ばしたがご容赦願いたい。なお、GPSトラックで確認したところ、昨年4月18日に南屏風の壁を滑ったラインは、今回登ったラインとほぼ同じだった。山スキーと沢登りで、同じラインをトレースできたことは感慨深い。コガ沢の遡行記録は僅かしかない。地元の岳人がたまに登る程度なのだ。しかし、どんな沢でも、登ればあらたな発見、あらたな楽しみがある。次の機会には、滝沢を登ってみたいものである。

                         GPSトラック (登り:赤 下り:青 ) ※クリック拡大
f0170180_15475091.jpg


                         遡行図
f0170180_22431861.jpg


by torasan-819 | 2013-09-16 08:44 | 沢登り | Comments(12)
Commented by mt.racco at 2013-09-16 16:50 x
イヤァ!
確実に降雨があるという天気でも出撃をされるのですね・・・。やはり、気合いの入り方が違います!
Commented by utinopetika2 at 2013-09-16 23:26
う~む、唸っておりました。
今回も高度感あって、つい正座して拝見してしまいます。
稜線についた安堵感でしょうか、お二人の顔が浮かんできます。
Commented by マロ7 at 2013-09-17 05:42 x
不忘にいたことは何かの情報で知りましたが…。
まさか日曜日に雨の沢登りとは、タマゲタ(^_-)
Commented by torasan-819 at 2013-09-17 07:06
Mt.Raccoさん
雨は昼からという予想で決行したのですが、降るのが早まりました。
前週も雨でしたし、今年は雨の沢登りが多くなってしまいましたね。
Commented by torasan-819 at 2013-09-17 07:10
utinopetika2さん
はい、2人のホッとした画像があります。
稜線に上がるまでは、どうなることやらとドキドキしていたことでしょう。
○井さんは、今度は晴れの日に沢登りしたいと言ってました(笑)
Commented by torasan-819 at 2013-09-17 07:14
マロ7さん
この日しかなかったのですよ(^^ゞ
2週連続の雨の沢登りです。
一部ではトラ山式スパルタトレーニングと言われています(^◇^;)
Commented by Mt.Racco at 2013-09-17 10:27 x
横レスにて失礼します!
>トラ山式スパルタトレーニングと言われています
↑ 名実共に、タイガーマスクばりの『トラの穴』ですね・・・怖い。
Commented by torasan-819 at 2013-09-17 18:42
Mt.Raccoさん
あくまでも一部ですよ。い~ち~ぶ!
本気出したらもっと恐いよ(笑)
Commented by 加ト幹事長 at 2013-09-18 12:09 x
落石注意、ね。
巧みに避けるんだろうけど。。
Commented by torasan-819 at 2013-09-18 12:58
加ト幹事長さん
注意とはいっても、ルンゼ登攀中に落石がきたら避けるのは難しいですね。
後続がいるので、落石を起こさないよう気をつかいました。
Commented by sharizaka at 2013-09-18 19:28 x
あの日曜に沢登りとは恐れ入りました。
トラ山式スパトレの入学試験は難しそうですね。
Commented by torasan-819 at 2013-09-19 00:38
sharizakaさん
晴れを待っていると、沢登りの機会を失ってしまうので、少々の雨ではやることにしてます。
もちろん沢にもよるので、その辺の見極めが難しいのですが。
イメージが先行しているようですが、けっしてスパルタなんてことはありません。
と自分では思っていますがσ(^◇^;)


<< 秋はサンマ      新人トレーニングで蔵王の小阿寺... >>