2013年 11月 08日
晩秋の沢登り 安達太良山杉田川 ~ 2013年11月3日
f0170180_1315448.jpg

東北の沢登りシーズンは、一般的に6月から10月の5ヶ月間ほどだ。自分としては、出来れば年間20本の沢登りをしたいと思っている。しかし、天気や所用で10数本がやっとというところだ。行きたいと思いながら、諸事情により行けなかった沢は多い。その思いは来年に引き継ぐことになるが、50代も半ばになると年齢との競争の感がある。いずれにしても今年も早いもので11月。そろそろ沢納めかと思っていたところ、同じ考えの沢仲間から声がかかった。行き先は杉田川。比較的易しい沢で遡行距離も短いが、滝はそこそこあり楽しめる。標高はそれほど高くないので、紅葉も残っているだろう。
================================================================================
 山域山名   安達太良山・阿武隈川支流杉田川
 山行期間   2013年11月3日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      晴れのち曇りのち晴れ
 参加者    5名(L:Yoshikiさん・高○さん・深○さん・Mさん・トラ山)
 行程      遊歩道駐車場7:42~遊歩道~遠藤ヶ滝8:13-8:22~入渓8:28~二条8m滝10:17~1060m二俣11:04~
          2段8m滝11:18-11:42~1180m遡行終了12:01~作業道跡~仙女平12:25~登山道~950m下降12:54~
          遊歩道駐車場13:34
 行動時間   5時間52分
 移動距離   7.8km (GPS計測)
 累積標高差 約±700m (参考)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================




                         遠藤ヶ滝遊歩道の駐車場から出発
f0170180_1220117.jpg


                         遊歩道は相応寺を抜けて続く
f0170180_12223618.jpg


                         右の岩の下に不動明王が奉られている遠藤ヶ滝
f0170180_122597.jpg


                         入渓してナメを歩く
f0170180_12265947.jpg


                         黄葉の沢を遡る
f0170180_13164619.jpg


県道360号線を安達太良温泉方面へと向かい、安達太良温泉を過ぎると駐車場がある。遠藤ヶ滝遊歩道の駐車場だ。駐車場は広くてトイレもある。準備をすると遊歩道を沢沿いに歩く。不動明王が奉られている相応寺を過ぎ遊歩道を歩いていくと、出発から30分ほどで遠藤ヶ滝。沢納めの儀式?を行い、もう少し遊歩道を登る。遊歩道が杉田川を横断するところから入渓。しばらくナメの杉田川を遡る。勾配は終始穏やかである。明るい黄葉の沢が美しい。落ち葉が沢床に模様を描いている。

                         ナメ滝
f0170180_12295927.jpg


                         流れていく深○さん
f0170180_12325690.jpg


入渓して20分ほどでナメ滝がある。いや、勾配が緩いので滝とは言えない程度だが、40mほどの長さがある。水流の左右を登ることができるが、濡れるのを嫌った深○さんが右岸をトラバースした。滑る岩肌に、あと一歩というところで動けなくなった。結局水流に落ち、ウォータースライダー状態で30m以上流されてしまった。ずぶ濡れとなってしまったが、この時期としては気温が高めなこともあり遡行を続ける。

                         5m滝
f0170180_12335979.jpg


                         7m滝
f0170180_1234491.jpg


                         ロープを出した
f0170180_1236025.jpg


                         次の7m滝の右岸組
f0170180_12373535.jpg


                         左岸組(フリーでは難しい)
f0170180_12381235.jpg


右岸奥にナメ滝が見える支沢を見送り、しばらくすると5m滝に出合う。左壁を登るとハリガネがあるが、無視しで直登。次の7m滝も左壁を登ることができるが、岩がヌメっていることもありYoshikiさんがリードしてロープを張る。フリーで登るかどうかは、ヌメリやパーティーの状況により安全寄りで判断されたい。次の7m滝は左右どちらか迷うところで、自分とYoshikiさんは右岸、他の3人は左岸から登る。しかし、左岸は結構難しく、先行した自分がお助けロープを垂らすことになった。右岸もヌメっている時が多いので要注意。

                         8m滝は左壁上部にハシゴがある
f0170180_12401899.jpg


                         フリーで登る
f0170180_12412847.jpg
                         
                         二条8m滝
f0170180_1243098.jpg


                         水流脇を登る
f0170180_12442020.jpg


                         釜のある小滝が続く
f0170180_12452938.jpg

f0170180_12472161.jpg


                         二俣手前の5m滝
f0170180_12483633.jpg

f0170180_1249255.jpg


すぐの8m滝は、左壁上部に古い鉄ハシゴがある。右岸のスタンスは十分でノーロープで登れるが、上部が立っていて、つい目の前のハシゴに頼りたくなる。自分は無いものとしてフリーで登ったが、頼る場合は全体重を預けない程度にしよう。二条8m滝は水流右から容易。その後は3~5m程度の滝がいくつも続く。難しい滝はないが、釜のある滝が多いのでドボンしないように注意する程度だ。二俣手前の5m滝は、右岸のへつりがちょっと微妙に見えるが意外にスタンスがある。慎重に拾っていけば問題はない。

                         二俣を右俣へ
f0170180_1250884.jpg


                         2段8m滝
f0170180_1251269.jpg

f0170180_12513135.jpg


                         1180m辺りに赤テープがある
f0170180_12521017.jpg


すぐ1060mの二俣になり、ここを右俣へ進みしばらく歩くと2段8m滝が現れる。滝らしい滝はこれで最後となり、滝の手前で昼食休憩とする。陽は当たらないが、気温が高いので寒くなくありがたい。2段8m滝は容易に直登できるので、好きなように登ろう。徐々に細くなる沢をしばらく歩くと、1180m辺りで左岸の木に赤テープを見つけた。作業道が沢を横断しているポイントだ。作業道とは言っても、廃道となり久しいのでかなりヤブ化している。

                         廃道をたどる
f0170180_12553135.jpg


                         仙女平に出る
f0170180_12563097.jpg


                         支沢を下降する
f0170180_12575110.jpg


                         駐車場のすぐ先に出た
f0170180_12594658.jpg


始めは道形をたどり登るが、平坦になると夏は草や笹が生い茂り分かりにくくなる。そんなところには赤テープがあるが、今は11月なのでかなり見通しが効き楽にたどれる。30分とかからず仙女平で登山道に出る。登山道を下り、950m辺りで登山道を逸れて右の斜面に入る。杉田川の枝沢を下ると、遊歩道駐車場のすぐ上に出た。

杉田川は難しい滝もなく初級の沢とされているが、ヌメって滑りやすい岩も多い。記録によっては、良い部分だけを書いているものも散見されるが、簡単な沢と安易にとらえず、それなりに注意して遡行したい。ロープはパーティーに30mが1本あればいいだろう。いずれにしても、穏やかで暖かい日に沢登りができたのは良かった。今月もう1回沢登りとも思うが、どうやら今回が沢納めになるだろう。

                         GPSトラック (往路:赤 復路:青 ) ※クリック拡大
f0170180_13114843.jpg


by torasan-819 | 2013-11-08 13:20 | 沢登り | Comments(9)
Commented by utinopetika2 at 2013-11-08 21:54
沢納めに参加したかったなぁ~。
生憎この日は仕事でして、PCに向かいながら、あれこれ想像しておりました。
前々日お世話になったFさん気力体力凄いですね。
怪我もないようで、何よりです。
Commented at 2013-11-08 21:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by torasan-819 at 2013-11-08 22:29
utinopetika2さん
深○さんはずぶ濡れをものともせずに、その後も歩き続けました。
筋金入りの山女です。
ここのナメ滝ウォータースライダーは、夏に滑ると最高だと思います。
やってみませんか(笑)
Commented by NON at 2013-11-09 16:21 x
11月に沢納めですか 流石皆様強者揃い 私などちょっと寒くなると沢もういいかなって思っちゃう><
深○さん 根性ありますね、寒くなかったのかしら
↑ナメ滝ウォータースライダー企画参加希望ですよろしく^^ 
Commented by torasan-819 at 2013-11-09 22:30
NONさん
この時期の沢にはこの時期ならではの魅力があるので、ついつい登ってしまいます(^^ゞ
この杉田川は、沢シーズン始めのトレーニングにも良い沢です。
来年6月、お待ちしています。
Commented by maro4070 at 2013-11-10 21:02
沢納め、メールを見たら真っ最中の時間でしたなぁ~。(^o^)ザンネン
杉田川で来年6月にドボンしますネ。
Commented by torasan-819 at 2013-11-11 07:10
maro4070さん
そうですね、来年是非ドボン&ウォータースライダーやりましょう!
沢初めに手頃な沢なので6月でしょうか。
Commented by teku at 2013-11-12 19:39 x
先日はお世話様でした。この時期の沢はヌメリがすごそうですね。
話に出たディアミールのTLT情報ですが1月に日本でも販売されます。
メール不明でこちらへ書込みました。すみません。
Commented by torasan-819 at 2013-11-12 21:32
tekuさん
情報ありがとうございます。
やはりディアミールでもテックバインディングを発売するんですね。
ん~すんごく欲しいですが、たぶん買えません(^◇^;)


<< 会越国境山群 御前ヶ遊窟でスラ...      ニホンはここ! >>