2013年 12月 24日
ホワイトアウトの湯殿山 ~ 2013年12月23日
f0170180_2331277.jpg

この3連休最終日は湯殿山へと向かった。途中でカメラを忘れたことに気付きがっかりする(今回の画像はすべて和○さん撮影)。奥羽山脈を日本海側へ抜けると、いつものことながら太平洋側とは段違いな積雪量に驚く。志津温泉には8時過ぎに到着。除雪終了点手前の駐車スペースにはすでに6~7台駐車してあり、皆さん登る準備をしている。車を止めると隣に見覚えのあるお方。飯豊朝日連峰の麓からのgamouさんだった。今日は湯殿山に登ろうと思っているという。後から到着したAさん他1名とそうそうたるメンバーで即席パーティーを組むと、湯殿山へと登っていった。そうこうしているうちにも続々と車が上がってくる。少し遅れた和○さんが車を止めると、ほぼ満車となった。
================================================================================
 山域山名   月山 湯殿山(1,500m)
 山行期間   2013年12月23日(月)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    7人(L:和○さん・佐○さん・河○さん・○井さん・深○さん・川○さん・トラ山)
 行程      志津温泉9:04~ネイチャーセンター9:32~石跳川渡渉10:25~森林限界11:32~湯殿山12:20~
          石跳川渡渉14:10~ネイチャーセンター14:30~志津温泉14:51
 行動時間   5時間47分
 移動距離   10.1km (GPS計測)
 累積標高差 ±990m (GPS計測)
================================================================================




                         志津温泉をスタート
f0170180_2230448.jpg


                         雪に埋もれたネイチャーセンター
f0170180_2233050.jpg


                         石跳川沿いに歩く
f0170180_22372027.jpg


                         右岸斜面を登る
f0170180_22392456.jpg


支度をして午前9時過ぎにスタート。今日は2つの山岳会混成の7名パーティー。○井さんは山スキーが今日で2回目となる。しっかりトレースが出来ているので、有り難くお借りする。しばし歩くとネイチャーセンターが見えた。すっぽり雪に埋もれている。この時期にこれほどの積雪量はさすが月山である。雪にストックを突き刺すと、あっさり1mも入ってしまう。今日はトレースを外さずに登った方がよさそうだ。石跳川左岸を小1時間も登ると、トレースは左に曲がり雪に埋もれた沢を渡る。右岸の急斜面に取り付くとジグを切って登る。尾根に上がったところで休憩とした。急斜面を登って○井さんもホッとした表情。彼女はまだ山スキー3回目だが、着実に進歩している。

                         樹林帯を登る
f0170180_22583862.jpg


                         この後に河○さんが離脱
f0170180_2333431.jpg


                         森林限界を抜ける
f0170180_22421363.jpg


ブナの樹林帯を登っていく。風もなく穏やかな好条件なので、できればピークを踏みたい。7人もいるのにいつまでもトレースを借りるのではと、左にそれてトレースのない斜面に踏み出す。尾根は風で叩かれ雪が締まっているようだ。そのため15センチほどのラッセルなので、それほどきつくはない。しばらくトップでラッセルしていると、後続が離れてしまった。セカンドの河○さんが体調不良のようだ。結局、ブナのツリーホールでツェルトを被って待ってもらうことにする。標高1250mほどで森林限界となる。樹林帯を抜けるとオープンバーンのはずだが、今日はガスでよく見えない。まだある程度視界が効くので、しばらく登り偽ピークの上までくると、ガスの中からスキーでひとり滑り降りてきた(坂野氏か?)。ここから上はほとんどホワイトアウトのようだ。我々の後からも数名登ってきていたが、皆偽ピークで滑り降りるようだ。

                         上下左右白一色
f0170180_2244473.jpg


                         ホワイトアウトの湯殿山山頂
f0170180_22454693.jpg


リーダーよりストップがかからない。そのまま白一色のガスの中へ登っていく。目をこらすと時折おぼろげに斜面が見えることもあるが、ほとんど手探り足探りで登っていくしかない。斜面の具合と、時々確認するGPSで山頂を目指していく。直登が無理なところは左右にジグを切らなければならないが、斜面の見えない状況で左右に大きく動くことは緊張の連続だ。斜面が平坦となり、GPSで山頂に到達したことを確認する。あたりはすべて真っ白で、我々だけが色のある存在だ。この時期の湯殿山としては穏やかな方とはいえ、風もあり寒気も厳しいので早々に下山する。

                         離れるとすぐ見えなくなる
f0170180_22491537.jpg


                         深○さん
f0170180_22494535.jpg


                         ○井さん
f0170180_22542224.jpg


                         往路を戻る
f0170180_225556100.jpg


シールを付けたまま自分がトップで下り始めたが、なんと方向を誤り登り返すという失態。あらためて下り始めるが、しばらくは階段登高ならぬ階段下降で高度を下げる。かろうじて視界が効くようになったのでシールを外して滑り始めるが、ガス酔いのようになり転倒者が続出。ようやくニセピークの上まで降りてひと息つくことができた。そこから樹林帯までは、うっぷんを晴らすかのように気持ちよく滑降する。雪質が良くてスキーが走り思わず声が出る。樹林帯に入り、待っていた河○さんと無事合流。往路をたどると車へと戻った。既に下山した人が多いようで、駐車スペースの車はだいぶ少なくなっていた。
湯殿山は晴れていても、風に阻まれピークを踏めないこともある。今日はホワイトアウトではあったが、なにより風が穏やかで雪も良い条件だったので山頂まで登ることができた。滑ることを楽しむのなら山頂を踏む必然性はない。しかし、パーティーのメンバーはこの時期に山頂を踏めたことに満足そうであった。

                         GPSトラック (登り:赤 下り:青 )
f0170180_23125094.jpg


by torasan-819 | 2013-12-24 19:33 | 山スキー | Comments(10)
Commented by windy-excursion at 2013-12-25 18:39
お疲れさんです

とらさん♪スゴイですね。
年間通して、毎週、野外活動していますなァ。

何か、勝手に、何か思うところがあったのかな・・・と深読みしつつ、読んでいますよ。

年に1回くらいはオートバイにも乗りませんか?(≧O≦;
Commented by torasan-819 at 2013-12-25 19:21
windy-excursionさん
思うところがあったからですよ。
怠惰な生活で体が変調を来していたので、運動で改善の必要性が生じたのです。
性格的なものもあって山にどんどん突っ込んでしまい、今やこんな具合です(笑)
オートバイ?…あ~懐かしいですね(爆)
乗ってみたいとはたまに思いますが、視力ガタ落ちの現在はリスクが高すぎるかもしれません。
気が向いたら後に乗っけてもらうかも(^^ゞ
Commented by NON at 2013-12-26 13:23 x
お~皆様お元気そうで!
いいな いいな 山スキー でもホワイトアウトはちょっと怖い
一月に行きたいな東北、皆さんと滑りたいですヘタッピですが!
Commented by torasan-819 at 2013-12-26 18:47
NONさん
板もブーツも新しくして、滑る気満々ですねNONさん。
1月の東北の山は、天候が安定しないので結構厳しいですよ。
タイミングが合えばいいのですが…それでも登りたい滑りたいというのならお供しますよ(^_-)-☆
Commented by tobusan at 2013-12-26 21:59 x
torasan今晩は
単独のボーダーから山頂に6人登っていたと聞いていましたが、
torasanのグループだったのですね。
小生は森林限界からさっさと滑って戻りました。
ラッセルもせずに美味しいところだけ先に頂いてしまいました。
登りやすい的確なトレース有り難うございました。
前日は月山スキー場方面に行ったのですが、雪が深く全く滑りになりませんでした。
その分、楽しさが倍増した湯殿でした。
パウダーは麻薬のようですね(^_^)


Commented by torasan-819 at 2013-12-27 02:28
tobusanさん
お久しぶりです。我々の後の方にいたのですか?
湯殿山はいい感じでしたね、思ったほど雪が深くなくて。
当日あの界隈に入った方々は何本か登り返して楽しんでいたようですが、あえてピークを踏んだのは我々だけかもしれません。
それにしてもパウダーの浮游感を味わうと中毒になりますね。
私も余裕があればファット板が欲しいのですが。
Commented by lc4adv at 2013-12-27 12:38
ガスってて残念でしたね。
天気図と睨めっこしてますが、今年も山形の山沿いはなかなか晴れません。
正月を過ぎれば石跳川の下の方も渡れそうですね。
Commented by torasan-819 at 2013-12-27 20:16
lc4advさん
週末山行だけではなかなか晴れに恵まれませんね。
山に入れば様々な状況に遭遇するので、ホワイトアウトでの行動も訓練と思っていますが。
石跳川はあとひと降りふた降りで埋まるでしょう。
Commented by utinopetika2 at 2013-12-30 20:38
お正月は山でしょうか。
来年もストイックな山行記録を楽しみにしております。
良いお年を・・・。
Commented by torasan-819 at 2013-12-30 23:10
utinopetika2さん
この年末に3日間も遊んでしまいましたので、正月は大人しくしてようかと思ってます。
息子をスキーに連れて行かねばなりませんし。
今年もあっという間の1年でしたね。
utinopetika2さんも良いお年を(^o^)/


<< 鹿角ホルモン「幸楽」      白石スキー場オープン >>