2014年 01月 04日
初登りはガスの不忘山へ ~ 2014年1月4日
f0170180_20182674.jpg

3日は息子と1日白石スキー場で滑っていた。風もほとんど無く穏やかに晴れた日で、スキー練習には最高の条件だったが、山に登るのも最高の条件だったということだ。今日登れれば最高だったなあなどと、息子には悪いが山のことばかり気になる父親なのだ。そんなわけで居ても立ってもいられず、今年の初登りがまだということもあり不忘山に登ることにした。しかし、4日は午後から用事があるので、早朝スタートで登ることにした。
================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
 山行期間   2014年1月4日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      白石スキー場5:31~ゲレンデトップ6:12~不忘山8:16~白石スキー場9:08
 行動時間   3時間37分
 移動距離   8.5km (GPS計測)
 累積標高差 ±911m (GPS計測)
================================================================================




                         レストハウスでは今日の作業開始
f0170180_11221945.jpg


                         ヤブも埋まりつつある
f0170180_11232250.jpg


午前5時過ぎ、白石スキー場のレストハウスは既に煌々と明かりが点いている。ゲレンデではコース整備の機械が唸りを上げて動き回っている。ヘッデンを点けて5:31駐車場をスタートし、Aコースを登っていく。昨日の疲れがあるのか調子が今ひとつだが、いつものほぼ同じ40分でゲレンデトップへ。枝を手で押し分けてゲレンデ外へと踏み込む。昨シーズンは雪が少なく、1月に3度目のトライでやっと山頂に立つことができた。今シーズンは12月にまとまった積雪があったので、その点は大丈夫ではないかと思っていた。今日実際に歩いてみると、不忘のヤブは健在ではあるが良い感じに埋まっている。もう山スキーには十分な積雪量に達したようだ。雪も底ができていて、スキーは10センチほど沈むだけなので歩きやすい。

                         東尾根を登る
f0170180_1124617.jpg


                         スキーをデポ
f0170180_11242968.jpg


                         山頂に到着
f0170180_1125247.jpg


今日は今ひとつ調子が上がらないので、ゆっくりとマイペースで登ることにした。年末年始の不摂生で、80キロオーバーとなった体重も影響しているようだ。明日も山行があるので、体力を残しておきたい気持ちもある。東尾根に乗ると、風でしっかり締まった雪は舗装道路のようで、すこぶる歩きやすい。昨日のものであろうスノーシューのトレースが、かすかに残っている。ガスで数十メートルしか見えないが、風が弱いので助かる。一歩一歩確かめるように登っていくと、やがて尾根は細くなり山頂が近づいたことがわかる。いつもの場所にスキーをデポしてツボ足で山頂を踏むと、すぐ取って返しスキーのシールを剥がす。ガス酔いするほどではないが、視界が悪く思い切って斜面に飛び込めないので慎重に下る。今日の雪は軽く滑りやすい雪質で、視界があれば滑降を楽しめたであろうと思うとちょっと残念である。いや、また来る口実ができたと思えばよいのかもしれない。概ね自分のトレースを辿り、ゲレンデトップに出るとスキーを飛ばす。山頂から約50分で駐車場に戻った。

                         GPSトラック (登り:赤 下り:青 )
f0170180_21432136.jpg


by torasan-819 | 2014-01-04 10:34 | 山スキー | Comments(8)
Commented by NON at 2014-01-04 18:23 x
不忘山まだ藪が出ているんですね
それにしても、午後から用があるからって午前中にサクッと登るちゅのが、いつもながらトラさんの凄いところですね。
去年のラッセル思い出しました。
3月くらいになったら不忘山私でも行けるかな~~
Commented by utinopetika2 at 2014-01-04 19:26
キッチリと頂きを踏んで来るのがトラさんです。
本日は刈田を目指す予定でしたが、気力の問題で早々にUターンしてきました。
本年もよろしくお願いします。
Commented by torasan-819 at 2014-01-04 20:21
NONさん
不忘のヤブが完全に埋まることはありません。
これから新雪がどっさり降らない限り、今ならサクッと登れますよ。
登るのはいつ?今でしょ!(もう古いですかね?)
Commented by torasan-819 at 2014-01-04 20:22
utinopetika2さん
朝起きたときはちょっと寝不足で心が折れそうになりました(笑)
でも一歩外に出れば戦闘モードに切り替わりますね。
今日は刈田岳もガスが濃かったと思いますよ。
Commented by sharizaka at 2014-01-04 20:33 x
さすがtorasanさん!だんだんこっちがビックリしなくなりますよ。

実は北泉ヶ岳に行こうと家を出たんですが、中山あたりで雨が降ってきたので、モチベーションダウン。北環状線を越えずしてUターン。帰宅してしまいました・・・・。この違いはなんでしょうね(笑)
Commented by torasan-819 at 2014-01-04 20:52
sharizakaさん
自宅を出るときちょっとパラパラときてたんですが、標高を上げれば小雪程度だろうと思いました。
スキー場に着くと案の定でしたよ。
ワタクシは山の先輩から「山は行ってみなければわからない」と教えられましたので、なるべく現地に行ってから判断するようにしています。
Commented by superdioaf27 at 2014-01-06 23:20 x
こんばんは、遅れましたが明けましておめでとう御座います。

私も5日の藤十郎の時はヘッデンスタートでしたけど、これってかなりモチベーションが高くないと中々実行出来ないんですよね~(苦笑)。
それに速攻で午前中に戻ってくる辺りは、まるでY先生みたいでカッコイイですよ♪
Commented by torasan-819 at 2014-01-07 20:35
superdioaf27さん
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
そうですね早朝にソロでのヘッデンスタートはほとんど使命感?の世界です(笑)
自分の場合、限られた時間で1本やるためにあれこれ工夫と頑張りが必要ですが、それ自体も楽しんでネタにしてますから(爆)
さて今度はドコに行きましょうかね?


<< 後生掛温泉スキーツアー(その2...      後生掛温泉スキーツアー(その1... >>