2014年 02月 15日
西吾妻山・若女平コース ~ 2014年2月11日
f0170180_13221589.jpg

9日に予定していた若女平コースだが、南岸低気圧による大雪で中止した。天気予報を見ていると11日は回復するようである。このチャンスを逃す手はない。山は逃げないがチャンスは逃げるのである。よし若女平へ行こう。前夜急きょ声をかけたにもかかわらず2人が参加してくれ、3人パーティーで向かうこととなった。予報によるとまずまずの天気のようで、何より風が弱いようなのが嬉しい。この時期は晴れかどうかもあるが、何よりも風の強さが気になるのだ。
================================================================================
 山域山名   吾妻連峰 中大巓(1,963.6m) 西吾妻山(2,035m) 若女平コース
 山行期間   2014年2月11日(火)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    3名(L:トラ山・○井さん・石○さん)
 行程      天元台湯元駅8:55-9:20=リフト終点9:54-10:08~中大巓10:31-10:43~凡天岩11:16~西吾妻山11:36~
          西吾妻小屋11:48-12:18~若女平13:40~細尾根13:57~小坂14:09~西吾妻スカイバレー14:24~
          天元台湯元駅14:35
 行動時間   4時間27分
 移動距離   9.1km (GPS計測)
 累積標高差 +448m -1,358m (GPS計測)
================================================================================




                         天元台湯元駅
f0170180_918840.jpg


                         天元台スキー場しらかばゲレンデ
f0170180_12374813.jpg


天元台高原湯元駅到着が遅れてしまい、予定より1便遅れの9:20発のロープウェイに乗る。登山届は受付に提出。休日はギュウギュウ詰めの印象があるのだが、今日はやけに空いているのは1便遅いせいか。リフトを3本乗り継ぐと、標高は1820mにまで到達する。リフトに乗っている時間が長いので寒くなり、早く歩いて暖まりたい。時折青空も見え風も予報どおり弱い。今日は○井さんのリクエストもあり、中大巓のピークを目指すことにする。いつものトラバースとは違い直登になるのだが、上手い具合に既にトレースが付いていた。ピークまでの標高差は150mほど。ラッセルがないので、ゆっくり登っても30分とかからない。

                         中大巓にて(東大巓から東吾妻山の稜線)
f0170180_12462530.jpg


                         樹氷と西吾妻山
f0170180_1257158.jpg


                         樹氷原を行くボーダー達
f0170180_12591359.jpg


                         凡天岩
f0170180_130258.jpg
                  

                         西吾妻山ピーク付近
f0170180_1331736.jpg

       
                         西吾妻小屋に到着
f0170180_1315071.jpg


なだらかな中大巓のピークに着くとガスがかかっている。眺めはダメかと思っていたら、急にガスが晴れてきた。これには思わずやったーと声が出る。もう撮影大会である。○井さんは3月一杯で福島を去るので、記念撮影だとばかりに撮りまくる。青空と吾妻連峰の稜線、そして樹氷と最高の条件である。ひとしきり撮影大会を楽しんだ。中大巓からは南南西へ向かう。凡天岩の脇を通り西吾妻山へと登る。若女平へは西吾妻山のピークを踏む必要はないのだが、今日はあえてひとつひとつピークを通過するようにしている。行き交う登山者も増えてきた。今日登らなくていつ登るの?と思うくらいの好条件なので、皆さん楽しそうである。今月2日に来たときはあばた顔だった樹氷も、今日は綺麗に化粧直ししている。西吾妻小屋前で昼食休憩とする。ほとんど無風なのでゆったり出来る。やがて西大巓方向からやってきた5人パーティーが賑やかだ。聞き覚えのある山形弁だなと思っていたら西川山岳会の面々だった。柴○さんやGAMOUさんと話しをすると、彼らも若女平だがその前に西大巓を滑ってきたという。なんともパワフルな方々である。

                         夏道の道標
f0170180_1343165.jpg


                         うねりはかなり埋まっていた
f0170180_135337.jpg


                         樹林帯を滑る
f0170180_1362415.jpg


                         ひゃっほーとジャンプの石○さん
f0170180_1373779.jpg


                         古いツアー看板は何十年前のだろう
f0170180_1385162.jpg


                         西川山岳会にラッセル交代
f0170180_1393646.jpg


さて楽しい若女下りを始めよう。下り始めは雪のうねりに手こずることもあるのだが、今日はさほどでもなくスムーズに下り始めることが出来た。雪も軽くてスキーが走る。やがて樹林帯となり斜度が増してくると、楽しいパウダーランだ。先行トレースを追って右の沢に入りそうになったり、今度は左に行きすぎたりとライン取りに失敗した。忠実に尾根の夏道沿いの方が良かったかと思っても後の祭り。まあこれも勉強と割り切る。雪が深いので緩斜面では下りラッセルとなり疲れる。もう少しで若女平というところで、西川山岳会パーティーが追いついてきた。ほとんど平坦な若女平は、彼らにラッセルを譲って楽させてもらった。やがて右から現れた先行トレースに合わせる。おそらく沢に下りたパーティーのものだろう。その後も西川山岳会と前後しながら進む。

                         スリリングな細尾根
f0170180_1311430.jpg


                         小坂の急斜面
f0170180_13132379.jpg


                         藤右ェ門沢を渡る
f0170180_13153624.jpg


                         お疲れさん
f0170180_13175094.jpg


細尾根は昨年雪庇が落ちてヒヤッとした経験があり、慎重に行こうとしていたところ西川山岳会の面々が大胆に滑っていきあっけにとられる。今シーズンから山スキーを始めたばかりの○井さんは、こんな細尾根の経験はないはずなので少々心配したが、何の問題もなく通過してしまい驚く。度胸もあるし山スキー向き(沢登りも)の女史である。小坂の急斜面も難なくこなすと、若女平コースも残りわずかとなる。藤右ェ門沢の橋を渡ると、ほどなく西吾妻スカイバレーの除雪終了点に到着。スキーを担いで駐車場まで歩くとツアーも終了だ。天気にも恵まれ、あらためて若女平コースの良さを感じたツアーだった。帰りはロープウェイ駅の下にある、森林体験交流センター白布森の館(395円)で汗を流して帰ろう。おっとロープウェイ駅に下山報告しなければ。

※天元台のロープウェイと3本のリフトを乗り継ぐと2100円になる。その分運んでもらえるとはいえ、庶民には結構痛い出費である。そこで割引はないのかと思ったが、これがあるのだ。詳しくはこちらをどうぞ。

                         GPSトラック (登り:赤 下り:青 )
f0170180_12202045.jpg


by torasan-819 | 2014-02-15 08:16 | 山スキー | Comments(9)
Commented at 2014-02-15 13:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gamou at 2014-02-15 20:28 x
トラ山さん、こんばんは。先日の若女平ではラッセルをありがとうございました。それにしてもパフパフのパウダーは良かったですね。シーズンに何回か通っていると1回ぐらいは悪雪にがっかりさせられることもあるのですが今シーズンはまだ裏切られておりません。今年の吾妻連峰は大当たりです。ところで天元台の割引の件。これは10年以上も前からあるのですが昨年から内容が変わりかなり値上げがされてがっかりした覚えがあります。とはいえお財布には優しいシステムには違いなくまさに山スキーのためにあるようなものですね。
Commented by torasan-819 at 2014-02-15 23:00
gamouさん
パフパフ良かったですね~期待以上でした。
天元台の割引は以前はもっとお得だったのですか?
でも今のでも十分お得ですから宣伝してみました。
それにしてもgamouさんは今年になってから既に若女平が4回目なんですね。
またどこかの山でお会いすると思いますがよろしくお願いします。
Commented by NON at 2014-02-16 11:10 x
11日こんないい天気だったんですね。
お天気を狙ってサクッと山スキーに行ける皆さんがうらやましいです。
私はその日、山梨の低山で雪山登山してました。近場の低山でたっぷりの雪遊びできるチャンスはそうそうなんです。
でも、やっぱり雪山はスキーが一番楽しいわ^^
Commented by 煙突おじさん at 2014-02-16 22:49 x
11日は最高の天気でしたね。
私は家内と白河のだるま市に行っていました。
コレも浮世の世渡りです,お蔭様で家庭円満です。
Commented by torasan-819 at 2014-02-17 07:11
NONさん
サクッとほどではないのですが、付ければいけちゃいますね。
このコースは雪が良ければ半日でも可能なラクチンコースなんです。
山スキーは自然相手ですからチャンスとタイミングを上手く見つけましょう。

ところで昨日も10時間連続の雪かき作業で体がガタガタです(x_x)
山での長時間行動に慣れてるとはいってもさすがに疲れました。
Commented by torasan-819 at 2014-02-17 07:12
煙突おじさん
奥様のバックアップがないと山で遊べませんからサービスは重要ですね。
ワタクシはあまりしてませんけど(^^ゞ
Commented by madokau at 2014-02-17 07:28 x
マルイです。
滑っているのか落ちているのか、ともかく今回もお二人のおかげで無事生還できました。
ありがとうございました。

山での雪遊びは楽しいですが、予想外の大雪は、東北の町でも大混乱してしまうのですね。
歩くしか移動手段がなく、雪道歩きの経験値も急速アップです。

そして今朝もまた雪・・・出張して戻って来られるのでしょうか・・・
Commented by torasan-819 at 2014-02-17 21:19
madokauさん
いやいや間違いなく滑ってましたよ。
今回の大雪は短時間で一気に積もったので大混乱になったのです。
山形などの日本海側ほど雪慣れしていないということもありますし。
今週末は山に行けそうなので、都合良ければまたお付き合い願います。


<< アサツキ      蔵王・不忘山 ~ 2014年2月9日 >>