2014年 03月 17日
中途退却の蔵王送別山行 ~ 2014年3月16日
f0170180_027654.jpg

春は山笑うと例えられるように、植物が一斉に芽生えなにもかも明るく見える季節であるが、サラリーマンにとっては宿命ともいえる転勤の季節でもある。白峰会のメンバーとは山行をよく一緒にさせてもらっているが、その山仲間のうち2名がこのほど転勤することとなった。加えて我が会の○井さんも1年間の福島派遣を終え、元の職場に戻ることとなった。そんな訳で16日の送別山行を加○さんが企画し、こちらも相乗りさせてもらってそれぞれパーティーを組むことにした。どちらも6名で計12名の大所帯になる。行き先は蔵王の丸山沢となったが、16日は低気圧の影響でどうにも天気が悪そうである。気温も上がって強風のようであり、平地では昼過ぎから雨の予報となっている。蔵王の稜線は厳しい状況となることが予測される。また、数日前の雨は蔵王の標高1300m辺りでも降ったらしく、雨が流れて立て溝となっているという情報もあった。山域変更も考えたが、予報によると16日はどこの山も似たようなものだ。結局当日朝に現地で決めることにした。
=====================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 刈田岳(中途退却)
 山行期間   2014年3月16日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    6名(L:トラ山・和Oさん・佐◯さん・河◯さん・◯井さん・菅◯さん) ※同行パーティ:白峰会6名
 行程      すみかわスキー場7:50-8:15~ゲレンデトップ9:00~標高1540m付近9:42-10:00~裏アトミ10:22~新滝沢10:36~
          すみかわスキー場10:50
 行動時間   2時間35分
 移動距離   7.3km (GPS計測)
 累積標高差 ±470m (GPS計測)
=====================================================================================



                         スタート時点では薄日も指していた
f0170180_020315.jpg


                         徐々にガスが濃くなってくる
f0170180_0214138.jpg


計画は丸山沢を滑って峩ヶ温泉へと下るルートなので、峩ヶ温泉に車をデポすることになる。ルート変更の場合は、峩ヶ温泉から名号峰への尾根を登る案を考えていたが、現地で加○さんと協議した結果、計画どおり行けるところまで行こうということになった。すみかわスキー場に登り、準備をするとスタートする。この辺りではガスもかからず、時折日射しさえあるまずまずの天気だ。リフト運転開始はまだなので、ゲレンデ脇を歩いていく。白峰会パーティーには置いて行かれるが、それほど大きく遅れることもなくゲレンデトップに到着。標高を上げるにつれて徐々にガスがかかってきた。中央コースへと入り登っていくと、ガスはさらに濃くなってくる。

                         協議し撤退を決定
f0170180_0234067.jpg


                         撤退記念(笑)
f0170180_0242757.jpg


                         視界があってもバーンはガタガタ
f0170180_0294151.jpg


中央コースの目印の竹棒がやっと見える程度で、先を行く白峰会パーティーの背中が見え隠れする。風はますます強くなってくる。大黒天の上で待っていた加○さんに合流し協議をした結果、天候の回復は望めないだろうということ、吹きっさらしの馬の背の稜線通過は厳しいということ、ホワイトアウトでの丸山沢滑降は難しいということ、以上から判断し残念だが退却することとした。下山は雪上車道を忠実になぞり、裏あとみから新滝沢を滑ってスキー場へと戻った。滑ったと書いたが、本来の意味で「滑った」といえる所は少なく、下ったというのが正しいのだろう。

退却は残念だったが、山では当たり前のことであり致し方ない。山の機嫌の良い時は登らせてもらい、機嫌の悪い時は様子をうかがうのだ。いずれにしても、楽しい山行であれ厳しい山行であれ行動を供にできる仲間は、どこに転勤しても山仲間であることには変わらない。近いうちにまた一緒に山に登る機会もあるだろう。現地解散後、不完全燃焼だった自分は加○さんと○樹さんと白石スキー場へ移動。午後から目一杯滑り倒したのだった。

                          GPSトラック
f0170180_059592.jpg


by torasan-819 | 2014-03-17 23:09 | 山スキー | Comments(2)
Commented by NON at 2014-03-18 20:38 x
16日せっかくの送別会なのにお天気悪くて残念でしたね。
秋に登った丸山沢をスキーで滑るんですか!
雪が積もるとどんな感じになるのかしら、想像つかないです。
私は東洋一の雪庇を見に守門大岳行きましたが、強風で敗退でした。
Commented by torasan-819 at 2014-03-18 20:55
NONさん
天気にはかないません(^o^;)
冬の丸山沢はコークスクリューにジェットコースターですね。
ぜひ一度滑ってみて欲しいですよ。
東洋一の雪庇ってどうやって測ったのだろうか?(笑)


<< 吾妻山・県境尾根縦走(雪洞合宿...      春の訪れ~フキノトウ >>