2014年 05月 07日
八甲田ツアー・南八甲田縦走 ~ 2014年5月4日
f0170180_3563330.jpg

今年のゴールデンウィークは八甲田ツアーとなった。自分にとって八甲田でのスキーは、2年前に初めて訪れて以来の2度目である。八甲田は同じ東北といっても距離があり、泊まり前提となるのでなかなか機会が作れないのだ。計画は4日に南八甲田を縦走し、5日に北八甲田を縦走することにしている。既に先発隊の5人は3日朝出発しているが、後発隊の我々(あんみつさん・菅○君)は午後10時に集合しての出発となった。いろいろあって少し遅れたが、白石インターから高速に乗り八甲田を目指した。

 山域山名   八甲田山 南八甲田山域 逆川岳(1,183m) 横岳(1,339m) 櫛ヶ峯(1,517m) 駒ヶ峯(1,416m) 猿倉岳(1,354m)
 山行期間   2014年5月4日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      晴
 参加者     6名(L:和○さん・佐○さん・○井さん・菅○君・あんみつさん・トラ山)
 行程      城ヶ倉大橋7:58~逆川岳9:20~横岳10:08-10:18~櫛ヶ峯11:58-12:31~駒ヶ峯13:29~猿倉岳14:09-14:27~猿倉温泉14:53
 行動時間   6時間55分
 移動距離   14.1km (GPS計測)
 累積標高差  +1,332m -1,206m (GPS計測)





                         駐車場南端から登り始める
f0170180_3394837.jpg


                         明るい林間を登る
f0170180_3414661.jpg


                         針葉樹に変わる
f0170180_3432911.jpg


                         逆川岳の向こうに北八甲田の山々
f0170180_345557.jpg


                         左手には櫛ヶ峯
f0170180_3473371.jpg


                         横岳への登り
f0170180_3502662.jpg


【5月4日】 酸ヶ湯温泉の4km程手前にある城ヶ倉大橋、その南側の駐車場に張ったテントで朝を迎える。風が強くテントがあおられ続けたせいで、ろくろく寝ていられなかった。正味3時間も寝てないだろう。とはいえ山に登るとなればすっきり目が覚めるのだから、人間とは何とも不思議なものだ。朝食を済ませ準備をしているところへ、先発隊の5人が移動してきて合流。今日の南八甲田縦走は6人パーティーだ。会長と都○さんは猿倉温泉に車を回してくれてから、2人で銅像コースを歩くというから感謝である。都○さんに車のキーを預けると、駐車場の南端から斜面にツボ足で取り付いた。少し登りスキーに乗ると高度を上げていく。明るい林間にはルートの目印であろうピンクのテープが付いている。駐車場では感じた風も、林間に入るとほとんど気にならなくなった。ちょっと左に寄りすぎたので進路を修正すると、その後は林間の緩やかな斜面が続く。天気が良く風も穏やかとなれば、ジャケットを着ていたメンバーは暑くなり次々と脱ぎ出す。しばらく登っても同じようなブナ林が続き長いと感じた頃、オオシラビソの針葉樹林帯に変わる。徐々に木々が低くまばらになり見通しが効くようになると、左手に北八甲田の山々が姿を現す。逆川岳の手前で進路を左に振ると、前方にこれから縦走する南八甲田の山々が一望できるようになる。何とも見事な景観だ。櫛ヶ峯の印象的な姿を眺めながら、横岳の北東尾根を辿り山頂に到着。

                         横岳山頂からの櫛ヶ峯
f0170180_3584679.jpg


                         横岳から滑降する和○さん
f0170180_352367.jpg


                         横岳を背にして櫛ヶ峯を目指す
f0170180_424173.jpg


                         櫛ヶ峯の急斜面に取り付く
f0170180_452327.jpg


                         櫛ヶ峯山頂にて
f0170180_495391.jpg


                         北八甲田
f0170180_4114612.jpg

                         
櫛ヶ峯とのコルというか雪原へ滑り降りようと、横岳の南東斜面を観察する。先行者のシュプールは直下のクラックを避け、大きく左から回り込んで下降していた。しかしそれではもったいないので、クラックの右端からのストレートに近い下降ラインを狙う。トップで飛び込みひと滑りし快適な斜面にニンマリする。再びシールを貼ると雪原を歩く。途中で3人パーティーとスライド。櫛ヶ峯の北尾根を見ると、アリのように小さく5~6人が登っているのが見える。歩いているとブーツにトラブル発生。左足の上から2番目のバックルのネジが取れ、バックルがバラバラになり落ちていた。ネジを探したが見つかりようもなく、2番目のバックルだからさほど支障ないだろうとそのまま歩くことにする。櫛ヶ峯の北尾根に取り付き登り始めると思ったよりも急斜面だ。何度かニセピークにだまされながらも山頂に到着。山頂には既に20人ほどいて賑わっていた。
                         
                         櫛ヶ峯東斜面
f0170180_4145543.jpg


                         自分
f0170180_4184090.jpg


                         あんみつさん
f0170180_4193125.jpg


                         ツアーコース看板
f0170180_4243561.jpg


                         駒ヶ峯を目指す
f0170180_4224133.jpg


                         振り返ると櫛ヶ峯の大斜面
f0170180_427559.jpg


櫛ヶ峯の東斜面の滑降は快適の一言。適度なザラメのフラットなバーンが素晴らしい。この斜面目当てにツアーパーティーが集中するのも肯ける。八甲田が近ければこの斜面に通いたいほどだ。今日ももう一度登り返して滑りたいくらいだが、先に進まなければならないのが残念に思う。再度シールを貼り今度は駒ヶ峯を目指す。標識も何もない駒ヶ峯山頂を過ぎシールのまま少し下り、平坦な尾根を歩いていくと猿倉岳山頂だ。

                         登山道の案内板
f0170180_4592870.jpg


                         猿倉温泉へと下る(正面は高田大岳)
f0170180_522924.jpg


                         菅○君はスプリットボードだ
f0170180_55160.jpg


                         猿倉温泉に到着
f0170180_56438.jpg


猿倉岳にも何もないのかと思ったら、和○さんが登山道の案内板を教えてくれた。しかし、山名を記した標柱などは無いようだ。我々が休憩中にも出発するパーティーあり、通過していくパーティーありと結構賑やかだ。猿倉岳からは今日のツアー最後の下りとなり、もう猿倉温泉まで登りはない。シールを剥がして思い思いに滑り降りる。ツリーランを楽しみながら先行者のトレースを辿る。猿倉岳山頂から標高で500mほど下げると猿倉温泉に到着した。温泉で汗を流そうと思ったが、残念なことに外来入浴は午後3時までとのこと。会長達が回してくれた車で酸ヶ湯温泉に移動し入浴することにした。終わってみれば天気も良く風も止んで、何とも素晴らしいツアー日和だった。夜はまたテント泊。昨日午後に採って持ってきた山菜(タラノメ・コシアブラ・ハリギリ・ヤマブドウの芽)を、天ぷらにしてみんなに振る舞った。揚げたては美味いと大好評。酒も進んだが昨夜の寝不足もあり早めに撃沈。たちまち眠りに落ちてしまった。

                         GPSトラック
f0170180_337178.jpg




by torasan-819 | 2014-05-07 20:39 | 山スキー | Comments(4)
Commented by Mt.Racco at 2014-05-08 13:04 x
一度は縦走で抜けてみようと思いつつ叶っていないルートです。
横岳と櫛ヶ峯との間の様子が分かりましたので、次回はチャレンジできそうです。
ありがとうございました。

ちなみに、猿倉温泉~赤倉岳~蔦温泉にも興味津々。
毎回雪が無くて・・・。
Commented by torasan-819 at 2014-05-08 19:17
Mt.Raccoさん
天気が良ければ楽しい縦走ルートですので是非チャレンジを!
猿倉温泉~赤倉岳~蔦温泉も面白そうですね~
Commented by sharizaka at 2014-05-09 07:01 x
南八甲田いいですねぇ。天気も景色も最高ですね。
いつかは行ってみたいです。
Commented by torasan-819 at 2014-05-09 17:58
sharizakaさん
思った以上に良かったですよ~南八甲田!櫛ヶ峯の斜面は最高でした!!
いつかはなんて言ってないで行きましょう機会を作ってね(^_-)-☆


<< 八甲田ツアー・北八甲田縦走 ~...      春の山菜~その5(コシアブラ・... >>