2014年 08月 03日
今期2度目の大滝沢 ~ 2014年8月3日
f0170180_21525148.jpg
この週末は他の沢を狙っていたのだが、いろいろあって2週間前に遡行したばかりの大滝沢を再訪することになった。自分が5年前に、沢登りというものを初めて経験し、沢登りの虜になったのが大滝沢だ。ずっと昔のことのようにも思えるし、ついこの間のことのようにも思える。いずれにしてもこの5年間、そんなに難しい沢登りはしてこなかったが、数だけは75本ほどになっている。その中で大滝沢は今回で8回目と、一番遡行回数が多い沢となった。今回は先輩会員の鈴○さんと新人の渡○君との3人パーティー。自分は渡○君とは今回が初めての山行でもあり、渡○君としてもおそらく沢登りはまだ3回目くらいだろう。渡○君にとってはどんな印象の沢登りとなるだろう。自分自身の当時のことも思い出しつつ、大滝沢へと向かった。
※今回の記録は渡○君に任せたので、このブログには画像メインで簡単に掲載することにしよう。

 山域山名   吾妻山・阿武隈川松川流域前川支流 大滝沢
 山行期間   2014年8月3日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      晴れ
 参加者    3名(L:鈴○さん・渡○君・トラ山)
 行程      入渓(7:15)~F1(7:30-7:47)~大滝(8:05-8:18)~大滝落ち口(8:50)~ネコノ沢出合(9:08-9:22)~ホラガイ沢出合(9:25)~
          ヒョングリ滝(9:45)~廃吊橋下(10:18)~桶木沢出合(10:44-11:04)~潜滝(11:38-11:47)~登山道(11:49-12:00)~滑川温泉(13:34)
 行動時間   6時間19分
 移動距離   10.8km
 累積標高差 不明
 装備      日帰り沢装備(ロープ50m×1)






                         F1の水量は平水で穏やか
f0170180_20443952.jpg


                         左岸より鈴○さんが取り付く
f0170180_20452253.jpg


                         鈴○さんは渡○君にどんどん先を行かせる
f0170180_20472137.jpg


                         何度見てもデカイ大滝沢
f0170180_20505069.jpg


                         渡○君にお約束をやってもらう
f0170180_20515442.jpg


                         どう登るか検討中
f0170180_20535275.jpg


                         ひたひたとナメを歩く
f0170180_20582829.jpg


                         大滝沢はナメの沢だ
f0170180_20594831.jpg

                                                  
                         時には4輪駆動
f0170180_211163.jpg


                         眩しく輝く水流
f0170180_213033.jpg


                         ヒョングリ滝で鈴○さんがレクチャー
f0170180_2141813.jpg


                         12m滝の右壁は今回ノーロープ
f0170180_2163411.jpg
                         
                         時にはこんな技も使う
f0170180_2173979.jpg


                         渡○君は積極的に水に入る
f0170180_2183088.jpg


                         ガンガン登る渡○君
f0170180_21104265.jpg


                         今日の終点の潜滝
f0170180_21114652.jpg


                         潜滝全景と自分
f0170180_21135890.jpg


沢は何度訪れても飽きるということがない。同じ沢でも天候条件やパーティーなどにより、印象がかなり違ってくる場合が多い。毎回新たな発見があるといっても過言ではない。今回はそんな思いを新たにした沢登りだった。ちなみに、入渓から桶木沢出合まで前回は6時間29分かかっているが、今回は3時間29分だった。ともに3人パーティーで構成は中堅2名+初心者1名で同じだが、水量などの条件が違うとこうも異なるのである。だから沢登りは面白いとも言えるし恐いとも言える。
さて、新人の渡○君にとって大滝沢はどんな印象だったのだろうか。自分としては積極的にトップを行く姿には頼もしさすら感じた。いずれにしても、早く自分を引っ張ってくれる存在になって欲しいものだと思う。




by torasan-819 | 2014-08-03 19:36 | 沢登り | Comments(8)
Commented by utinopetika2 at 2014-08-04 22:03
どのお写真も、かなり素晴らしいです。
スケール感、緊張感、臨場感、清涼感、どれも伝わってきます。
真面な話、コンテストに出品されてはいかがでしょうか。
このお写真をみて、登りたくなる人、多数かと思われます。


Commented by torasan-819 at 2014-08-04 22:25
utinopetika2さん
過分なお言葉をいただき調子に乗ってしまいます(笑)
期間限定アルバム公開します。
最下段のリンクよりご覧ください。
沢登りの時間経過にそった疑似体験ができるかと思います。
Commented by マロ7 at 2014-08-05 07:22 x
潜滝で恒例のジャンプをやりましたかな。
良い天気のなかで、大滝を堪能しましたね。
新人さん、頑張りますね(^^)
Commented by NON at 2014-08-05 15:47 x
この前と全然違うわ~こんな天気のいい、このくらいの水量の時に行きたいです。
滝打ち修行だってやちゃうよ^^
あちくて あつくて 沢が恋しいわ~~~
Commented by torasan-819 at 2014-08-05 17:48
マロ7さん
いえいえ潜滝は泳いで落ち口に取り付いただけです。
やっぱり大滝沢はギラギラ太陽が似合う沢だと再認識しましたね。
今年は新人さんが3名入ったのですが、早く覚えて俺に楽させてくれとお願いしてます(笑)
Commented by torasan-819 at 2014-08-05 17:53
NONさん
まあこんな天気なら最高といえますね。
女子2人でも何とか遡行できるかと思います。
ちょっとファイト~一発ぁ~つっ!は必要ですが(笑)
でも良いときもそうでないときも沢は沢ですよ。
Commented by Mt.Racco at 2014-08-11 12:54 x
いいですね~。
大滝沢!!

暑い内に1回は行きたいと思いつつ、どうせ行くなら滑川温泉泊にしたいな・・・と言って機会を逃しています(笑い)
Commented by torasan-819 at 2014-08-12 04:26
Mt.Raccoさん
晴れると最高ですよ大滝沢。
この夏是非Raccoチームで訪れて欲しいですね。
滑川温泉は湯治で自炊なら非常に安いので、そのうち泊まりたいなと思っていました。


<< 遡行図追加(深堀沢)      吾妻山の不動沢中流部を遡行する... >>