2014年 12月 31日
後生掛温泉スキーツアー(八幡平編) ~ 2014年12月28日
f0170180_22594477.jpg

昨年参加してハマってしまった後生掛温泉スキーツアーだが、今年は自分が言い出しっぺとなり企画した。のこツアーは何といっても「美味い・安い・温い」の3拍子が揃っているのが魅力なのだ。まず初日は鹿角のホルモンを食べるのが恒例なのだがこれが美味い(酒を飲まずにはいられなくなるのが玉にきず)。泊まりは後生掛温泉の湯治村なので安い(毛布や鍋などを借りても1泊2500円程度)。オンドル部屋なので半袖短パンで過ごせるほど温い(というか暑いほど)。普段はガッツリと山に向き合っているので、年に1回くらいはこんなこともあっていいだろうと弁解したくなるほどの快適ツアーなのである。とはいえ山スキーは八幡平と栂森へとしっかりやる予定である。天候次第ではあるが。

  山域山名   八幡平 八幡平(1,613.3m)
  山行期間   2014年12月28日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    6人(L:トラ山・加○さん・田○さん・sharizakaさん・杉○さん・牧○さん)
  行程      後生掛温泉7:30~大深温泉8:56~蒸ノ湯休憩所9:09~斜面取り付き9:37~田代沼11:20~八幡平山頂12:26-12:32~
          ガマ沼11:55~山頂13:14~昼食休憩13:30-14:00~蒸ノ湯休憩所14:41~スキー場トップ15:01~後生掛温泉15:34
  行動時間   8時間4分
  移動距離   14.6km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,008m (GPS計測)






                         後生掛温泉前からスタート。それほど冷え込んでないように感じる。
f0170180_0463081.jpg


                         昨年はアスピーテライン沿いに登ったが、今年はほぼ夏道沿いに進む。
f0170180_049196.jpg


                         柔らかい雪なのでうっかり転倒すると起きるのにひと苦労である。
f0170180_10121573.jpg


                         冬季休業中の大深温泉。この温泉もオンドル式の部屋なのだという。
f0170180_054921.jpg


                         蒸ノ湯休憩所でアスピーテラインに合わせる。案内板に届くところからすると積雪深は2mほどだろう。
f0170180_10144916.jpg


                         少しアスピーテライン沿いに進んでから斜面に取り付く。斜度があるのは最初のうちだけでやがて緩やかになる。
                         振り返ると明日登る予定の国見台・栂森が見えた。
f0170180_10215780.jpg


                         ラッセルはsharizakaさんが頑張ってくれるので助かる。自分はこの頃の運動不足ですっかり体が鈍り今ひとつ調子が出ない。
f0170180_21562839.jpg


                         高度を上げていくとガスの中に入る。途中で地元の方が我々のトレースを辿って追いついてきた。
                         その方は地元だけあって詳しいので、ラッセルを交代しながらルート取りを指南していただく。
f0170180_226083.jpg


                         八幡平山頂に到着。さらに陵雲荘避難小屋に向かったが、ガマ沼で13時となったので引き返すことにする。
f0170180_2285660.jpg
          

                         山頂を過ぎてもしばらくはシールを付けたまま歩き、1604mピークを過ぎた辺りでシールを外す。
                         八幡平は斜度がないのでスキーはあまり走らない。
f0170180_22285942.jpg


                         高度を下げると晴れてきた。やや傾いた陽が当たり陰影がクッキリする。
f0170180_22343026.jpg


                         アスピーテラインに至る最後の斜面は、今回のルートで唯一「滑る」ことのできる斜面である。
f0170180_23241258.jpg


                         帰りは秋田八幡平スキー場を下ることにした。蒸ノ湯休憩所からゲレンデトップまでは登りなのでシールを貼る。
f0170180_2247518.jpg


                         スキー場ゲレンデトップ。以前は2本あったリフトも現在はこの1本だけである。
f0170180_22481151.jpg

昨年も八幡平山頂を目指したが、時間の制約もあり山頂まで至らなかった。今回は20~30センチのラッセルが続いたものの、パワーのあるメンバーのお陰で無事山頂に到達することが出来た。昨年同様今年も後生掛温泉から歩いたのだが、スキー場のリフトを利用すればその分楽であるしその方が一般的であろう。地形が平坦な八幡平は、ガスがかかるとルートを見失いやすいので要注意である。ツアー標識は所々にしか見つけることが出来ないので当てにはならない。地元の方によると、目印の竹竿は1月中旬に立てる予定とのことであった。樹氷は順調に成長中なので、もう少しで見頃になるだろうと思われた。


                         GPSトラック ( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_23185085.jpg


by torasan-819 | 2014-12-31 15:33 | 山スキー | Comments(0)


<< 後生掛温泉スキーツアー(焼山編...      1年ぶりの鹿角ホルモン「幸楽」 >>