2015年 01月 04日
後生掛温泉スキーツアー(焼山編) ~ 2014年12月29日
f0170180_20384997.jpg

29日は秋田焼山へと登る。計画書では焼山山頂を目指すことにはしていたが、良くて栂森まで、もしかすると国見台までということもあると考えていた。昨年は栂森を目前にしながら強風とホワイトアウトで、毛せん峠で行動を断念して引き返している。とにかく行けるところまで行こうと出発することにした。パーティーは1日遅れでやってきた2人を加えての8人。今シーズンのスキーはこの日が初めてというメンバーもおり、時間も比較的余裕があるのでゆっくり登ることにしよう。

  山域山名   秋田焼山 国見台(1,322m) 栂森(1,359m)
  山行期間   2014年12月29日(月)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    8人(L:トラ山・加○さん・田○さん・sharizakaさん・杉○さん・牧○さん・佐○さん・高○さん)
  行程      後生掛温泉8:25~国見台トラバース9:53~コル10:16~栂森10:40-10:47~コル11:11~国見台11:26-11:54~後生掛温泉12:37
  行動時間   4時間12分
  移動距離   6.4km (GPS計測)
  累積標高差 ±555m (GPS計測)






                         建物のすぐ裏手が登り口になる。1本橋を渡って斜面に取り付くのだが温泉の湯気で足元が見えにくい。
                         窓から宿泊のおっちゃんとおばちゃんが見送ってくれる。
f0170180_13225741.jpg


                         急斜面を登っていくと温泉の建物が眼下になっていく。
f0170180_10304082.jpg


                         既に立派なトレースが出来ていたのでありがたく利用させてもらう。
f0170180_9261372.jpg


                         風も無い穏やかな林間を登る。ラッセルせずにサクサク登っているだけなのに汗が噴き出てくる。
f0170180_929163.jpg


                         標高1200m辺りから少しガスが出てきた
f0170180_9315928.jpg


                         国見台の北斜面をトラバースして巻く。山頂へはスキーやスノーシューのトレースが何本も付いていた。
                         しかし、それらもすぐ見えなくなり我々だけでのラッセルになった。
f0170180_939554.jpg


                         コルに出て栂森を目指す。
f0170180_10335454.jpg


                         思いのほか風が無く視界もある。昨年に比べれば好条件で儲けた気分になる。
f0170180_10414419.jpg


                         栂森と1350mピーク
f0170180_1048357.jpg


                         栂森山頂に到着。焼山の山頂までは栂森より直線で1.2kmだが、今日は帰宅日でもあり栂森までの行動とした。
f0170180_12114739.jpg


                         毛せん峠の表示板を確認すると、コルまでは短い斜面だがシールを外してひと滑りする。
                         上部はウインドパックだが下部はパウダー。コルで再びシールを貼って国見台へと登り返す。
f0170180_12162983.jpg


                         国見台山頂も風が無く穏やかなので昼食休憩とする。
f0170180_12231929.jpg


                         国見台の斜面は滑るにはほどよい斜度で楽しめるが雪崩には要注意の斜面でもある。
                         既に先行者のシュプールが何本かあった。ここも上部はウインドパック気味だったが下部はパウダーを味わうことが出来た。
f0170180_13113660.jpg

f0170180_12304257.jpg


                         下りはあまり斜度がないので、スキーが止まらないようにトレースを外さないように滑り降りる。
                         最後のハイライトである温泉裏の急斜面を滑り降りると本日のツアーも終了となる。最後にひと風呂浴びて帰途についた。
f0170180_12344860.jpg


条件が悪くなければ栂森までは今回のように半日コースである。厳冬期は国見台のパウダーが期待できるし、栂森から温泉までの緩斜面春スキーも楽しそうである。何といっても登り口までのアクセス時間がゼロというのは魅力だ。雪山で遊んで温泉に入りオンドル部屋で一杯やる。いやはや極楽極楽。あまりに快適で人間ダメになりそうである。

                         GPSトラック ( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_12451944.jpg


by torasan-819 | 2015-01-04 00:44 | 山スキー | Comments(8)
Commented by madokau at 2015-01-04 17:17 x
マルイです。
何回行けば「立派なダメ人間」になれるのでしょう?
膝はだいたい回復したような気がします。今年もよろしくお願いします。
Commented by torasan-819 at 2015-01-04 20:34
madokauさん
1回で十分ハマってしまいますが、2回行けば完璧に立派なダメ人間になれます(笑)
温い温泉とは対照的な雪山に登ることによって、硬軟というか紅白?白黒?ええいなんて言うんだろう?のバランスが取れるのではないでしょうかね?
膝が良くなったんですね?ならば今年もよろしくとお願いされた私としては、山スキー虎の穴特訓を計画しますからこちらに来てください。
カモンカモン((_(^o^)W
Commented by Mt.Racco at 2015-01-05 12:59 x
新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて、国見台方面ですが、ここ2回ばかりお正月にはトレースが無くてラッセル大会が続いていました。(以前は、毎年のようにお正月に登ってました。)
どうも、昔(と言っても10年くらい前ですが)ほどは入山者が居ないようですね。

足並みの揃ったパーティーで行く栂森・国見台・・・気持ちよさそうですねぇ~
Commented by yossy1904 at 2015-01-05 17:29
たしかにダメ人間製造所ですよね。
2日目、3日目になると「温泉入ってるから山はいいよ」というメンバーが必ずでてきます。
Commented by torasan-819 at 2015-01-05 18:43
Mt.Raccoさん
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
確かに少なくなっているのかも知れませんね。前回は廊下にズラッとスキーが並んでいたのですが、今回は我々の他に何本かという状況。少ないね~みんなどこに行ってしまったんだろう?と話していたほどです。
ところでMt.Raccoさんとはほとんど一緒に滑ったことがないので、今シーズンはどこかのお山でご一緒したいものです。
Commented by torasan-819 at 2015-01-05 18:47
yossy1904さん
ははは~ダメ人間製造所は冗談半分本気半分です。
1日遅れで合流した人の中には、初日2日目とまったく滑らずにまったりしていた人がいました。人間誰しも楽なのが好きですからね(笑)
さすがにいつもそれでは本当のダメ人間になってしまいますが、この後生掛温泉に来たときくらいは許されてもいいかもしれませんね。
Commented by fwix at 2015-01-06 18:24 x
ご無沙汰してます!一日違いのコースでした~
29八幡平、30国見台、いずれもトレースばっちり

2泊したんで、28の晩には遭遇してもおかしくないのですが、早々に部屋で宴会してたからかな。。。。
今シーズンも宜しくお願いします

Commented by torasan-819 at 2015-01-06 21:46
fwixさん
あれあれ超ニアミスでしたか!
トレースバッチリ付けておきましたぜ旦那(~ー~)
28日から泊まってたということですが個室の方でしょうか?
我々は大部屋ですし宴会してましたから遭遇しなかったのでしょう。
何はともあれよろしくお願いします。


<< 山登りアーカイブス 2009年...      後生掛温泉スキーツアー(八幡平... >>