2015年 01月 15日
安達太良山での冬山合宿 ~ 2015年1月10日~12日
f0170180_143036.jpg

山スキーを冬季の活動の中心に据える福島登高会では、例年1月の連休は冬山合宿と決まっている。冬山における基礎技術とテント泊での生活技術を、初心者は学び中堅者は復習するのが目的である。今年は久しぶりに安達太良山で実施することとなったが、思えば5年前に自分が初めて冬山でのテント泊を経験したのがここであり懐かしい。ところで合宿といっても、皆が3日間通して参加できるわけではない。4人が3日間通しての参加だが、2人は初日と中日、若手2人は中日と最終日に参加するという、変則的な6人パーティーとなった。6人であればテントはジャンボエスパース1張りで間に合うので、ある意味合理的な形態となったが少々寂しい参加人数である。合宿は全員参加が原則ではあるが、仕事や家庭で抱えるものが多い社会人山岳会の現実でもある。前日準備をしていると、11日に登ってくる予定の若手1名がインフルエンザで不参加になったとの連絡が入る。おやおや残念だが致し方ない。他のメンバーは明日無事集合してくるだろうか…

  山域山名   安達太良山(1,699.6m)
  山行期間   2015年1月10日(土)~12日(月)
  山行形態   山スキー
  天候      10日曇り 11日曇り時々晴れ 12日晴れ 
  参加者    10日~12日 4人(L:大○さん・佐○さん・鈴○さん・トラ山)
          10日~11日 2人(坂○さん・高○さん)
          サポート 10日 杉○さん 12日 和○さん
  行程      10日 奥岳10:35~本隊に合流11:24~勢至平・峰ノ辻分岐12:27~テン場12:30
          11日 テン場9:10~峰ノ辻10:23~山頂11:35-11:57~峰ノ辻12:40~テン場13:24
          12日 テン場8:46~奥岳9:42
  行動時間   10日 1時間55分 11日 4時間14分 12日 56分
  移動距離   10日 3.1km 11日 6.4km 12日 3.1km (GPS計測)
  累積標高差 10日 +434m -68m 11日 ±555m 12日 +48m -405m (GPS計測)






1月10日(土)
                         安達太良山頂はガスの中
f0170180_0452152.jpg


                         先行していた本隊に追いつく
f0170180_046269.jpg


                         勢至平では風が当たるようになる
f0170180_0481043.jpg


10日朝の天候はまずまず。ところがちょっとしたトラブルが起きた自分は、集合時間に間に合わない状況になった。途中で電話をして皆には予定どおりスタートしてもらうようにする。あだたら高原スキー場の駐車場に到着したのは10時を10分ほど過ぎていた。辺りを見ても仲間の姿はない。予定どおり10時にはスタートしたようだ。駐車場で準備をしていると、スキー客に混じって登山者が歩いていく。自分が奥岳登山口から歩きだしたのは10時40分。しっかりしたトレースがあるので歩くのは楽である。先行していた10人ほどのツボ足パーティーを追い越すと、やがて杉○さんを含めた6名の本隊に追いつくことが出来た。かなりゆっくりとしたペースで登っていたようだ。今日杉○さんは泊まらないが、荷揚げと設営のサポートで同行してくれている。休憩後に小1時間で勢至平の峰ノ辻分岐まで来ると、右手の平坦なカラマツ林へと入ってすぐが合宿のテン場である。厳冬期の安達太良山は風が強いのが当たり前だが、ここは地形の関係なのか不思議なことに風があまり当たらない。

                         テン場の整地作業
f0170180_0494174.jpg


                         テントの設営
f0170180_0505322.jpg


                         設営完了
f0170180_0515815.jpg


                         雪を溶かして水を作る
f0170180_0532171.jpg


ザックを降ろすとさっそくテン場の整地にかかる。整地とはテントを張る場所の雪を踏み固めることなのだが、これをしっかりやるかやらないかでテント生活の快適性が違ってくるので念入りに行う。作業中にも通年営業のくろがね小屋を目指しているのであろう登山者がぞくぞくと登ってくる。今日の小屋は満員御礼だろう。テントの周りに風除けの雪ブロックを積み、トイレまで作ると2時間近くが経過していた。荷揚げと設営のサポートで同行していた杉○さんが下山すると6人となった。テン場の周辺でビーコン訓練を行う。各自のビーコンの年代も機種も様々で、シングルアンテナのビーコンのメンバーもいた。やはり探知はダブルやトリプルのビーコンが圧倒的に早い。ひと通り練習してから3時半頃にはテント内に引っ込んだ。ここで残りの若手1名もノロウイルスでダメになったと聞かされた。ということは11日は4名での泊まりになるということだ。雪を溶かして水を作り、大○会長が直々に作ってくれた炊き込みご飯の食事を済ませる。その後は酒をチビチビとやりながらのあれこれ談義となる。山ではこの時間が何とも楽しい。遠くで風が唸っているが、ここのテン場は穏やかなものである。21時前に就寝。

1月11日(日)
                         勢至平は晴れている
f0170180_6365474.jpg


                         峰の辻を目指す
f0170180_640679.jpg


                         峰の辻からは稜線の牛ノ背分岐へ
f0170180_6422627.jpg


                         稜線の風は強いが歩けるレベル
f0170180_646130.jpg


                         山頂へはツボ足で
f0170180_6471956.jpg


7時過ぎに目を覚ますとまだ誰も起きていない。みんな朝寝を決め込んでいるので起こす。食事を作り始めたのだが、ガソリンストーブの火力がなぜか上がらない。それでも何とかおじやを作り食事を済ませた。今日は安達太良山頂を目指す。テン場を出たのは9時10分頃。風も無く青空が見えているが、稜線には雲がかかっている。登っていくと徐々にガスの中に入っていくが視界は利く。峰ノ辻から多くの登山者は斜面をトラバースして山頂に至るルートを選ぶが、我々は稜線に出て山頂を目指すルートを取る。雪が少ないので岩があちこち出ているが雪を拾ってスキーで登っていく。しかし、稜線までもう少しというところでガレ場となり、スキーを外してツボ足で歩くことになった。稜線の牛ノ背分岐辺りで再びスキーにする。さすがに稜線は風があるのでフードを被る。稜線を南へ700mほど歩き、山頂手前で岩の陰にスキーをデポするとツボ足で登る。

                         山頂にて
f0170180_6495670.jpg


                         山頂をバックに
f0170180_6515784.jpg


                         稜線を戻る                         
f0170180_654726.jpg


                         矢筈森下部
f0170180_74880.jpg


                         晴れた峰ノ辻
f0170180_762557.jpg


                         峰ノ辻からの安達太良山頂
f0170180_77599.jpg


                         篭山
f0170180_7986.jpg


                         テン場へと戻る
f0170180_7113460.jpg


山頂に立つとこの時期としては風も弱く、雲間から青空も見えて思ったより条件が良い。休憩時でも特に風を避ける工夫をしなくても問題無いほどだ。厳冬期の安達太良山としては珍しい。そうしているうちにも登山者が登ってくるのが見えるが、スキー場の方向からは誰も登ってこない。それもそのはずで、ゴンドラが昨シーズンから冬季は動かなくなったのだ。山頂からの戻りも往路をそのまま辿る。牛ノ背分岐からの下りは、矢筈森を回り込み振子沢源頭を滑り降りる方法もあるのだが、リーダーの判断によりシールは貼ったままで峰の辻まで戻った。皆が休憩しシールを剥がしている間に自分は、斜面を30mほど登ってから滑り降りることにした。思ったより滑りやすい雪で気持ちよくシュプールを描く。これなら振子沢も良かったかもしれない。今朝のトレースを辿るとテン場には13時24分に着いてしまった。

                         風も無く暖かなテン場
f0170180_7134423.jpg


                         ペミカンの夕食となった
f0170180_7174660.jpg


今日下山する坂○さんと高○さんを見送る。入れ替わりに登ってくるはずだった菅○君と渡○君は来ないので、今日は特に訓練することも無くなった。早いが水でも作るかとなったのだが問題が発生した。ストーブがどうやっても着かないのだ。あれこれやってみてやっと着いたが、ごく弱い炎にしかならない。分解できるところは分解して原因を探したが皆目わからない。今回の装備計画には予備のストーブを入れてないので、このままでは水も作れないし食事も作れない。ましてや暖を採ることもできない。これも訓練のうちと冗談を言ってみたりもするが、実際のところ参った。仕方がないので酒を飲んでつまみや行動食を食べる。そのうち夕食のカレー用のペミカンが食べられるだろうと気づき、時間をかけてやっと人肌程度に暖めた。味は薄いが十分食べることが出来る。ごく弱い炎でも室温はプラスになっているようで、それほど寒くは感じない。明朝あまり早く起きたくないので粘ったが、酒もつまみも無くなり20時過ぎには就寝。

1月12日(月)

ストーブの不調もあり今日は下山するだけなのでゆっくり寝ていると、7時頃外でおはようと声がする。和○さんに昨夜ストーブの不調を無線で報告していたのだが、サポートに登ってきてくれたのだ。和○さんは膝の不調で合宿には参加していないのだが、あまり長時間でなければ歩くことは問題ないようだ。和○さんが持ってきてくれたお湯とカップヌードルでの暖かい朝食は本当にありがたい。朝食には行動食を食べるつもりだったのだ。和○さんは奥岳を5時半頃にスタートしたというから感謝である。朝食後テントを撤収すると下山にかかる。気温が低いので雪がサラサラしてスキーが走る。馬車道を滑り降り1時間とかからずに奥岳に到着。予定よりだいぶ早いが現地解散となった。

                         GPSトラック
f0170180_1833817.jpg


さて、今回の合宿もいろいろあった。直前での参加者の変更は病気など致し方ない面もあるが、食糧計画や共同装備の分担などに大きく関わってくるので、自己管理に注意する必要があるだろう。若手の2人に今回の合宿を経験してもらえなかったのは残念だ。次回は是非にと強く思う。また、ストーブの不調は水と食事に直接影響するので、山行そのものを左右する非常に重要な問題だ。山行前の短時間の試運転では発見できない不具合もあるかもしれない。ある程度の人数のパーティーなら、予備のバーナーを共同装備とするべきだと思う。また、会所有のストーブは会山行での使用だけなので、年間使用回数が少なすぎると感じる。もっと使用頻度を増やし、取り扱いに習熟するとともにトラブルは出し切っておくことも必要かと思われる。何年経っても何度やっても、山行ごとに反省点はあるものだ。次へのステップとして教訓として生かしたいものである。

by torasan-819 | 2015-01-15 07:45 | 山スキー | Comments(4)
Commented by tabi-syashin at 2015-01-16 21:08
恥ずかしながら僕らもありましたw 個人装備のブスは火力が強くて大助かりですが 燃料を計画した分量 持ち揚げなかったことで パーティ崩壊した経験を持っていますw まさか信用ある人物が規定量を持たずに参加したとは夢にも思いませんで… 即刻 翌朝に下山!と決定したのでした。「計画通りでない時は たとえ 行けるかもしれない時であっても止めるか変更する」 この原則は大事ですね 特に深い山の場合は・・・。ちなみにガスのEPIバーナーは予備機でいつの山行でも持っていきますけど。
Commented by torasan-819 at 2015-01-18 06:35
tabi-syashinさん
こちらも燃料計画については、昨年の合宿で2日目からの参加者に荷揚げしてもらったということがありました。結果的には最初に持っていった分で間に合ったのですが、燃料消費量をちょっと甘く見ていたようです。今回は予備のMSRを持っていく必要があるのではという意見があったようなのですが、なぜか必要ないということになった結果がこのようなことに。装備計画に「慣れ」があったのではないかと思っています。おっしゃるとおり深い山でこのようになった場合は即退却ですね。
Commented by mt.racco at 2015-01-18 21:27 x
こんばんは。
今年は安達太良山で合宿だったのですね。
2週間前ならニアミスでした。

スキー場のゴンドラの冬季運転が無くなってずいぶん静かになりましたね。
特にスキーはグッと減ったような気がします。
我が家は薬師尾根から登りましたが、往復ともスキーには会いませんでした・・・。
Commented by torasan-819 at 2015-01-18 22:39
Mt.Raccoさん
そうなんですこの合宿でスキーの登山者には、ほんの数人しかあいませんでした。
やはりゴンドラが動いていない影響なのでしょうね。
でもやっぱり山は歩いてなんぼですから、多くの人に歩いて登る醍醐味を感じてもらいたいのですが…


<< 安達太良山 迷沢 ~ 2015...      山登りアーカイブス 2009年... >>