2015年 02月 08日
快晴の吾妻山西大巓と樹氷 ~ 2015年2月7日
f0170180_1422348.jpg

この時期になると樹氷が気になる。樹氷は東北地方の奥羽山脈の一部山域(八甲田山、八幡平、蔵王連峰、吾妻山)でしか確認されていない。海外でも確認されていないようで、世界的にも珍しい現象なのである。樹氷の最盛期は1月から2月だ。しかしこの時期は厳冬期であり、天候に恵まれることはかなり少ない。ましてや、勤め人の休みに好天が合うことはまれである。今週末の天気予報は悪くないようだ。しかし、平地はそうでも山は違うことも多い。見ることが出来たら儲けものという気持ちで、吾妻山へと向かうことにした。

  山域山名   吾妻山 西大巓(1,981.8m)
  山行期間   2015年2月7日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    7人(L:和○・佐○・都○・高○・渡○・黒○・トラ山)
  行程      スキー場8:30=リフト終点9:35-9:47~西大巓11:25-11:43~休憩12:05-12:20~西吾妻小屋12:48-13:00~
          西大巓13:33-13:45~ゲレンデトップ14:21~スキー場14:38
  行動時間   4時間51分
  移動距離   9.2km (GPS計測)
  累積標高差 +656m -1,211m (GPS計測)






                         グランデコスキー場のゴンドラとリフトで1580mまで登る
f0170180_1244559.jpg


                         ビーコンチェックしてスタート
f0170180_12475066.jpg


                         中腹まではスノーシューのトレースを借りる
f0170180_1250692.jpg


                         樹林帯を抜けて眩しいオープンバーンへ
f0170180_07274538.jpg


                         あまりにも天気が良くて汗だくだ(バックは磐梯山)
f0170180_12544862.jpg


                         雪と青空のコントラストが眩しい
f0170180_12573037.jpg


                         西大巓の山頂に到着
f0170180_12581447.jpg


福島市内を7:10頃出発。コンビニに寄ったりしながらグランデコスノーリゾートには8:30着。土日は駐車料1000円(平日無料)となる。今日は7人パーティーなので7回券(3300円)を3セット購入。楽して登るにはお金がかかる。インフォメーションに登山届提出。ゴンドラと第4クワッドで1580mのゲレンデトップへ。シールを貼りビーコンチェックすると登高開始。スノーシューのトレースがあったので借りて登っていく。意識的にペースを抑えて登っているのだが、快晴無風なのでたちまち汗が噴き出してくる。足を止めて体温調節のために脱ぎ、自分はアンダー1枚になるが登るとそれでも暑い。やがてスノーシューのトレースから離れラッセル開始。1843mピークを左から巻き斜上していくと、やがて西大巓南斜面のオープンバーンが見えてくる。既にシュプールが1本ついている。オープンバーンの左側から高度を上げていくと、右手や下方に他パーティーがチラホラ見えてくるが、いずれもボーダーのようだ。標高2000m近い西大巓の山頂には11:25着。間近に見える磐梯山、白く輝く飯豊連峰、朝日連峰から月山、そして鳥海山など展望を楽しむ。

                         西大巓の東斜面をいただく
f0170180_13494037.jpg


                         山スキー初体験の黒○君
f0170180_13503824.jpg


                         東斜面をトラバースしてコルへ
f0170180_13541978.jpg


                         西吾妻小屋を目指す
f0170180_1356790.jpg


                         樹氷は最盛期のよう
f0170180_1358770.jpg


                         樹氷原を歩く
f0170180_1402843.jpg


                         西吾妻小屋に到着
f0170180_1435438.jpg


                         西大巓に戻る
f0170180_1413258.jpg


さて西大巓の東斜面を1本滑ろうと斜面を見下ろすと、既にシュプールが多数(後日Mt.Raccoさん達のものと判明)。それでも残っている真っさらな雪面へとドロップ。降雪もないし天気も良すぎるくらいなので、あまり期待していなかった雪質だが思ったより軽い。歓声を上げながら気持ちよく滑る。シールを貼り直してコルへと斜面をトラバースして昼食休憩。登山者が往来するがほとんどがスノーシューでスキーは少ない。和○さんと都○さんはここまでで西大巓山頂に引き返す。あとの5人は西吾妻小屋までピストンすることにした。トレースがあるとおり右寄りにラインを取れば歩きやすいのだが、樹氷の森の中を歩きたくて左にラインを振る。蔵王のように大きくはないが、それが逆に可愛く思えるリトルモンスター達の間を歩く。樹氷に阻まれたり雪面のうねりで右往左往しながらも小屋に到着。10分ほどの休憩後に引き返す。

                         山頂より飯豊連峰
f0170180_14154699.jpg


                         西大巓南斜面のオープンバーン
f0170180_1418266.jpg


                         樹林帯の滑りが楽しい
f0170180_14204558.jpg


                         ゲレンデを下降
f0170180_14222767.jpg


あまりにも天気が良すぎて春山のような陽気に、まだ厳冬期なのを忘れてしまうほどだ。コルから西大巓へ登り返し待っていた2人と合流。さて下山とシールを剥がして滑り降りる。オープンバーンから樹林帯へと滑り込む。登ってきたときより西にラインを取り、第3クワッドのゲレンデトップに出た。もっと下でゲレンデに出るラインも取れそうなので、機会があれば試してみたい。最後まで雪が重くならなかったのは良かった。緩斜面の続く長いゲレンデを滑り、センターハウスに到着して下山報告。好天に恵まれ楽しい1日であった。
さて、今回のパーティーには山スキーが初めてとなる黒○さんが参加していた。実際に山でシールを扱うのが初めてなのに、後れをとることなくこなしていた。スキーも上手くて樹林帯の滑りも危なげない。自分が山スキーを始めた頃のあたふた具合と比べると段違いである。20代ゆえ体力脚力も十分のようだ。今後に期待したい。また、最後のゲレンデ滑降中に1名が転倒し肩を痛めた。大したことはなかったが、最後まで気は抜けないとの教訓と捉えたい。

                         GPSトラック ( 赤:往路 青:復路 )
f0170180_1445473.jpg


by torasan-819 | 2015-02-08 06:51 | 山スキー | Comments(14)
Commented by Mt.Racco at 2015-02-10 11:10 x
おはようございます。
土曜日は、本当に天気が良くて3月中旬~4月並の気温ではなかったかと思います。
書かれてますが、その割りには雪質は悪化して無くて、こんな最高な日もあるんだなぁと関心しました。
(西吾妻→二十日平→凸も同様。)

トラさんご一行様が西D東斜面を滑られている様子は、ちょうど振り返って拝見しておりました。
なぜか、スキーやボードが少なくて真っ新の雪が残っていましたね。

一度、このような楽な体験をしてしまうと、次が怖いのですが・・・・
Commented by 熊五郎 at 2015-02-10 16:28 x
先月26日に行った時は気温も高くて、重い湿雪でした。
この時みたいな雪を滑りたいです(ー ー;)

見るからに気持ち良さそうです。
Commented by sharizaka at 2015-02-10 18:30 x
う・う・羨ましい・・・・。
西大顛、行ってみたいです。しかしこの日はご存知の通り
最悪の結果に。近いうちに若女下りも連れてってください。
Commented by torasan-819 at 2015-02-10 20:14
Mt.Raccoさん
私の知っている皆さんはさすがに好天を逃さないですね!
確かに陽が当たって暖かかったのですが、それでも気温は氷点下4~5度ではなかったのかなと思ってます。だから雪質もまずまずだったのではないかと(^^)V
いつもなら東斜面はボーダー天国の様相になるのですが7日はいませんでしたね。なぜでしょう(゜゜;)(。。;)キョロ
いつも堪え忍んで(笑)いるのでたまにはこんな良き日もあって良いのではと思います。
Commented by torasan-819 at 2015-02-10 20:18
熊五郎さん
おや26日と言いますと平日ですね。
雪質は猫の目のようにころころ変わりますし、グッドなタイミングを捕まえるのは難しくてほとんど偶然みたいなものだと思っています。
私の場合は数打ちゃそのうち当たるです(笑)
なのでハズレも多い訳でしてそれも含めて山スキーと思っています。
Commented by torasan-819 at 2015-02-10 20:20
sharizakaさん
若女下りですね!ラジャー∠(@O@) ビシッ!
その時はロープウェイとかリフトは使わずに下から登りましょう(笑)
それもまた楽しです(^_-)-☆
Commented by utinopetika2 at 2015-02-10 21:41
凄い景色ですね。
天気に恵まれた雪山はホント素晴らしいです。
20代の体力も羨ましいですが、トラさんの気力体力も羨ましいっす!
Commented by torasan-819 at 2015-02-10 22:48
utinopetika2さん
いえいえワタクシなんて空元気ですよ(^◇^;)
やはり20代は違います30代だって。
とはいえ我々もまだまだ頑張らねばデス。
さあ自分を鼓舞して山に登ろう!
Commented by madokau at 2015-02-11 22:59 x
すばらしいお天気ですね。
今日はいかがでしたか?
週末に備えて湯沢へ練習に出かけたら、今日はこちらもお天気よく暖かく、ゲレンデで昼寝したくなるほどでした。
来月は旧職場再訪もセットで、またお邪魔します〜
Commented by torasan-819 at 2015-02-12 03:24
madokauさん
昨年一緒に行ったときも素晴らしい天気でしたが、今回も当たりましたね。今日はマニアックルートでしたが、そういう意味では楽しめましたよ。パウダーも食べることができましたね。おっとmadokauさんは今週末に極上のパウダーを食べに行くんでした。パウダーはいくら食べても太らないので存分に食べてきてください(^^)v
Commented by yossy1904 at 2015-02-12 23:08
磐梯山をバックにした西大巓(14枚目)、ナイスショットです。
バックカントリーファンならだれもが行きたくなるようなシーンですね!
(他の写真もですが・・)
Commented by NON at 2015-02-12 23:49 x
いいな~いいな~こんなお天気の時に行けて!
羨ましか~来週行ってきますので^^
Commented by torasan-819 at 2015-02-13 03:23
yossy1904さん
こんな日があるからホント止められません(笑)
まさにご褒美のような日でした。
いつもはガスったり強風だったりが多いですからね。
Commented by torasan-819 at 2015-02-13 03:25
NONさん
私は日頃の行いが良いですから(笑)
予報では風が強いようですが、めげないで頑張って登ってくださいね。


<< 東尾根からの箕輪山 ~ 201...      朝駆けで不忘山へ ~ 2015... >>