2015年 02月 26日
ライザスキー場からの蔵王ダム下り ~ 2015年2月21日
f0170180_3131046.jpg
山スキー2年目の4年前に地蔵山からの蔵王ダム下りを行った。しかし、その時はアクシデントがあり、滑るどころか延々と歩きの時間が長い山行となり、中途半端な思いが残ったままでいた。そのうちにリトライしたいと思いつつも、車をデポしなければならないこともあり4年も経ってしまった。この度やっと機会を得、蔵王ダム下りに向かうことが出来たという次第。

  山域山名   蔵王連峰 熊野岳(1,840.5m)
  山行期間   2015年2月21日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      快晴
  参加者    6人(L:トラ山・佐◯・◯樹・藤◯・羽◯・小◯)
  行程      川崎インター6:30=車デポ地点7:20=ライザスキー場8:20=ゲレンデトップ9:00-9:15~熊野岳10:52-11:15~
          コーボルトヒュッテ11:45~休憩11:50-12:12~ロボット雨量計13:33~鍋倉不動13:49~葉ノ木沢堰堤14:52-15:28~
          蔵王ダム管理所15:56~車デポ地点16:38
  行動時間   7時間23分
  移動距離   14.9km (GPS計測)
  累積標高差 +780m -1,790m (GPS計測)





                         スカスカのライザスキー場
f0170180_004816.jpg


                         リフト2本で別世界へ
f0170180_014747.jpg


                         リフトを降りると樹氷の森
f0170180_123412.jpg


                         本日のメンバー
f0170180_144464.jpg


ライザスキー場の駐車場にはまだ車が数10台程度で、土曜日なのにかなり空いている印象なのは、まだ時間的に早いからとばかりも言えないだろう。ゲレンデトップまではリフト2本だが、ちょうど6人で使い切れる12回券(3,500円)があり購入。リフト運転が始まったばかりだが、それにしてもゲレンデに人が少ない。2本目のリフト乗り場に登山届けを提出。ゲレンデトップで準備をしていると、スノーシューの人達がどんどん歩いて登っていく。樹氷を見ながら刈田岳や熊野岳へと登っていくのだろう。ゲレンデに人が少ない理由が分かった。

                         素晴らしい風景に感嘆する
f0170180_184615.jpg


                         2月の蔵王でこんな天気は滅多にない
f0170180_1155921.jpg


                         熊野岳へと登る
f0170180_1171591.jpg


                         にぎわう熊野岳
f0170180_1191975.jpg


                         熊野岳から見る雁戸山
f0170180_1225037.jpg


今日は予報どおりに快晴で雪面が眩しい。踏み固められたトレースを歩いていくと、ほぼ無風のため暑くて仕方がない。自分はいつものように上半身アンダー1枚になる。さて今日のメンバーは6人だが、スキー4人にボードが2人だ。その2人は若者で元気いっぱい。彼らの年齢を2倍にしても、自分の年齢に届くかどうかなのだから当然だ。彼らを見ていると自分にもそんな時代があったことが、懐かしいを通り越して何か不思議なことのように思える。誰の顔も今この時この場所を歩いていられることの喜びが溢れている。厳冬期の2月にこんな日は滅多にないのだ。御田の神避難小屋を過ぎてから左に進路を振り、トレースの無い斜面を登っていく。やがて馬の背が近づき、天気に誘われた登山者が行き交っているのが見える。我々は馬の背に合わせず、熊野岳へと直接進路を向けて登っていく。歩き始めて1時間40分ほどで熊野岳に到着。大勢の登山者で賑わっている。北側に見えるロープウエー山頂駅や地蔵岳にもかなり人が多い。地蔵岳手前ピークの東斜面はノントレースだったが、見ているうちに1人2人と滑り降りていく。さぞかし気持ちが良いだろう。

                         コルから登り返す
f0170180_1244823.jpg


                         ボーダーの小◯君
f0170180_1282646.jpg


                         ◯樹さん
f0170180_133867.jpg


                         佐◯さん
f0170180_1292037.jpg


                         藤◯さん
f0170180_1301027.jpg


                         ボーダーの羽◯嬢
f0170180_1311492.jpg


                         右上にコーボルトヒュッテ
f0170180_1423030.jpg


ところで地蔵岳は以前の地形図で地蔵山と記されていた。地形図には時々こんな事がある。しばし遠望を楽しんでからスキー組はシールを剥がし、ボード組はスノーシューを外して滑降準備。コルへと向かって標高差130mを滑り降りる。斜面はシュカブラになっているが、柔らかいので滑るのに苦労はいらなかった。地蔵岳手前のピークには登らずにトラバースしようと思ったが、欲が出てツボ足でピークまでの30mほどを登り返すと、すぐ左手の地蔵岳と山頂駅にはたくさんの人が見える。まだ手つかずの斜面に1人ずつドロップしてシュプールを刻む。パックされた雪だがまずまずの感触。斜度が緩んだところで小沢に入り、右上にコーボルトヒュッテを見ながら通り過ぎた先で昼食休憩とした。快晴無風で2月とは思えないほどの暖かさに、素手で食べていても冷たく感じない。

                         小沢を滑る
f0170180_2165365.jpg


                         スキーのトレースをボードが追う
f0170180_221286.jpg


                         快適なブナ林の滑降
f0170180_2221533.jpg


                         雪質もまずまず
f0170180_225587.jpg


                         ロボット観測所
f0170180_2255942.jpg


                         鍋倉不動
f0170180_322422.jpg


                         急斜面
f0170180_228049.jpg


                         ボードはちょっと苦労する細尾根
f0170180_2334319.jpg


                         もう少しで葉ノ木沢
f0170180_2341225.jpg


しばらく小沢をそのまま滑っていくが、あまり斜度がないのでスキー隊のトレースをボードが追うことになる。斜度が出てくるとボードも滑るようになるが、行き過ぎると八方沢に落ち込んでしまうので注意したい。我々は1380m辺りで沢から左側の樹林帯へと入った。しかし、左に回り込みすぎてしまい再度進路を修正。1280m辺りからは程良い斜度のブナ疎林になり、スキーもボードも快適な滑降が楽しめる。今回のルートでは一番の斜面である。その後は緩斜面となり、標高を下げたことで雪も重くなってきたのでスキー隊が先行する。湿った雪がストックのリングに団子のように付くので、時々ストックを木にぶつけて振り落とす。少し開けた平坦地にあるロボット観測所を過ぎると、八方沢と鍋倉不動沢に挟まれた尾根はぐっと細くなってくる。この辺りに鍋倉不動があったはずと思ったが、どうやら気づかず通り過ぎてしまったらしい。いよいよ雪は重くなり、まるで春雪のようになってきた。細尾根の急斜面に差しかかると、緩んだ表層があちこち小さく雪崩れている。そんな斜面でも今日のメンバーは、自分で慎重にラインを選び降りてくれる。やがて蔵王ダムが見えてきたので、細尾根から左の斜面に降りていくと急傾斜のトラバースになる。かなり雪崩れそうな雰囲気なので、少し登り返してラインを変え葉ノ木沢の堰堤付近に降りた。

                         葉ノ木沢を渡る
f0170180_2393217.jpg


                         雪崩箇所のトラバース
f0170180_2424899.jpg


                         蔵王ダム管理所
f0170180_2434252.jpg


                         蔵王ダムからの雁戸山
f0170180_2453023.jpg


                         ようやく通行止めバリケードに到着
f0170180_2493244.jpg
                         
さて、後は葉ノ木沢を渡って林道を下るだけと、橋を探すが見当たらない。しばらく右往左往して探したが、結局あきらめて何とか石の上に乗り渡渉した。どうも以前も無かったようで、記憶なんてあまり当てにならないものだと思う。他にも勘違いがあったりでだいぶ時間をロスしてしまった。林道はスノーシェッドまで少し登りがあるのでシールで歩く。途中3箇所ほど林道が雪崩れて埋まっていた。注意してトラバースしたい。蔵王ダム管理所まで来たので、あとはもうひと滑りと思ったが、そうは問屋が卸さなかった。除雪が徹底しているのか、雪解けが早いのか、路面があちこち露出していて滑ることができない。結局車のデポ地点まで、40分以上も歩くハメになってしまった。そんなこんなで計画よりだいぶ遅れてデポ地点に到着。とはいえ、アップダウンのあるロングルートに不向きなボードもいたのだから、まずまずとも言えるだろう。天気とメンバーに恵まれ、最高の条件で蔵王ダム下りが出来たことに満足である。

                         GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_2543374.jpg


by torasan-819 | 2015-02-26 03:18 | 山スキー | Comments(10)
Commented by morino1200tb at 2015-02-26 12:47
最高の天気の中での滑走、良かったですね。
我々が下山の時に見たトレースは、トラさんたちの登りの時のものだったようです。
次回も天気が良くなるように、みんなでお天気祭りに精を出しましょう(笑)
Commented by torasan-819 at 2015-02-26 21:51
morino1200tbさん
山にとって快晴は最高のエッセンスですね。
でも悪い天気の時も嫌いではないのですよ(^_^;)
どんなときでも楽しむ余裕が欲しいですよね。
Commented by Mt.Racco at 2015-02-27 12:09 x
あ~、このルート。
「東北山スキー100」に掲載されていて以前から妙味があったのです。いいな~♪

デポ車の手配さえ付けば直ぐにでも行きたいルートです。
大変参考になりました。
ありがとうございます。
Commented by torasan-819 at 2015-02-27 18:24
Mt.Raccoさん
そうですね掲載されてます。
このルートはギリで3月上旬までかなと思います。それ以降は下の方で雪が切れまくってくるでしょう。
それさえ覚悟して登山道を歩くよというなら行けますが。
ご検討ください。
Commented by superdioaf27 at 2015-02-27 21:07 x
こんばんは、この日は蔵王ダム下りだったんですね、お疲れ様でした♪
自分も4年前に下から挑戦したことがありましたけど、最近はダムまで車で入れないのでしょうか?
まあ、確かに車道も狭くて雪崩が怖い道だったような気がするので(汗)、このコースは途中敗退のままでほったらかし状態になりそうです・・・(苦笑)。
Commented by NON at 2015-02-27 21:45 x
くー羨ましい 青い空と樹氷原 雪の白さが目に染みるわ!
私が行く日と、お天気がドンピシャ当たる時が来年こそあって欲しい。
沢渡り、雪崩箇所トラバースは怖そう!
Commented by torasan-819 at 2015-02-27 22:42
superdioaf27さん
私もデポ車の手配が出来ないときは下からのピストンも考えてました(^^ゞ
しばらく前からダム管理所までは入れないようです。バリケードを動かせば入れますが、さすがにそれはちょっとね。
superdioaf27さんならピストンは楽勝でしょう。是非リトライを(^^)v
Commented by torasan-819 at 2015-02-27 22:48
NONさん
何度も言いますが山に合わせましょう(笑)
ジモティの我々でも天気を見て行く山を決めてますから。
いいですか~天気を見て決めるんですよ、自然には逆らえませんから。
あるいは10日間ほど滞在すれば、1日くらいは良い日があるでしょう(^^ゞ
Commented by maro7 at 2015-02-28 20:27 x
この日は最高の天気でしたね。
わずかの時間差で、皆さんが先行してた。
地蔵から蔵王ダムは羨望ですが、歩きではこれゃ無理だね。
そうのうちお会いしましょう。(^^)
Commented by torasan-819 at 2015-02-28 22:37
maro7さん
この日は天気に誘われていろんな方がライザから登っていたようです。
蔵王ダム下りは深雪でなければ歩きで十分行けると思いますよ。
やれるかやれないか可能性をあれこれ考えてみるのも面白いものですね。
さて春の足音が聞こえてきましたが、気持ちはまだまだ雪山に向いてます。


<< 山登りアーカイブス 2009年...      山岳遭難防止対策協議会冬山救助訓練 >>