2015年 02月 24日
山岳遭難防止対策協議会冬山救助訓練
f0170180_19491719.jpg

2月22日は宮城県山岳遭難防止対策協議会白石支部の冬山救助訓練。4班に分かれ3つの班は、ビーコン捜索、プローブ捜索、スコップによる掘り出しと雪洞掘り、ストレッチャー搬送訓練を実施した。もう1班は、刈田岳避難小屋の点検と備蓄品(ヘルメット、マスク等)の確認、携帯電話の電波状態の確認のためにスキーで登った。最近は蔵王火山が活動を活発化しており、そのことに対する訓練として行われた。いつもの訓練は山遭協隊員と警察署員で行っているのだが、今回は消防本部からも参加があり、総勢40名と結構大がかりな訓練となった。
ストレッチャー搬送訓練では、消防の物と警察で新たに購入した物の2台で行ったが、時間の関係もあり実際に曳いての搬送はほんのさわり程度しか出来なかったのが残念。次回はもう少し本格的な訓練を期待したい。とにかく訓練は反復練習しかない。いざというとき使えるように、自分のスキルを磨いておくことが肝心であろう。とはいえ、訓練は行っても実際の遭難現場で使う機会がないのが一番なのだが。




                         宮城蔵王の大黒天の斜面で訓練
f0170180_20321574.jpg


                         プローブによる捜索
f0170180_20332950.jpg


                         ビーコン捜索
f0170180_20343843.jpg


                         要救助者の掘り出し
f0170180_20384248.jpg


                         スケッドストレッチャー搬送
f0170180_20453688.jpg

f0170180_20404964.jpg


                         訓練中の脇を樹氷見物の雪上車が登っていく
f0170180_2043895.jpg


by torasan-819 | 2015-02-24 20:47 | | Comments(6)
Commented by tabi-syashin at 2015-02-25 23:21
訓練ご苦労様でした。。。いつも訓練に参加して そのたび思うことは
あのデブリの硬さでどうやって短時間で掘り出すかですね。
ビーコンとプローブを携行するにしても、スコップがパーティで1、2台では掘れません。

個人装備でスコップを携行しないと、雪崩からの救出は難しい気がしてます。
もっとも2mの深さでは生存率も低いし・・・ 第2波でこっちもやられちゃいそうです。
といっても 自分もスノスコ買っていません。 冬山を甘くはみてませんが、、、
Commented by torasan-819 at 2015-02-26 03:30
tabi-syashinさん
硬いデブリの時に掘るのはかなり困難かと…
掘れる雪のときはとにかく掘るのがスコップの役目でしょうか。
スコップはビバークの時にも役立つし。
今はビーコンとプローブと合わせてスコップは、三種の神器として個人装備が常識になってますね。
Commented by tabi-syashin at 2015-02-26 08:33
トラさん おはようございます。

デッドマンをバイルに装着する簡易スコップはありますが・・・
鋭角なスノーアンカーなのでデブリに対してはスノスコより掘れます。
それにしても  10年前のビーコンじゃ・・・ 既に 廃物同然です(笑)

浦島太郎ですね 僕の装備はもう・・・雪山はムリだ。
ところで プローブは何メートルが白石では推奨してますか?
Commented by torasan-819 at 2015-02-27 07:57
tabi-syashinさん
プローブですが、遭対協では3m以上のものと言われておりますが、私の持っている物は2.6mです。ザックへの収納性とセルフレスキュー時の操作性からそうしています。長い方が良いとは思いますが、想定する場面が救出か捜索かでも変わってくるでしょうね。警察が持っているものは3m以上の物でした。彼らはセルフレスキューはほぼ無いわけで、捜索主体ですから。
Commented by tabi-syashin at 2015-02-27 21:05
こんばんわ。 救助主体だから・・・ その通りと思います。
三種の神器とはいえ 現場で使わないんじゃ 持つ意味がない。

ビーコンも数年で新型出るので 買い替えしないと・・・って(笑)
もう15年も 雪山から遠のいてるわけだから 遺憾です。

雪崩そうなルートは避ける、過信しない、、無事故のコツです。
Commented by torasan-819 at 2015-02-27 23:07
tabi-syashinさん
ビーコンは新しいものの方が良いとは聞きますが、まずは自分の持っているビーコンに習熟して使いこなすことが先決かなと思います。
さすがにシングルアンテナのビーコンは時代遅れですが、トリプルアンテナでなくともデュアルアンテナなら十分な性能でしょう。
雪崩に遭わないためには、雪崩の可能性のある場所に近づかないのが鉄則ですが、それでは面白くない(笑)
過信せず謙虚に、山に入らせてもらっているくらいの気持ちが必要なんでしょうね。


<< ライザスキー場からの蔵王ダム下...      読書「それでも わたしは山に登る」 >>