2015年 03月 16日
山登りアーカイブス 2009年3月18日~スノーシュー登山(蔵王・馬ノ神岳)
f0170180_22173558.jpg

このブログを開設した2009年3月下旬より以前に行った山登りについて、「山登りアーカイブス」として順を追ってアップしてきた。自分の山登り歴はそれほど長くはないが、それでもアップした記録は35本になった。それもこの馬ノ神岳の記事で終了となる。この次の山行からはすべて当ブログにアップしてきた。山登りアーカイブスの記事をアップしながら、当時の自分の気持ちを客観的に振り返ることが出来たように思う。経験も知識も乏しいながらもやる気だけはやたらにあり、貪欲に山登りをしていた時期が懐かしい。その大半が単独(ソロ)であり、このブログの題名でもある「ソロで生きる」に繋がっている。アップしながら振り返ると、ひとつひとつの山行が思い出深い。それらの積み重ねにより今の自分がある。



= 2009年3月18日 =
今日は天気がいいし午後から出勤なので、こんな日はもちろん山登りだ。ということで我が家から近い蔵王連峰の馬ノ神岳(1551m)に登った。この山は山頂までの登山道が無く、1040mあたりまでの林道があるだけだ。だから雪のない時に登るのはヤブとの格闘が必要でしんどい。昨年は水引入道から馬ノ神岳に登り返して東尾根を下った。今日は東尾根から登って馬ノ神岳山頂を経由し南東尾根で下るという計画だ。登山道の無い山を地図の等高線を見ながらルートを考えるのは楽しい。もっともこの頃馬ノ神岳はマニアックな山人に登られるようになってきたので、ネットで検索すると山行記録が見つけられる。今年は暖冬で雪が少なく、しかもどんどん融けてきているので、雪を利用して馬ノ神岳に登れるのもあと少しだろう。

今日は気温が上がるようだ。登ると暑くてジャケット、シャツと脱いでいき、結局Tシャツ1枚で山頂まで行ってしまった。標高が低いうちは腐れ雪だったが、標高1300mを超え尾根歩きになると新雪とまではいかないがフカフカの雪が続く。ただスノーシューの裏に雪が団子になって付いて歩きづらかった。普段はならないのだが、雪質とか気温とかが微妙に関係するのだろう。ブナ林の登りを頑張って尾根に出ると、下界の展望が一気に広がる。この尾根からの眺望は抜群で気持ちがいい。山頂は屏風岳の最高のビューポイントだ。屏風岳をこれほどの近さと迫力で眺められるのは、馬ノ神岳と後烏帽子岳しかない。しばし山頂からの眺めを楽しんだが、午後から仕事なので早々に下ることにする。気温が上がり斜面がクラストしていないのでトラバースしてショートカット。南東尾根をぐんぐん下っていく。馬ノ神岳は天然性カラマツの北限地だという。しかもニホンカラマツの仲間だが、分化し馬ノ神岳の固有種となっているザオウカラマツがあるらしい。次回ゆっくり出来るときに探してみよう。11:47に駐車場到着。急いで自宅に帰りシャワーを浴び、昼ご飯をかき込み12:45には自分のデスクに座った。こんなことが出来るのも自宅から山と職場が近いからであり感謝。来シーズンはこの馬ノ神岳に、スノーシュー仲間にも是非登って貰いたい。4時間15分の山行でGPSによると歩行距離11.3km、累積獲得標高871mであった。

コースタイム
7:32駐車場~8:11林道から東尾根に取り付く~10:08山頂10:17~10:28南東尾根~11:17林道~11:47駐車場



by torasan-819 | 2015-03-16 22:16 | 山登りアーカイブス | Comments(0)


<< 12人での吾妻山大沢下り ~ ...      蔵王・南屏風岳から権現沢への滑... >>