2015年 03月 20日
12人での吾妻山大沢下り ~ 2015年3月15日
f0170180_2339480.jpg

大沢下りは吾妻山域の中でも、日帰り可能なルートとしては最長の部類となる。スタートは天元台スキー場のゲレンデトップからで、少しの登りで稜線に出るとそこからは長い下りが始まり、奥羽本線大沢駅に下ることとなる。もちろん、発想力と脚力があれば吾妻山域では様々なルートも考えられるのだが、やはりクラシックルートはクラシックルートの良さがあり、何度でも訪れたくなるのだ。さて、この大沢下りを計画した当初は14日で、メンバーは5名ほどであった。当然増えるだろうとは思っていたが、数日前に天気の動きを見て15日に変更した後も参加申し込みが続き、最終的に12名の大人数となった。山スキーのツアーでは通常、これほどの人数となることは少ない。ましてやロングルートである。人数が増えると不確定要素が多くなるし、行動時間も延びがちになり、ロングルートでは踏破出来ない場合もあり得るからだ。しかし、幸い日曜日は好天で風も穏やかのようである。下りメインのルートなので脚力の心配もあまりないので、最大限受け入れてみようと考えた。視界や風の問題がなければ、大沢下りでは特に難しい箇所はないからであり、なるべく多くの人にこのルートを体験してもらいたいからでもある。


  山域山名   吾妻連峰 中大巓(1,963.6m) 藤十郎(1,825m) 東大巓(1,927.9m)
  山行期間   2015年3月15日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      快晴
  参加者    12人(L:トラ山・佐◯・河◯・坂◯・石◯・黒◯・大◯・◯井・結◯・◯樹・sharizaka・森◯)
  行程      天元台駐車場7:50=天元台高原駅=リフト終点8:50-9:04~中大巓9:26-9:44~人形石9:50~明月荘11:07~
          休憩11:30-11:56~忠ちゃん転ばし12:18~渋川12:40~砂盛13:20~吾妻山麓放牧場14:26~大沢駅15:12=天元台15:45
  行動時間   6時間8分
  移動距離   16.1km (GPS計測)
  累積標高差 +544m -1,887m (GPS計測)





                         リフトでゲレンデトップへ
f0170180_1915378.jpg


                         樹氷の森を中大巓へと登る
f0170180_1973537.jpg


                         なだらかな西吾妻山と右後ろに頭が見える西大巓
f0170180_19291166.jpg


                         中大巓の山頂にて
f0170180_19313878.jpg


天元台に向かう前に大沢駅に車をデポする必要がある。しかし、旧駅にある転回場所を確認すると、狭くて普通車2台を置くのは気が引けた。○樹さんの提案にしたがい集落手前のカーブ、道路脇のスペースに2台をデポした。少し待つと佐○車が現れたので乗り込み天元台へと移動する。大沢下りで天元台に戻るには、こうして車をデポするか、電車とバスを利用することになる。天元台ロープウェイの湯元駅へ35分ほどかけて移動。既に他のメンバーは全員揃っていた。ロープウェイの運転開始は土日休日は8時からだが、始発には間に合わず次の便に乗り込む。さらにリフトを3本乗り継いで1820mのゲレンデトップへ。今日はまったくもって天気が良い。朝日も月山も蔵王も鳥海もくっきりと見えている。しかも風は微風で、これからのツアーに期待が高まる。ビーコンチェックをして斜面に取り付く。いつもは左へトラバースして人形石を目指すのだが、今日はいったん中大巓に右から巻き込むようにして登り、そこからツアーのスタートを切ることにした。初顔合わせのメンバーもいるので、中大巓の山頂付近で自己紹介をする。なお、老若男女12名のうち3名は、今シーズンから山スキーを始めたばかりの初心者だ。中大巓からは吾妻連峰の緩やかな尾根が一望できる。西吾妻山へと登っていくパーティーも見える。

                         緩やかな尾根を滑り出す
f0170180_633322.jpg


                         人形石を通過
f0170180_23492532.jpg

                         
                         緩斜面を滑り降りる
f0170180_636433.jpg


                         再びシールを貼って歩く
f0170180_7241240.jpg


                         ツアーコース標識はいつ頃の物だろうか
f0170180_7255169.jpg


                         東大巓を左から巻く
f0170180_2152634.jpg


                         明月荘に到着
f0170180_216334.jpg


シールを剥がして緩斜面を滑り出す。人形石を過ぎるとちょっとした斜面になり小ピーク手前の平坦地へと滑り込むが、ウインドパックの雪に板を取られ何人か転倒。ここからは僅かな登りがあり、小ピークを左に見て籐十郎と弥平衛平の鞍部まで僅かながらアップダウンがある。雪が締まっていればシールに頼らなくとも進むことが出来るのだが、今日は軽く雪が積もっていてトレースも無いのでシールを貼ることにした。籐十郎のすぐ先の小ピークを左から回り込み、東大巓との鞍部に出る。人形石からシールを付けないで来たとしても、ここから次の目標である明月荘までは登りがあるので、いずれにしてもシールを貼ることになるポイントだ。明月荘手前は弥平衛平という平坦地になっている。視界が無いときは、なかなか明月荘を見つけられないこともある。そんなときは鞍部から東へと東大巓のピークを目指し、ピークから90度左に進路を振って明月荘を目指すと見つけやすい。しかし、今日のように視界があれば、何も考えずとも東大巓の北斜面をトラバースし、ショートカットするように明月荘を目指すことが出来る。明月荘には予定より少し早く到着。ここで昼食休憩とも考えたが、少し風があるので先に進むことにする。

                         小屋から平坦な雪原を真北へ進む
f0170180_21245280.jpg


                         通称クジラの大斜面を滑る
f0170180_21271112.jpg


                         爽快に滑る
f0170180_2315163.jpg


                         クジラの大斜面を振り返る
f0170180_21282748.jpg


                         楽しい昼食タイム
f0170180_21294657.jpg


                         ツアーコースの標識
f0170180_21313894.jpg


                         忠ちゃんころばしの急斜面(石◯さん)
f0170180_21441671.jpg


                         忠ちゃんころばしの急斜面(sharizakaさん)
f0170180_2149958.jpg


                         転倒して雪まみれでも楽しい
f0170180_2151370.jpg


平坦地形を北へ進むと斜面の肩に出る。渋川の源頭斜面だ。クジラの背と呼ばれる渋川左岸尾根へと滑り、樹林帯に入ったところで昼食とした。思ったとおり風もなく、暖かい日ざしの中で昼食を広げる。静かで穏やかな雪山の中で過ごす時間は、まさに至福のひとときで、浮き世を忘れるとはこのことかと思う。その後は「忠ちゃんころばし」である。樹林帯の中にぽっかり開いた急斜面であり、雪崩れそうに見える斜面でもある。気温が上がってきたが北斜面ということもあり、しっかりフカフカのパウダーが残っている。トップの石○さんが斜面を横カットしないようにフォールラインでドロップ。斜面は安定しているようなので1人ずつ間隔を空けて続く。ビギナーの3人も臆することなくドロップするのには感心するとともに、これからが楽しみになってくる。

                         忠ちゃんころばしの斜面が見える
f0170180_21583464.jpg


                         忠ちゃんころばしのシュプール
f0170180_2213259.jpg


                         砂盛の急斜面(河○さん)
f0170180_22163499.jpg


                         砂盛の急斜面(佐○さん)
f0170180_22175570.jpg


                         大小屋川右俣渡渉点
f0170180_2221138.jpg


                         大小屋川左俣渡渉点
f0170180_22243684.jpg


渋川を横断して砂盛と呼ばれる小ピークの右肩へと、かなり上がってきた気温に汗をかきながら3度目のシール登高。その先は大小屋川右俣の源頭部の、標高差150mほどの急斜面になる。ここも北斜面なので、沢にはたっぷりとパウダーが溜まっていて楽しめた。林道のある大小屋川右俣寄りを下るとスノーモービルのトレースがうるさいので、左俣の方へと逃げて沢を横断しひと息つく。ここまで来れば先が見えてきた。

                         吾妻山麓放牧場に出る
f0170180_2226174.jpg


                         思ったより雪が良く板が走る
f0170180_22273079.jpg


                         牧場の建物から先は林道を滑る
f0170180_22295268.jpg


                         大沢駅へと下る
f0170180_22304071.jpg


                         大沢駅への案内板
f0170180_22313077.jpg


                         分かりにくい分岐を右へ
f0170180_22344678.jpg


                         旧大沢スキー場の建物
f0170180_22373132.jpg


                         大沢駅に到着
f0170180_22381836.jpg


                         着いたところは旧駅と言うことらしい
f0170180_22395359.jpg


緩斜面になる吾妻山麓放牧場では、雪が腐りスキーが走らないのではと心配したが、思いのほか腐っておらずスキーが走ったのは嬉しい誤算だ。牧場から先はスノーモービルで固められた林道を滑る。大沢駅への分岐は、トレースが無いととても道には見えないので注意したい。小さい看板が左側にあるにはあるが見落としやすい。今日もトレースは無く、メンバーは半信半疑で進んでいく。大沢スキー場跡を通り、予定より12分遅れで大沢駅に到着した。デポ車を取りに行き、6人ずつ乗り込んで天元台へと車を走らせた。

今回は天候と雪にも恵まれ、メンバーの足並みも揃って楽しいツアーとなった。天元台のロープウェーとリフトを利用しての大沢下りは、今日のように条件が良ければ体力的にも無理なくロングツアーが出来る魅力的なコースだ。しかし、視界が無い場合などはその地形ゆえ、慣れた者でもルートファインディングに苦労することになる。準備と装備を怠ってはならないコースでもある。吾妻山域では毎年遭難が発生しており、今年も1月に天元台から登った登山者が行方不明となり、未だに発見されていない。

                         GPSトラック
f0170180_23255817.jpg


by torasan-819 | 2015-03-20 22:51 | 山スキー | Comments(8)
Commented by tabi-syashin at 2015-03-24 10:54
こんにちわ 大変面白かったです。
このコースがあるのを知っていても 地元の山岳会につい任せきりで、どなたかがクラシックコースの総集編でもやらない限り 写真無しの過去の記録が存在するだけですもんね。吾妻のクラシックコースに光を宛がったのは本編では二度目でしょうか?

一つは昭和34年に吾妻スカイラインができる前まで、宗川旅館からのコースが賑わっていて各大学スキー部が吾妻山に登ったとされています。これも雪崩で家形ヒュッテが潰され管理人が亡くなってからは衰退かな?安達太良、沼尻と縦走が計画され吾妻小舎が中継基地の役目を果たしていたようです。土湯温泉からの高山コースもその一つですね。
大沢下りは昭和32年に山形県が名月荘を作り、米沢商工観光係が管理(泊200円)していた頃は山スキー全盛のころだったようです。ゲレンデスキーが山スキーにとって代わるのはその後でしょうか?大沢駅も奥羽本線4つあったスイッチバック駅の一つですね。旧駅というのはスイッチバック駅の引込線にあるホームですね。

これに若布平コースと高山コースが加わればできあがりかな? 若布平は記録がたくさんあるから別にいいかな? 総集編、一人じゃできなくとも皆でやれば一挙にできあがって・・・やっぱり山岳会って楽しいですね!
Commented by fck_mototyan at 2015-03-24 21:48
登りが少ない割にけっこうな満足感を得られました。転んだくらいで斜面の名前がつくんですね。私も転んだり、登り返したりして、斜面の名前つけたいですね( ̄▽ ̄)
Commented by torasan-819 at 2015-03-25 06:51
tabi-syashinさん
吾妻のクラシックルートは大沢下りの他にも、大平下り、五色~高湯、若女平などを歩いています。タグで「吾妻山」をググって過去記事いただければと思います。
特に五色温泉宗川旅館からのコースは板倉勝宣の「五色温泉スキー日記」を読むと当時のことが分かり面白いです。しかし、現在このコースを歩くのは年に1パーティーあるかどうかでしょう。地元の山岳会として何とか歩き続けたいとは思っていますが。
大沢駅は周辺の集落も寂れて乗車客が1日平均5人程度のようで、将来はどうなるのかと思ってしまいます。駅が閉鎖された場合、今回のように車利用なら問題はないのですが、今はある程度来ている関東圏からのJR利用のパーティーが途絶えてしまうことになりますから。
吾妻山は広いので、私も歩いていないルートがまだまだあります。高湯~土湯もそうです。今シーズンは福島市の入山規制で出来ませんが、来シーズンはと思っています。
Commented by torasan-819 at 2015-03-25 06:55
fck_mototyanさん
登りは少ないのですが、変化があり面白いルートだと思います。いかにもツアーをやったという感じがしますよね。斜面の名前は付けて言ったもん勝ちですから、忠ちゃん転ばしも誰かが言ったのが口伝えに広まり定着したんでしょうね。
Commented by tabi-syashin at 2015-03-25 15:08 x
おおっ!こんなに一杯?見落としてました。あとは土湯-高山-吾妻小舎と吾妻小舎-土湯峠-安達太良-沼尻が無いだけですか?すごいですね。立教大スキークラブに負けじ劣らじですな。

思い出した。間々川があんなに雪で埋まってるなんて初めてみました。火焔滝は登りましたがその上2つの垂直大滝の先が渡渉点でしたっけ?夏道どおりかな。 若女平の先の細尾根はビビりますが、折れた板で小回りで無理矢理降りたことがあります。その先の片斜面はほぼ横滑りでしたっけ・・・。
Commented by torasan-819 at 2015-03-25 19:11
tabi-syashinさん
私のブログは過去記事が自分でも探しにくいので、何とかしないと思ってましたので少々お待ちくださいませ。
吾妻山はなだらかな稜線が続きツアーに適しているので、歩ききれないほどのルートがありますよね。山スキーでは吾妻山をフィールドのひとつとして通っているので、それなりの山行回数になりました。それでも、籐十郎から下って間々川を渡渉する大平コースはまだ1回しか滑ったことがありません。何とか還暦までには歩ききりたいのですが、どうなりますことやら。
Commented by 熊五郎 at 2015-03-25 20:09 x
当日は天気がすごく良かったですね。
私は雄国沼に行ったのですが顔が日焼けして、次の日職場で目立ちまくりでした。

素晴らしいロングルートですね。でも視界が悪かったりしたら苦行のルートになりそうです^^;
気持ち良さそうだなぁ。

Commented by torasan-819 at 2015-03-26 07:47
熊五郎さん
私も日焼け止め塗っててもガン黒です(笑)
吾妻山は尾根の地形が平坦なので視界が無いときは緊張します。
条件が良いときも悪いときも山スキーなのですね。


<< W屏風をワンデイ滑降 ~ 20...      山登りアーカイブス 2009年... >>