2015年 03月 27日
W屏風をワンデイ滑降 ~ 2015年3月21日
f0170180_18135620.jpg

積雪期に南蔵王を仰ぎ見ると、まるで白い衝立か壁のように見えるのが屏風岳(北屏風)と南屏風岳(南屏風)の東面である。朝日を浴びれば白く輝き、非常に魅力的な姿となって目に映る。我が家から南屏風岳までは直線距離で約16kmなので良く見え、毎朝起きると確認するのが習慣になっている。厳冬期は雲を被っていることの多い稜線だが、3月に入ると徐々に安定してきて晴れ間が増えてくる。週末山スキーヤーにとっては、滑るチャンスが増えてくる時期なのだ。しかし、7日8日に行った南屏風ではガスのため満足に滑ることができなかった。さて、21日は好天の予報なので北屏風にトライしようと考えていたが、せっかくの好条件なので南屏風も含めてワンデイで滑ったら面白いだろうと考え計画してみた。懸念事項は19日にまとまった降雨があったことだ。それが斜面の雪にどのように影響しているのか分からなかったが、それは現地で判断するしかない。ワンデイでW(ダブル)屏風を滑るとするとルートはいくつか考えられるが、今回はすみかわスキー場を出発点とし白石スキー場に降りる縦走形式とした。メンバーは自分以外に4人。いずれもお馴染みのメンバーである。


  山域山名   蔵王連峰 屏風岳(1,825m) 南屏風岳(1,810m)
  山行期間   2015年3月21日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    5人(L:トラ山・◯樹・加◯・藤◯・黒◯)
  行程      すみかわスキー場7:15-7:30~澄川8:45~屏風岳11:35-12:01~昼食休憩12:17-12:43~水引平12:57~
          南屏風岳14:18-14:30~白石スキー場15:20
  行動時間   7時間50分
  移動距離   14.2km (GPS計測)
  累積標高差 +1,252m -1,524m (GPS計測)





                         蔵王遠景
f0170180_08025610.jpg



                 屏風岳の北尾根を目指す(左下が澄川になる)
f0170180_12511980.jpg


                 井戸沢を渡る(すぐ下流は滝)
f0170180_12534951.jpg


                 澄川の渡渉箇所
f0170180_12592438.jpg


                 雪面は固くうねりもあり歩きにくい
f0170180_16114877.jpg


白石スキー場に○樹さんの車をデポし、すみかわスキー場へと移動する。準備をして予定より少し早く歩き始めた。冬期間は雪上車道となっている観光道路を登っていく。道路が澄川左岸に近づいたところで下降点をうかがい、1330mで左手の樹林に入った。下降するとすぐ井戸沢だが、すぐ下流は滝で切れ落ちており、もっと上で下降した方が良さそうだ。井戸沢の右岸は澄川の左岸でもある。この辺だろうと思う箇所から急斜面を下降する。雪面が固いので慎重に下り澄川に降り立つ。澄川はこの辺りでは雪で埋まっているが、少し下流では口を開けているし、さらに下は滝となって落ちている。難なく対岸に渡り、樹林帯の斜面に取り付く。急斜面で雪も固いのでちょっと手こずるが、やがて尾根に乗りひと息つく。ここは屏風岳の北尾根末端になる。オオシラビソの樹林の中を登り標高を上げていく。うねりがあって歩きにくい上に、ところによっては雪が固く凍っていてスキーのエッジも効かない。こうなってくると北屏風の斜面状況が大変気になる。はたして滑ることは可能だろうか。とにかく現地判断するしかない。

                 左には後烏帽子岳
f0170180_1629389.jpg


                 杉ヶ峰~前山の稜線
f0170180_16302935.jpg


                 北屏風の壁が見えてきた
f0170180_1632201.jpg


                 クラックができ始めている
f0170180_16363336.jpg


                 壁の状態は良さそうだ
f0170180_16424512.jpg


                 北には刈田岳と熊野岳
f0170180_16461811.jpg


                 稜線には雪庇が発達している               
f0170180_1722459.jpg


森林限界を超えると視界が広がる。左にはすぐ間近に後烏帽子岳、右には前山から杉ヶ峰の稜線の向こうに直線距離で50㎞の朝日連峰。今この瞬間に此処にいられることに感謝したくなる眺めだ。杉ヶ峰の東面に縦溝が見えた。1700m以上でも雨が降ったということであり、さらに心配が増してくる。やはり1600mを超えてもまだ雪はガリガリだったが、そのうち斜度が緩やかになり北斜面から西斜面に変化すると、雪がやや緩んできたように感じる。東斜面に寄ってストックで突いてみると、表面がゆるんできている。日射と気温上昇のお陰だろう。切れ落ちた東斜面を観察しながら歩いていく。屏風岳の稜線は雪庇が発達しているので、エントリーポイントは雪庇を避けられるところということになる。山頂の少し手前に良さそうなところがあり、今日のエントリーポイントとした。山頂直下も魅力的なのだが、滑り出しの斜度が50度以上にもなるので、W屏風の滑降が主目的である今日は見送ることにした。

                 トップは◯樹さん
f0170180_16591727.jpg


                 ドロップ!
f0170180_17001.jpg

f0170180_1704849.jpg

f0170180_1711585.jpg


                 藤◯さん
f0170180_1741086.jpg


                 加◯さん
f0170180_1751586.jpg


                 ワタクシ
f0170180_179992.jpg


                 大斜面に酔いしれる
f0170180_1762429.jpg


                 黒◯君
f0170180_17151197.jpg


                 斜面によっては縦溝が目立つ
f0170180_18164915.jpg


                 南へトラバースする
f0170180_18251823.jpg
                 
                 まったりと昼食休憩
f0170180_18262873.jpg


さて、いよいよ滑降だ。斜面の雪もゆるみ始め、まずまずのコンディションである。雨が流れたことによる縦溝はあるが、それほど深いものではなく滑降にさほど支障はないだろう。準備をして自分に気合いを入れる。藤○さんが斜面を覗き込み吸い込まれそうだと言う。そう、それも魅力なのだ。◯樹さんにトップでの滑降を勧める。◯樹さんは斜面に横に滑り込み少し観察していたが、意を決してスキーを下に向けた。ジャンプターンを1回2回すると、エッジを引っかけたようで転倒した。思わず滑落かと息を呑んだが、とっさに体勢を立て直して事なきを得た。今滑っている斜面は下部までクリーンだが、落ちて良いわけがない。続いて北屏風の壁を滑るのは初めてとなる3人が続き、最後に自分がドロップした。壁の中ほどまで下降すると斜度も落ち着く。予定では壁の基部まで滑り、秋山沢の支沢を登り返す計画でいた。しかし、ここまで予定より時間がかかっており、登り返しの標高差を考えると南屏風が厳しくなるので、壁の中ほどからトラバースすることにした。主稜線と水引入道のコルである水引平の下までトラバースし、昼食休憩とした。稜線とは違い三方を斜面に囲まれ、暖かく静かで穏やかなので、山に包み込まれているような心地よさがある。

                         水引平へ登る
f0170180_18281674.jpg


                         水引平
f0170180_1829673.jpg


                         左が南屏風で右が北屏風
f0170180_6552823.jpg


                         南屏風
f0170180_6582623.jpg

f0170180_78181.jpg


                         急斜面をトラバース
f0170180_6594624.jpg


                         稜線に乗る
f0170180_715263.jpg


                         斜面状況を観察する
f0170180_735273.jpg


                         縦溝はあるが深くはない
f0170180_75213.jpg


シールで水引平に登ると南屏風の壁が見えてくる。ここから夏道どおりに稜線に登ろうとすると、かなりの急斜面でシール登高はできない。スキーを担ぎツボ足で登るかとも考えたが、斜面をトラバースして稜線に乗ることにした。7日に行ったトラバースを逆からするということだ。この斜面は雪解けが進むと雪崩れることもある。まだこの時期は大丈夫とは思うが、間隔を開けてトラバースしていく。声がしたので振り返ると、藤○さんが滑り落ちていくところだった。雪が柔らかいのでゆっくりなのだが、なかなか止まらない。高さで20mほど落ちてようやく止まった。我々は一足先に稜線に到達し、藤◯さんが登り返してくるのを待ちながら斜面を観察した。こちらの斜面にも縦溝は入っているが、支障はない程度で大丈夫だ。単独のスキーヤーが歩いてきたので話しをすると、壁をこれから滑るのだという。彼は我々より北寄りの斜面を滑るつもりのようだ。これまで何度も北と南の屏風を滑ったが、他のパーティーと遇ったことはなかったので何か嬉しくなる。

                         いよいよ滑降
f0170180_765718.jpg


                         トップでドロップする
f0170180_7103477.jpg


                         加◯さん
f0170180_712544.jpg


                         黒◯君
f0170180_720111.jpg


                         藤◯さん
f0170180_7175264.jpg


                         滑り終えた南屏風の壁
f0170180_7321375.jpg


                         コガ沢を下降
f0170180_7332638.jpg


今度は自分がトップでドロップさせてもらう。いやはや愉快痛快。壁の下まで標高差400mの滑降は最高だった。下から壁を見上げる皆の表情にも満足感が溢れている。後はコガ沢を下降するのみ。雨で沢の口はどうなっているかと思ったが、意外や以前より雪で埋まっているところもあった。雨と気温により両岸が雪崩れて沢を埋めたようで、穴に気をつければ4月上旬までは滑ることができるだろう。右岸をひと登りし、スキー場の下部に滑り込んでW屏風のワンデイ滑降を終えた。今回は1日で両方の屏風の壁を滑るという試みだったが、天候に恵まれ雪も思ったより良く、まずまずの成果を得られることが出来た。惜しむらくは北屏風を壁の基部まで滑り降りなかったことだが、それは次回の課題としよう。

※屏風の壁は急斜面です。滑降には雪質の判断、エントリーポイントの選択、雪崩への注意が不可欠であり、滑降には十分な配慮が必要です。
※画像は同行3人の撮ったものも多数使用しました。感謝。

                         GPSトラック
f0170180_7404055.jpg


by torasan-819 | 2015-03-27 07:51 | 山スキー | Comments(6)
Commented by tabi-syashin at 2015-03-27 11:34 x
最高! スキーはいいですねぇ!
タイミングもばっちりですね さすが 地元だ。
すばらしい斜面、すばらしい青空・・・ 走るスキー!
Commented by utinopetika2 at 2015-03-27 21:09
一枚目のお写真、痺れますねぇ~グッときます。
トラバースのお写真もいいですねぇ~
皆さん、さすがです。
この時期の屏風岳は、極めて美しく思えます。
厳冬期の尖がってみえていた表情はなく、丸くなった雪面がとても優しく感じます。
因みに、我が家から屏風岳まで、直線距離でで50キロほど離れているのですが、通勤路からは良く見えます。
私も山さえ見えれば、思いを馳せています。
でもま、気持ちだけで、この時期は極めて遠く感じますが・・・
Commented by torasan-819 at 2015-03-28 18:30
tabi-syashinさん
そうですねスキーは最高!です。
白い斜面と青い空があれば幸せです。
山に登って良かった、山スキーやってて良かったと思える日でした。
Commented by torasan-819 at 2015-03-28 18:34
utinopetika2さん
屏風岳はそんなに敷居は高くないですよ。
スノーシューで登ってみてはいかがでしょうか?
不忘山経由がよろしいかと思います。
行動時間は9時間見れば大丈夫でしょう。
Commented by sharizaka at 2015-03-28 21:34
ワンデイW屏風、興味ありありだったんですが、スイマセン、栗駒に浮気してました。
それにしてもヨダレが出そうないい斜面。いつか南も滑ってみたいものです。
Commented by torasan-819 at 2015-03-28 22:07
sharizakaさん
栗駒も良さそうですね。ワタクシ実は栗駒では滑ったことが無いんです(^^ゞ
今日は白石スキー場で滑っていたとのことですから、そのまま登って南屏風を滑るという考えはなかったんですか(笑)
山は逃げませんがチャンスは逃げますからね~
南屏風お付き合いしますよ(^^)v


<< 北屏風画像      12人での吾妻山大沢下り ~ ... >>