2015年 03月 30日
蔵王・丸山沢の滑降 ~ 2015年3月28日
f0170180_771015.jpg

この時期になると丸山沢が気になってくる。そろそろ滑りにいこうかと。ワンパターンと言えばワンパターンなのだが、何度滑っても飽きない魅力があるのだ。今回は丸山沢は初めての若者2人を誘った。2人とも自分より30歳近く若くて子供のような年齢。とはいえ山ではあまり年齢差を感じないから不思議だ。とにかく登りで待ってもらったりすることのないよう頑張ろう。


  山域山名   蔵王連峰 丸山沢
  山行期間   2015年3月28日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・黒◯・羽◯)
  行程      すみかわスキー場9:38~ゲレンデトップ10:20~刈田岳避難小屋11:37~熊野岳避難小屋12:29-13:00~
          新噴気口13:26~濁川13:59~索道跡14:49~すみかわスキー場15:43
  行動時間   6時間5分
  移動距離   未計測
  累積標高差 未計測





                         ゲレンデを横目に登る
f0170180_22464385.jpg


                         中央コースから山頂を目指す
f0170180_22535116.jpg


                         足どりも軽快な羽◯さん
f0170180_6314178.jpg


すみかわスキー場のリフトは動いているが、当然のごとく今日も下から歩いて登る。回数券が余っているので自分はリフトに乗ると言っていた羽◯さんも結局歩く。今日はゲレンデではなく、沢を1本挟んだ北側を登っていく。そのうち左手には先週登った屏風岳北尾根が見えてくる。羽◯さんはボーダーなのでスノーシューだが、雪が締まっているとスキーより速いほどだ。こんな時ばかりはスノーシューの軽快さが羨ましい。40分少々でゲレンデトップを通過、中央コースを登っていく。風はあるがそれほど強くはない。風はあるが今日も快晴で気持ち良い。刈田岳の東尾根を山頂へと登っていくと、斜度が増してくる辺りでシール登高に苦労しているパーティーがいた。風に叩かれクラストしているが、登れないほどではない。お先に失礼とパスしたが、後から登ってきた黒◯君に聞くと後続を含めて渋滞になったとのこと。シールの性能にそれほど差はないと思うが、登り方で結構差が出るのがシール登高なのだ。

                         山頂の刈田嶺神社
f0170180_23225482.jpg


                         吾妻連峰がクッキリ見える
f0170180_03788.jpg


                         刈田岳から馬の背を振り返る
f0170180_647265.jpg


                         熊野岳避難小屋に到着
f0170180_644686.jpg


登山者でにぎわう刈田岳の山頂から馬の背へと進む。風はあるが馬の背としてはまだ弱い部類だ。先行していた羽◯さんを追っていたら、風で何か小物が前方を飛ばされていった。お釜の方へと飛ばされていくのを追いかけ、斜度が急になる手前でなんとか追いつき回収に成功。見ると羽◯さんの帽子だった。今ひとつ調子の上がらない黒◯君を時々待ちながらも、スタートから3時間弱で熊野岳避難小屋に到着。小屋には入らず外で昼食休憩。眺めも良いし風も穏やかで気持ちがよい。しかし、風があるせいか思ったより気温が上がらず雪が固い。はたして丸山沢はどうだろうか。滑り出しの斜面が氷結していなければいいのだが。とにかく行ってみての判断になる。

                         丸山沢源頭へ向かう
f0170180_649555.jpg


                         源頭部の急斜面
f0170180_729151.jpg


                         大斜面を滑降
f0170180_6571091.jpg

f0170180_658486.jpg

                         
                         ダイナミックな景観
f0170180_659343.jpg


                         「喉」へと滑り込む
f0170180_724811.jpg


                         「喉」を通過(雪が無ければ滝の箇所)
f0170180_775889.jpg


                         湯気を上げる新噴気口
f0170180_7115477.jpg


小屋から出てきた人が声をかけてきたので見ると、東北クライミング界重鎮の鈴木氏だった。4人パーティーで丸山沢とのことで、先に出発していった。昼食を済ませ我々もと後を追う。丸山沢源頭まではガリガリのバーンが続く。急斜面を覗きこむと、まだ緩んでなく硬い雪の所々にシュカブラの白い新雪が乗り、一定していない斜面。先行の鈴木パーティーのラインは右へとトラバースしている。しばし考え、我々も右側をドロップラインに選ぶ。自分がトップで滑り降りると、シュプールがつかないほどの固さで、快適とは言えないが滑るには支障のないレベル。羽◯さん、黒◯君と滑り降りてくる。大斜面の下まで来ると、いくぶん雪が緩んだ感じがする。その後も縦溝やシュカブラなどで荒れている雪面が続く。これまで何度も丸山沢を滑ったが、一番滑りにくい感じがした。それでもこの丸山沢のダイナミックな景観と変化に富んだ斜面は、そんな事など何も関係ないと思わせてくれるほどの魅力がある。しかし楽しい時間は短い。呆気なく新噴気口まで来てしまった。

                         濁沢へとトラバース
f0170180_7143183.jpg


                         ひよどり越えは標高差160m
f0170180_7171475.jpg


                         急斜面を直登する
f0170180_7205151.jpg


                         索道跡で丸山沢をバックに
f0170180_7252965.jpg


休憩していた鈴木パーティーと話しをしてから先行する。濁川への急斜面を我々は滑り降りたが、鈴木パーティーはアイゼンで下ってきた。濁川はしっかり埋まっているので渡渉に問題はない。スキーとボードを各々担ぎ、ひよどり越えの急斜面を登っていく。若者2名はアイゼン着用だが、トップでキックステップの自分はブーツのまま。雪は柔らかくなっているので特に問題は無い。索道跡まで登り切ってひと息つく。ここから眺める丸山沢などの景観がまた素晴らしい。賽の磧を横切り、足元をスキーに変えると新滝沢に滑り込んで車に戻った。やはり変化に富んだ丸山沢は面白い。行き帰りがもう少し楽であれば訪れる人も多いのだろう。しかし、これはこれで良いのかもしれない。

なお、丸山沢は大きな段差や穴が発生していることがあるので、要所要所で前方の状況を確認しながら滑降する必要がある。ひよどり越えは過去に滑落事例もあり、気温が低く雪が固いときはアイゼンが必要になると心得たい。また、おおむね5月GWまで滑ることができるが、気温や残雪の量によりかなり異なる。

※今回は珍しくGPSを忘れてしまったためトラック図はありません。
※これまでの丸山沢記録はこちら。2010年 2012年 2013年 2014年



by torasan-819 | 2015-03-30 07:32 | 山スキー | Comments(8)
Commented by tabi-syashin at 2015-03-30 22:26 x
先日の水曜日に、25ji定例会の最中らしい鈴木さんたちと
偶然ながら 同じ飲み屋でした(笑) 15年、ン?ぶり
あいかわず元気そうで、オタガイなによりでした。
Commented by torasan-819 at 2015-03-31 07:32
tabi-syashinさん
鈴木さんのスキー姿を見るのは初めてでした。元気でパワフルですね。経験と実績に裏打ちされた言葉は説得力があり重いです。
Commented by sharizaka at 2015-04-05 12:55
丸山沢行きたかったです・・・・。今シーズンはお預けですが。
上の方は縦溝でしょうか?。それにしても、あの景色は蔵王
にしてはホント素晴らしいところですね。
Commented by torasan-819 at 2015-04-05 20:49
sharizakaさん
縦溝は中間部にありました。上部は意外につるんとしてましたがガリガリです(^^ゞ ああいう景気の中を滑ると、山スキーをやってて良かったなと感じますね。
そろそろ富山での活動も開始でしょうか? レポート楽しみにしています。
Commented by NON at 2015-04-08 09:21 x
雪で埋まった丸山沢 すごい!
いいですね、滑ってみたいです。
ヒヨドリの登りが無ければ最高なのになぁ~^^
Commented by torasan-819 at 2015-04-08 22:27
NONさん
蔵王の中でも、滑ってもらいたいコースの筆頭がこの丸山沢です。
3月下旬以降が狙い時なので是非どうぞ。
ひよどり越えもまた楽しです(^^)v
Commented by NON at 2015-04-09 08:45 x
来シーズン、3月末丸山沢予約しておきます。
よろしくお願いします。
Commented by torasan-819 at 2015-04-09 19:11
NONさん
予約って…そんな気合い入れなくても(笑)
まあ自然の山が相手ですからタイミングが合えば程度にゆる~く考えておきましょう。
自分の都合ではなく、山に合わせるのが良い条件で登れる唯一の秘訣ですから。
とりあえずラジャー∠(@O@)ですが。


<< エドヒガンザクラ      北屏風画像 >>