2015年 04月 14日
会津駒ヶ岳 ~ 2015年4月12日
f0170180_2032097.jpg

  山域山名   会津駒ヶ岳(2,132.4m)
  山行期間   2015年4月12日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:佐◯・黒◯・トラ山)
  行程      駐車場6:10~ヘリポート跡7:45-8:00~1990m標高点9:54~山頂10:26-10:54~駒ノ小屋11:14~駐車場12:45
  行動時間   6時間35分
  移動距離   11.6km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,395m (GPS計測)※登り返し含む





                         登山者用駐車場よりスタート
f0170180_20105543.jpg


                         ここからスキーで歩く
f0170180_20121039.jpg


                         一部で路面が出ていた
f0170180_20131810.jpg


                         ガリガリの急登
f0170180_20153443.jpg


                         ヘリポート跡
f0170180_20163389.jpg


11日は自分が遅刻したせいで、福島市の佐○宅を予定より遅れて19時半近くに出発。福島県を縦断して23時過ぎに檜枝岐に到着。スキー場向かいの尾瀬の郷交流センター駐車場にテントを張る。我々以外にも登山者らしき車が駐車している。なお、近辺にコンビニなどは無いので要注意。軽く入山祝いをやって就寝。12日は午前5時前に起床。登山者用駐車場に移動すると、既に多くの車が停めてあった。ほとんどが関東圏のナンバーだ。テニスコートなど周辺には積雪があり、公衆トイレはまだ冬期閉鎖中だ。スキーを担いで国道352号を5分ほど歩くと、右手に滝沢登山口への標柱がある。ここから林道を右に入るが、雪があるのでスキーで歩いていける。3年前は時期が遅かったこともあり、かなり上まで雪が無かったことを思い出す。スキーで歩きだしてすぐ橋を渡ると、少し雪が切れていたがその上は問題なし。右カーブから林道を離れて冬ルートに入る。まだ朝早いので雪面は固い。スキーアイゼンを付けた佐○さんでさえ、ガリガリの急斜面に手こずっている。自分は腕力も使って強引に登る。1350mで平坦なヘリポート跡に登り上げてひと息ついた。しばらくして黒◯君がスキーを担いで登ってきた。滑り落ちてしまい時間がかかったとのこと。

                         ブナ林の中を登る
f0170180_20181344.jpg


                         オオシラビソとダケカンバの林に変わる
f0170180_20193751.jpg


                         2098mピークと大戸沢岳
f0170180_20231497.jpg


                         左手には燧ヶ岳
f0170180_2027259.jpg


                         山頂へとトラバース
f0170180_20301446.jpg


                         最後のひと登り
f0170180_20305476.jpg


ここからは尾根を夏道沿いに登っていく。急なところもあるが概ね登りやすい。朝日を背に浴びてブナ林を登っていくのは気持ちが良い。さすが会津駒ヶ岳は登山者が多い。前後に何パーティーも登っている。黒◯君が来ないのでしばらく待つ。またしても急登で10mほど滑り落ちてしまったとのこと。彼のスキー板がファットというのも影響しているのかもしれない。いずれにしても油断してはいけない。そのうち自分のシールにダンゴが付き始めてきた。ほかのメンバーは問題ない。今回もシールワックスを忘れたことが悔やまれるが手遅れだ。以降山頂近くまでダンゴに悩まされ、体力を消耗することとなってしまった。1600mを超えるとオオシラビソとダケカンバの林になってくる。右手に大戸沢岳が見えてきたが、手前の無名ピーク斜面は全層雪崩になりかかっている。左手には燧ヶ岳が見える。樹林帯を抜けると、駒ヶ岳への広い斜面が見えてきた。1990m標高点辺りでは登山者が行き交いにぎわっている。駒ノ小屋の方へ向かう人が多いが、我々は斜面をトラバースして直接山頂を目指す。真っ白な斜面をひと登りすると山頂である。

                         山頂で休憩
f0170180_2035366.jpg


                         山頂から大斜面を滑る
f0170180_20362836.jpg


                         駒ノ小屋に登り返す
f0170180_20374292.jpg


                         登ってきたちびっ子登山家(小2)
f0170180_20391416.jpg


                         沢の源頭へと滑る
f0170180_20414440.jpg


                         なんともメロウな斜面
f0170180_20455065.jpg


                         北斜面をトラバース
f0170180_20475862.jpg


風も無く穏やかな山頂で昼食休憩とする。山頂からは360度のパノラマが楽しめるが、この辺りの山域にはあまり馴染みがなく山名がサッパリわからないのが残念。佐○さんは小屋に向かい、黒◯君と自分は南東斜面を滑り降りる。いくぶん縦溝があるが、数センチ積もった新雪がカバーしてくれて滑りやすい。まだノートラックの真っさらな斜面にシュプールを刻むのは実に気持ちが良い。シールを貼って登り返すと、駒ノ小屋の近くで待っていてくれた佐○さんと合流。さて下降だが、登った道を辿るのはもったいない。眼下には素晴らしい斜面が広がっている。源六郎沢の方へ100mほど滑り降りてから、尾根の北斜面をトラバースし1850mで尾根に合わせた。

                         尾根に戻って滑る
f0170180_20531095.jpg


                         ブナ林の滑降
f0170180_20545729.jpg


                         ちょっと回り道
f0170180_2057221.jpg


                         お疲れさまでした
f0170180_20585781.jpg


尾根ではぞくぞくと登ってくるパーティーとスライド。山スキーが多いが、早朝に関東圏を出発すればこの時間なのだろう。1650mで小さな台地状になったところで再び尾根の北斜面を滑り、1450mで尾根に戻るとヘリポート跡はすぐだ。最後でちょっと回り道しながら滑り降りると、スキーを担いで駐車場へと戻った。駒ノ湯(500円)でゆっくりと汗を流すと、下道で帰途についた。

会津駒ヶ岳は今回の条件なら、サクサク登って滑れば5時間+αで往復可能だ。しかし、駆け足の山行はこの山には似合わない。天候と時間が許す限り余裕を持って登り、たおやかな尾根の峰々を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしたい山である。なお、雪の状況によるが、稜線から源六郎沢を滑って尾根に戻るのも面白そうだ。機会があれば試してみたい。

                         GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )

f0170180_21071832.jpg



by torasan-819 | 2015-04-14 21:47 | 山スキー | Comments(10)
Commented by tabi-syashin (もときち) at 2015-04-16 23:34 x
こんばんわ。 今年の南会津は雪が多そうですね。黒谷林道は5月後半になりそうだな。。。
と決まれば、、、連休明けは「再び」三岩に行こうかと思います。
ブナ平の上部で一泊して、坪入で偵察一泊して、、、あとは 窓明から下ろう?
Commented by madokau at 2015-04-17 00:22 x
こんばんは。
黒○さんの後ろに、尾瀬の燧ケ岳と至仏山がばっちり見えてますね。
ということは、お天気が良ければ会津駒からは富士山が見えるのかも?
この週末は、会津へお花見に出かけます。
残念ながら山は飯盛山くらいです。
Commented by torasan-819 at 2015-04-17 08:00
tabi-syashinさん
会津は多いようです。鳥海山や今話題の蔵王などは少ないというか、雪解けが早くて計画の前倒しを迫られているくらいですが。
三岩~窓明ですか、まだ滑れますね(笑)
Commented by torasan-819 at 2015-04-17 08:03
madokauさん
あ~それ気付きませんでした。富士山見えるとかに。遠くはうっすらと霞んでいたので、見えなかったとは思いますが、空気がクリアーな時は可能性大ですね。
会津鶴ヶ城でお花見ですか?飯盛山にも登ってください。
それから是非ソースカツ丼にチャレンジあれ(^^)v
Commented by sharizaka at 2015-04-17 21:08
秋に登った会津駒ケ岳を思い出しました。
仙台からではちょいと遠すぎで・・・・。でもいい山ですね。一度は滑ってみたいと思うのですが。
今週末は天気がどうでしょうかね。GWは帰りますのでヨロシクお願いします。
Commented by torasan-819 at 2015-04-18 10:35
sharizakaさん
そうなんです檜枝岐は遠いんです。仙台からならなおさらのこと。東京より遠いです(笑) ワタクシの今週末は、今日土曜日は山休日で明日出撃予定ですが、風と気温で山域を迷っていました。厳しいところは避けた方が良さそうです。
GWは仕事が細切れに入っていて、これまた悩んでいます(^_^;)
Commented by Mt.Racco at 2015-04-20 11:41 x
東北は全般的に雪が少ないように感じます。
この土日は月山でしたが、例年のGWより少ない印象でした。

逆に、奥会津は雪が多いんですね。
貴重な情報ありがとうございます。
Commented by 熊五郎 at 2015-04-20 20:55 x
やっぱりいい天気したね。
絶好の山スキー日和、羨ましい。

せっかくお誘い頂いたのに参加できず残念です。来シーズンは当たりをつけて予定入れないように調整します。
Commented by torasan-819 at 2015-04-20 22:39
Mt.Raccoさん
雪が少ないと言うよりは、雪解けが異様に早いという感じがしています。それは蔵王でも月山でも鳥海山でもそのようです。
奥会津も雪はありますが融けるのは早そうですよ。
例年より計画を前倒しにしないと、行くところが無くなってしまいそうで焦っています(笑)
Commented by torasan-819 at 2015-04-20 22:41
熊五郎さん
春スキーはやっぱり晴れの日が最高ですね。
比較的近くでは鳥海山・月山・飯豊に朝日などが、まだまだ滑れますのでいかがでしょうか?


<< 葉ワサビ      にしんの山椒漬け >>