2015年 05月 29日
板納めで本当に板を納めてしまった飯豊・ホン石転び沢 ~ 2015年5月23日
f0170180_7424179.jpg

今シーズンの板納めは飯豊の石転び沢とした。石転び沢は17日にも行ったのだが、思いのほか雪面がきれいで好印象だった。また普通に石転び沢を滑るのでは物足りないので、滝沢とホン石転び沢を滑ることにした。滝沢を滑るのは初めてだが、時間と体力の関係で適当なところで登り返し、ホン石転び沢を滑る計画とした。これで半年に及ぶ山スキーシーズンもいったん休みになり、夏山のシーズンに入る。


  山域山名   飯豊連峰 梅花皮岳(2,000m) 石転び沢 烏帽子岳(2,017.8m) 滝沢
  山行期間   2015年5月23日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    2人(L:トラ山・KIYO)
  行程      大淵(梅花皮荘P)5:00~飯豊山荘5:27~温身平5:39~自転車デポ地点5:44~うまい水6:31-6:42~
          靴デポ地点7:08-7:23~石転ビノ出合8:02-8:10~梅花皮小屋10:32-10:58~梅花皮岳11:23~
          烏帽子岳11:43-12:10~滝沢登り返し地点(1610m)12:18-12:28~梅花皮岳13:57-14:18~ホン石転び沢出合15:00~
          石転ビノ出合15:21~靴デポ地点15:48-15:59~自転車デポ地点17:03~飯豊山荘17:17~大淵(梅花皮荘P)17:32
  行動時間   12時間32分 ※自転車走行含む(以下同じ)
  移動距離   29.1km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,830m (GPS計測)






                         梅花皮荘からの梶川峰と主稜線
f0170180_22122345.jpg


                         通行止めの町道を自転車で走る
f0170180_22134144.jpg


                         温身平から見える稜線
f0170180_5383722.jpg


                         薄く踏み跡のある崩壊箇所
f0170180_540856.jpg


                         小沢の雪渓も崩壊が進んでいる
f0170180_5575086.jpg


                         地竹原手前の河原は雪渓が消えた
f0170180_604467.jpg


                         滝沢出合(この沢の源頭部を滑る)
f0170180_664610.jpg


                         梅花皮沢の雪渓は崩壊が進んでいる
f0170180_695192.jpg


                         梶川出合も一部穴が空き流芯部が凹み始めた
f0170180_6115582.jpg


午前5時に梅花皮荘の駐車場から自転車でスタート。大淵の通行止めゲートの脇を通りペダルを漕ぐ。温身平の看板より100mほど進んだところに自転車をデポし、スキーを担いで歩く。登山道の崩壊箇所をクリアし、小沢の崩れかけた雪渓を慎重に通過すると「うまい水」でひと息ついてから先に進む。梅花皮沢に残っている雪渓は6日前よりかなり減っていたが、「地竹原」の先で雪渓に乗ることができた。少し先まで歩いてスキーに切り替える。雪渓はあちこちで窪み割れ始めているので、ラインを選んで歩いていく。

                         石転ビノ出合
f0170180_20144181.jpg


                         石転び沢へ進む
f0170180_61941100.jpg


                         ホン石転び沢出合
f0170180_621999.jpg


                         山頂部アップ
f0170180_628301.jpg


                         元気なKIYOちゃん
f0170180_6334021.jpg


                         ステップを切って登る
f0170180_6392584.jpg


                         梅花皮小屋
f0170180_6412158.jpg


                         KIYOちゃんとAさん到着
f0170180_6453475.jpg


                         梅花皮岳からの北股岳
f0170180_648484.jpg


                         梅花皮岳山頂直下の状況
f0170180_651930.jpg


梶川出合を過ぎるとやっと少し安心できる。石転ビノ出合から石転び沢へと進み登っていく。今日は我々がトップのようだ。同行のKIYOちゃんはこの1年で体力をつけ、グイグイ登っていくので置いていかれそうだ。6日前と比べてもデブリは増えておらず、石転び沢の雪渓はきれいだ。斜度がさらに増したところでつぼ足に切り替える。もちろん斜面にまだステップはないので、ブーツを蹴り込んで登っていく。この頃なぜかトップでステップを切ることが多い。一歩一歩数えるようにして登ると梅花皮小屋に到着。泊り装備ながら早くも追いついてきた山形のAさんと小屋前で話す。Aさんは数々のロングルートをこなしている強者だ。水場で補給すると梅花皮岳へと登り、ホン石転び沢の状況を確認。山頂直下の雪はかなり細くなり切れ始めており、ちょっと厳しいかなという感じだ。

                         烏帽子岳その先は飯豊本山
f0170180_7104865.jpg


                         大日岳が近い
f0170180_7202241.jpg


                         滝沢を俯瞰する
f0170180_7343418.jpg


                         ご機嫌に滑るKIYOちゃん                         
f0170180_7402020.jpg


                         フラットで快適な斜面
f0170180_7435148.jpg


                         素晴らしいロケーションだ
f0170180_20241256.jpg


                         梅花皮岳へ登り返す                         
f0170180_748469.jpg


山頂より南へ烏帽子岳へと移動する。滝沢は右俣が梅花皮岳へ左俣が烏帽子岳へと繋がり、その間は大斜面になっている。快晴で風も穏やかな烏帽子岳山頂で昼食。本山や大日岳が近く見える。2人以外には人影さえ見えない。登山者の多い石転び沢とは違いまったく静かなものだ。斜面は縦溝もほとんど無くフラットで状態が良い。滑り始めると程よいザラメの斜面にシュプールを刻む。開放的で気持ち良い斜面に、2人ともごすっかり機嫌になってしまう。登り返しは気になったが、二俣で斜面が狭まるまでの400mを一気に滑り降りた。滝沢をこのまま下降すれば梅花皮滝があるはずだ。見てみたいとは思うが、それは次回の課題に取っておこう。梅花皮小屋に泊まって滑るのも楽しそうだ。登り返しは右俣を梅花皮岳へシール登高する。最後の20mほどはツボ足で登り、稜線登山道に出るとすぐ梅花皮岳山頂だ。

                         梅花皮岳山頂より北股岳方向
f0170180_7535036.jpg


                         ホン石転び沢を見下ろす
f0170180_7505320.jpg


                         ドロップして見上げる
f0170180_7545549.jpg


                         止まった地点から見上げる
f0170180_75669.jpg
                  

                         滑ることができなかった斜面
f0170180_7591546.jpg


さっそく山頂直下の雪を観察。今年は雪消えが早く、斜面にへばりついている残雪もかなり少なくなっている。2人であれこれ相談し、残雪の幅が1mもないところを突破すれば後は大丈夫だろうと目星をつけた。スキーを落として何とか核心部分を無事通過し、最初のターンをし始めたところで突然スラフが背中から降ってきた。スラフととも自分も流され、慌てて止めようとしたが止まらない。やっとスラフの流れから横に逃れて止めてホッとする。後でGPSの記録を見ると80m以上落とされていた。怪我はないが右のスキーは外れてしまい見当たらない。少ししてKIYOちゃんが滑り降りてきたが、上に板は見当たらなかったという。仕方なく1本スキーで急斜面を下る。スラフは遥か下まで流れ落ちていたが、結局板は見つからなかった。もはや登り返して捜索する体力も時間もないので諦めるしかない。スキーを1本だけ担ぎツボ足で下ることとした。今日は今シーズン最後の山スキーで板納めとするつもりだったが、本当に「板納め」してしまうとは思いもよらなかった。滑ればあっという間の雪渓も、歩くとやけに長く感じる。デポしておいた長靴に履き替えて下山した。

今回は怪我がなかったとはいえ、かなりヒヤッとした出来事だった。気温が上がっていたので、当然スラフの発生を予測しなければならなかったのだが。急斜面を前にして少々舞い上がっていたのかもしれない。しかも、自分が発生させたスラフの流れに、自分からターンして巻き込まれたというのはかなりお粗末。自分の未熟さを思い知らされた。振り返ればこの頃の山行、少々慎重さに欠けていたようにも思われる。山には謙虚さが大事だと再認識したホン石転び沢だった。

※大淵(梅花皮荘分岐)~飯豊山荘間の町道は5月30日から通行可能になりました。
※「うまい水」手前の登山道崩壊箇所は、滑落などに十分注意が必要です。一般登山者にはリスクの大きい状況といえます。
※梶川出合までの雪渓がかなり薄くなっていて、あちこち崩落の危険があります。、往路では通れても帰路では崩れているかもしれません。慎重な判断が必要です。

                         GPSトラック ( 烏帽子岳まで:赤 烏帽子岳より:青 )
f0170180_2093038.jpg


by torasan-819 | 2015-05-29 20:30 | 山スキー | Comments(6)
Commented by utinopetika2 at 2015-05-30 18:32
久々に正座して拝読いたしました。
スキー板は残念ですが、無事で何よりかと思われます。
飯豊は、そろそろ花の季節を迎えるのでしょう。
トラさんは、沢を意識されているのでしょうね。
Commented by torasan-819 at 2015-05-30 21:49
utinopetika2さん
そうなんです無事で何よりでした。
ワタクシもそろそろ年齢を考えなければなりませんね。
今年は雪消えが早いので花も早いですよ。
既に不忘山でもハクサンイチゲがかなり咲いているとの情報です。
Commented at 2015-05-31 17:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mt.racco at 2015-05-31 18:03 x
お久しぶりです。
お怪我がなく何よりでした。
80mであれば、かなり加速してスピードが出たのではないかと思います。岩とかにヒットしなかったのが幸いだったのでしょうか。
また、考えようによっては厳冬期でなくても良かった。
恐ろしい…
Commented by torasan-819 at 2015-06-01 18:36
Sさん
それは大変でしたが大丈夫ですか?
私も26年前に同じようなことをしでかしました(^0^;)
Commented by torasan-819 at 2015-06-01 18:48
mt.raccoさん
頭が下になれば真っ逆さまだったでしょう。実は体勢が崩れそうになるのを、手や足を使って必死に修正しました。
落ちているときは夢中ですが、後で恐ろしさがこみ上げてきました(^0^;)


<< 【お知らせ】 2015 沢登り教室      飯豊・石転び沢 ~ 2015年... >>