2015年 06月 03日
飯豊・ホン石転び沢でのスキー板回収 ~ 2015年5月31日
f0170180_0154321.jpg

23日のホン石転び沢滑降でスラフに流され落とされた際、右のスキーが外れ板を見失ってしまった。板納めに行って板を納めてしまったと自虐的に言っては見たものの、内心は当然に悔いが残っていた。このままでは終われない、板を山中に残したままにしたくないとの思いがあった。スキー板の捜索に行くのなら、雪渓の状態の良い早いうちだ。雪渓が融ければ融けるほど捜索は困難になるどころか危険が増す。何とか6月中旬までには行きたいものだと思った。5月末日の31日は天候が良くない予報だったが、まずまずの予報に変わってきた。天狗平までの町道が29日に開通したとの情報もあり、この日を逃してはとの思いが自分を後押しした。急なことでもあり同行者は見つからなかったが、単独で回収に向かうことにした。単独ゆえ無理はできないが、やれるだけやってみようと。それでダメなら諦めもつく。


  山域山名   飯豊連峰 梅花皮岳(2,000m) ホン石転び沢
  山行期間   2015年5月31日(日)
  山行形態   残雪期一般登山
  天候      雨のち曇りのち時々晴れ
  参加者    単独
  行程      天狗平6:44~温身平7:01~うまい水7:44~地竹原8:00~梶川出合8:18~石転ビノ出合8:50~
          ホン石転び沢出合9:32~板回収11:58~梅花皮岳12:25~梅花皮小屋12:58-13:16~石転ビノ出合14:05~
          梶川出合14:27~地竹原14:50~温身平15:48~天狗平16:08
  行動時間   9時間24分
  移動距離   16.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,140m (GPS計測)






                         登山届出所
f0170180_2321581.jpg


                         湯沢ゲート
f0170180_2335962.jpg


                         温身平の注意喚起看板
f0170180_23125357.jpg


湯川ゲート手前の駐車場に車を置く。自分以外には1台のみ。その他に飯豊山荘の駐車場に数台、登山届出所の向かいに1台停めてあった。車が少ないのは今日の天気が良くないからだろうか。雨がパラパラ降っているので合羽を着る。昨日開設されたばかりの登山届出所で、備え付けの用紙に記入する。6:44に湯川ゲートよりスタート。もはや温身平までの林道にはまったく雪がない。前後を見ても登山者が自分のみ。ほどほどの雨は嫌いではないが、さりとてモチベーションも上がらない。

                         下ツブテ岩
f0170180_2314857.jpg


                         登山道崩落箇所にはロープがあった
f0170180_23163299.jpg


                         地竹原手前の河原
f0170180_23201772.jpg


                         地竹原先の雪渓
f0170180_23215780.jpg


                         夏道から見下ろす(対岸は滝沢出合)
f0170180_23242321.jpg


                         穴が開き始めた梶川出合
f0170180_2326360.jpg


登山道を歩いていくと、やがて登山道崩落個所。29日にロープが張られていて、地元の方の努力に感謝したい。しかし、梅花皮沢まで切れ落ちている斜面には不安定な落石や倒木があり、通過には細心の注意が必要。尻込みして通過できない登山者もいることと思われる。8:00過ぎに地竹原の先から雪渓に降りる。沢は本流部分が大きく口を開け、どんどん崩壊が進んでいる。何とか歩けそうにも見えたが、単独でもあり夏道を歩くことにする。途中で下を見ると、雪渓を歩いてくる後続のパーティーに気付いた。見ている方が不安になってくる。梶川出合のすぐ下で夏道から雪渓に出る。ここだけは雪渓の上を渡らなければ前に進めない。覚悟を決めて雪渓の上を渡る。

                         雪渓の崩壊が進んでいる
f0170180_23273855.jpg


                         石転ビノ出合
f0170180_2329692.jpg


                         石転び沢
f0170180_23315620.jpg


                         ホン石転び沢出合
f0170180_23332221.jpg


8:50石転ビノ出合で休憩。雨が止んだのでカッパを脱ぎTシャツ1枚になる。石転ビノ出合から見上げる石転び沢は、少し茶色のデブリが増えた程度で1週間前からは大きな変化がないように見える。しかし、登っていくと雪面があちこちでうねり始めていて、やはり雪解けは確実に進んでいることに気づく。ホン石転び沢出合に近づいたので斜面を観察。出合近くの斜面には、先週はほとんど無かった落石が目立つ。ここからアイゼンを付けピッケルを持つ。

                         ホン石転び沢は落石が増えた
f0170180_23345519.jpg


                         見上げてもガスで稜線は見えない
f0170180_2338218.jpg


                         ガスが薄れて稜線が見えた
f0170180_23392998.jpg


                         時折日が差すようになった
f0170180_23411479.jpg


                         山頂まで残り90mほど
f0170180_23444385.jpg


出合からホン石転び沢へ入り、落石に注意しながら登っていく。落石は音もなく落ちてくるので気を抜けない。常時斜面の上を注視しながら登る。ラインは落石の集中する中央は避け右岸寄りにする。上部はガスがかかって見えないので余計に気をつかう。登るに従い斜面の落石が少なくなり少しホッとするが、今度は斜度が増してくる。斜面にはあちこち新しいクラックができているので、板が落ちてないか覗き込みながら登高を続ける。そのうちガスが飛んで青空が時折見えるようになり、山頂も見えてきた。見上げる斜面には板らしきものは見あたらない。斜度はいよいよ急になり、絶対にステップを踏み外せない角度になる。自分の古くて重いピッケルを斜面に深く突き刺す。こういう場面では軽量なピッケルより信頼感がある。しかし、もう片手はストックなので心許ない。ダブルアックスを借りてくれば良かったと思ったが後の祭り。はたと閃きストックのスノーバスケットを外し、斜面に突き刺すと深々と刺さる。これでかなり安心感が増した。

                         突然板が現れた
f0170180_23462384.jpg


                         山頂に到達
f0170180_23474133.jpg


                         板の発見箇所
f0170180_22093918.jpg


                         5月24日の斜面(A氏撮影画像)このどこかに板が埋まっていたと思われる
f0170180_22144420.jpg


慎重に登りながらも目は常に斜面を探している。山頂も近づきやはりダメかと思っていると、すぐ上の斜面に突然スキー板が現れた。本当に突然現れたように思え、我が目を疑うとはこのことかと思った。よく観察すると背の低い板は斜面の微妙な起伏で下からは見えないようで、よくよく近くに来て初めて見えるという状況だったのだ。板はトップを下にして、今にも滑っていきそうな姿勢で斜面に止まっている。スキーブレーキの先端でかろうじて引っ掛かっているのだ。よくぞ止まっていてくれた。落とさないようにそっと持ち上げる。そのまま小さなクラックの段差まで登りひと息ついた。

                         ミネザクラ
f0170180_05114.jpg


                         ハクサンイチゲ
f0170180_063244.jpg


                         オヤマノエンドウ
f0170180_011319.jpg


                         梅花皮小屋
f0170180_0115626.jpg


                         石転び沢を下る
f0170180_0132424.jpg


                         ホン石転び沢出合
f0170180_785479.jpg


ストックの代わりにスキー板を持ち、50~55度もある最後の斜面を登る。やがて雪が消えるとブッシュを頼りに登り、山頂に到達することができた。回収に無事成功、やっと緊張の糸がほぐれる。沢登りであればこんな感じの詰めは往々にしてあるが、さすがにアイゼン・ピッケルと板を持ってというのは初めてだった。さて、風が強いし長居は無用。スキーを乗せたザックを担ぐと梅花皮小屋まで下り、ひとり静かに昼食とした。帰路は石転び沢を下る。斜面には落石も増えガタガタになり始めている。石転び沢でのスキーもそろそろ終わりのようだ。

今回は運良くスキー板を回収することができた。本当に運が良かった。さらに1週間後であれば、板があの位置に止まっていることはなかっただろう。滑り落ちて下流のシュルンドに落ち込めば発見は困難。いずれにしても、もうこんな登攀は2度とやりたくないというのが本音だ。さて、これで自分の山スキーシーズンもすっきりと終了することができる。次のシーズンインまで半年間のインターバルだ。

                         GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_6481678.jpg


by torasan-819 | 2015-06-03 07:00 | 山スキー | Comments(10)
Commented by tabi-syashin at 2015-06-03 16:54
すごいですね! 右岸沿いを選んだ という時点で 因縁めいたものを感じますね。
よくぞ 視界に入ってくれた、 よくぞ踏み留まっていてくれたな・・・ と。
というか、思ったほど流されていず、上部でブレーキが利いていた、つう感じ。

落として転がったレンズやフィルター、免許証入りの財布、車のキーの置忘れ、、
冷静に考えて 推理のように探し当てる時と まさに同じ推理勘ね。
Commented by torasan-819 at 2015-06-03 18:55
tabi-syashinさん
スキーが外れたと思われる場所、スラフの流れたライン、スラフ末端には板が見当たらなかったこと、これらを勘案して当たりをつけて登りました。しかし、登っても登っても見当たらずほとんど諦めかけていたので、見つけたときは「ウソ!」と思いました(笑)
でもあの斜度で、トップを下に向けたスキーがよくぞ引っ掛かっていたものだと思います。
24日にホン石転び沢を滑った方の画像には写っていないので、今回見つけた位置より上のどこかでスラフがかぶった状態になっていたのだと思います。その後に雪が融けて板が動き出したものの、途中で引っ掛かって止まったというのが私の推測です。
とにかくこんな斜面での捜索は最初で最後にしたいです(笑)
Commented by utinopetika2 at 2015-06-03 21:45
ひゃぁ~凄い花々ですね。
安達太良山はいつ行っても期待を裏切りませんね。
Commented by torasan-819 at 2015-06-03 22:01
utinopetika2さん
あれれ?飯豊ですよ~(^o^)/
Commented by utinopetika2 at 2015-06-04 12:11 x
すみません。
複数のwebを開けて閲覧しており、投稿を間違えてしまいました。
m(_ _ )m
Commented by torasan-819 at 2015-06-04 23:05
utinopetika2さん
オッケーで~す(^o^)v
しばらくぶりに安達太良山に登ってもいいかなと思いました。
Commented by fwix at 2015-06-05 08:10 x
よくぞ見つかりましたね~神懸かってますよ
これで心おきなく板納めですね

沢登り講習会楽しみにしてます
今回は雨降らないといいなぁ。。。。
Commented by torasan-819 at 2015-06-05 18:13
fwixさん
あるとすればこの辺りが可能性が高いとは思っていたのです。
でもほとんど諦めかけたときに見つかったので嬉しかったですね。
7月上旬は雨の確率かなり高しですが、みんなでお天気祭りやりましょう(^o^)/
Commented by sakano at 2015-11-14 19:58 x
初めまして。
時々興味深く拝見しています。
板の回収は大変だったと思いますが、よくぞ主人の帰りを待ってくれた何かがあったような感もしますね。
飯豊の山スキーはまだ宿題が残っていますので、未練がましくやれる程度にのんびりやっています。どこかでお会いしましたら宜しくお願いします。
Commented by torasan-819 at 2015-11-15 13:12
sakanoさん
こんにちはコメントありがとうございます。
でも初めてではありませんよ。ヌルミ沢の記事にコメント頂いてますし、以前私がsakanoさんの掲示板に書き込みさせて頂いたこともあります。
このスキー板回収は奇跡的というと大げさですが、場所が場所だけによくぞいてくれたと思わずにはいられませんでした。
私はsakanoさんの記事で祝瓶山の沢を知り、お陰でヌルミ沢や金目沢も遡行することが出来たことに感謝しています。
いつかお会いできるのではと思いながらなかなかお会いできませんが、後から確認してみるとすれ違いのことも多いようです。
飯豊には私もやりたいことがありますので、今しばらく通いたいと思います。
メガネの変なオッサンがいたら私の可能性が高いので、どうぞお声掛け願います。


<< 蔵王・不忘山 ~ 2015年6月6日      【お知らせ】 2015 沢登り教室 >>