2015年 07月 19日
吾妻山・塩ノ川下部の調査遡行 ~ 2015年7月18日
f0170180_1862862.jpg

吾妻山域の数ある沢の中でも松川、中津川、塩ノ川は、3名渓と言われているようだ。名渓の定義はよく判らないが、渓谷美や滝などにあるのだろうと思う。3名渓を遡行する場合、いずれも1泊か2泊を要する。塩ノ川についていえば、自分は沢登りを始めた年の6年前に、上半分を日帰りで遡行したことがある。しかし、下半分は未だに未経験であった。今年の合宿は塩ノ川ということになり、下見を兼ねて下半分を遡行してみることにした。なお、会では近年の2009年に下部の遡行実績がある。


  山域山名   吾妻山・塩ノ川 (阿武隈川水系荒川支流)
  山行期間   2015年7月18日(土)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り
  参加者    2人(L:トラ山・◯木)
  行程      女沼駐車地点8:06~思いの滝8:19~砂防ダム越え終了8:34~柱状節理10:16~30m滝11:30~
          巻き終了・登山道徒渉点11:50~的場川出合11:56~つばくろ滝12:20~巻き終了13:05~ぎんぜんの滝13:49~
          巻き終了15:40~登山道15:47~登山道徒渉点16:04~女沼駐車地点17:09
  行動時間   9時間3分
  移動距離   9.3km (GPS計測)
  累積標高   ±1,030m (GPS計測)
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)






                         思いの滝への案内板
f0170180_17164014.jpg


                         思いの滝下段と上段
f0170180_17174230.jpg

f0170180_17183729.jpg


                         砂防ダム
f0170180_17194055.jpg

f0170180_1723325.jpg


                         遡行開始                         
f0170180_17235425.jpg


土湯温泉から女沼へと進み、沼の畔に車を停める。「思いの滝」の案内板があるので、そこから遊歩道を歩き始める。10分ほどで思いの滝の説明板がある。その先から思いの滝に降りていくのだが、ちょっとしたアクシデントで自分だけ車に戻り20分のロス。あらためて8時過ぎに再スタートし階段で降りていくと、下段5m上段10mの思いの滝だ。女沼への取水設備がある。思いの滝は右岸斜面に取り付き小さく巻くことができる。落ち口には誰が付けたかトラロープがあった。すぐ上には大きな砂防ダムがある。両岸にステップがあるが、記録では左岸側となっている。砂防ダムは2段になっており、横移動と高さがあるので慎重に。川に降りるのもステップがあるので容易だ。溜まった泥を進んで流れに入ると遡行開始。

                         以前あった橋の名残
f0170180_1726159.jpg


                         淵の奥に滝が見える
f0170180_17322013.jpg


                         8×20m滝は左岸巻き
f0170180_17335941.jpg

f0170180_17341966.jpg


                         意味不明のマーキング
f0170180_17373150.jpg


                         釜や淵が多い
f0170180_17383446.jpg


                         ゴーロ歩くが続く
f0170180_17414444.jpg


                         6m滝は右岸から
f0170180_17434142.jpg

f0170180_1744512.jpg


                         7m滝
f0170180_17451254.jpg


最初は河原歩きだが徐々に沢らしくなってくる。15分ほどで淵のある8m×20m滝。左岸から巻くと踏み跡があった。所々に淵があるがゴーロ歩きが続く。塩ノ川の水は、水深があるところでは青白く見える。岩にマーキングを見かけるが、釣り師のものか何なのか意味不明。大きな釜のある6m滝が現れた。両岸にピンクテープが見える。右岸から小さく巻くが、登った先の右岸は倒木がやたらに多い。すぐ上の7m滝は左岸から巻いたが、2つの滝を一緒に左岸巻きでもいいだろう。その後は小滝や淵が続くが特に問題はない。この辺りでも焚き火の跡やロープが下がっていたりと、かなり人臭いのは予想外だった。

                         小滝が続く
f0170180_17462017.jpg


                         右岸の柱状節理
f0170180_17483058.jpg

f0170180_17493032.jpg


                         大岩が転がる
f0170180_1755151.jpg


                         右岸支沢の2段15m滝
f0170180_1757363.jpg


                         30m滝
f0170180_1811469.jpg


                         30m滝の落ち口
f0170180_1841741.jpg

                         
やがて右岸に柱状節理の岩壁が現れた。高さはそれほどでもないが、なかなか見事である。しかし、ここには新しい木杭まであちこちにあり驚く。何かの調査が最近行われているようだ。右岸の斜面を伝い落ちる支沢を過ぎると、以前の記録で崩落地とされている辺り。ゴロゴロとした岩で石滝が多くなる。しばらく遡行を続けると、やがて右岸支沢が2段15m滝で落ちる。左岸に崩壊の進んでいる岩壁を見て左に曲がると30m滝がある。大きな釜を持ったこの滝を、つばくろ滝としている記録もあるが、1975年の会の記録では、もっと上流の滝をつばくろ滝としているので、今回も無名滝としておきたい。30m滝は登れないので巻くことになる。我々は滝のすぐ手前の右岸から登り始めたが、もう少し戻れば傾斜も緩いようだ。登り上げると登山道らしき踏み跡があったが、途中で不明瞭になり見失った。適当に斜面を下り15分ほどの高巻きで沢に下りたが、登山道の渡渉点より下流だったようだ。

                          的場川出合
f0170180_1854017.jpg


                          小滝が続く
f0170180_1881073.jpg


                          4m滝
f0170180_1891670.jpg


                          奥に見えるのがつばくろ滝
f0170180_18132569.jpg

                
                          高巻きの最後は懸垂下降
f0170180_18164767.jpg


左に枝沢を見て、その次の支沢が的場川だ。その後はしばらく淵や小滝程度が続く。登山道の渡渉点より30分ほどでつばくろ滝だ。昔は滝の全体を見ることが出来たらしいが、今は大岩が邪魔をして一部しか見ることが出来ない。手練れのパーティーはこの滝を直登しているようだが、我々には無理なので、少し戻って右岸の急斜面から巻くことにする。あまり上まで登らずに、中間でザレ場をトラバースしてからクライムダウンしたが、最後の6~7mは立木支点の懸垂下降で落ち口のすぐ上に降りた。巻きの所要時間は、ロープを出したこともあり2人で40分ほど。トラバースがちょっと嫌らしいので、初心者は要注意箇所だ。

                         ハーケン1枚を足がかりに越えた銚子口
f0170180_18374929.jpg


                         5m斜滝は右岸を登る
f0170180_1840812.jpg


                         ぎんぜんの滝10m
f0170180_1841574.jpg


                         右岸を巻く
f0170180_18441297.jpg


                         巻き終わって沢に降りる
f0170180_21223862.jpg


                         踏み跡薄い登山道
f0170180_21233652.jpg


つばくろ滝の上はすぐ釜があり1m落差の銚子口。ここが意外に小難しい。ハーケン1枚を打って右岸から越える。次の6m斜滝は左を登ると、ぎんぜんの滝が現れる。釜を泳いで壁に取り付けば、登れそうにも思える。しかし、合宿ではどうだろうか。初心者も多いし泳ぎは避けたい。では巻こうとなったが両岸ともかなりの斜度で、結局右岸のザレ場を選び登り始めた。しかし、グズグズの岩屑に泥壁でかなり悪い。ロープを引いて4ピッチリードし、1時間20分かかって崖の上に抜けた。標高差は50~60m程度と思われるが、時間がかかったのは支点を探しながら慎重に登ったからだ。こんな高巻きは久しぶりだ。やれやれとひと息ついてから、右岸をトラバースするように下る。10数分で沢に降り立った。ぎんぜんの滝は、昔の記録では普通に小さく巻いている感じである。しかし、2009年も今回もその巻きルートは見つけることが出来なかった。先輩によると昔は釜が深くなく容易に滝に近づけたと言うから、状況が変化したのかも知れない。やはり合宿では、つばくろ滝からここまでをまとめて巻くべきだろうと思う。渡渉して左岸を登ると、すぐ登山道を見つけることが出来た。踏み跡程度の道で、所々不明瞭なところもある。今は歩く人も少ないのだろう。途中では地滑り調査の施設らしきものを見かけた。793m標高点手前で道をロストしたが、しばらく山中をGPSだよりに歩き、再び道に出て1時間半弱で車に戻ることが出来た。

                         GPSトラック (登り:赤 下り:青 )
f0170180_00420343.jpg



by torasan-819 | 2015-07-19 23:14 | 沢登り | Comments(0)


<< 夏合宿レポート作成中      山遭協夏山訓練 ~ 2015年... >>