2015年 12月 06日
蔵王で山スキーシーズンin ~ 2015年12月6日
f0170180_18554259.jpg

先週は荒れた天気になったお陰で山では雪が降った。宮城蔵王のすみかわスキー場は4日にオープンして、全コースが滑走できるという。それならば刈田岳にもスキーで登れるだろう。ならば行かねばなるまいという訳で蔵王に向かうことにした。宮城県側の蔵王で、この時期にスキーで登ることが出来るのは珍しい。自分としても、これまでで一番早い蔵王での山スキーということになる。パーティーはお馴染みの4人。山行計画は刈田岳までとしたが、予報では20m程度の風が吹きそうだ。無理せず行けるところまで行くことにしよう。


  山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,585mまで)
  山行期間   2015年12月6日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り時々晴
  参加者    4名(L:トラ山・和◯・佐◯・深◯)
  行程      すみかわスキー場9:42~ゲレンデトップ10:58~1,585m地点12:16-12:51~
          ゲレンデトップ13:11~すみかわスキー場13:25
  行動時間   3時間43分
  移動距離   11.2km (GPS計測)
  累積標高差 ±584m (GPS計測)






                         始めはゲレンデ端を登る
f0170180_1801560.jpg
                

                         観光道路を歩く
f0170180_182073.jpg


                         先行パーティーは蔵王山岳会
f0170180_1835155.jpg


                         大黒天に出ると風が当たるようになる
f0170180_1844716.jpg


                         オオシラビソの森
f0170180_18171381.jpg


遠刈田温泉ではまったく雪が無いが、エコーラインを登っていくと徐々に雪が現れる。やがてアイスバーンになり、滝見台の辺りでは登れなくなった車が3台ほどあった。すみかわスキー場にちょっと遅刻して到着。既に着いていた和◯さんと合流し、登山届を出してスタート。スキー場には申し訳ないが、リフトは使わずに下から歩いて登る。装備のチェックと足馴らしが目的なので、ゆっくりと確認しながら登りたいのだ。リフトを使って早く上がっても、風が強い今日は風に叩かれるのが早くなるだけということもある。ゲレンデの端を登り、観光道路に合わせて歩いていく。歩いていくと和◯さんと深◯さんのビンディングの調子が悪い。調整をしてOKとなった。今日は全員が今シーズンのスキー始めだ。本格的な山スキーの前に、足馴らしをして装備や用具のチェックをするのが目的でもある。ゆっくり歩いていくが徐々に暑くなる。第3リフト乗り場を過ぎたところで体温調整。自分は中間着を1枚脱いだので、ジャケットの下はアンダー1枚になった。ゲレンデトップでひと息ついていると、リフトで登ってきたらしい3人の山スキーパーティーが先行していった。その後追いついたので見ると、知っている方で蔵王山岳会の3人だった。彼らとトップを代わり登っていき、大黒天でエコーラインに合わせる。風がやや強いが視界はあり、この時期の蔵王としては特に厳しくもないという感じだ。時折雲の切れ間から太陽も顔を出す。

                         井戸沢源頭部
f0170180_18192720.jpg


                         ヤブが埋まるにはまだまだ
f0170180_18205923.jpg


                         1,585mで今日の山頂とした
f0170180_18325349.jpg


                         同じルートで下山
f0170180_1836971.jpg


                         くっきりと後烏帽子岳
f0170180_1837335.jpg


                         ゲレンデをひと滑り(あとみゲレンデ)
f0170180_18405100.jpg


見上げると刈田岳山頂部は相変わらずガスの中。時間も昼を過ぎたので、井戸沢を過ぎたところ(1,585m)で今日の山頂とした。ゆっくり昼食を取っていると蔵王山岳会も登ってきて同じく昼食。今日はもっと風が強いことを予想していたのだが、たいした風でもなくラッキーだったといえる。風が強ければゆっくり昼食などとはいかない。下山ルートも登ってきたとおりに道をなぞる。6ヶ月ぶりのスキーだが、昨日まで滑っていたかのように滑っていくことが出来る。ゲレンデトップからは「あとみの壁」を気持ちよく滑らせてもらう。レストハウスには13:25に着いてしまった。スタートから4時間と経っておらず、ちょっと物足りない感じがする。いやいや、シーズン初っぱなでもあり、このくらい余裕があった方が良いのだ。さてさて、これで6ヶ月間の山スキーシーズンのスタートを切ることが出来た。

                         GPSトラック
f0170180_18434232.jpg


by torasan-819 | 2015-12-06 18:50 | 山スキー | Comments(6)
Commented by utinopetika2 at 2015-12-07 21:07
会の総会があり、そちらにお邪魔しておりました。
蔵王はすっかり白銀の世界ですね。
そのうち刈田に登る事にします。
Commented by torasan-819 at 2015-12-07 21:35
utinopetika2さん
はい白銀ですね。来月はもう樹氷ですよ。
あの時の刈田峠小屋が懐かしいです。
Commented by KIYO at 2015-12-09 00:11 x
山スキーシーズンあけましておめでとうございます(笑)
僕も山頂神社でシーズンの安全祈願してきました。
暖冬だ雪がないだの言われてますが、なんだかんだで今年も楽しいシーズンになりそうですね♪
色々とヨロシクお願いします☆
Commented by fck_mototyan at 2015-12-09 18:05
いよいよシーズンインですね。蔵王のお釜はいまだ見えた事ありません。今冬は晴れた刈田岳登ってお釜を見れたらいいなー。
Commented by torasan-819 at 2015-12-09 23:04
KIYOさん
雪山シーズン新年迎えました(笑)
すかさず刈田とは相変わらずの身の軽さですね。
実はね少し前のKIYOさんのことをよく知っている方と、最近たまたま30年以上ぶりに再開しました。
世間は狭いです\(^O^)/
体力絶賛下降中のワタクシですので置いてかないでください(笑)
Commented by torasan-819 at 2015-12-09 23:09
fck_mototyanさん
こんにちは!厳冬期に晴れたお釜は貴重です。
何度も通うしかありません(^^ゞ
山スキーでまたご一緒しましょう。


<< 読書「極限への挑戦者」      初冬の亘理地塁山地(割山峠~四... >>