2015年 12月 15日
ソロで蔵王・刈田岳へ ~ 2015年12月13日
f0170180_3313560.jpg

先週以降雪が降るどころか気温が上がり、標高2000mでも雨が降った様子。まったく期待は出来ないが、動かないことには始まらないと思い、山に向かうことにする。月山という話しもあったが、色々あって結局単独で先週と同じ刈田岳になった。予報では朝のうち晴れるようなので、早起きして半日プランとしよう。


  山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
  山行期間   2015年12月13日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ時々曇り
  参加者    単独
  行程      すみかわスキー場6:10~ゲレンデトップ7:01~大黒天7:38~斜面取り付き8:08~刈田岳8:50-9:25~すみかわスキー場9:48
  行動時間   3時間38分
  移動距離   11.5km (GPS計測)
  累積標高差 ±725m (GPS計測)





                         あとみゲレンデはブッシュが出始めていた
f0170180_258355.jpg


                         観光道路を歩く(正面が刈田岳)
f0170180_259426.jpg


                         大黒天
f0170180_311213.jpg


                         ようやく雪が繋がっている
f0170180_324567.jpg


1週間前と違いエコーラインは乾燥路面。駐車場も地面に雪はまったく無い。しかし、観光道路には雪があるので、すぐスキーで歩き始めることが出来る。いつものように観光道路を歩き、あとみゲレンデを登ってゲレンデトップへ。あとみゲレンデは雪が解けたせいで、あちこちブッシュや岩が顔を出している。カリカリの斜面を登っているうちに日が昇ってくる。ゲレンデトップを横切り再び観光道路へ。風も無く青空で気持ちが良い。エコーラインに出て大黒天でちょっと休憩。五色岳の斜面に雪は少なく、土色ばかりが目立つ。

                         斜面に取り付く
f0170180_354698.jpg


                         ブッシュはあるが登ることが出来る
f0170180_371720.jpg


                         井戸沢源頭部
f0170180_375229.jpg


                         尾根にはトレースがあった
f0170180_394796.jpg


                         刈田岳避難小屋
f0170180_3111439.jpg


                         山頂に到達
f0170180_3124834.jpg


                         朝日連峰がクッキリと見える
f0170180_3144735.jpg


ずっとエコーラインを歩く覚悟で進んでいく。井戸沢横断部の400mほど手前で、斜面の沢筋にトレースがあるのに気付いた。スノーシューとスキーのトレースだ。ややブッシュがあるがダメ元で登ってみる。ブッシュを右に左に避けながら登る。それほど苦労せずに剣が峰の稜線に到達。何箇所か地面が出ているところを迂回はするが、そのまま稜線を登っていく。結局、ほぼ刈田岳の山頂までスキーで歩けてしまった。山頂でゆっくり朝食とする。ほぼ無風で素手になっても冷たくはない。陽が当たるとポカポカ暖かい。気温はプラスに近づいているようだ。

                         避難小屋直下の斜面
f0170180_319465.jpg


                         途中まで滑り見上げる
f0170180_3195719.jpg


                         雪上車が上がってきた
f0170180_3215228.jpg


                         井戸沢源頭部全景
f0170180_3241582.jpg


                         上部の滑降ライン
f0170180_325653.jpg


下りは井戸沢源頭を滑ることにした。中間から下の方はブッシュが出ているので、右へトラバースして逃げることにする。気温が上がり雪が少し緩んでいるので、思ったよりも滑りやすい。下部はちょっとブッシュがうるさかったが特に問題なし。下山はほぼノンストップでスキーを走らせると、呆気なく駐車場に着いてしまった。休憩時間を除けば3時間ほどで刈田岳を往復したことになり、あらためてスキーの機動力を実感する。刈田岳を見ると予報どおり雲がかかり始めている。晴れている時間帯で山行を終えられたことに満足である。

                         GPSトラック
f0170180_3263078.jpg


by torasan-819 | 2015-12-15 00:25 | 山スキー | Comments(2)
Commented by sharizaka at 2015-12-17 22:14
お正月に刈田岳でも行こうと思ってますが、雪積もりますかね?
富山も雪不足でなかなか初滑りができません。
Commented by torasan-819 at 2015-12-17 22:43
さすがにこれからは降った分だけ積もるでしょう。
滑ることはできますが快適かどうかは何とも(^^ゞ
それにしても暖冬なんですかねやっぱり。
雪の良い厳冬期は後2ヶ月しかありませんぜ旦那(笑)


<< 会報725 No.46      萬歳楽山を歩く ~ 2015年... >>